• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Tenniscoats // Tasmania Bootleg TAPE

Tenniscoats // Tasmania Bootleg TAPE

  • Availability:

東京のフォークデュオTenniscoatsが、2023年9月にオーストラリアの実験レーベルroom40からリリースしたカセットです。

2009年2月にオーストラリア・タスマニアでのライブ録音です。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡くださいませ

以下、レーベルオーナーLawrence Englishによる解説です。

『トテモアイマショウ』の15周年記念再発を準備する際、私は数日間かけてroom40のアーカイブを深く掘り下げた。何年もかけて収集された膨大な資料があるが、実のところ、私はその多くを正確に覚えていない。

そんな中、この録音に出会った。

Tasmania Bootlegは、2009年2月15日の日曜日にホバートのブリスベンホテルで録音された。ホバートを訪れたのはかなり直前のことで、当時の私のメール・チェーンがそれを物語っている。

ブリスベン・パワーハウスで私がキュレーションしていたファブリーク・シアーのフィナーレを祝うために、テニスコーツをオーストラリアに招待したのだ。他のツアー日程が発表されると、ホバートの何人かが連絡をくれ、いつの間にか私たちはホバートに向かっていた。

ホバート訪問の一環として、私たちは前年に東京でTemporachaを制作したときと同じ「フィールドレコーディング」スタイルで一連の音源を録音した。また、ブリスベン・ホテルでのショーも録音する機会を得た。

この録音は100%ブートレグの領域だ。正直に告白すると、私はこの録音スタイルの大ファンなのだ。私は10代の頃、大のカセット・トレーダーで、当時聴いていた複製ブートレグのクオリティのおかげで、質感やノイズに興味を持つようになったのだ。

この録音は、フレンドリーな地元の人が客席で行ったもので、この時期のテニスコーツを取り巻く雰囲気を完全に忠実に捉えている。文字通り、観客がサヤとウエノの演奏にすっかり魅了されているのがわかる。このショーで彼らと一緒に演奏できて光栄だった。あまり話したことはないけれど、僕の音楽人生の最初はドラマーだったんだ。

また、このエディションにはデジタル電話帳が付属し、タスマニアで撮影された写真が収められている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Ask us for digital files. Cassette in soft poly case - includes a special digital photobook shot during Tenniscoats time in Tasmania.

Tracklist:

  1. Yume wa Sukkiri / Dream is refresing
  2. Ninichime
  3. Bokura N Niwa
  4. My car is burning 06:32
  5. Stone in The Boot
  6. Sabaku
  7. Baibaba Bimba

++

Text by Lawrence English from Room40:

"When I was preparing the 15th anniversary re-issue of Totemo Aimasho I spent a few days doing a deep dive through the room40 archive. There’s a hell of a lot of material that has been collected over the years, and truth be told I don’t exactly remember a lot of it.

About a day into this search, I came across this recording.

Tasmania Bootleg was recorded on Sunday the 15th of February 2009, at The Brisbane Hotel in Hobart. The visit to Hobart came about pretty last minute, so my email chain from the time seems to suggest.

I’d invited Tenniscoats down to Australia to help celebrate the finale of the Fabrique seres I was curating at Brisbane Powerhouse. Some folks from Hobart reached out once the other tour dates were announced and then before we knew it, we were headed there.

As part of the Hobart visit we recorded a suite of material using the same ‘field recording’ style we used to create Temporacha in Tokyo the previous year. We also took the chance to record the show at The Brisbane Hotel.

This recording is 100% bootleg territory. I must confess to being a huge fan of this style of recording. I was an enormous cassette trader back in my teen years and I put down a lot of my interests in texture and noise to the quality of duplicated bootlegs I listened to back then.

This recording was made in the audience by a friendly local and is an entirely faithful capture of the atmosphere that surrounded Tenniscoats during this time. You can literally hear the audience becoming completely entranced by Saya and Ueno’s performance. I was honoured to play alongside them for this show. It’s not something I talk about much, but my first life in music was as a drummer and a flicker of that life is captured here.

The edition also comes with a digital phonebook, containing photos in 110 and other formats, that were captured in Tasmania during that time."

