• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Pisitakun // KUANTALAENG TAPE

Pisitakun // KUANTALAENG TAPE

  • Availability:

タイ・バンコクのポリティカル・エレクトロニック作家Pisitakunが、2023年11月にイギリスのアジア人作家専門レーベルChinabotからリリースしたカセットです。

サイケデリックなストレンジビーツ〜ポストニューエイジ・エキゾチカ8曲を収録。廃盤です。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

「Pisitakunは、故郷タイの小さな町がひとつになる地元のお祭りを思い出しながら言う。2021年にバンコクからポルトに移り住み、最終的にベルリンに定住した後、Chinabotからリリースされた彼の新しいアルバムは、タイを駆け巡る荒々しく、眩暈のするような、ホームシックに陥るような作品となっている。

Chinabotからの3枚目のソロリリースとなるこのアルバム『Kuantalaeng』は、彼の名字[ควรแถลง]をタイ語に訳したもの。遊び心溢れるトラックリストとアルバムアートに反映されているように、彼はこのアルバムを故郷の再現として想像し、切ないほどの憧れを示しながら、新しい故郷であるヨーロッパで理解されているタイの素朴なヴィジョンをこっそりと揶揄している。

「タイのイメージといえば、食べ物と旅行でしょう。「他国の友人と会話をしていると、タイの料理や旅行の話になることが多い。ヨーロッパにはいたるところにタイ料理レストランがあり、タイのイメージを提示している。でも、私の頭の中にあるのは政治のことです" タイの強力な観光産業は、最近、民主的に選出された政党が上院で君主制と軍部の盟友によって政権を阻まれるという、厳しい政治的現実を覆い隠すためにも働いている。

『Kuantalaeng』は、このような認識のバランスを取ろうとするもので、タイの地域文化を讃えつつ、終わりの見えない政治問題に正面から向き合っている。屋台、宗教儀式、伝統的なแตรวง(ブラスバンドの一種)、รถแห่(ロッド・ハー)の音楽をダンサーの伴奏で吹き鳴らす巨大でカラフルなトラックなど、このアルバムは地方や郊外の祭りの陽気な精神を捉えている。

鮮やかなオレンジ色のスパイシーなスープにちなんで名づけられたオープニング曲『Khao Soi』は、このような祝祭の感覚的な過負荷をとらえると同時に、その下にある暗く歪んだ流れ、つまり法律により公に語り尽くすことのできない政治的現実をとらえている。このアルバムの大部分と同様、静かにしていなければならないというプレッシャーと、「声明を出さなければ」というプレッシャーが相反し、竿うさぎ、テクノ、実験的ノイズのノイジーなパリンプセストへと衝突する。
不気味なパーティーは『Gaeng Som』でも続き、スピーカーで炒めたルク・トゥン・ビートの周りで、複雑で弾力のあるエレクトロニクスが踊る。対照的に、瞑想的なトラック『Pad Siew』では、タイの伝統音楽で使われるリード楽器のピモンをサンプリングしており、柔らかなギターの上に薪の煙のような悲しげで曲がりくねったコールが漂う。
「タイを一番思い出すのは食べ物と音です」とクアンタレンは言う。食べ物と音は多くの儀式に参加します。食べ物と音は人々を集め、故郷に戻ったような気分にさせてくれる」"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Chinabot releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. Cassette in norelco case. 

Tracklist:

  1. Khao Soi 04:30
  2. Gaeng Massaman Gai 03:46
  3. Pad Siew 02:53
  4. Gaeng Som 03:41
  5. Khanom Jeen nam Ngiaw 04:16
  6. Pla Nueng Manow 01:57
  7. Som Tom 02:59
  8. Pad Kra Pao Moo 02:44

Chinabot:

"'When you hear the sound system in the morning and smell a big hit from the chili and fish sauce, it means we have a ceremony happening,' says Pisitakun Kuantalaeng, remembering the local festivals that bring together every small town in his home country, Thailand. After moving from Bangkok to Porto in 2021, before eventually settling in Berlin, his new album on Chinabot acts as a wild, vertiginous, homesick ride through Thailand, as intensely flavoured as any of the food each track is named after.

