• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Pierce Warnecke // Deafened By The Noise Of Time CD

Pierce Warnecke // Deafened By The Noise Of Time CD

¥2,140
  • Availability:

スペイン・バルセロナのバークレー音楽大学で講師を務めるアメリカ人音響作家Pierce Warneckeが、2022年8月にオーストラリアの音響レーベルRoom40からリリースする最新作です。以下、作家本人による解説です。

Deafened By The Noise Of Timeは、音がどのように減衰し、消滅していくのかについての思索的な試みであり、時間の経過とともにあらゆるものが避けられないエントロピーと崩壊について、4曲を通して考察していいます。タイトルは、ジュリアン・バーンズの小説「The Noise of Time」から借用したもので、ショスタコーヴィッチの架空の伝記です。

私がこのアルバムの素材に最初に取り掛かったのは、2017年にパリのエグリス・サンメリーで行われた公演のためです。演奏会の後、私は音楽の編集に入りましたが、作品と格闘し、そのたびに新たな欠点が見つかり、元の作曲のアイデアを貫くことが出来ませんでした。悔しいので、音楽的な内容を削ぎ落してもっと骨太な構造にし、すべてを結びつける別の原理やプロセスを探すことにしました。

錆びたり、汚れたり、燃えたり、壊れたりした拾得物に焦点を当て、シンプルな照明とゆっくりとした動きでカメラを使うのです。私は、これらのものが最近のものであると同時に古代のものでもあり、常に崩壊しつつある世界の現代的な遺物であるという考え方が好きなのです。また、ほとんど認識できなくなった物でも、記憶を感じることができるという考え方も好きです。 このことが無常の必然性に背中を押してくれるのです。廃棄されたものを回収し、再利用することで、新しい、しかし不確かな光を当てるという行為が好きです。私はこれを、「ゴミから宝物へ」という一種の儀式的な変換、つまり、物の表面に残された知覚できない手がかりから、その物の過去のすべてを呼び起こすことだと考えたいのです。

Deafened by the Noise of Timeでは、これらのアイデアを音に適用し、ある音楽的アイデアが干渉の蓄積によって、ある種の音の沈殿と侵食として、どのように消えていくかを考えたいと思いました。会話、フィールドレコーディング、ジェネレーティブノイズ、静寂、インハーモニックトーンなどの外部要素は、錆が金属を覆うように、記憶が薄れていくように、あるいは瓦礫が蓄積して物を圧縮し、石に変えてしまうように、オリジナルの音楽を覆います。これらの作品では「時間」を、現在という瞬間が絶えず埋没し、「今」(とその中のもの)の小さなディテールだけが未来へのエコーとして見えるようにするものとして捉えました。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Artist statement:

"'The darkness does not lift but becomes yet heavier as I think how little we can hold in mind, how everything is constantly lapsing into oblivion with every extinguished life, how the world is, as it were, draining itself, in that the history of countless places and objects which themselves have no power of memory is never heard, never described or passed on.’ - W.G. Sebald, ‘Austerlitz’

Deafened by the Noise of Time is a speculative take on how sound might decay and disappear; a reflection on the unavoidable entropy and dislocation of all things over time through 4 compositions, one with video. The titled is borrowed from Julian Barnes' novel 'The Noise of Time' (itself borrowed from Jewish Russian poet Osip Mandelstam), a fictional  biography of Shostakovitch.

I first started working on the material for this album for a performance at Eglise Saint-Merry in Paris in 2017. Following the concert, I sat down to edit the music but struggled with the pieces, every time finding new flaws, unable to follow through with the original compositional ideas. Somewhat frustrated, I decided to strip down the musical content to form more bare-bone structures and look for a different principle or process to tie everything together.

For this, I shifted focus to a long running part of my video practice: the deterioration of things over time, where I use my camera with simple lighting and slow movements to focus on rusty, dirty, burned or broken found objects. I like the idea of these things being both recent and ancient, contemporary artefacts of a world in constant decay. I like the idea of being able to still sense memory on objects even when they’ve become almost entirely unrecognizable.  I like how this pushes back against the inevitability of impermanence. I like the act of scavenging and reusing discarded objects to put them in new but uncertain light. I like to think of it as a kind of ritualistic transformation of 'trash-to-treasure', a conjuring of a thing's entire past through imperceptible clues left on it's surface.

For Deafened by the Noise of Time I wanted to apply these ideas to sound, and consider how a musical idea might disappear under an accumulation of interferences, as a kind of sonic sedimentation and erosion. External elements such as conversations, field recordings, generative noises, silence and inharmonic tones cover the original music similar to the way rust covers metal, or how memories dim and fade, or the way debris accumulates and compresses an object, casting it in stone. For these pieces I looked at Time as a continual burying of the present moment, leaving visible only small details of the 'now' (and the things within it) as echoes towards the future."

