• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Tenniscoats // Totemo Aimasho (15th Anniversary Edition) CD

Tenniscoats // Totemo Aimasho (15th Anniversary Edition) CD

  • Availability:

東京のフォークデュオTenniscoatsが、2023年9月にオーストラリアの実験レーベルroom40からリリースした再発CDです。(オリジナルは2007年リリース)

オーストラリアツアー中に録音したフォーク〜アンビエント・フォーク12曲を収録。エコウォレット、シュリンク仕様です。

以下、レーベルオーナーLawrence Englishによる解説です。

" 00年代初頭のある時、当時日本に住んでいたジョン・チャントラーが、東京で知り合ったミュージシャン、テニスコーツと録音したばかりの不思議な音源を送ってくれた。これが、その後長年の友人となり、音のインスピレーションの源泉となったサヤとウエノを私が初めて知ったきっかけだった。

2005年、メルボルンのガイ・ブラックマンとのつながりで、テニスコーツはオーストラリアツアーを行った。フォーティテュード・バレーのリックスカフェで開催された彼らのショーは、歌、即興、そしてメロディーの自由が乱れ飛ぶものだった。公演後、サヤとウエノ、ドラマーのキシダはさらに数日間ブリスベンに滞在し、この間に『トテモアイマショウ』の大部分が録音された。

レコーディング自体は、友人のハインツ・リーグラーが小さなレコーディング・スペースを設けたオフィスビルを再利用して行われた。さまざまなオフィスを、やや隔離された録音ゾーンとして使うことができた。結果は驚くほど豊かで、オフィスの部屋の設計の賜物だと思う。

この特別な15周年記念盤のために、私は時間をかけて録音を見直し、リマスタリングを行った。このバージョンは、おそらく当時のセッションのダイナミクスをもう少し忠実に再現したものだろう。また、オリジナルの『トテモアイマショウ』セッションには含まれていなかったアーカイブ資料にも何日か目を通した。驚いたことに、レコードの中で私のお気に入りの曲のひとつであるCacoyのデモ・バージョンをいくつか見つけたし、他のアルバム曲のバリエーションや、レコードに収録されていない実験的な曲もいくつか見つけた。

この音楽には、ある種の晴れやかな喜びがある。このレコードには、好奇心、多孔性、寛大さが同居している。それは、このコラボレーション、そして「トテモアイマショウ」の創作そのものに影響を与えた混合的な方法論である。

ジョンに感謝の言葉を送りたい。ジョンがいなければ、このプロジェクトも、その後の多くのつながりも生まれなかっただろう。"


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Monochrome printed, Matte laminated and embossed sleeve with insert card. Includes previously unreleased demos and outtakes.

++

A note from Lawrence English:

" Some time in the early 00s John Chantler, who was living in Japan at the time, sent me a couple of curious sound pieces he’d just recorded with musicians he’d met from Tokyo - Tenniscoats. This was my first introduction to Saya and Ueno, who have subsequently gone on to become longtime friends and a wellspring of sonic inspiration.

In 2005, through their connections to Guy Blackman in Melbourne, Tenniscoats under took a tour of Australia and as part of that visit I arranged a concert for them in Brisbane. Their show, held at Rics Cafe in Fortitude Valley, was a wildly-flowing flux of song, improvisation and sheer melodic freedom. Following the performance Saya, Ueno and drummer Yoshinari Kishida spent a few additional days in Brisbane, and it’s during this time that the majority of Totemo Aimasho was recorded.

The recording itself took place in a reappropriated office building, where my friend Heinz Riegler had set up a small recording space. We were able to use the various offices as somewhat isolated recording zones. The results were surprisingly rich, a testament to office room design I suppose.

For this special 15th anniversary edition, I spent some time going back over the recordings to remaster them. This version is perhaps a bit more faithful to the dynamics of those sessions. I also spent some days going through archival materials that were not included in the original Totemo Aimasho sessions. To my surprise I found a couple of demo versions of Cacoy, one of my favourite pieces from the record, as well as some variations of other album pieces and also a couple of experiments not included on the record.

There’s a certain radiant joy to this music. The record is equal parts curiosity, porousness and generosity. It's a mixed methodology that informed this collaboration, and equally the creation of Totemo Aimasho itself.

I want to send a special note of thanks to John, without whom this project, and many subsequent other connections, would not have occurred.
 
