• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Senyawa + Lawrence English/Aviva Endean/Peter Knight/Helen Svoboda/Joe Talia // The Prey And The Ruler CD

Senyawa + Lawrence English/Aviva Endean/Peter Knight/Helen Svoboda/Joe Talia // The Prey And The Ruler CD

  • Availability:

インドネシアのデュオSenyawaと、オーストラリアの実験音楽家Lawrence English/Aviva Endean/Peter Knight/Helen Svoboda/Joe Talia による共作CDです。

以下、レーベルオーナーLawrence Englishによる解説です。

私が初めてSenyawaを目撃したのは、2010年代初めのことでした。ホバートで開催されたモナフォマ・フェスティバルで競演したのです。その日のSenyawaの演奏は記憶に強く残るものでした。それは、同時にこれから起こることを予感させるような怪しげなものでした。

このプロジェクト、The Prey And The Rulerは、2021年半ばの不安定な数ヶ月間にそのルーツを見つけます。パンデミックが進行し、ここオーストラリアでもロックダウンが日常化していた頃、ピーター・ナイトと私は、それぞれの州で起きている状況について話していました。そして、この地域の友人たちの話になり、すぐ北に位置するインドネシアの状況について考えていました。そこで、SenyawaのRullyとWukirに連絡を取り、彼らや彼らのコミュニティの状況を直接聞いてみようと考えたのです。

そして、長い月日を経て、地理的に隔離されていた状況を打破し、パンデミックの影響を大きく受けたSenyawaの友人である楽器製作者のコミュニティに機会を提供するプロジェクトを開始するには良いタイミングだと、私たちは一様に判断したのです。

このやりとりの数週間後、Wukirは携帯電話で撮影した一連のビデオを送ってきました。プラスチック製の金型、煙、スプレー塗料、音などの映像でした。どの映像も、楽器が考え出され、テストされ、鍛造される様子が映し出されていました。これらは、私たちの目と耳の前で命を吹き込まれた新しい楽器なのです。これらの楽器と、それらが示唆するオーディオの可能性が、この作品の核心です。

さらに数回のやりとりを経て、私たちはお互いに録音したものを渡し合うようになりました。このように、素材をやりとりするうちに、このアルバムで聴くことのできる作品の形が出来上がっていったのです。

すべての素材が揃ったところで、私はそれらを鍛え上げることにしました。最初に聴いたとき、どの演奏にも深い迫力があり、まるで噴き出しそうな感じがしました。これはきっと、人々が日常生活のループを断ち切るために、ほとんど閉じこもっていた結果なのだろう。仙谷和人の音、見慣れない音、思いもよらない音に、誰もが驚くようなアプローチを見せます。まるで、その音に身を委ね、新しい楽器の特質に自分を当てはめているようでした。

このアルバムで聴くことができるのは、聴き方の幅を広げるための努力の結晶です。それは、ある種の「寄り添う」行為を可能にするアルバムなのです。多くの人の心が、同じ集団の行為に適用された結果です。


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Matte laminate, embossed sleeve, insert card, monochrome printing

Artist statement from Lawrence English:

"The first time I witnessed Senyawa was in the early 2010s. We shared a bill at the MonaFoma festival in Hobart. Some memories hold strongly in your mind and Senyawa’s performance that day did just that. It was a monstrous portent of things to come. A promise, in sound, of the energetic force that has since come to mark them as one of the truly unique and visionary musical pairings from South East Asia.

This project, The Prey And The Ruler, finds its root in the unsteady months of mid 2021. As the pandemic plodded onward, and lockdowns were a thing of the everyday here in Australia, Peter Knight and I were talking about the situations unfolding in our respective states. We also got to talking about friends in the region and found ourselves pondering the situation just north of us, in Indonesia. It was around this time we thought to reach out to Rully and Wukir from Senyawa and to hear how things were first hand for them, and their communities.

Following that initial conversation we collectively decided that it was a good moment to commence a project that could cut through the geographic isolation of those long months, and also seek to create some opportunities for a community of instrument builders, friends of Senyawa, who had been significantly hit by the force of the pandemic.

A few weeks after this exchange, Wukir sent a series of videos; grabs from his cellphone. The videos were of plastic moulds, smoke, spray paint and sound. In each short clip, instruments were being conceived, tested and forged. These were new instruments coming to life before our eyes, and ears. It was these instruments, and the audio possibilities they suggested, that are at the very heart of this edition.

Following several more exchanges we started passing recordings to one another. The process of sharing materials back and forth quickly took on the shape of the works you hear on this album.

Once all the contributions were in place I set about forging them. On the first listen there was a deep sense of intensity to all the performances, like an outpouring or eruption. This was no doubt the result of people being largely locked away, a chance to break the looping around of their own daily routines. These sonic offerings from Senyawa, these instruments with their sounds so unfamiliar and at times unexpected, seemingly unlocked approaches from everyone in surprising ways. It was as if everyone was leaning into the sounds, applying themselves to the particular qualities of these new instruments.

