• 11,000円以上ご購入で全国送料無料

reading group

You may also like:

ポーランド・クラクフの実験音楽家Marcin Barskiが、2018年にアメリカ・NYの実験レーベルReading Groupからリリースしたレコードです。 スポークンワード〜物音ドローン4曲を収録。DLコード付属。  以下、作家本人による解説です。 "1980年代は特別だった。多くの家庭でマイクが当たり前のように使われるようになったのだ。音声録音はもはや珍しいことではなく、誰もができるようになった。ディクタフォン・オプションの付いた携帯ウォークマン、アナログの留守番電話、自分の声をアーカイブするために話しかけるための赤いボタンと小さな穴が常に装備されたテーププレーヤーなど、これらすべてがどこにでもあり、誰もがその使い方を知っていた。テープの値段は格安だった。そして、その多くは今日まで生き残っている。これらのテープには、失望というテーマが繰り返し登場する。妨害されたラジオ・フリー・ヨーロッパの放送、何年も前に笑えなくなった(笑えたとしても)下品な性差別主義者のキャバレー、そして何よりも、新しい税金や日常生活の難しさ、あるいは電話システムに対する不満や、海外の親戚と話す前に電話で何時間も待たされることなどが語られている。 ポピエルシュコ神父の真理についての説教が録音されたテープが、赤と白のインレイカードにトラックリストが手書きされたモダントーキング・カセットに偽装されていることは珍しくない。1980年代の非合法なアンダーグラウンド・サーキットでは、視覚は聴覚を覆い隠すものとして機能した。当時のポーランドのサウンドスケープは、想像力のレベルで起こっていた。見たこともないもの、会ったこともない人々の声、コンサートでは体験できない音楽の録音を、人々はテープに録音して共有していた。聴覚は、彼らの視覚への憧れを形作っていたのだ。聴覚は、そうでなければあまりにも灰色から抜け出せない現実を変える力を持っていた。先日、1982年から1984年にかけての電話での会話を録音したテープの箱を見つけた。録音していたヤンという男は、この数年間、電話で交わした会話をすべて記録していた。彼の妻は当時ウィーンに住んでいて、ワルシャワで友人たちに配る西洋製品を彼に送っていた。しかし、彼はロマンチックな男でもあった。箱の底に貼られたテープのタイトルは(鉛筆の手書きで)『ワンダの夢、1982年5月』。誰かのいびきを録音した8分ほどの静かなものだ。ヤンは妻の寝息を聞き返したことがあるのだろうか?ワルシャワの灰色の共産主義アパートで、テレビの両チャンネルの放送が終わった後、このテープを聴きながら眠りについたのだろうか。カラフルな資本主義のウィーンにあるワンダの寝室の音、匂い、見た目を想像しようとしたことがあっただろうか?ここでもまた、失望が繰り返される。ある意味、ヤンは多夫多妻の生活を送っていた。どちらも目に見えないが、どちらが現実なのだろうか?" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading Group releases...
$24.00

You may also like:

中国・北京の実験音楽家Yan Junが、2023年12月にアメリカ・NYの実験レーベルReading Groupからリリースしたレコードです。 メロディ皆無の物音〜ドローン5曲を収録。DLコード付属。 以下、レーベルによる解説です。  "『Contradictions』では、Yan Junは4人の作家を "演じる"--5つの作品を通して、文学的、理論的な人物の形式的、概念的、言語的な挑戦を、音の構成や実験的なパフォーマンスの制約や指針として解釈する。トラックA1とA2では、20世紀初頭の中国の文芸批評家で、1930年代に左翼作家連盟の仲間だった魯迅を「演じる」。この2つの「環境における行動」は、魯迅の音と沈黙に関する矛盾した描写を探求し、一見「空」のフィールドレコーディングを、非意図的な行動の完全な沈黙の容器として形成している。次のトラックは、拡大するグローバル資本主義におけるセクシュアリティと欲望の機械化についてのポスト・マルクス主義理論家スラヴォイ・ジジェクからの挑発を解釈するために「音響メカニズム」を使用し、その結果、エロティシズムのバッテリー駆動による商品化を指標化するノイズシーケンスを生み出している。B面では、junは「ジャン・ボードリヤールを演じる」ことで、手動のインターフェイスのないオーディオフィードバックの「ハイパーリアル」を探求している。最後のトラックは、サミュエル・ベケットの中国語訳『Texts for Nothing』を無言で読み上げ、サミュエル・ベケットを解釈する。アーティストによる膨大なライナーノーツの中で、彼はこの作品をレコード全体への手がかりとなる言葉で要約している: この "私 "の声を通してすべてを衝突させ、消滅させるのはどうだろう。" レーベルその他作品はこちら ///...
$24.00

You may also like:

