• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Afrorack // The Afrorack LP

Afrorack // The Afrorack LP

¥3,080
  • Availability:

ウガンダのモジュラー開発者Afrorack aka Bamanya Brianが、2023年5月に同国カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。

彼が独学で製作したモジュールシステムThe Afrorackを駆使したトライバル・テクノ〜ストレンジビーツ9曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"アフリカ初のDIYモジュラーシンセサイザーの製作に携わったBamanyaは、自作のモジュールとFXユニットを巨大な壁一面に配置し、「The Afrorack」と名付けました。モジュラーシンセサイザーの世界を調べ始めると、ウガンダでその技術を手に入れるのは難しいことがわかったからです。アフリカ全土に販売店が比較的少ないだけでなく、モジュールが法外に高価であることが多かったからです。そこで彼は独学で電子回路を学び、CV制御のシステムを構築し、現在も進化を続けています。

「The Afrorack」はBamanyaのデビューアルバムであり、彼の自由な創造性と落ち着きのないエネルギーが表現されています。彼は、これらのモジュールがヨーロッパやアメリカの音楽スタイルを念頭に置いて開発されたものであることを十分理解しており、システムを自分のニーズに合わせるために、独自の音楽的方法論と言語を開発しました。彼の出発点は、アシッドやテクノを抽象化したものであることが多いが、Bamanyaは東アフリカのリズムや異なるスケールをこれらの馴染みのある構造に取り込み、フラクタルな破片に分裂させます。"アフリカには独自の伝統音楽があるため、人々が利用できなかった新しいツールを手に入れ、それを別の文脈で実験する、そんな段階にあると思う "と、彼は2019年にPan African Musicに語っています。

この姿勢は「African Drum Machine」で最も顕著で、Bamanyaはユークリッドリズムシーケンサーを使って、彼のCV信号を、多くの東アフリカの音楽形態に存在するポリリズム構造を模倣した複雑なアルゴリズムパターンに分割します。よく聴かないと4分の4拍子のテクノに聞こえるかもしれませんが、注意を向けると、ドラムの異なるレイヤーとギザギザのオシレーターが互いに跳ね返り、催眠的な新しいリズムを生み出すのがわかります。Bamanyaは「Why Serious」でも同様のアプローチをとり、ダビーなベースラインとプラスチッキーなパーカッシブサウンドをファジングして、アブストラクトなエレクトロニクスとFWD思考の東アフリカのクラブサウンドを融合させた熱狂的なハイブリッドを作り上げています。

Bamanyaの瞑想的で重低音のコンポジションは、特に「Inspired」や「Last Modular」といったトラックでは、ShackletonやAdrian SherwoodのAfrican Head Chargeのサイケデリックなサウンドを思わせます。この2つのトラックは、リゼルギーなトーンシフトと精密なドラムによって、明らかにメタリックなサウンドになっていますが、ネコのうめき声やビデオゲームのブリップといった危険な奇抜さを取り入れながら、常に完全にコントロールできるプロデューサーによって造られています。また、「Osc」や「Rev」のようなビートの少ないトラックでは、Bamanyaはモジュラー音楽の歴史に意識的に言及し、Popol Vuh、Klaus Schulze、Emeraldsのコスミスの世界にアプローチして、東アフリカの特異なリズムの強さでそれを補強しています。「The Afrorack」は、長い間待たれていた会話の始まりです。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl. 

Hakuna Kulala:

"Bamanya is responsible for building Africa's first DIY modular synthesizer, a huge wall of home-made modules and FX units that he dubbed, fittingly, The Afrorack. His reason for embarking on this difficult project was simple: as he began to investigate the world of modular synthesizers, he realized it would be difficult to acquire the technology in Uganda. Not only were there relatively few retailers across the whole of Africa, but the modules were often prohibitively expensive. After quick search online, Bamanya realized he could easily download circuit diagrams and buy the required parts locally, so he taught himself electronics and constructed a CV-controlled system that's been evolving ever since.

