• 11,000円以上ご購入で全国送料無料

Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes

You may also like:

南アフリカ・ダーバンのGqomバンドPhelimuncasiとアメリカ/イギリスのエレクトロニックデュオMetal Preyersが、2024年5月にウガンダ・カンパラのレフトフィールド・ダンスレーベルNyege Nyege Tapesからリリースした共作レコードです。 実験アフロビート〜Gqom9曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege...
¥3,310

You may also like:

 ウガンダ・カンパラのラッパーRatigan Eraが、2024年1月にカンパラのダンスレーベルHakuna Kulalaからリリースしたレコードです。 ルガンダ語、パトワ語、スペイン語、英語を用いたアフロ・ダンスホール〜Gqom7曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 "ダンスホールはジャマイカで生まれたかもしれないが、ここ数十年の間にこの人気ジャンルの蔓は世界中に伸びている。カンパラのRatigan Eraは、東アフリカのユーモアとガーナやナイジェリアから輸入したハイパーメロディックなアフロビーツの要素を融合させ、ダンスホールにウガンダ独特のひねりを加えている。多才なMCである彼は、ヴィブス・カーテル、ビジー・シグナル、マヴァドといったジャマイカの音楽を聴いて育った-彼の故郷カウェンペでは、それを避ける方法はほとんどなかった-。彼はこの多様な影響を、ルガンダ語、パトワ語、スペイン語、英語の間で煮えたぎるような、完全にユニークなアフロ・ダンスホールの流れへと発展させ、現代のアフリカを特徴づける文化のるつぼや方言を反映させた。 ラティガンは、パラソのウガンダのヒット曲「Nsaba」への印象的なフィーチャリングでブレイクし、そのトラックはナイトクラブやオートバイのラウドスピーカー、あるいはコンビニエンスストアから国中に響き渡った。ハクナクララで最も境界線を押し広げるプロデューサーたちによるフューチャリスティックなビートをバックに、Gqomのようなヴォーカルと印象的なチャントが激しく独創的に織り成すファーストアルバム『Era』が完成した。コンゴ出身のプロデューサー、クリスマンが手綱を取る「Gorilla Attack」は、スキリベンやスケングといったブレイクスルー・アーティストによる最近のジャマイカン・チョップの展開と呼応するダウンテンポのグルーヴを提供する。ラティガンは、クリスマンのGQOMにインスパイアされたローエンド・ワンプと腐食したシンセの間を潜り抜け、スマートで器用なフロウと舌を巻くような歌詞で注目を集める。モダン・インスティテュートとゴールデン・ティーチャーのリチャード・マクマスターが手掛けた「Top Strike Force」は、ラティガンがアンセミックな反復と氷のように冷たいオートチューニングの慟哭の間を行き来できるよう、ひょろひょろとしたミニマル・ビートの中にスペースを空けている。注目のトラック「Badman Style」では、HHY & The...
¥3,260

You may also like:

Gqom作家Nikita Gruntが、2023年10月にウガンダのレフトフィールドダンスレーベルHakuna Kulalaからリリースした12"です。 サイバーパンク・カーニバルのようなGqom〜ミニマルテクノ5曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala releases available at Tobira. ...
¥2,710

You may also like:

フランスの自称パンク民族音楽学者Judgitzuが、2023年10月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。 呪術的なトライバル・テクノ〜ドローン・テクノ7曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 "Sator Arepo(サトル・スクエア)は、5つの回文からなる古代の言葉のパズルであり、西洋世界のさまざまな史跡に刻まれている。その起源は不明だが、この正方形には長い間呪術的な効果があると考えられており、病気や邪悪なものから身を守ったり、狂気を治したり、誰かが呪術の罪を犯しているかどうかを判断するために使われてきた。自称 "パンク民族音楽学者 "であるアコースティックミュージシャンのジュリアン・ヘイロンは、この神秘的なシンボルをJudgitzuのデビューアルバムの出発点として使用し、ケルトの伝統と再びつながろうと試み、その神聖なメッセージが現代のタンザニアのダンスミュージックとどのように調和するかを探求している。 ヘイロンは10年以上にわたって世界中を旅し、インドネシア、オーストラリア、カンボジア、中国、バングラデシュなどのフィールドレコーディングを集め、自身のレーベルLes Cartes Postales Sonoresで発表してきた。この頃、彼は精霊が関わる儀式に魅了されるようになり、ブルターニュに戻ったときに自分の祖先を調べるようになった。"風景の中に多くの遺物が残っていて、精霊の力がまだ感じられる "とヘイロンは説明する。彼は「Sator Arepo」でこのケルトの神秘主義を、古代世界にまで遡るゼンハーモニック音階(標準的な12音平均律以外のチューニング)を使った濁ったドローンと魔術的なシンセの音色で表現している。これらのサウンドは、タンザニア滞在中に得た情報をもとに、テンポの速いSF的なリズムで補強されている。...
¥2,998

You may also like:

アンゴラ・ルアンダのクドゥーロ作家DJ ZNOBIAが、2023年9月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。 彼が1996-2005年の間に制作した700以上のトラックからNyege Nyegeがコンパイルした11曲を収録。4シリーズの1作目です。 以下、レーベルによる解説です。 "過去30年間でアフリカで最も影響力のあるミュージシャンの一人、クドゥーロとタラヒーニャのパイオニアでありオリジネーターであるDJ ZNOBIAの4作にわたる回顧録の第1弾をリリースできることを大変光栄に思う。ストリートミュージックの天才であり、アンゴラのデジタルミュージック・モダニズムの重要な先見者であるDJ ZNOBIAは、その発明者でもある。Nyege Nyege Tapesは、DJ ZNOBIAのアーカイヴにある700以上のトラック(失われたトラックはその2倍とも言われている)に目を通し、1990年代後半から2000年代半ばまでの彼の音楽活動を4作に渡って振り返る。アンゴラの首都ルアンダにあるバリオ・ド・ランゲルのムセケ(シャントタウン)出身のDJ ZNOBIAは、1979年にセバスチャン・ロペスとして生まれた。1990年代後半、DJ ZNOBIAは、ブラジルに次いで世界で2番目にポルトガル語を話す国である南西アフリカのエネルギーとスピリットを表現する新しいジャンルを創り出す旅に出た。DJ...
¥3,080

You may also like:

ドイツ・ベルリンの実験ビートメイカーElvin Brandhiと、ケニア・ナイロビのノイズデュオDuma片割れLord Spikeheartが、2023年8月にHakuna Kulalaからリリースした共作レコードです。 ハードコアgqom〜実験グライム8曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala releases available at...
¥3,190

You may also like:

タンザニア・ダルエスサラームのシンゲリ作家DJ Travellaが、2023年5月にウガンダのレフトフィールドダンスレーベルHakuna Kulalaからリリースした再発レコードです。 19歳で制作したレフトフィールド・シンゲリ13曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes...
¥3,230

You may also like:

ケニアのエレクトロニック・ポップ作家Kabeaushéが、2023年5月にウガンダのレフトフィールドダンスレーベルHakuna Kulalaからリリースしたデビューレコードです。 実験的なエレクトロニック・ポップ〜ヒップホップ12曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala releases available at Tobira.  ----------------------------...
¥2,890

You may also like:

Gqom作家Scratchclart & Menziが、2023年4月にウガンダのレフトフィールドダンスレーベルHakuna Kulalaからリリースした共作12です。 レフトフィールド・グライム〜Gqom5曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala releases available at...
¥2,470

You may also like:

GQOM作家DJ ScribyとDJ Marillo、DJ Skothanが、2022年9月にウガンダのGQOM最前線Hakuna Kulalaからリリースした3-wayスプリット3枚組レコードです。 怒涛の26曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege...
¥4,670

You may also like:

日本のgqom作家T5UMUT5UMUが、2022年11月にHakuna Kulalaからリリースした12"です。gqom4曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes releases available...
¥2,540

You may also like:

南アフリカのgqom作家Mbueloが、2022年8月にウガンダのHakuna Kulalaからリリースした12"です。 ポリリズム溢れるgqom4曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala releases available at Tobira.  ----------------------------...
¥2,490

You may also like:

コンゴのgqom作家Chrismanが、2022年6月にウガンダの実験ダンスレーベルHakuna Kulalaからリリースしたレコードです。 重いビートのポストインダストリアル・テクノ〜gqom10曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala releases available at Tobira.  ----------------------------...
¥2,760

You may also like:

メキシコのアウトサイダー作家Tony Gallardoが、2022年1月にウガンダの実験ダンスレーベルHakuna Kulalaからリリースしたレコードです。 レフトフィールドひねくれポップ〜EBM10曲を収録。ピンク盤です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala releases available at Tobira. ...
¥2,980

You may also like:

コンゴのGqom作家Oyisseが、2021年にウガンダのHakuna Kulalaからリリースした12"です。 ドス黒いGqom4曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala releases available at Tobira.  ----------------------------...
¥2,280

You may also like:

ウガンダ・ブソガ王国の小さな村ナキベンベの伝統楽器である巨大な木琴「エンベール」を演奏するバンドNakibembe Embaire Groupが、2023年5月に同国カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたデビューレコードです。 ポリリズム全開のプリミティブ・ダンスミュージック8曲を収録。 インドネシアのガムランガババンドGabber Modus Operandiも参加しています。 "ウガンダのブソガ王国(現存する4つの立憲君主制国家のひとつ)にある小さな村、ナキベンベでは、昔から地元の人々が音楽演奏や社交行事のための共同スペースを確保してきました。その中央には深い穴があり、15~25個の木の鍵盤で構成された巨大な木琴「エンベール」を増幅させるために、溝を横切っているのです。丸太の木琴は東アフリカでよく見られるものですが、東部バントゥー系民族のバソガ族が奏でる音楽は、独自のチューニングや踊り、補助的な楽器など、特殊でユニークなものです。最大8人の奏者がエンベールを囲んで同時に演奏し、催眠的なポリリズムを重ね合わせ、さらにボーカルやシェーカー、ドラムを加えたアンサンブルを奏でます。ナキベンベ・キシロフォン・グループは、アンベールを使って演奏する最後のグループのひとつで、彼らのライブを見た人ならわかるように、複雑で重層的な音の壁を作り出し、どこで演奏しても完全に魅了されるのです。バンドはNyege Nyegeフェスティバルの常連で、2020年にはベルリンの伝説的ナイトクラブBerghainで、ジャカルタ出身の前衛バンドGabber Modus OperandiとHarsya Wahonoと共に出演した。デビューアルバムでは、アンサンブルで5曲、インドネシアのトリオとのコラボレーションで3曲を発表しています。一緒に聴くと、Nakibembe自身の運動音だけでなく、インドネシアのメタロフォン主導のガムラン音楽からサウンドアート界の頭脳的なデジタルプロセスまで、より遠い形態と相関する音の波紋が示されます。8分間に及ぶ大曲「Omukazi Iwe...
Sold Out

You may also like:

オランダ・デンハーグのバブリング・ハウス作家De Schuurmanが、2023年11月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。(オリジナルは2021年にカセットリリース) 2007-2009年に制作した未発表音源13曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 "1980年代後半、テクノとハウスがヨーロッパ中を駆け巡り、都市から都市へと変遷する中で、キュラソー出身の若いDJが、まったく新しいサウンドを生み出すきっかけとなるミスを犯した。デン・ハーグのクラブVoltageでパフォーマンスをしていたDJ Moortjeは、誤ってダンスホールのトラックを33RPMではなく45RPMでドロップし、プレイアウトさせてしまったのだ。Hi-NRGサウンドを渇望していた観客は、軋んだヴォーカルと急速なビートを気に入り、バブリング(またはバブリング・ハウス)が誕生した。その後数十年間、バブリングはオランダのアフロ・ディアスポラ的なクラブシーンに欠かせない存在だった。そして、目を見開いた若いDJやプロデューサーの新しい世代が手綱を取り始めると、バブリングはそれに応じて進化していった。2000年代後半、デン・ハーグを拠点とする10代の天才De Schuurmanは、叔父のDJチッピー(このジャンルの共同創設者の一人)や従兄弟のDJデイカード、DJマスターD、スティコ・ジュニア、DJジャストミーの足跡をたどり、パフォーマンスとビート作りを始めた。Fruityloopsを使い、おなじみの泡のようなリズムにラップやR&Bのサンプル、トランスシンセ、エレクトロハウスを融合させ、彼のトラックは瞬く間にオランダのサーキットの常連となった。 『Bubbling Inside』は、2007年から2009年にかけてのDe Schuurmanの最も重要なカットを集めたもので、文脈のために新しい作品もいくつか加えられている。Nyege Nyege Tapesは、ロッテルダムのPantropicalのSascha RothとDe...
Sold Out

You may also like:

タンザニア・ダルエスサラームのシンゲリ作家Dukeが、2023年11月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。 過去作とは異なりボーカル無しのシンゲリ11曲を収録。青盤です。 以下、レーベルによる解説です。 "MCZOとともに世界をツアーし、18歳のときから自身のスタジオPamoja Recordsを率いてきた影響力のあるシンゲリプロデューサーDukeは現在26歳で、タンザニアで最も多忙なクラブアルケミストのひとりだ。ソロデビュー作『Uingizaji Hewa』では、ダルエスサラームに根付くハード&ファスト・クラブテンプレートに、バスタライムスやエミネム、そしてこのジャンルのベテランであるジェイミッタやシッソの200bpmを取り入れた、独特の "ヒップホップ・シンゲリ "サウンドを聴かせてくれた。2021年の "Sounds of Pamoja "では、Dukeのスタジオ、特にDogo Kibo、MC...
Sold Out

You may also like:

ドイツ・ベルリンの実験ビートメイカーZiúrが、2023年9月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルHakuna Kulalaからリリースしたレコードです。 様々なシンガーやラッパーをゲストに迎えたレフトフィールド・テクノ〜レフトフィールド・ヒップホップ11曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 "世界は変わったのだ。私たちが孤独に閉じこもっている間に、私たちの日常は変化し、社会的なパターンは進化し、私たちの希望や夢は、私たちがまだ指から拭い去ろうとしている蜘蛛の巣にねじ曲げられた。前作『Antifate』は、革命の香りが漂う中、中世の逃避的ファンタジーを思い起こさせる野心的で複雑なハイブリッドポップ・フィーバードリームだった。しかし、規制が緩和されたとき、彼女は、電子レンジで加熱されたノスタルジーと離隔した麻薬的反復のスパイラルに自らを閉じ込めた混乱した社会を見つめていることに気づいた。EyerollはZiúrの音楽的万能薬であり、創造的な眠りから目を覚まし、外部とのつながりと内省を促すためのチンキ剤なのだ。エルヴィン・ブランディ、アブドーラ・ミニャウィ、アイスボーイ・ヴァイオレット、ジュリアナ・ハクスタブル、レデフ、ジェイムズ・ギンズブルグといったZiúrの選りすぐりのコラボレーターたちが、それぞれ個性的な声を提供し、困惑させるような音のエポックを予告している。Ziúrのパレットは、プロジェクトの規模に合わせて進化させなければならなかったが、アルバムのトーンを決定づけたのは純粋に必要だったからだ。レコーディングは主に夜間に行われ、Ziúrは自分が出しているノイズを意識して、オーガニックなパーカッションを録音するユニークな方法を開発した。ロトタム(薄型のチューニング可能なドラム)を使い、彼女はスクラッチし、削り、優しく叩いて、各トラックのうねるような不安定なリズムの背景を作り上げた。冒頭の「Eyeroll」では、エルヴィン・ブランディの原始的なしゃがれ声と叫び声に対して、失われたビー玉のようにガラガラと音を立てている。そして、Brandhiのひねくれた表現が言葉になると、Ziúrはカオティックな衝撃音と飽和したエレクトロニクスの鋸歯状の爆風でそのエネルギーに対抗する。パリのGRMスタジオでモッシュピットを始めるかのように、「私は一番くだらないタバコを巻くの」と彼女は叫ぶ。シモ・セル、カール・ガリ、HVADとの作品に続く「Malikan」では、間髪入れずにアブドゥッラー・ミニアウィが登場し、腐食性のトランペットの爆音と、政治的に煽動的なアラビア語のヴォーカルを披露する。イスラム教以前の詩や、サウジアラビアとエジプトで育った彼が耳にしたクラーンの詠唱にインスパイアされた彼は、世界を横断する迷宮のような物語を紡ぎ、物理的・精神的な境界を同時に破壊する。2作目のコラボレーション『If The City Burns I Will Not Run』では、ミニアウィの範囲はさらに広がっている。"もし雨が降って街が溺れれば "と、彼はガス状のエレクトロニクスに乗せて口にする。Move Onではマンチェスターのアイスボーイ・ヴァイオレットがしなやかなヴォーカルを披露し、「99...
Sold Out