イギリスの詩人Zara Joan Millerとチェロ奏者Ute Kanngiesserが、2023年12月にアメリカ・NYの実験レーベルReading Groupからリリースした共作レコードです。 サウンドポエトリーとチェロによる緊張感のあるインプロ2曲を収録。DLコード付属。  以下、レーベルによる解説です。 ”このLPは、詩人/アーティストのMillerとチェリスト/インプロヴァイザーのKanngießerによる初のライブコラボレーションから生まれたもので、2023年1月にロンドンのCafe Otoで録音された。Kanngießerの探求的で集中的なチェロは、Millerの詩の断片(JOAN出版社から2022年に出版された同名の詩集より)の下を通り過ぎる不定形な地形を敷き詰め、限界知覚の内部フリーウェイに点在する広告塔となる。チェロの音の中にあるスペクトルやテクスチャーのディテールは、言語の糸の隙間に残された言葉にならない意味合いのミクロの世界をドラマティックに、あるいは鏡のように映し出しているようだ。時に、これらの世界は鈍い不安や静かな熱狂を生み出すが、時折、スローモーションジョークを思わせる詩的な表現(「道端に『SLOW DUST』と書かれた看板を見たことがある」)、偶然のエラー(「カモメが私の顔に糞をした」)、家庭内の退屈の謎の中断(「誰かのガールフレンドから『出るな』と電話があった」)などに振り回されるだけだ。時折挿入される日付の進行は、まるで季節のようにチェロが彷徨いながら、青い月曜日の1年を駆け抜けていくような感覚を与える。このライヴセットには、積み重ねられた架空の休暇の文字通りのスライドショーが添えられており、1年を振り返るという感覚に拍車をかけている。しかし、これらのエントリー/断片の間にある(音色や物語の)空間の知覚のしにくさは、私たちに暦の厳しい見方を超えて、測定不可能なもの、つまりシンコペーションの空間をもたらしている。"あなたの人生が展開するのを目撃することが/動けなくなる鍵だ”と彼女は言った。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more...
$24.00

You may also like:

アメリカ・ミネソタのコラージュ作家James Krivcheniaが、2022年4月に同国実験音楽家Derek Baron主宰レーベルReading Groupからリリースした最新レコードです。 大量のサンプリングを用いた情報過多コラージュ・IDM〜コラージュ・ポップ 〜コラージュ・テクノ14曲を収録。まるでAIが作曲したかのような不穏な空気に終始包まれています。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading Group releases available...
$21.00

You may also like:

Feeding TubeやNight People、NNA Tapesなどから発表しているNYのレフトフィールド・シティポップデュオBlanche Blanche Blancheが、2021年5月にNYの実験レーベルReading Groupから500部限定でリリースしたレコードです。 ひねくれLo-Fiシティポップ23曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading...
Sold Out

You may also like:

過去にRecitalやPentimentsなどから発表しているアメリカ・NYの実験音楽家Derek Baronが、2018年に自身主宰レーベルReading Groupからリリースしたレコードです。 2016年9月にミネソタ州北部のスペリオル国有林近くバウンダリー・ウォーターズという湖で録音した、彼の両親とのカヌー旅の記録です。 音像セルフドキュメンタリー2曲、約35分を収録。DLコード付属。 Reading Group · Derek Baron, "Sagard's History of Canada"...
Sold Out

You may also like:

アメリカ・テネシーの大御所詩人/小説家Ishmael Reedが、2022年11月に同国実験レーベルReading Groupからリリースした最新CDです。 彼の2021年発表演劇作品The Slave Who Loved Caviarのために書き下ろした楽曲を演奏した、ピアノメインのLo-Fiジャズ10曲を収録。分厚いエッセイが付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading Group...
Sold Out

You may also like:

アメリカ・NYのジャズトリオFred Moten / Brandon López / Gerald Cleaverが、2022年4月に同州実験音楽家Derek Baron主宰レーベルReading Groupからリリースしたデビューレコードです。 声とコントラバス、ドラムによるフリージャズ7曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see...
Sold Out

You may also like:

アメリカの音響作家Luke MartinとMorgan Evans-Weilerが、2021年12月にNYの音楽家Derek Baron主宰レーベルReading Groupからリリースした共作アルバムです。 物音コラージュ・ドローン2曲、たっぷり80分を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading Group releases available...
Sold Out

You may also like:

アメリカ・NYの音響作家Sydney Spannが、2022年2月にNYの音楽家Derek Baron主宰レーベルReading Groupからリリースした最新作です。 物音や声、テープレコーダーなどを用いて、シュールな夢のような彼女独特の世界観を表現しています。全5曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading Group releases available at...
Sold Out

You may also like:

RecitalやPentimentsなどから発表しているNYの音響作家Derek Baron主宰レーベルReading Groupの2021年新作を本邦初入荷しました。 本作は、哲学者・社会学者でもあったドイツ人作家Theodor Adornoが書き残したピアノ作品をNYのバンドCop Tearsがカバーしたレコードです。2018年冬にNYのDerekの自宅でレコーディングしたそうです。ライナーノートとDLコード付属。 John Andrew Wilhite-Hannisdal (double bass) Derek Baron (flute)...
Sold Out

You may also like:

当店人気作家Derek Baronが主宰するReading Groupより、あのCarman Mooreが作曲1980年のメタ・ソープ・オペラ映画「PERSONAL PROBLEMS」のオリジナル・サウンドトラックがLPリリース。A面には1980年に録音されたサウンドトラックを収録、B面には2019年にCarman Moore自身がピアノ演奏した再録を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading Group releases available...
Sold Out