"The Afrorack" is Bamanya's debut album and displays the producer's untethered creativity and restless energy. He's all too aware that these modules were developed with European and American musical styles in mind, so developed his own musical methodology and language to coax the system into suiting his needs. His starting points are often abstractions of acid and techno, but Bamanya curves East African rhythms and different scales into these familiar structures, splintering them into fractal shards. "I believe Africa is at that point where people are getting new tools which were not available to them, and then experimenting with them in a different context, because Africa has its own traditional music," he told Pan African Music back in 2019.

This attitude is most evident on 'African Drum Machine', where Bamanya uses a Euclidean rhythm sequencer to divide his CV signals into complex algorithmic patterns that mimic the polyrhythmic structures that exist in many East African musical forms. If you're not listening closely it might sound like 4/4 techno, but focus your attention and you'll hear different layers of drums and jagged oscillators bouncing between each other creating hypnotic new rhythms. Bamanya takes a similar approach on 'Why Serious', fuzzing dubby basslines and plasticky percussive sounds into a frenetic hybrid of abstract electronics and fwd-thinking East African club sounds.

At times, Bamanya's meditative, bass-heavy compositions echo the psychedelic sounds of Shackleton or Adrian Sherwood's African Head Charge, particularly on tracks like 'Inspired' and 'Last Modular'. With lysergic tonal shifts and precision-engineered drums, both tracks sound defiantly metallic, but sculpted by a producer who's always completely in control as he introduces risky eccentricities like feline groans and videogame blips. And on less beat-heavy tracks like 'Osc' and 'Rev', Bamanya makes a conscious nod to the history of modular music, approaching the kosmische universe of Popol Vuh, Klaus Schulze and Emeralds, augmenting it with East Africa's idiosyncratic rhythmic intensity. "The Afrorack" is the beginning of a conversation that's been long overdue.
 "

Artist : Afrorack

Label : Hakuna Kulala

ウガンダのモジュラー開発者Afrorack aka Bamanya Brianが、2023年5月に同国カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。

彼が独学で製作したモジュールシステムThe Afrorackを駆使したトライバル・テクノ〜ストレンジビーツ9曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"アフリカ初のDIYモジュラーシンセサイザーの製作に携わったBamanyaは、自作のモジュールとFXユニットを巨大な壁一面に配置し、「The Afrorack」と名付けました。モジュラーシンセサイザーの世界を調べ始めると、ウガンダでその技術を手に入れるのは難しいことがわかったからです。アフリカ全土に販売店が比較的少ないだけでなく、モジュールが法外に高価であることが多かったからです。そこで彼は独学で電子回路を学び、CV制御のシステムを構築し、現在も進化を続けています。

「The Afrorack」はBamanyaのデビューアルバムであり、彼の自由な創造性と落ち着きのないエネルギーが表現されています。彼は、これらのモジュールがヨーロッパやアメリカの音楽スタイルを念頭に置いて開発されたものであることを十分理解しており、システムを自分のニーズに合わせるために、独自の音楽的方法論と言語を開発しました。彼の出発点は、アシッドやテクノを抽象化したものであることが多いが、Bamanyaは東アフリカのリズムや異なるスケールをこれらの馴染みのある構造に取り込み、フラクタルな破片に分裂させます。"アフリカには独自の伝統音楽があるため、人々が利用できなかった新しいツールを手に入れ、それを別の文脈で実験する、そんな段階にあると思う "と、彼は2019年にPan African Musicに語っています。

