• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Sam Dunscombe // Two Forests LP

Sam Dunscombe // Two Forests LP

  • Availability:

ドイツ・ベルリンの実験音楽家Sam Dunscombeが、2023年11月にオーストラリアの実験レーベルBlack Truffleからリリースしたレコードです。

森と海のフィールドレコーディングを加工した物音コラージュ・ドローン2曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

『Two Forests』はカリフォルニア中央部のセコイア林から始まる。鳥のさえずりや虫の鳴き声は、さまざまな時間ベースの処理方法(スライシングと組み換え、原始的なグラニュラーシンセシス、ディレイなど)で処理され、フィールドレコーディングから直線的でドキュメンタリー的な性格を取り除き、痕跡とエコーの魅惑的な網の目の中に再構築される。Dunscombeは、オリジナルレコーディングに含まれるピッチを分析し、大規模なジャストイントネーションのピッチセットを生成した。これらの音は、フィールドレコーディングの中にゆっくりと織り込まれ、徐々に密度と複雑さを増していき、森が無限のプロポーションを持つ非現実的な空間へと変化していく。曲の終盤、この宇宙的な広がりから抜け出して、私たちはブラジルのマナウス郊外のアマゾンの熱帯雨林にいることに気づく。Dunscombeが書いているように、この作品は「オクターブ、マイル、分を越えて、空間と時間が同時に膨張と収縮を繰り返す、奇妙な場所の感覚」を生み出している。

『Oceanic』では、さまざまな浜辺の録音がフェードイン、フェードアウトを繰り返し、波のリズムとそれぞれの録音の奥行きと距離感が、均質でありながら絶えず変化するテクスチャーを作り出している。それぞれの浜辺の平均的なリズムに単純な比率で関連する音色が互いに重なり合い、フィールドレコーディングのホワイトノイズの質感を移り変わる色合いで彩る。両作品とも、Dunscombeは現代のアンビエントミュージックの安易な協和音を排し、拡張調律の実践とスペクトラリズムから得たより豊かなハーモニーの配列に取り組んでいる。その結果、ラドゥレスクのうねるような音の塊と、アーヴタイベルの「心理学的に究極の」エンバイロメンツの控えめに処理されたロケーションレコーディングの、これまで夢にも思わなかった出会いを示唆している。実験音楽文化を苦しめかねない偏狭さを超えて、Dunscombeの作品は、音と音楽への幅広いアプローチが持つ癒しの力を感動的に主張している。サイケデリックセラピー以外でも、『Two Forests / Oceanic』に頻繁に浸ることで、心理的に有益な結果が得られることはほぼ確実である。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl.

Tracklist:

  1. 2F 19:30
  2. O 18:14

Text excerpt via Black Truffle:

"[...] ‘Two Forests’ begins in a central Californian sequoia grove. Bird songs and buzzing insect life are treated with a variety of time-based processing methods (slicing and recombination, primitive granular synthesis, delay, and so on), which strip the field recordings of their linear, documentary character, reframing them in an enchanted web of traces and echoes. Analysing the pitches found in the original recordings, Dunscombe used them to generate a large Just Intonation pitch set. These tones are woven slowly into the field recordings, gradually building in density and complexity until the forest has been transformed into an unreal space of infinite proportions. Emerging from this cosmic expanse in the final minutes of the piece, we find ourselves in the Amazon rainforest outside Manaus, Brazil. As Dunscombe writes, the piece creates ‘a sense of place-gone-strange, of space and time simultaneously expanding and contracting across octaves, miles, and minutes’.

On ‘Oceanic’, several recordings of different beaches fade in and out to create a texture both homogenous and constantly shifting in both the rhythm of the waves and each recording's sense of depth and distance. Tones relating in simple ratios to the average rhythm of each beach float over each other, colouring the white noise texture of the field recordings with shifting hues. In both pieces, Dunscombe forgoes the easy consonance that bogs down much contemporary ambient music for a richer harmonic array informed by extended tuning practices and spectralism. The end results suggest a hitherto undreamt-of meeting of Radulescu’s undulating sonic masses and the discreetly processed location recordings of Irv Teibel’s ‘psychologically ultimate’ Environments. Looking beyond the insularity that can afflict experimental music culture, Dunscombe’s work is a moving argument for the healing power of expanded approaches to sound and music. Even outside of a psychedelics-assisted therapy, frequent immersion in Two Forests / Oceanic is almost guaranteed to produce beneficial psychological results. "