Artist : Pierce Warnecke

Label : Room40

+ -

スペイン・バルセロナのバークレー音楽大学で講師を務めるアメリカ人音響作家Pierce Warneckeが、2022年8月にオーストラリアの音響レーベルRoom40からリリースする最新作です。以下、作家本人による解説です。

Deafened By The Noise Of Timeは、音がどのように減衰し、消滅していくのかについての思索的な試みであり、時間の経過とともにあらゆるものが避けられないエントロピーと崩壊について、4曲を通して考察していいます。タイトルは、ジュリアン・バーンズの小説「The Noise of Time」から借用したもので、ショスタコーヴィッチの架空の伝記です。

私がこのアルバムの素材に最初に取り掛かったのは、2017年にパリのエグリス・サンメリーで行われた公演のためです。演奏会の後、私は音楽の編集に入りましたが、作品と格闘し、そのたびに新たな欠点が見つかり、元の作曲のアイデアを貫くことが出来ませんでした。悔しいので、音楽的な内容を削ぎ落してもっと骨太な構造にし、すべてを結びつける別の原理やプロセスを探すことにしました。

錆びたり、汚れたり、燃えたり、壊れたりした拾得物に焦点を当て、シンプルな照明とゆっくりとした動きでカメラを使うのです。私は、これらのものが最近のものであると同時に古代のものでもあり、常に崩壊しつつある世界の現代的な遺物であるという考え方が好きなのです。また、ほとんど認識できなくなった物でも、記憶を感じることができるという考え方も好きです。 このことが無常の必然性に背中を押してくれるのです。廃棄されたものを回収し、再利用することで、新しい、しかし不確かな光を当てるという行為が好きです。私はこれを、「ゴミから宝物へ」という一種の儀式的な変換、つまり、物の表面に残された知覚できない手がかりから、その物の過去のすべてを呼び起こすことだと考えたいのです。

Deafened by the Noise of Timeでは、これらのアイデアを音に適用し、ある音楽的アイデアが干渉の蓄積によって、ある種の音の沈殿と侵食として、どのように消えていくかを考えたいと思いました。会話、フィールドレコーディング、ジェネレーティブノイズ、静寂、インハーモニックトーンなどの外部要素は、錆が金属を覆うように、記憶が薄れていくように、あるいは瓦礫が蓄積して物を圧縮し、石に変えてしまうように、オリジナルの音楽を覆います。これらの作品では「時間」を、現在という瞬間が絶えず埋没し、「今」(とその中のもの)の小さなディテールだけが未来へのエコーとして見えるようにするものとして捉えました。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Artist statement:

"'The darkness does not lift but becomes yet heavier as I think how little we can hold in mind, how everything is constantly lapsing into oblivion with every extinguished life, how the world is, as it were, draining itself, in that the history of countless places and objects which themselves have no power of memory is never heard, never described or passed on.’ - W.G. Sebald, ‘Austerlitz’

Deafened by the Noise of Time is a speculative take on how sound might decay and disappear; a reflection on the unavoidable entropy and dislocation of all things over time through 4 compositions, one with video. The titled is borrowed from Julian Barnes' novel 'The Noise of Time' (itself borrowed from Jewish Russian poet Osip Mandelstam), a fictional  biography of Shostakovitch.

I first started working on the material for this album for a performance at Eglise Saint-Merry in Paris in 2017. Following the concert, I sat down to edit the music but struggled with the pieces, every time finding new flaws, unable to follow through with the original compositional ideas. Somewhat frustrated, I decided to strip down the musical content to form more bare-bone structures and look for a different principle or process to tie everything together.

For this, I shifted focus to a long running part of my video practice: the deterioration of things over time, where I use my camera with simple lighting and slow movements to focus on rusty, dirty, burned or broken found objects. I like the idea of these things being both recent and ancient, contemporary artefacts of a world in constant decay. I like the idea of being able to still sense memory on objects even when they’ve become almost entirely unrecognizable.  I like how this pushes back against the inevitability of impermanence. I like the act of scavenging and reusing discarded objects to put them in new but uncertain light. I like to think of it as a kind of ritualistic transformation of 'trash-to-treasure', a conjuring of a thing's entire past through imperceptible clues left on it's surface.

For Deafened by the Noise of Time I wanted to apply these ideas to sound, and consider how a musical idea might disappear under an accumulation of interferences, as a kind of sonic sedimentation and erosion. External elements such as conversations, field recordings, generative noises, silence and inharmonic tones cover the original music similar to the way rust covers metal, or how memories dim and fade, or the way debris accumulates and compresses an object, casting it in stone. For these pieces I looked at Time as a continual burying of the present moment, leaving visible only small details of the 'now' (and the things within it) as echoes towards the future."

Artist : Pierce Warnecke

Label : Room40