この姿勢は「African Drum Machine」で最も顕著で、Bamanyaはユークリッドリズムシーケンサーを使って、彼のCV信号を、多くの東アフリカの音楽形態に存在するポリリズム構造を模倣した複雑なアルゴリズムパターンに分割します。よく聴かないと4分の4拍子のテクノに聞こえるかもしれませんが、注意を向けると、ドラムの異なるレイヤーとギザギザのオシレーターが互いに跳ね返り、催眠的な新しいリズムを生み出すのがわかります。Bamanyaは「Why Serious」でも同様のアプローチをとり、ダビーなベースラインとプラスチッキーなパーカッシブサウンドをファジングして、アブストラクトなエレクトロニクスとFWD思考の東アフリカのクラブサウンドを融合させた熱狂的なハイブリッドを作り上げています。

Bamanyaの瞑想的で重低音のコンポジションは、特に「Inspired」や「Last Modular」といったトラックでは、ShackletonやAdrian SherwoodのAfrican Head Chargeのサイケデリックなサウンドを思わせます。この2つのトラックは、リゼルギーなトーンシフトと精密なドラムによって、明らかにメタリックなサウンドになっていますが、ネコのうめき声やビデオゲームのブリップといった危険な奇抜さを取り入れながら、常に完全にコントロールできるプロデューサーによって造られています。また、「Osc」や「Rev」のようなビートの少ないトラックでは、Bamanyaはモジュラー音楽の歴史に意識的に言及し、Popol Vuh、Klaus Schulze、Emeraldsのコスミスの世界にアプローチして、東アフリカの特異なリズムの強さでそれを補強しています。「The Afrorack」は、長い間待たれていた会話の始まりです。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl. 

Hakuna Kulala:

"Bamanya is responsible for building Africa's first DIY modular synthesizer, a huge wall of home-made modules and FX units that he dubbed, fittingly, The Afrorack. His reason for embarking on this difficult project was simple: as he began to investigate the world of modular synthesizers, he realized it would be difficult to acquire the technology in Uganda. Not only were there relatively few retailers across the whole of Africa, but the modules were often prohibitively expensive. After quick search online, Bamanya realized he could easily download circuit diagrams and buy the required parts locally, so he taught himself electronics and constructed a CV-controlled system that's been evolving ever since.

"The Afrorack" is Bamanya's debut album and displays the producer's untethered creativity and restless energy. He's all too aware that these modules were developed with European and American musical styles in mind, so developed his own musical methodology and language to coax the system into suiting his needs. His starting points are often abstractions of acid and techno, but Bamanya curves East African rhythms and different scales into these familiar structures, splintering them into fractal shards. "I believe Africa is at that point where people are getting new tools which were not available to them, and then experimenting with them in a different context, because Africa has its own traditional music," he told Pan African Music back in 2019.

This attitude is most evident on 'African Drum Machine', where Bamanya uses a Euclidean rhythm sequencer to divide his CV signals into complex algorithmic patterns that mimic the polyrhythmic structures that exist in many East African musical forms. If you're not listening closely it might sound like 4/4 techno, but focus your attention and you'll hear different layers of drums and jagged oscillators bouncing between each other creating hypnotic new rhythms. Bamanya takes a similar approach on 'Why Serious', fuzzing dubby basslines and plasticky percussive sounds into a frenetic hybrid of abstract electronics and fwd-thinking East African club sounds.

At times, Bamanya's meditative, bass-heavy compositions echo the psychedelic sounds of Shackleton or Adrian Sherwood's African Head Charge, particularly on tracks like 'Inspired' and 'Last Modular'. With lysergic tonal shifts and precision-engineered drums, both tracks sound defiantly metallic, but sculpted by a producer who's always completely in control as he introduces risky eccentricities like feline groans and videogame blips. And on less beat-heavy tracks like 'Osc' and 'Rev', Bamanya makes a conscious nod to the history of modular music, approaching the kosmische universe of Popol Vuh, Klaus Schulze and Emeralds, augmenting it with East Africa's idiosyncratic rhythmic intensity. "The Afrorack" is the beginning of a conversation that's been long overdue.
 "

Artist : Afrorack

Label : Hakuna Kulala