• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Zimoun // Guitar Studies I-III CD+BOOKLET

Zimoun // Guitar Studies I-III CD+BOOKLET

¥2,890
  • Availability:

スイスの実験音楽家Zimounが、2022年5月にオーストラリアの実験レーベルRoom40からリリースしたCDです。レーベルオーナーLawrence Englishとの対談や写真を掲載したブックレットが付属。以下、作家による解説です。

この「Guitar Studies」シリーズでは、ギターが発する音やノイズだけを扱ってきました。

ギターを手で弾くというオーソドックスな方法もありますが、それよりも小型のDCモーターで作動させたりすることの方が多かったです。レコーディングには様々なマイクを使用し、ピックアップの接触も緩く、アンプも様々なものを使用しました。部分的に欠陥のある小さなおもちゃのアンプから、60年代のアナログトレモロ付きの美しいマグナトーンアンプ、10歳の時に初めてギターと一緒に買った古いフェンダーアンプなどです。

また、録音した音を段ボールの筒の中や広さの違う部屋など、様々な環境で再生して、録音し直しました。そうすることで、音に自然な響きや空間性を持たせることができました。また、テーブルの上に置いた裸のスピーカー膜にギターの信号を送り、膜の上に砂を載せて歪ませた音も作りました。膜と砂の摩擦によって、さまざまな形の歪みが生まれます。ギターをどのように変形させるか、様々な反復のプロセスを試したのです。

どの作品でもループは使っていません。各作品の各レイヤーについて、約1時間の間、私が探っていたものをすべて録音しました。このようにして、私は数え切れないほどの時間の音をまとめました。ほとんど無限に続くオーバーレイと長い録音時間によって、私はある種の活気を達成しようとしました。全く同じということはないけれど、どこかに行ってしまうということもない。そういう意味で、これらの作品は彫刻的な要素も強く持っています。

このプロセスの後、私は録音の微細構造について作業を始めました。例えば、いくつかの曲でイコライザーをゆっくりずらしながら録音していきました。また、これらを様々なコントローラーやアナログ・イコライザーを使ってライブ演奏しました。このアプローチによって、個々の周波数が長い時間をかけて存在感を増したり、他の周波数と混ざり合ったりするようになりました。比喩的に言えば、これはランプ(または様々なランプ)を使って彫刻を様々な角度から照らしたり、光の緩やかな変化を作り出し、彫刻の知覚に影響を与えるのと似ています。また、異なる音のステージでは、これはさらに音響心理学的な現象を引き起こすことができます。これらの方法を通して、私は音の微細な構造とその展開に複雑さを生み出そうとしました。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Includes insert card featuring exclusive reductions of the pieces + a book featuring an in conversation between Zimoun and Lawrence English, plus archival documentation and photographs examining Zimoun's work across mediums.

***

Artist statement:

" With the Guitar Studies series I’ve dealt solely with noises and sounds produced by guitars.

Partly I played the guitars by hand in a more conventional way, but more often I prepared them, or activated them by using small DC motors. I used various microphones for the recordings, as well as the loose contact of a pickup and many different amps; from a small toy amp that was partially defective to a beautiful Magnatone amp with analogue tremolo from the sixties and an old Fender Amp I bought together with my first guitar when I was 10 years old.

I also played recorded sounds back in different environments, for example inside a cardboard tube or in different rooms with various sizes, and then recorded them again. This way I added natural resonate and spatiality to the sounds. I also created a distorted sounds by sending the signal of the guitar to a naked speaker membrane lying on the table, and then put some sand on the membrane itself. The friction between the membrane and the sand then created various forms of distortion. I was trying to test various processes of iteration to discover how transformed the guitar might become.

I did not work with loops in any of the compositions. For each layer in each piece, I recorded whatever I was exploring over the whole period of about an hour. In this way, I put together countless hours of sounds. Through the almost endless overlaying and long recording takes, I have tried to achieve a kind of liveliness, even if at the same time no major changes happen in the composition. It’s never exactly the same, but never going somewhere else either. In that sense these compositions also have a strong sculptural component.

After this process, I started working on the microstructures of the recordings. For example, I recorded slow equalizer shifts in some of these tracks over the whole period of time. I also played these live via various controllers and analogue equalizers. This approach allowed the individual frequencies to become more present over long periods of time or mix with others. Figuratively speaking, this is similar to using a lamp (or various lamps) to illuminate a sculpture from different perspectives, or to create slow changes in light, which affects our perception of the sculpture. At different sonic stages, this can also provoke additional psychoacoustic phenomena. Through these methods I have tried to create a complexity in the microstructures of the sounds and their evolutions.

All three compositions last about an hour each. Digitally, they are released in their full length, while the CD contains shortened versions."