You may also like:

ナイジェリア・ラゴスのラッパーAunty Rayzorが、2023年9月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルHakuna Kulalaからリリースしたレコードです。 アヴァンR&B〜アフロビート〜トラップ12曲を収録。赤盤です。 以下、レーベルによる解説です。 "Bisola Olungbengaが作曲を始めたのは、わずか9歳のときだった。ピアノを弾く母親に励まされ、学校から帰ると妹と競い合い、お菓子のご褒美に詩やコーラスを考えた。以来、Olungbengaは、ヒップホップ、アフロビート、R&Bに実験的なサウンドを融合させ、現代のラゴスをエネルギッシュに描き出す、ジャンルを超えた革新者であり、ナイジェリアで最も勢いのある新進アーティストのひとり、Aunty Rayzorへと進化を遂げた。Viral WreckageはOlungbengaのデビューアルバムで、2021年に発表したストリートアンセムKuku Coronaの大ヒットに続く作品である。今回は、彼女のビジョンを実現するために、世界で最もエキサイティングなプロデューサーたちを集めた: コンゴのシンガー、ギタリスト、プロデューサーであるティティ・バコルタ、ウガンダの若手プロデューサー、イル・ジー、日本のベテラン・イノベーター、スコッチ・ロレックス、サンパウロを拠点とするバイレ・ファンク・プロデューサー、DJクリス・フォンテドファンク、フランスのビートメイカー、デブマスター、ナイジェリアのシンガー兼プロデューサー、スリムケース、そしてケニアのアヴァンポップ・フューチャリスト、カベアウシェだ。Olungbengaは、スコッチ・ロレックスのクロムメッキされたトラップをバックに、ヨルバ語と英語で自己主張の強いラップを繰り広げる。ケニア/ウガンダのアンダーグラウンド・スター、MC Yallahとのプロデューサーの仕事から遠く離れてはいないが、Aunty Rayzorの煽情的で舌を巻くようなラップは、リスナーを定義するのが難しい音楽表現へと誘い、「Doko」に突入するとさらに広がりを見せる。ウィズキッドやミスター・イージといったナイジェリアのスーパースターとコラボしたスリムケースをフィーチャーしたこのトラックは、スウィングする西アフリカのリズムとスリムケースとレイザーの複雑な詩学が溶け合っている。Olungbengaは、DJクリス・フォンテドファンクによる腐敗したネオ・バイレのシャッフルの上で囁くように歌う、このアルバムで最もダンスフロア向きのカットのひとつである'Bounce'で、また違ったモードに移行する。サンパウロは今、世界で最も勢いのあるダンスミュージックを生み出しており、レイザーがヴォーカルをとることで、2つの大陸の重要なストリートミュージックを繋ぐ、予想通りの爆発的な作品に仕上がっている。最近Nyege Nyegeと契約したティティ・バコルタは、「Fall...
Sold Out

