• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Judgitzu // Sator Arepo LP

Judgitzu // Sator Arepo LP

  • Availability:

フランスの自称パンク民族音楽学者Judgitzuが、2023年10月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。

呪術的なトライバル・テクノ〜ドローン・テクノ7曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"Sator Arepo(サトル・スクエア)は、5つの回文からなる古代の言葉のパズルであり、西洋世界のさまざまな史跡に刻まれている。その起源は不明だが、この正方形には長い間呪術的な効果があると考えられており、病気や邪悪なものから身を守ったり、狂気を治したり、誰かが呪術の罪を犯しているかどうかを判断するために使われてきた。自称 "パンク民族音楽学者 "であるアコースティックミュージシャンのジュリアン・ヘイロンは、この神秘的なシンボルをJudgitzuのデビューアルバムの出発点として使用し、ケルトの伝統と再びつながろうと試み、その神聖なメッセージが現代のタンザニアのダンスミュージックとどのように調和するかを探求している。

ヘイロンは10年以上にわたって世界中を旅し、インドネシア、オーストラリア、カンボジア、中国、バングラデシュなどのフィールドレコーディングを集め、自身のレーベルLes Cartes Postales Sonoresで発表してきた。この頃、彼は精霊が関わる儀式に魅了されるようになり、ブルターニュに戻ったときに自分の祖先を調べるようになった。"風景の中に多くの遺物が残っていて、精霊の力がまだ感じられる "とヘイロンは説明する。彼は「Sator Arepo」でこのケルトの神秘主義を、古代世界にまで遡るゼンハーモニック音階(標準的な12音平均律以外のチューニング)を使った濁ったドローンと魔術的なシンセの音色で表現している。これらのサウンドは、タンザニア滞在中に得た情報をもとに、テンポの速いSF的なリズムで補強されている。

その最も驚くべき例が「Miracle」で、蛇のような、バグパイプのようなエレクトロニック・ウェイルを、ブロックのようなパーカッションの贅沢なクラスターに重ねた、サウンドシステムの実験である。シッソ、デューク、ジェイ・ミッタのような先鋭的なプロデューサーたちによって世界的に広められたダルエスサラームのストリートに響き渡る175BPMの熱狂的なパルスを原動力とするヘイロンは、今日の最も切迫したダンスフォームと古代の古風な儀式との間に類似点を見出そうと、稀有な会話を切り出した。「Vitalimetre」では、オランダのハードスタイルやギャバーとハーモニーを奏で、歪んだドローンを狂ったように吹き出すキックとラチェットするパーカッションに乗せている。「L'or Des Fous」は、より瞑想的な路線をとり、ピッチのゆがんだ音の表情豊かなシートでヘイロンのエキセントリックな音色を優先させ、エネルギーに満ちたガラガラのビートの上をゴーストウォークする。

「Sator Arepo」で、このフランス人プロデューサーは、私たちが忘れかけている世界を掴み、私たちのほとんどがほとんど理解していない風景と重ね合わせながら、その到達点をさらに深めている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

1. L'or Des Fous

2. Mandragore

3. Vitalimetre

4. Dagyde

5. Miracle

6. Sylphe

7. Sator Arepo 

Nyege Nyege Tapes:

" The Sator Arepo, or Sator Square, is an ancient word puzzle comprising five palindromes that's etched on various historical sites throughout the Western world. Its origins are unknown, but the square has long been thought to hold magical properties, used as a charm against illness and evil, to cure insanity or to determine whether someone was guilty of witchcraft. Self-styled "punk ethnomusicologist", acoustician and musician Julien Hairon uses this mystical symbol as the starting point for his debut Judgitzu album in an attempt to reconnect with his Celtic heritage, exploring how its hallowed messages might harmonize with contemporary Tanzanian dance music.

Hairon has been traveling across the world for over a decade, collecting field recordings from countries such as Indonesia, Australia, Cambodia, China and Bangladesh, and presenting them on his Les Cartes Postales Sonores label, re-issuing any curious cassettes and CDs he came across on the PetPets' TAPES imprint. It was during this time that he became fascinated by rituals that involved spirits, prompting him to examine his own ancestry when he returned to Brittany. "Many artifacts in the landscape remain," Hairon explains, "and the power of spirits is still palpable." He represents this Celtic mysticism on 'Sator Arepo' with murky drones and magickal synth tones, using xenharmonic scales (tuning outside of standard 12-tone equal temperament) that reach back to the ancient world. These sounds are augmented with fast-paced, sci-fi rhythms informed by his time in Tanzania; "Singeli has contaminated me," admits the producer.

The most astonishing example of this is 'Miracle', a thrusting soundsystem experiment that layers serpentine, bagpipe-esque electronic wails over extravagant clusters of blocky percussion. Driven by the frenetic 175BPM pulse that echoes through the streets of Dar Es Salaam - popularized globally by forward-thinking producers like Sisso, Duke and Jay Mitta - Hairon opens up a rare conversation, seeking to draw parallels between today's most urgent dance forms and the archaic rituals of antiquity. On 'Vitalimetre', Hairon drives his sonic palette into the red, harmonizing with Dutch hardstyle and gabber, and splaying distorted drones over maddeningly blown-out kicks and ratcheting percussion. 'L'or Des Fous' takes a more meditative route, prioritizing Hairon's eccentric tonality with expressive sheets of pitch-warped sound that ghost walk across energized, rattling beats.