This album “Kuantalaeng”, his third solo release on Chinabot, riffs on the Thai-language translation of his last name [ควรแถลง], which means “should make a statement”. As reflected in the playful tracklisting and album art, he imagines the album as a recreation of his homeland, showing real wistful longing while making a sly dig at the naive vision of Thailand as it’s understood in his new home in Europe.

“The image of Thailand is the food and the traveling,” he says. “Many times, when you have a conversation with your friend in another country, they will mention the food or the travels from Thailand. There are Thai restaurants everywhere in Europe that present this Thai image. But the thing that is in my mind is politics.” Thailand’s powerful tourism industry also works to eclipse its grim political reality, which recently saw a democratically elected political party get blocked from power by allies of the monarchy and military in the Senate.

“Kuantalaeng” seeks to balance this perception, facing its seemingly endless political problems head on while celebrating regional Thai culture. The album captures the joyful spirit of rural and suburban festivals, where you’ll find food stalls, religious ceremonies, traditional แตรวง, a kind of brass band, and huge, colourful trucks blasting รถแห่ “rod hare” music accompanied by dancers.

Opener Khao Soi, named after the bright orange spicy soup, captures the sensory overload of these celebrations, as well as the dark, distorted current below, a political reality which, by law, cannot be publicly spoken about fully. Like much of the album, the conflicting pressures to stay quiet and to “make a statement” collide into a noisy palimpsest of rod hare, techno and experimental noise.
The uncanny party continues in Gaeng Som, in which complex, springy electronics dance around a speaker-fried luk thung beat. In contrast, the contemplative track Pad Siew uses a sample of a pi mon, a reed instrument used in traditional Thai music, building a mournful, winding call drifting like woodsmoke over the soft guitar.
'The thing that reminds me of Thailand the most is the food and the sounds,'
Kuantalaeng says. 'Food and sound participate in many ceremonies. Food and sound gather people together and make you feel like home again.'"

Artist : Pisitakun

Label : Chinabot

タイ・バンコクのポリティカル・エレクトロニック作家Pisitakunが、2023年11月にイギリスのアジア人作家専門レーベルChinabotからリリースしたカセットです。

サイケデリックなストレンジビーツ〜ポストニューエイジ・エキゾチカ8曲を収録。廃盤です。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

「Pisitakunは、故郷タイの小さな町がひとつになる地元のお祭りを思い出しながら言う。2021年にバンコクからポルトに移り住み、最終的にベルリンに定住した後、Chinabotからリリースされた彼の新しいアルバムは、タイを駆け巡る荒々しく、眩暈のするような、ホームシックに陥るような作品となっている。

Chinabotからの3枚目のソロリリースとなるこのアルバム『Kuantalaeng』は、彼の名字[ควรแถลง]をタイ語に訳したもの。遊び心溢れるトラックリストとアルバムアートに反映されているように、彼はこのアルバムを故郷の再現として想像し、切ないほどの憧れを示しながら、新しい故郷であるヨーロッパで理解されているタイの素朴なヴィジョンをこっそりと揶揄している。

「タイのイメージといえば、食べ物と旅行でしょう。「他国の友人と会話をしていると、タイの料理や旅行の話になることが多い。ヨーロッパにはいたるところにタイ料理レストランがあり、タイのイメージを提示している。でも、私の頭の中にあるのは政治のことです" タイの強力な観光産業は、最近、民主的に選出された政党が上院で君主制と軍部の盟友によって政権を阻まれるという、厳しい政治的現実を覆い隠すためにも働いている。

『Kuantalaeng』は、このような認識のバランスを取ろうとするもので、タイの地域文化を讃えつつ、終わりの見えない政治問題に正面から向き合っている。屋台、宗教儀式、伝統的なแตรวง(ブラスバンドの一種)、รถแห่(ロッド・ハー)の音楽をダンサーの伴奏で吹き鳴らす巨大でカラフルなトラックなど、このアルバムは地方や郊外の祭りの陽気な精神を捉えている。