Artist : Sam Dunscombe

Label : Black Truffle

ドイツ・ベルリンの実験音楽家Sam Dunscombeが、2023年11月にオーストラリアの実験レーベルBlack Truffleからリリースしたレコードです。

森と海のフィールドレコーディングを加工した物音コラージュ・ドローン2曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

『Two Forests』はカリフォルニア中央部のセコイア林から始まる。鳥のさえずりや虫の鳴き声は、さまざまな時間ベースの処理方法(スライシングと組み換え、原始的なグラニュラーシンセシス、ディレイなど)で処理され、フィールドレコーディングから直線的でドキュメンタリー的な性格を取り除き、痕跡とエコーの魅惑的な網の目の中に再構築される。Dunscombeは、オリジナルレコーディングに含まれるピッチを分析し、大規模なジャストイントネーションのピッチセットを生成した。これらの音は、フィールドレコーディングの中にゆっくりと織り込まれ、徐々に密度と複雑さを増していき、森が無限のプロポーションを持つ非現実的な空間へと変化していく。曲の終盤、この宇宙的な広がりから抜け出して、私たちはブラジルのマナウス郊外のアマゾンの熱帯雨林にいることに気づく。Dunscombeが書いているように、この作品は「オクターブ、マイル、分を越えて、空間と時間が同時に膨張と収縮を繰り返す、奇妙な場所の感覚」を生み出している。

『Oceanic』では、さまざまな浜辺の録音がフェードイン、フェードアウトを繰り返し、波のリズムとそれぞれの録音の奥行きと距離感が、均質でありながら絶えず変化するテクスチャーを作り出している。それぞれの浜辺の平均的なリズムに単純な比率で関連する音色が互いに重なり合い、フィールドレコーディングのホワイトノイズの質感を移り変わる色合いで彩る。両作品とも、Dunscombeは現代のアンビエントミュージックの安易な協和音を排し、拡張調律の実践とスペクトラリズムから得たより豊かなハーモニーの配列に取り組んでいる。その結果、ラドゥレスクのうねるような音の塊と、アーヴタイベルの「心理学的に究極の」エンバイロメンツの控えめに処理されたロケーションレコーディングの、これまで夢にも思わなかった出会いを示唆している。実験音楽文化を苦しめかねない偏狭さを超えて、Dunscombeの作品は、音と音楽への幅広いアプローチが持つ癒しの力を感動的に主張している。サイケデリックセラピー以外でも、『Two Forests / Oceanic』に頻繁に浸ることで、心理的に有益な結果が得られることはほぼ確実である。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl.

Tracklist:

  1. 2F 19:30
  2. O 18:14

Text excerpt via Black Truffle:

"[...] ‘Two Forests’ begins in a central Californian sequoia grove. Bird songs and buzzing insect life are treated with a variety of time-based processing methods (slicing and recombination, primitive granular synthesis, delay, and so on), which strip the field recordings of their linear, documentary character, reframing them in an enchanted web of traces and echoes. Analysing the pitches found in the original recordings, Dunscombe used them to generate a large Just Intonation pitch set. These tones are woven slowly into the field recordings, gradually building in density and complexity until the forest has been transformed into an unreal space of infinite proportions. Emerging from this cosmic expanse in the final minutes of the piece, we find ourselves in the Amazon rainforest outside Manaus, Brazil. As Dunscombe writes, the piece creates ‘a sense of place-gone-strange, of space and time simultaneously expanding and contracting across octaves, miles, and minutes’.

On ‘Oceanic’, several recordings of different beaches fade in and out to create a texture both homogenous and constantly shifting in both the rhythm of the waves and each recording's sense of depth and distance. Tones relating in simple ratios to the average rhythm of each beach float over each other, colouring the white noise texture of the field recordings with shifting hues. In both pieces, Dunscombe forgoes the easy consonance that bogs down much contemporary ambient music for a richer harmonic array informed by extended tuning practices and spectralism. The end results suggest a hitherto undreamt-of meeting of Radulescu’s undulating sonic masses and the discreetly processed location recordings of Irv Teibel’s ‘psychologically ultimate’ Environments. Looking beyond the insularity that can afflict experimental music culture, Dunscombe’s work is a moving argument for the healing power of expanded approaches to sound and music. Even outside of a psychedelics-assisted therapy, frequent immersion in Two Forests / Oceanic is almost guaranteed to produce beneficial psychological results. "

Artist : Sam Dunscombe

Label : Black Truffle