• 11,000円以上ご購入で全国送料無料

Black Truffle

You may also like:

アメリカの大御所実験音楽家David Behrmanが、Jon GibsonとWerner Durandとコラボレーションした作品です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira. ...
¥2,960

You may also like:

大御所実験音楽家Alvin Curranが、2022年9月にリリースした最新レコードです。以下、レーベル解説です。 Black Truffleは、Alvin Curranの未発表音源をレーベルとして初めてリリースする『Drumming Up Trouble』を発表することに胸を躍らせています。2018年から2021年にかけて録音された作品と、タイトルが示すように80年代初期に遡る作品を集めた『Drumming Up Trouble』は、Curranの百科辞典的かつ雑食な音楽世界のこれまでほとんど知られていなかった側面、サンプリングとシンセサイザーによるパーカッションの実験に焦点を当てています。Curranの素晴らしい、荒々しいライナーノーツが明らかにしているように、彼のドラミングに対する魅力は、MEVの初期から彼の作品を特徴づけてきた、音楽の基本的要素に対するラディカルな調査に属するもので、(最近のインタビューで彼が言うように)「人類の音楽の歴史において存在しないスタート時点に何らかの集団的方法で」戻ることを目指しているのです。人類の祖先がどのような音楽を演奏していたとしても、「ドラムはミックスの最前列と中心だった。ドラムが支配している!」と彼は書いています。Curranらしい逆説的なアプローチで、『Drumming Up Trouble』は、この音楽の最も古い次元を現代のテクノロジーで問い直したものです。第一面では、Curranが1980年代から改良を重ねてきたサンプリング・ソフトウェアとフルサイズのMIDIキーボードのセットアップを使用して演奏された最近の作品を聴くことができます。そのうちの2曲は、主にヒップホップの膨大なサンプルバンクを利用した荒々しいリアルタイムの即興演奏です。ドラムマシンの断片のポリリズムのレイヤーから、ヴォーカルサンプルの衝突、スクラッチ、必死のピッチシフトによるワイルドな不協和音まで、エネルギッシュで時に滑稽なこれらの作品は、John OswaldのPlunderphonics、Tony Oxley QuartetのPat...
¥3,590

You may also like:

オーストラリアの実験レーベルBlack Truffle主宰Oren Ambarchiが、Editions Megoからリリースした作品Hubrisの楽曲をイギリス・ロンドンの実験音楽ライブスペースCafe Otoで演奏した模様を収録したライブ音源です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at...
¥3,880

You may also like:

フランスの実験音楽家Brunhild Ferrariとドイツのドローン作家Christoph Heemannが、2022年6月にリリースした共作レコードです。 ローエンド・ドローン2曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira. ...
Sold Out

You may also like:

実験界隈の大御所3名による共作レコードです。 Description by Black Truffle: "Patience Soup presents the entirety of a live performance...
Sold Out