• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
yan jun // contradictions (plays lu xun, žižek, baudrillard and beckett) LP

yan jun // contradictions (plays lu xun, žižek, baudrillard and beckett) LP

  • Availability:

中国・北京の実験音楽家Yan Junが、2023年12月にアメリカ・NYの実験レーベルReading Groupからリリースしたレコードです。

メロディ皆無の物音〜ドローン5曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。 

"『Contradictions』では、Yan Junは4人の作家を "演じる"--5つの作品を通して、文学的、理論的な人物の形式的、概念的、言語的な挑戦を、音の構成や実験的なパフォーマンスの制約や指針として解釈する。トラックA1とA2では、20世紀初頭の中国の文芸批評家で、1930年代に左翼作家連盟の仲間だった魯迅を「演じる」。この2つの「環境における行動」は、魯迅の音と沈黙に関する矛盾した描写を探求し、一見「空」のフィールドレコーディングを、非意図的な行動の完全な沈黙の容器として形成している。次のトラックは、拡大するグローバル資本主義におけるセクシュアリティと欲望の機械化についてのポスト・マルクス主義理論家スラヴォイ・ジジェクからの挑発を解釈するために「音響メカニズム」を使用し、その結果、エロティシズムのバッテリー駆動による商品化を指標化するノイズシーケンスを生み出している。B面では、junは「ジャン・ボードリヤールを演じる」ことで、手動のインターフェイスのないオーディオフィードバックの「ハイパーリアル」を探求している。最後のトラックは、サミュエル・ベケットの中国語訳『Texts for Nothing』を無言で読み上げ、サミュエル・ベケットを解釈する。アーティストによる膨大なライナーノーツの中で、彼はこの作品をレコード全体への手がかりとなる言葉で要約している: この "私 "の声を通してすべてを衝突させ、消滅させるのはどうだろう。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading Group releases available at Tobira. 

-------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 200. 

Tracklist:

  1. plays lu xun 1 05:05
  2. plays lu xun 2 04:46
  3. plays slavoj žižek 10:54
  4. plays jean baudrillard 11:06
  5. plays samuel beckett 11:37

++

Reading Group:

"Reading Group is thrilled to release Contradictions (plays 4 writers), the new LP by legendary musician and poet Yan Jun. Yan Jun has been a central figure in the (non-)music, noise, sound, and experimental performance scenes both in his native Beijing and in the global subterranean community for decades. He founded the Beijing-based experimental label Sub Jam in 2000 and has since collaborated with Lionel Marchetti, Axel Dörner, Toshimaru Nakamura, Torturing Nurse, and many more.

On Contradictions, Jun “plays 4 writers”––interpreting, across five pieces, the formal, conceptual, and linguistic challenges of literary and theoretical figures as constraints and guides for sound composition and experimental performance. On tracks A1 and A2, Jun “plays” Lu Xun, the early twentieth-century Chinese literary critic and associate of the League of Left-Wing Writers in the 1930s. These two iterations of “behaviors in environment” explore Lu Xun’s contradictory descriptions of sound and silence, forming two seemingly “empty” field recordings as containers for the full silence of non-intentional action. The following track, uses “acoustic mechanisms” to interpret a provocation from post-Marxist theorist Slavoj Žižek about the mechanization of sexuality and desire in expanding global capitalism, resulting in a noise sequence indexing the battery-operated commodification of eroticism. On the B-side, Jun “plays Jean Baudrillard” by exploring the “hyper-real” of audio feedback without a manual interface. The final track recalls Jun’s work for voice and speech, interpreting Samuel Beckett by reading through the Chinese translation of Beckett’s Texts for Nothing silently––except for the enunciated floating signifier 我 (I, my, me). In the extensive liner notes by the artist, he sums up this piece in language that provides a clue to the record as a whole: “How about colliding and annihilating everything through the voice of this ‘I’ then we deal with the limit of the form?” "

Artist : yan jun

Label : Reading Group

+ -

中国・北京の実験音楽家Yan Junが、2023年12月にアメリカ・NYの実験レーベルReading Groupからリリースしたレコードです。

メロディ皆無の物音〜ドローン5曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。 

"『Contradictions』では、Yan Junは4人の作家を "演じる"--5つの作品を通して、文学的、理論的な人物の形式的、概念的、言語的な挑戦を、音の構成や実験的なパフォーマンスの制約や指針として解釈する。トラックA1とA2では、20世紀初頭の中国の文芸批評家で、1930年代に左翼作家連盟の仲間だった魯迅を「演じる」。この2つの「環境における行動」は、魯迅の音と沈黙に関する矛盾した描写を探求し、一見「空」のフィールドレコーディングを、非意図的な行動の完全な沈黙の容器として形成している。次のトラックは、拡大するグローバル資本主義におけるセクシュアリティと欲望の機械化についてのポスト・マルクス主義理論家スラヴォイ・ジジェクからの挑発を解釈するために「音響メカニズム」を使用し、その結果、エロティシズムのバッテリー駆動による商品化を指標化するノイズシーケンスを生み出している。B面では、junは「ジャン・ボードリヤールを演じる」ことで、手動のインターフェイスのないオーディオフィードバックの「ハイパーリアル」を探求している。最後のトラックは、サミュエル・ベケットの中国語訳『Texts for Nothing』を無言で読み上げ、サミュエル・ベケットを解釈する。アーティストによる膨大なライナーノーツの中で、彼はこの作品をレコード全体への手がかりとなる言葉で要約している: この "私 "の声を通してすべてを衝突させ、消滅させるのはどうだろう。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading Group releases available at Tobira. 

-------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 200. 

Tracklist:

  1. plays lu xun 1 05:05
  2. plays lu xun 2 04:46
  3. plays slavoj žižek 10:54
  4. plays jean baudrillard 11:06
  5. plays samuel beckett 11:37

++

Reading Group:

"Reading Group is thrilled to release Contradictions (plays 4 writers), the new LP by legendary musician and poet Yan Jun. Yan Jun has been a central figure in the (non-)music, noise, sound, and experimental performance scenes both in his native Beijing and in the global subterranean community for decades. He founded the Beijing-based experimental label Sub Jam in 2000 and has since collaborated with Lionel Marchetti, Axel Dörner, Toshimaru Nakamura, Torturing Nurse, and many more.

On Contradictions, Jun “plays 4 writers”––interpreting, across five pieces, the formal, conceptual, and linguistic challenges of literary and theoretical figures as constraints and guides for sound composition and experimental performance. On tracks A1 and A2, Jun “plays” Lu Xun, the early twentieth-century Chinese literary critic and associate of the League of Left-Wing Writers in the 1930s. These two iterations of “behaviors in environment” explore Lu Xun’s contradictory descriptions of sound and silence, forming two seemingly “empty” field recordings as containers for the full silence of non-intentional action. The following track, uses “acoustic mechanisms” to interpret a provocation from post-Marxist theorist Slavoj Žižek about the mechanization of sexuality and desire in expanding global capitalism, resulting in a noise sequence indexing the battery-operated commodification of eroticism. On the B-side, Jun “plays Jean Baudrillard” by exploring the “hyper-real” of audio feedback without a manual interface. The final track recalls Jun’s work for voice and speech, interpreting Samuel Beckett by reading through the Chinese translation of Beckett’s Texts for Nothing silently––except for the enunciated floating signifier 我 (I, my, me). In the extensive liner notes by the artist, he sums up this piece in language that provides a clue to the record as a whole: “How about colliding and annihilating everything through the voice of this ‘I’ then we deal with the limit of the form?” "

Artist : yan jun

Label : Reading Group