鮮やかなオレンジ色のスパイシーなスープにちなんで名づけられたオープニング曲『Khao Soi』は、このような祝祭の感覚的な過負荷をとらえると同時に、その下にある暗く歪んだ流れ、つまり法律により公に語り尽くすことのできない政治的現実をとらえている。このアルバムの大部分と同様、静かにしていなければならないというプレッシャーと、「声明を出さなければ」というプレッシャーが相反し、竿うさぎ、テクノ、実験的ノイズのノイジーなパリンプセストへと衝突する。
不気味なパーティーは『Gaeng Som』でも続き、スピーカーで炒めたルク・トゥン・ビートの周りで、複雑で弾力のあるエレクトロニクスが踊る。対照的に、瞑想的なトラック『Pad Siew』では、タイの伝統音楽で使われるリード楽器のピモンをサンプリングしており、柔らかなギターの上に薪の煙のような悲しげで曲がりくねったコールが漂う。
「タイを一番思い出すのは食べ物と音です」とクアンタレンは言う。食べ物と音は多くの儀式に参加します。食べ物と音は人々を集め、故郷に戻ったような気分にさせてくれる」"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Chinabot releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. Cassette in norelco case. 

Tracklist:

  1. Khao Soi 04:30
  2. Gaeng Massaman Gai 03:46
  3. Pad Siew 02:53
  4. Gaeng Som 03:41
  5. Khanom Jeen nam Ngiaw 04:16
  6. Pla Nueng Manow 01:57
  7. Som Tom 02:59
  8. Pad Kra Pao Moo 02:44

Chinabot:

"'When you hear the sound system in the morning and smell a big hit from the chili and fish sauce, it means we have a ceremony happening,' says Pisitakun Kuantalaeng, remembering the local festivals that bring together every small town in his home country, Thailand. After moving from Bangkok to Porto in 2021, before eventually settling in Berlin, his new album on Chinabot acts as a wild, vertiginous, homesick ride through Thailand, as intensely flavoured as any of the food each track is named after.

This album “Kuantalaeng”, his third solo release on Chinabot, riffs on the Thai-language translation of his last name [ควรแถลง], which means “should make a statement”. As reflected in the playful tracklisting and album art, he imagines the album as a recreation of his homeland, showing real wistful longing while making a sly dig at the naive vision of Thailand as it’s understood in his new home in Europe.

“The image of Thailand is the food and the traveling,” he says. “Many times, when you have a conversation with your friend in another country, they will mention the food or the travels from Thailand. There are Thai restaurants everywhere in Europe that present this Thai image. But the thing that is in my mind is politics.” Thailand’s powerful tourism industry also works to eclipse its grim political reality, which recently saw a democratically elected political party get blocked from power by allies of the monarchy and military in the Senate.

“Kuantalaeng” seeks to balance this perception, facing its seemingly endless political problems head on while celebrating regional Thai culture. The album captures the joyful spirit of rural and suburban festivals, where you’ll find food stalls, religious ceremonies, traditional แตรวง, a kind of brass band, and huge, colourful trucks blasting รถแห่ “rod hare” music accompanied by dancers.

Opener Khao Soi, named after the bright orange spicy soup, captures the sensory overload of these celebrations, as well as the dark, distorted current below, a political reality which, by law, cannot be publicly spoken about fully. Like much of the album, the conflicting pressures to stay quiet and to “make a statement” collide into a noisy palimpsest of rod hare, techno and experimental noise.
The uncanny party continues in Gaeng Som, in which complex, springy electronics dance around a speaker-fried luk thung beat. In contrast, the contemplative track Pad Siew uses a sample of a pi mon, a reed instrument used in traditional Thai music, building a mournful, winding call drifting like woodsmoke over the soft guitar.
'The thing that reminds me of Thailand the most is the food and the sounds,'
Kuantalaeng says. 'Food and sound participate in many ceremonies. Food and sound gather people together and make you feel like home again.'"

Artist : Pisitakun

Label : Chinabot