• 11,000円以上ご購入で全国送料無料

Black Truffle

You may also like:

過去にHallow GroundやStudents of Decayなどから発表しているスウェーデン出身フィンランド在住の音響作家Marja Ahtiが、2023年9月にオーストラリアの実験レーベルBlack Truffleからリリースしたレコードです。 ミニマルな物音ドローン4曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases...
¥4,280

You may also like:

Keiji HainoとJim O'Rourke、Oren Ambarchi3名が、2022年10月にオーストラリアの実験レーベルBlack Truffleからリリースしたコラボレーションシリーズ第11弾です。 Keiji Hainoがメタルパーカッション、Jim O'Rourkeがエレクトロニクス、Oren Ambarchiがゴングを演奏したチベットの仏教音楽を思わせるような1曲目をはじめ、バリエーション豊かなライブ録音3曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black...
¥5,480

You may also like:

北インド古典ドゥルパドの継承者Dagar兄弟が、2024年3月にBlack TruffleからリリースしたCDです。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira.  ---------------------------- CD...
¥2,489

You may also like:

北インド古典ドゥルパドの継承者Dagar兄弟が、2024年3月にBlack Truffleからリリースしたレコードです。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira.  ---------------------------- 12"...
¥4,389

You may also like:

カナダの実験音楽家crys coleが、2021年4月にリリースしたカセットの再発レコード盤です。 ロングフォームのコラージュ・ドローン2曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira.  ----------------------------...
¥3,580

You may also like:

イタリア・ミラノ出身ベルリン在住、インドにて北インド古典音楽ドゥルパドの技術を磨いてきたAmelia Cuniが、2022年9月にオーストラリアの実験レーベルBlack Truffleからリリースした2枚組レコードです。 彼女が1996年にムンバイで行ったコンサートの長尺ラーガ・ドローンを収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira. ...
¥5,080

You may also like:

ドイツ・ベルリンの実験音楽家Sam Dunscombeが、2023年11月にオーストラリアの実験レーベルBlack Truffleからリリースしたレコードです。 森と海のフィールドレコーディングを加工した物音コラージュ・ドローン2曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 『Two Forests』はカリフォルニア中央部のセコイア林から始まる。鳥のさえずりや虫の鳴き声は、さまざまな時間ベースの処理方法(スライシングと組み換え、原始的なグラニュラーシンセシス、ディレイなど)で処理され、フィールドレコーディングから直線的でドキュメンタリー的な性格を取り除き、痕跡とエコーの魅惑的な網の目の中に再構築される。Dunscombeは、オリジナルレコーディングに含まれるピッチを分析し、大規模なジャストイントネーションのピッチセットを生成した。これらの音は、フィールドレコーディングの中にゆっくりと織り込まれ、徐々に密度と複雑さを増していき、森が無限のプロポーションを持つ非現実的な空間へと変化していく。曲の終盤、この宇宙的な広がりから抜け出して、私たちはブラジルのマナウス郊外のアマゾンの熱帯雨林にいることに気づく。Dunscombeが書いているように、この作品は「オクターブ、マイル、分を越えて、空間と時間が同時に膨張と収縮を繰り返す、奇妙な場所の感覚」を生み出している。 『Oceanic』では、さまざまな浜辺の録音がフェードイン、フェードアウトを繰り返し、波のリズムとそれぞれの録音の奥行きと距離感が、均質でありながら絶えず変化するテクスチャーを作り出している。それぞれの浜辺の平均的なリズムに単純な比率で関連する音色が互いに重なり合い、フィールドレコーディングのホワイトノイズの質感を移り変わる色合いで彩る。両作品とも、Dunscombeは現代のアンビエントミュージックの安易な協和音を排し、拡張調律の実践とスペクトラリズムから得たより豊かなハーモニーの配列に取り組んでいる。その結果、ラドゥレスクのうねるような音の塊と、アーヴタイベルの「心理学的に究極の」エンバイロメンツの控えめに処理されたロケーションレコーディングの、これまで夢にも思わなかった出会いを示唆している。実験音楽文化を苦しめかねない偏狭さを超えて、Dunscombeの作品は、音と音楽への幅広いアプローチが持つ癒しの力を感動的に主張している。サイケデリックセラピー以外でも、『Two Forests / Oceanic』に頻繁に浸ることで、心理的に有益な結果が得られることはほぼ確実である。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see...
Sold Out

You may also like:

2011年に他界した実験音楽家Alvin Lucierの晩年の作品記録集です。 以下、レーベルによる解説です。 "『Works for the Ever Present Orchestra Vol. II』は、2021年に90歳で惜しまれつつこの世を去ったアメリカの伝説的な実験音楽作曲家Alvin Lucierの晩年の作品を、Black Truffleが記録したものである。シリーズ第1巻と同様、ここに収録された2つの作品は、Alvin Lucierの作品を独占的に演奏するために2016年にチューリッヒに設立されたアンサンブル、エバー・プレゼント・オーケストラのために書かれた。Alvin...
Sold Out

You may also like:

イタリアの実験音楽家Giuseppe Ielasiが、2023年4月にオーストラリアの実験レーベルBlack Truffleからリリースしたレコードです。 エレキギターによるアンビエント7曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira. ...
Sold Out

You may also like:

アメリカの大御所実験音楽家David Behrmanが、Jon GibsonとWerner Durandとコラボレーションした作品です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira. ...
Sold Out

You may also like:

イギリスの実験音楽家Richard Youngsが、2023年4月にオーストラリアの実験レーベルBlack Truffleからリリースしたレコードです。 R&Bやラップ、Mobb Deep、DJ Shadowなどをさりげなくサンプリングした実験ポップ2曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available...
Sold Out

You may also like:

フランスの実験音楽家Brunhild Ferrariとドイツのドローン作家Christoph Heemannが、2022年6月にリリースした共作レコードです。 ローエンド・ドローン2曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira. ...
Sold Out

You may also like:

タイの竹笛オルガン「ケーン」奏者Sombat Simlaが、2023年11月にオーストラリアの実験レーベルBlack Truffleからリリースしたレコードです。 ライナーノート付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira. ...
Sold Out

You may also like:

Keiji HainoとJim O'Rourke、Oren Ambarchiが、2018年11月にスーパーデラックスで行ったライブ録音です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at Tobira. ...
Sold Out

You may also like:

Tony ConradとArnold Dreyblatt、Jim O'Rourkeが、2001年にNYの伝説的な実験音楽箱Tonicで行ったコンサートの録音です。 「作曲からリスニングへ」「音の内側から音に働きかける」というConradの欲求を完璧に表現したエゴレス・ミュージックです。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at...
Sold Out

You may also like:

大御所実験音楽家Alvin Curranが、2022年9月にリリースした最新レコードです。以下、レーベル解説です。 Black Truffleは、Alvin Curranの未発表音源をレーベルとして初めてリリースする『Drumming Up Trouble』を発表することに胸を躍らせています。2018年から2021年にかけて録音された作品と、タイトルが示すように80年代初期に遡る作品を集めた『Drumming Up Trouble』は、Curranの百科辞典的かつ雑食な音楽世界のこれまでほとんど知られていなかった側面、サンプリングとシンセサイザーによるパーカッションの実験に焦点を当てています。Curranの素晴らしい、荒々しいライナーノーツが明らかにしているように、彼のドラミングに対する魅力は、MEVの初期から彼の作品を特徴づけてきた、音楽の基本的要素に対するラディカルな調査に属するもので、(最近のインタビューで彼が言うように)「人類の音楽の歴史において存在しないスタート時点に何らかの集団的方法で」戻ることを目指しているのです。人類の祖先がどのような音楽を演奏していたとしても、「ドラムはミックスの最前列と中心だった。ドラムが支配している!」と彼は書いています。Curranらしい逆説的なアプローチで、『Drumming Up Trouble』は、この音楽の最も古い次元を現代のテクノロジーで問い直したものです。第一面では、Curranが1980年代から改良を重ねてきたサンプリング・ソフトウェアとフルサイズのMIDIキーボードのセットアップを使用して演奏された最近の作品を聴くことができます。そのうちの2曲は、主にヒップホップの膨大なサンプルバンクを利用した荒々しいリアルタイムの即興演奏です。ドラムマシンの断片のポリリズムのレイヤーから、ヴォーカルサンプルの衝突、スクラッチ、必死のピッチシフトによるワイルドな不協和音まで、エネルギッシュで時に滑稽なこれらの作品は、John OswaldのPlunderphonics、Tony Oxley QuartetのPat...
Sold Out

You may also like:

オーストラリアの実験レーベルBlack Truffle主宰Oren Ambarchiが、Editions Megoからリリースした作品Hubrisの楽曲をイギリス・ロンドンの実験音楽ライブスペースCafe Otoで演奏した模様を収録したライブ音源です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Black Truffle releases available at...
Sold Out

You may also like:

実験界隈の大御所3名による共作レコードです。 Description by Black Truffle: "Patience Soup presents the entirety of a live performance...
Sold Out