Artist : Tenniscoats

Label : Room40

東京のフォークデュオTenniscoatsが、2023年9月にオーストラリアの実験レーベルroom40からリリースしたカセットです。

2009年2月にオーストラリア・タスマニアでのライブ録音です。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡くださいませ

以下、レーベルオーナーLawrence Englishによる解説です。

『トテモアイマショウ』の15周年記念再発を準備する際、私は数日間かけてroom40のアーカイブを深く掘り下げた。何年もかけて収集された膨大な資料があるが、実のところ、私はその多くを正確に覚えていない。

そんな中、この録音に出会った。

Tasmania Bootlegは、2009年2月15日の日曜日にホバートのブリスベンホテルで録音された。ホバートを訪れたのはかなり直前のことで、当時の私のメール・チェーンがそれを物語っている。

ブリスベン・パワーハウスで私がキュレーションしていたファブリーク・シアーのフィナーレを祝うために、テニスコーツをオーストラリアに招待したのだ。他のツアー日程が発表されると、ホバートの何人かが連絡をくれ、いつの間にか私たちはホバートに向かっていた。

ホバート訪問の一環として、私たちは前年に東京でTemporachaを制作したときと同じ「フィールドレコーディング」スタイルで一連の音源を録音した。また、ブリスベン・ホテルでのショーも録音する機会を得た。

この録音は100%ブートレグの領域だ。正直に告白すると、私はこの録音スタイルの大ファンなのだ。私は10代の頃、大のカセット・トレーダーで、当時聴いていた複製ブートレグのクオリティのおかげで、質感やノイズに興味を持つようになったのだ。

この録音は、フレンドリーな地元の人が客席で行ったもので、この時期のテニスコーツを取り巻く雰囲気を完全に忠実に捉えている。文字通り、観客がサヤとウエノの演奏にすっかり魅了されているのがわかる。このショーで彼らと一緒に演奏できて光栄だった。あまり話したことはないけれど、僕の音楽人生の最初はドラマーだったんだ。

また、このエディションにはデジタル電話帳が付属し、タスマニアで撮影された写真が収められている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Ask us for digital files. Cassette in soft poly case - includes a special digital photobook shot during Tenniscoats time in Tasmania.

Tracklist:

  1. Yume wa Sukkiri / Dream is refresing
  2. Ninichime
  3. Bokura N Niwa
  4. My car is burning 06:32
  5. Stone in The Boot
  6. Sabaku
  7. Baibaba Bimba

++

Text by Lawrence English from Room40:

"When I was preparing the 15th anniversary re-issue of Totemo Aimasho I spent a few days doing a deep dive through the room40 archive. There’s a hell of a lot of material that has been collected over the years, and truth be told I don’t exactly remember a lot of it.

About a day into this search, I came across this recording.

Tasmania Bootleg was recorded on Sunday the 15th of February 2009, at The Brisbane Hotel in Hobart. The visit to Hobart came about pretty last minute, so my email chain from the time seems to suggest.

I’d invited Tenniscoats down to Australia to help celebrate the finale of the Fabrique seres I was curating at Brisbane Powerhouse. Some folks from Hobart reached out once the other tour dates were announced and then before we knew it, we were headed there.

As part of the Hobart visit we recorded a suite of material using the same ‘field recording’ style we used to create Temporacha in Tokyo the previous year. We also took the chance to record the show at The Brisbane Hotel.

This recording is 100% bootleg territory. I must confess to being a huge fan of this style of recording. I was an enormous cassette trader back in my teen years and I put down a lot of my interests in texture and noise to the quality of duplicated bootlegs I listened to back then.

This recording was made in the audience by a friendly local and is an entirely faithful capture of the atmosphere that surrounded Tenniscoats during this time. You can literally hear the audience becoming completely entranced by Saya and Ueno’s performance. I was honoured to play alongside them for this show. It’s not something I talk about much, but my first life in music was as a drummer and a flicker of that life is captured here.

The edition also comes with a digital phonebook, containing photos in 110 and other formats, that were captured in Tasmania during that time."

Artist : Tenniscoats

Label : Room40