"

Artist : Tenniscoats

Label : Room40

+ -

東京のフォークデュオTenniscoatsが、2023年9月にオーストラリアの実験レーベルroom40からリリースした再発CDです。(オリジナルは2007年リリース)

オーストラリアツアー中に録音したフォーク〜アンビエント・フォーク12曲を収録。エコウォレット、シュリンク仕様です。

以下、レーベルオーナーLawrence Englishによる解説です。

" 00年代初頭のある時、当時日本に住んでいたジョン・チャントラーが、東京で知り合ったミュージシャン、テニスコーツと録音したばかりの不思議な音源を送ってくれた。これが、その後長年の友人となり、音のインスピレーションの源泉となったサヤとウエノを私が初めて知ったきっかけだった。

2005年、メルボルンのガイ・ブラックマンとのつながりで、テニスコーツはオーストラリアツアーを行った。フォーティテュード・バレーのリックスカフェで開催された彼らのショーは、歌、即興、そしてメロディーの自由が乱れ飛ぶものだった。公演後、サヤとウエノ、ドラマーのキシダはさらに数日間ブリスベンに滞在し、この間に『トテモアイマショウ』の大部分が録音された。

レコーディング自体は、友人のハインツ・リーグラーが小さなレコーディング・スペースを設けたオフィスビルを再利用して行われた。さまざまなオフィスを、やや隔離された録音ゾーンとして使うことができた。結果は驚くほど豊かで、オフィスの部屋の設計の賜物だと思う。

この特別な15周年記念盤のために、私は時間をかけて録音を見直し、リマスタリングを行った。このバージョンは、おそらく当時のセッションのダイナミクスをもう少し忠実に再現したものだろう。また、オリジナルの『トテモアイマショウ』セッションには含まれていなかったアーカイブ資料にも何日か目を通した。驚いたことに、レコードの中で私のお気に入りの曲のひとつであるCacoyのデモ・バージョンをいくつか見つけたし、他のアルバム曲のバリエーションや、レコードに収録されていない実験的な曲もいくつか見つけた。

この音楽には、ある種の晴れやかな喜びがある。このレコードには、好奇心、多孔性、寛大さが同居している。それは、このコラボレーション、そして「トテモアイマショウ」の創作そのものに影響を与えた混合的な方法論である。

ジョンに感謝の言葉を送りたい。ジョンがいなければ、このプロジェクトも、その後の多くのつながりも生まれなかっただろう。"


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Monochrome printed, Matte laminated and embossed sleeve with insert card. Includes previously unreleased demos and outtakes.

++

A note from Lawrence English:

" Some time in the early 00s John Chantler, who was living in Japan at the time, sent me a couple of curious sound pieces he’d just recorded with musicians he’d met from Tokyo - Tenniscoats. This was my first introduction to Saya and Ueno, who have subsequently gone on to become longtime friends and a wellspring of sonic inspiration.

In 2005, through their connections to Guy Blackman in Melbourne, Tenniscoats under took a tour of Australia and as part of that visit I arranged a concert for them in Brisbane. Their show, held at Rics Cafe in Fortitude Valley, was a wildly-flowing flux of song, improvisation and sheer melodic freedom. Following the performance Saya, Ueno and drummer Yoshinari Kishida spent a few additional days in Brisbane, and it’s during this time that the majority of Totemo Aimasho was recorded.

The recording itself took place in a reappropriated office building, where my friend Heinz Riegler had set up a small recording space. We were able to use the various offices as somewhat isolated recording zones. The results were surprisingly rich, a testament to office room design I suppose.

For this special 15th anniversary edition, I spent some time going back over the recordings to remaster them. This version is perhaps a bit more faithful to the dynamics of those sessions. I also spent some days going through archival materials that were not included in the original Totemo Aimasho sessions. To my surprise I found a couple of demo versions of Cacoy, one of my favourite pieces from the record, as well as some variations of other album pieces and also a couple of experiments not included on the record.

There’s a certain radiant joy to this music. The record is equal parts curiosity, porousness and generosity. It's a mixed methodology that informed this collaboration, and equally the creation of Totemo Aimasho itself.

I want to send a special note of thanks to John, without whom this project, and many subsequent other connections, would not have occurred.
 
"

Artist : Tenniscoats

Label : Room40