Artist : Zimoun

Label : Room40

+ -

スイスの実験音楽家Zimounが、2022年5月にオーストラリアの実験レーベルRoom40からリリースしたCDです。レーベルオーナーLawrence Englishとの対談や写真を掲載したブックレットが付属。以下、作家による解説です。

この「Guitar Studies」シリーズでは、ギターが発する音やノイズだけを扱ってきました。

ギターを手で弾くというオーソドックスな方法もありますが、それよりも小型のDCモーターで作動させたりすることの方が多かったです。レコーディングには様々なマイクを使用し、ピックアップの接触も緩く、アンプも様々なものを使用しました。部分的に欠陥のある小さなおもちゃのアンプから、60年代のアナログトレモロ付きの美しいマグナトーンアンプ、10歳の時に初めてギターと一緒に買った古いフェンダーアンプなどです。

また、録音した音を段ボールの筒の中や広さの違う部屋など、様々な環境で再生して、録音し直しました。そうすることで、音に自然な響きや空間性を持たせることができました。また、テーブルの上に置いた裸のスピーカー膜にギターの信号を送り、膜の上に砂を載せて歪ませた音も作りました。膜と砂の摩擦によって、さまざまな形の歪みが生まれます。ギターをどのように変形させるか、様々な反復のプロセスを試したのです。

どの作品でもループは使っていません。各作品の各レイヤーについて、約1時間の間、私が探っていたものをすべて録音しました。このようにして、私は数え切れないほどの時間の音をまとめました。ほとんど無限に続くオーバーレイと長い録音時間によって、私はある種の活気を達成しようとしました。全く同じということはないけれど、どこかに行ってしまうということもない。そういう意味で、これらの作品は彫刻的な要素も強く持っています。

このプロセスの後、私は録音の微細構造について作業を始めました。例えば、いくつかの曲でイコライザーをゆっくりずらしながら録音していきました。また、これらを様々なコントローラーやアナログ・イコライザーを使ってライブ演奏しました。このアプローチによって、個々の周波数が長い時間をかけて存在感を増したり、他の周波数と混ざり合ったりするようになりました。比喩的に言えば、これはランプ(または様々なランプ)を使って彫刻を様々な角度から照らしたり、光の緩やかな変化を作り出し、彫刻の知覚に影響を与えるのと似ています。また、異なる音のステージでは、これはさらに音響心理学的な現象を引き起こすことができます。これらの方法を通して、私は音の微細な構造とその展開に複雑さを生み出そうとしました。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Includes insert card featuring exclusive reductions of the pieces + a book featuring an in conversation between Zimoun and Lawrence English, plus archival documentation and photographs examining Zimoun's work across mediums.

***

Artist statement:

" With the Guitar Studies series I’ve dealt solely with noises and sounds produced by guitars.

Partly I played the guitars by hand in a more conventional way, but more often I prepared them, or activated them by using small DC motors. I used various microphones for the recordings, as well as the loose contact of a pickup and many different amps; from a small toy amp that was partially defective to a beautiful Magnatone amp with analogue tremolo from the sixties and an old Fender Amp I bought together with my first guitar when I was 10 years old.

I also played recorded sounds back in different environments, for example inside a cardboard tube or in different rooms with various sizes, and then recorded them again. This way I added natural resonate and spatiality to the sounds. I also created a distorted sounds by sending the signal of the guitar to a naked speaker membrane lying on the table, and then put some sand on the membrane itself. The friction between the membrane and the sand then created various forms of distortion. I was trying to test various processes of iteration to discover how transformed the guitar might become.

I did not work with loops in any of the compositions. For each layer in each piece, I recorded whatever I was exploring over the whole period of about an hour. In this way, I put together countless hours of sounds. Through the almost endless overlaying and long recording takes, I have tried to achieve a kind of liveliness, even if at the same time no major changes happen in the composition. It’s never exactly the same, but never going somewhere else either. In that sense these compositions also have a strong sculptural component.

After this process, I started working on the microstructures of the recordings. For example, I recorded slow equalizer shifts in some of these tracks over the whole period of time. I also played these live via various controllers and analogue equalizers. This approach allowed the individual frequencies to become more present over long periods of time or mix with others. Figuratively speaking, this is similar to using a lamp (or various lamps) to illuminate a sculpture from different perspectives, or to create slow changes in light, which affects our perception of the sculpture. At different sonic stages, this can also provoke additional psychoacoustic phenomena. Through these methods I have tried to create a complexity in the microstructures of the sounds and their evolutions.

All three compositions last about an hour each. Digitally, they are released in their full length, while the CD contains shortened versions."

Artist : Zimoun

Label : Room40