You may also like:

コンゴのマルチ奏者/ポップ作家Titi Bakortaが、2023年8月にNyege Nyegeからリリースしたレコードです。 以下、レーベルによる解説です "Titi Bakortaは危うく助からないところだった。キンシャサで生まれ育ったコンゴ人のマルチ奏者は、ウガンダに向かう途中、大河コンゴ川を横断中にボートから落ちた。泳げなかったBakortaは友人に救われ、最寄りの都市キサンガニまで引きずられ、そこで思いがけず地元のシンガーダンサー・パパラスと知り合った。すぐに彼らは一緒にバンドを組み、大陸を渡り歩き、タンザニア、南スーダン、ドバイに定住し、伝説的なスークス・バンド、グランド・ザイコ・ワワ、チョック・スターズ、ビッグ・スターズの前座を務めたコンゴの愛すべきヴォーカリスト、ジェネラル・デファオの前にも姿を現した。現在カンパラを拠点に活動するバコルタは、コンゴのポップスやフォーク・サウンドに独自のテイストを加え、伝統的な要素をサイケデリックなギター・ループの格子や揶揄されるような声、エキセントリックなビートボックスのリズムに織り交ぜたデビュー作を発表している。Kop'では、木版画のスナップを吃音(きつおん)のようなぼやけ方に曲げ、うねるようなリフと奇妙で芝居がかった木琴のきらめきの上で感情的に泣き叫ぶ。これは、あるレベルではまだポップミュージックだが、Bakortaの扱いにくい個人的な物語を中心に湾曲している。いつすべてが崩壊してもおかしくないような感覚があるが、Bakortaの自信に満ちた現代的なプロダクションの賢さによって、すべてがうまくまとまっている。Elles Vaisは、タイトでエレクトロニックなドラムの上に浮かぶ天空のようなスーク・ヴォーカルで、より風通しが良い。絡み合ったギターのエコーが、密やかに織り上げられたタペストリーのように重なり合い、Bakortaの切迫したドライブするパルスと完璧なコントラストをなしている。Molendeでは、賛美音楽とコンテンポラリーなR&Bの間を、彼のチャントとフレーズがきれいに飛び交う。アルバムのラストトラックであるTitis Haunted Houseで、Bakortaがメタル・プレイヤーズのジェシー・ハケットと組んだのも納得がいく。ハケットの不気味なシンセは、バコルタの幽霊のような慟哭とファジーなギターサウンドにふさわしいエキセントリックな土台を提供している。ハケットの不気味なシンセが、Bakortaの幽霊のような慟哭とファジーなギターサウンドにふさわしいエキセントリックな土台を提供している。このアルバムは、コンゴのポップとフォーク・サウンドを、独創的なプロダクションとソングライティングの奇抜さの鮮やかな紗の後ろで誇示することができ、コンゴで最も革新的な才能の1人を紹介している。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna...
Sold Out

You may also like:

西アフリカ・ギニアビサウ出身ポルトガル・リスボン在住のレフトフィールド・ダンス作家Normal Nada the Krakmaxterが、2023年6月にウガンダのレフトフィールドレーベルNyege Nyegeからリリースしたデビューレコードです。 アフリカ音楽をルーツにしながらベースやレイブ要素を取り入れた10曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege...
Sold Out

You may also like:

ウガンダのモジュラー開発者Afrorack aka Bamanya Brianが、2023年5月に同国カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。 彼が独学で製作したモジュールシステムThe Afrorackを駆使したトライバル・テクノ〜ストレンジビーツ9曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 "アフリカ初のDIYモジュラーシンセサイザーの製作に携わったBamanyaは、自作のモジュールとFXユニットを巨大な壁一面に配置し、「The Afrorack」と名付けました。モジュラーシンセサイザーの世界を調べ始めると、ウガンダでその技術を手に入れるのは難しいことがわかったからです。アフリカ全土に販売店が比較的少ないだけでなく、モジュールが法外に高価であることが多かったからです。そこで彼は独学で電子回路を学び、CV制御のシステムを構築し、現在も進化を続けています。「The Afrorack」はBamanyaのデビューアルバムであり、彼の自由な創造性と落ち着きのないエネルギーが表現されています。彼は、これらのモジュールがヨーロッパやアメリカの音楽スタイルを念頭に置いて開発されたものであることを十分理解しており、システムを自分のニーズに合わせるために、独自の音楽的方法論と言語を開発しました。彼の出発点は、アシッドやテクノを抽象化したものであることが多いが、Bamanyaは東アフリカのリズムや異なるスケールをこれらの馴染みのある構造に取り込み、フラクタルな破片に分裂させます。"アフリカには独自の伝統音楽があるため、人々が利用できなかった新しいツールを手に入れ、それを別の文脈で実験する、そんな段階にあると思う "と、彼は2019年にPan African Musicに語っています。この姿勢は「African...
Sold Out

You may also like:

コンゴ共和国のダンス作家DJ Finaleが、2023年3月にウガンダのNyege Nyegeからリリースしたレコードです。 1940年代にアフリカで流行したダンスジャンルスークースを取り入れた14曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 コンゴ民主共和国のFulu Mizikiバンドのメンバーであり、ゴミを再利用して実験的なリズム音楽を作る長年のエコ活動家集団であるキンシャサのDJ Finaleは、自国の歴史に飛び込んで勇敢なハイブリッドダンスサウンドを考案しています。20世紀半ばにキューバ・ルンバのリズムとジャズの柔軟なエモーションから発展したサウンド、スークース(クワッサ・クワッサ)という人気のあるテンプレートをベースに、Finaleは音楽の融合と革新のホットスポットであるキンシャサを表現しています。スークースは当初、伝統的な楽器で演奏されていましたが、Finaleは最小限の電子的アプローチをとり、おなじみのリズムをドンボロなどのコンゴのトラッド・モダンなスタイルに溶け込ませています。Basss30は、ホワイトノイズのバーストとアシッドなシンセサウンドの上で、もろにスイングするビートを刻みいます。Pitschu Debouは、Fulu MizikiのDeboulをボーカルに迎え、荒々しいネオトラップのフレームにスークスのギターリフを折り込みます。「Tobandi」は、工業的で、「イスラムガウズ」と同じく深夜/早朝のクラブセット向けで、うなる電子機器の危ない爆発とジャークコンゴールのリズムでできています。「Mille Morceau」は、コンゴ民主共和国の過去と現在を考察したものです。キンシャサの豊かな歴史を祝うと同時に、エネルギッシュで若々しいコンテンポラリーシーンを誇りに思い、国境を越えて遠くまで目を向けられるようになりました。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see...
Sold Out

You may also like:

ケニア/ウガンダ出身のラッパーMC YALLAHが、2023年4月にウガンダのHakuna Kulalaからリリースしたレコードです。 gqom〜グライム12曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala releases available at Tobira. ...
Sold Out

You may also like:

マダガスカル島東方のインド洋上に位置するレユニオン島の実験ダンス作家Jako Maronが、2023年1月にウガンダのNyege Nyegeからリリースした再発2枚組レコードです。 レユニオン島の伝統音楽マラヤを再解釈した、モジュラー・シンセシスによるレフトフィールド・テクノ〜ストレンジビーツ10曲を収録。 ------------------------------------------ Nyege Nyege Tapes: "Jako Maron, was born in St...
Sold Out

You may also like:

2019年9月のNyege Nyegeフェスティバルでの豪快なパフォーマンスにより、ウガンダの政治家から「ナイルの悪魔」とまで呼ばれるカンパラを拠点とする音響催眠術師Authentically Plasticが、2022年9月に同国Hakuna Kulalaからリリースしたデビューレコードです。 ポストインダストリアル・Gqom9曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala releases available at...
Sold Out

You may also like:

ウガンダのラッパーEcko Bazzが、2022年3月に同国Hakuna Kulalaからリリースしたレコードです。 Gqom〜グライム11曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala releases available at Tobira. ...
Sold Out