What you hear on this edition then is a collective effort at expanded listening. It is an album that affords a certain act of leaning in. The results trace many individual minds, applied to the same collective actions.
 "

Artist : Senyawa + Lawrence English/Aviva Endean/Peter Knight/Helen Svoboda/Joe Talia

Label : Room40

インドネシアのデュオSenyawaと、オーストラリアの実験音楽家Lawrence English/Aviva Endean/Peter Knight/Helen Svoboda/Joe Talia による共作CDです。

以下、レーベルオーナーLawrence Englishによる解説です。

私が初めてSenyawaを目撃したのは、2010年代初めのことでした。ホバートで開催されたモナフォマ・フェスティバルで競演したのです。その日のSenyawaの演奏は記憶に強く残るものでした。それは、同時にこれから起こることを予感させるような怪しげなものでした。

このプロジェクト、The Prey And The Rulerは、2021年半ばの不安定な数ヶ月間にそのルーツを見つけます。パンデミックが進行し、ここオーストラリアでもロックダウンが日常化していた頃、ピーター・ナイトと私は、それぞれの州で起きている状況について話していました。そして、この地域の友人たちの話になり、すぐ北に位置するインドネシアの状況について考えていました。そこで、SenyawaのRullyとWukirに連絡を取り、彼らや彼らのコミュニティの状況を直接聞いてみようと考えたのです。

そして、長い月日を経て、地理的に隔離されていた状況を打破し、パンデミックの影響を大きく受けたSenyawaの友人である楽器製作者のコミュニティに機会を提供するプロジェクトを開始するには良いタイミングだと、私たちは一様に判断したのです。

このやりとりの数週間後、Wukirは携帯電話で撮影した一連のビデオを送ってきました。プラスチック製の金型、煙、スプレー塗料、音などの映像でした。どの映像も、楽器が考え出され、テストされ、鍛造される様子が映し出されていました。これらは、私たちの目と耳の前で命を吹き込まれた新しい楽器なのです。これらの楽器と、それらが示唆するオーディオの可能性が、この作品の核心です。

さらに数回のやりとりを経て、私たちはお互いに録音したものを渡し合うようになりました。このように、素材をやりとりするうちに、このアルバムで聴くことのできる作品の形が出来上がっていったのです。

すべての素材が揃ったところで、私はそれらを鍛え上げることにしました。最初に聴いたとき、どの演奏にも深い迫力があり、まるで噴き出しそうな感じがしました。これはきっと、人々が日常生活のループを断ち切るために、ほとんど閉じこもっていた結果なのだろう。仙谷和人の音、見慣れない音、思いもよらない音に、誰もが驚くようなアプローチを見せます。まるで、その音に身を委ね、新しい楽器の特質に自分を当てはめているようでした。

このアルバムで聴くことができるのは、聴き方の幅を広げるための努力の結晶です。それは、ある種の「寄り添う」行為を可能にするアルバムなのです。多くの人の心が、同じ集団の行為に適用された結果です。


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Matte laminate, embossed sleeve, insert card, monochrome printing

Artist statement from Lawrence English:

"The first time I witnessed Senyawa was in the early 2010s. We shared a bill at the MonaFoma festival in Hobart. Some memories hold strongly in your mind and Senyawa’s performance that day did just that. It was a monstrous portent of things to come. A promise, in sound, of the energetic force that has since come to mark them as one of the truly unique and visionary musical pairings from South East Asia.

This project, The Prey And The Ruler, finds its root in the unsteady months of mid 2021. As the pandemic plodded onward, and lockdowns were a thing of the everyday here in Australia, Peter Knight and I were talking about the situations unfolding in our respective states. We also got to talking about friends in the region and found ourselves pondering the situation just north of us, in Indonesia. It was around this time we thought to reach out to Rully and Wukir from Senyawa and to hear how things were first hand for them, and their communities.

Following that initial conversation we collectively decided that it was a good moment to commence a project that could cut through the geographic isolation of those long months, and also seek to create some opportunities for a community of instrument builders, friends of Senyawa, who had been significantly hit by the force of the pandemic.

A few weeks after this exchange, Wukir sent a series of videos; grabs from his cellphone. The videos were of plastic moulds, smoke, spray paint and sound. In each short clip, instruments were being conceived, tested and forged. These were new instruments coming to life before our eyes, and ears. It was these instruments, and the audio possibilities they suggested, that are at the very heart of this edition.

Following several more exchanges we started passing recordings to one another. The process of sharing materials back and forth quickly took on the shape of the works you hear on this album.

Once all the contributions were in place I set about forging them. On the first listen there was a deep sense of intensity to all the performances, like an outpouring or eruption. This was no doubt the result of people being largely locked away, a chance to break the looping around of their own daily routines. These sonic offerings from Senyawa, these instruments with their sounds so unfamiliar and at times unexpected, seemingly unlocked approaches from everyone in surprising ways. It was as if everyone was leaning into the sounds, applying themselves to the particular qualities of these new instruments.

What you hear on this edition then is a collective effort at expanded listening. It is an album that affords a certain act of leaning in. The results trace many individual minds, applied to the same collective actions.
 "

Artist : Senyawa + Lawrence English/Aviva Endean/Peter Knight/Helen Svoboda/Joe Talia

Label : Room40