If you heard Hairon's last Judgitzu release 'Umeme / Kelele', described by Boomkat as "one of 2019's deadliest dancefloor sessions," then you'll know how mindboggling this material can be. And with 'Sator Arepo', the French producer deepens his reach, grasping a world that we've almost forgotten and juxtaposing it with a landscape most of us barely comprehend.
 "

Artist : Judgitzu

Label : Nyege Nyege Tapes

+ -

フランスの自称パンク民族音楽学者Judgitzuが、2023年10月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。

呪術的なトライバル・テクノ〜ドローン・テクノ7曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"Sator Arepo(サトル・スクエア)は、5つの回文からなる古代の言葉のパズルであり、西洋世界のさまざまな史跡に刻まれている。その起源は不明だが、この正方形には長い間呪術的な効果があると考えられており、病気や邪悪なものから身を守ったり、狂気を治したり、誰かが呪術の罪を犯しているかどうかを判断するために使われてきた。自称 "パンク民族音楽学者 "であるアコースティックミュージシャンのジュリアン・ヘイロンは、この神秘的なシンボルをJudgitzuのデビューアルバムの出発点として使用し、ケルトの伝統と再びつながろうと試み、その神聖なメッセージが現代のタンザニアのダンスミュージックとどのように調和するかを探求している。

ヘイロンは10年以上にわたって世界中を旅し、インドネシア、オーストラリア、カンボジア、中国、バングラデシュなどのフィールドレコーディングを集め、自身のレーベルLes Cartes Postales Sonoresで発表してきた。この頃、彼は精霊が関わる儀式に魅了されるようになり、ブルターニュに戻ったときに自分の祖先を調べるようになった。"風景の中に多くの遺物が残っていて、精霊の力がまだ感じられる "とヘイロンは説明する。彼は「Sator Arepo」でこのケルトの神秘主義を、古代世界にまで遡るゼンハーモニック音階(標準的な12音平均律以外のチューニング)を使った濁ったドローンと魔術的なシンセの音色で表現している。これらのサウンドは、タンザニア滞在中に得た情報をもとに、テンポの速いSF的なリズムで補強されている。

その最も驚くべき例が「Miracle」で、蛇のような、バグパイプのようなエレクトロニック・ウェイルを、ブロックのようなパーカッションの贅沢なクラスターに重ねた、サウンドシステムの実験である。シッソ、デューク、ジェイ・ミッタのような先鋭的なプロデューサーたちによって世界的に広められたダルエスサラームのストリートに響き渡る175BPMの熱狂的なパルスを原動力とするヘイロンは、今日の最も切迫したダンスフォームと古代の古風な儀式との間に類似点を見出そうと、稀有な会話を切り出した。「Vitalimetre」では、オランダのハードスタイルやギャバーとハーモニーを奏で、歪んだドローンを狂ったように吹き出すキックとラチェットするパーカッションに乗せている。「L'or Des Fous」は、より瞑想的な路線をとり、ピッチのゆがんだ音の表情豊かなシートでヘイロンのエキセントリックな音色を優先させ、エネルギーに満ちたガラガラのビートの上をゴーストウォークする。

「Sator Arepo」で、このフランス人プロデューサーは、私たちが忘れかけている世界を掴み、私たちのほとんどがほとんど理解していない風景と重ね合わせながら、その到達点をさらに深めている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

1. L'or Des Fous

2. Mandragore

3. Vitalimetre

4. Dagyde

5. Miracle

6. Sylphe

7. Sator Arepo 

Nyege Nyege Tapes:

" The Sator Arepo, or Sator Square, is an ancient word puzzle comprising five palindromes that's etched on various historical sites throughout the Western world. Its origins are unknown, but the square has long been thought to hold magical properties, used as a charm against illness and evil, to cure insanity or to determine whether someone was guilty of witchcraft. Self-styled "punk ethnomusicologist", acoustician and musician Julien Hairon uses this mystical symbol as the starting point for his debut Judgitzu album in an attempt to reconnect with his Celtic heritage, exploring how its hallowed messages might harmonize with contemporary Tanzanian dance music.

Hairon has been traveling across the world for over a decade, collecting field recordings from countries such as Indonesia, Australia, Cambodia, China and Bangladesh, and presenting them on his Les Cartes Postales Sonores label, re-issuing any curious cassettes and CDs he came across on the PetPets' TAPES imprint. It was during this time that he became fascinated by rituals that involved spirits, prompting him to examine his own ancestry when he returned to Brittany. "Many artifacts in the landscape remain," Hairon explains, "and the power of spirits is still palpable." He represents this Celtic mysticism on 'Sator Arepo' with murky drones and magickal synth tones, using xenharmonic scales (tuning outside of standard 12-tone equal temperament) that reach back to the ancient world. These sounds are augmented with fast-paced, sci-fi rhythms informed by his time in Tanzania; "Singeli has contaminated me," admits the producer.

The most astonishing example of this is 'Miracle', a thrusting soundsystem experiment that layers serpentine, bagpipe-esque electronic wails over extravagant clusters of blocky percussion. Driven by the frenetic 175BPM pulse that echoes through the streets of Dar Es Salaam - popularized globally by forward-thinking producers like Sisso, Duke and Jay Mitta - Hairon opens up a rare conversation, seeking to draw parallels between today's most urgent dance forms and the archaic rituals of antiquity. On 'Vitalimetre', Hairon drives his sonic palette into the red, harmonizing with Dutch hardstyle and gabber, and splaying distorted drones over maddeningly blown-out kicks and ratcheting percussion. 'L'or Des Fous' takes a more meditative route, prioritizing Hairon's eccentric tonality with expressive sheets of pitch-warped sound that ghost walk across energized, rattling beats.

If you heard Hairon's last Judgitzu release 'Umeme / Kelele', described by Boomkat as "one of 2019's deadliest dancefloor sessions," then you'll know how mindboggling this material can be. And with 'Sator Arepo', the French producer deepens his reach, grasping a world that we've almost forgotten and juxtaposing it with a landscape most of us barely comprehend.
 "

Artist : Judgitzu

Label : Nyege Nyege Tapes