• 11,000円以上ご購入で全国送料無料

Heat Crimes

You may also like:

ギリシャの実験音楽家Optiki Mousiki aka Costis Drygianakisが、1994年に自主リリースしたカセットの再発2枚組レコードです。 サイケデリックなストレンジビーツ〜エキゾチック・アンビエント4曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 "1984年から1987年まで、ギリシャ人アーティストのCostis Drygianakisと、友人や共同制作者の寄せ集めで、オプティキ・ムジキ(Optiki Mousiki)名義で数多くのレコーディングを行った。1987年にリリースされた初のフルアルバム『Tomos 1』は、初期の多作期を記録したもので、グリズリーなインダストリアル・ノイズの要素に、めくるめく電子音響実験や野性的なインストゥルメンタル・スティンギングが組み合わされている。1994年にリリースされた『Tomos 2』は、自身の音楽だけでなく、アヴァンギャルド・アートが一般的にどのような役に立つのかについて、Drygianakisが長い間自省した後に発表された。前作とはまったく異なるこのアルバムは、一般的なテイストの考え方に疑問を投げかけ、「非真面目な」音楽的アイデアを伝統的な要素と折り重ねながら、キリスト教の聖者の生活からチベット仏教、スーフィズム、ヒンドゥー教の物語まで、近くて遠い精神世界から暫定的に引用することを試みている。Drygianakisは、ソクラティス・シノプロス、コスタス・ツィアノス、ディミトリス・ヤガス、ロス・デイリー、コンスタンティノス・カラグーニスといった共演者の演奏を録音することからこのプロセスを始めた。彼はラリッサでスタジオ・エンジニアとして働いていたが、その仕事は過酷で、金銭面でも苦しいものだった。それとは対照的に、オプティカル・ミュージックスとしての仕事は、より情熱的で深く個人的なものとなり、アルバムの制作は、彼のメランコリーとフラストレーションを、インスピレーション、衝動、欲望を溶かし合わせた4つの長いトラックに注ぎ込むという、独自の人生を歩むことになった。このプロジェクトは、シンセサイザーとコンピューターに興味を持つDrygianakisによるエレクトロニック・ミュージックが中心であったため、アコースティックな世界とデジタルをつなぐ架け橋が必要だった。それは、伝説的なAkai S-1000サンプラーという画期的な機材だった。このツールによってドライギアナキスは、あらゆる音楽的スペクトラムからサウンドを引き出し、彼のニーズに合わせることができるようになり、夢のような遠く離れたサウンドと、身近に録音されたアイデアを融合させることができた。その結果、例えばタンジェリン・ドリームの "Zeit "やディアマンダ・ガラスの...
¥4,230

You may also like:

イギリスのエレクトロニック作家The Ephemeron Loopが、2023年6月にギリシャ・アテネのHeat Crimesからリリースした2枚組レコードです。 アンビエント・ノイズ〜ダブテクノ〜ドリームポップ〜グラインドコアまでを縦横無尽に往来する8曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Heat Crimes releases available at...
¥4,550