• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Institute of Landscape and Urban Studies // Gotthard Transect 2xTAPE + BOOKLET

Institute of Landscape and Urban Studies // Gotthard Transect 2xTAPE + BOOKLET

  • Availability:

※2月上旬再入荷後発送します

スイス・チューリッヒ工科大学景観建築研究グループInstitute of Landscape and Urban Studiesが、2022年にリリースした2本組カセット+ブックレットです。

世界最長のトンネルゴッタルドベーストンネルの4箇所でトランセクト法を応用して収集したフィールドレコーディング4曲を収録。

※ケースの形状状上、佐川急便での発送となりますのでレコード等とお求めいただくとおトクです

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、チューリッヒ工科大学教授Isabelle Fehlmannによる解説です。

"ゴッタルドはさまざまな物語や神話と結びついている。ゴッタルド山脈を越える道は、13世紀のラバの道から19世紀には重要な道路へと発展した。ゴッタルド山脈を越える最初の鉄道路線は1882年に開通し、当時世界最長の鉄道トンネルも建設された。橋やギャラリーは、すぐにスイスのランドマークとして知られるようになった。今も昔も、ゴッタルドは政治、経済、文化の中心地を結ぶ中心的な役割を果たしている。今も昔も、堂々たるアルプスの山頂と最新の交通インフラとの相互作用は、スイスのアイデンティティを強く象徴するものとなっている。

アルバム『Gotthard Transect』は、チューリッヒ工科大学のクリストフ・ジロット景観建築学科で行われたセミナーの成果である。ライントランセクト法を応用し、学生たちは景観を貫く決められた線に沿って音響と視覚のサンプルを記録・収集した。映像は4つのセクションに分けられ、それぞれが山脈を越える段階に対応している。これらは、学生たちが高山の風景に物理的に近づいたことを反映している。Transectという言葉は、ラテン語のtrans(通る)とsecare(切る)に由来し、2016年に開通した世界最長のゴッタルドベーストンネルにも関連している。

サブタイトルの『Sight and Sound Observations above the new Base Tunnel』とは、高山地帯のトンネルを可能な限りたどる旅のことである。トンネルの暗闇に入ると、旅人にとって景色は消えてしまうが、散策路に沿ったトンネルの痕跡はほとんど隠されたままである。唯一の例外は換気立坑で、この時ばかりは地底の音が地表に聞こえてくる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Institute of Landscape and Urban Studies releases available at Tobira. 

----------------------

2x cassette in carstock assembled box. Includes booklet and four photographic leporellos (see photos for more information)

Tracklist:           

  1. Erstfeld – Bristen 10:00
  2. Bristen – Sedrun 10:00
  3. Lukmanier – Faido 10:00
  4. Faido – Bodio 10:00

Text by Isabelle Fehlmann via the label:

"The Gotthard is associated with a variety of stories and myths. The passage over the range developed from a mule track in the 13th century to an important road in the 19th century. The first railway line over the Gotthard opened in 1882 – it included the longest railway tunnel in the world at the time. The bridges and galleries soon became known landmarks of Switzerland. Now, as then, the Gotthard is a central link between major political, economic and cultural centers. Now as before, the interplay between imposing alpine summits and the most modern transport infrastructures nourishes the Swiss identity with strong symbolism.

The album Gotthard Transect is the result of a seminar at the Chair of Landscape Architecture of Christophe Girot at ETH Zurich. Applying the transect method, students recorded and collected acoustic and visual samples along a predefined line through the landscape. The footage is divided into four sections, each corresponding to a stage in the crossing over the range. They are reflecting the physical proximity of the students to the alpine landscape. The word Transect, derived from Latin trans (through) and secare (cut), also relates to the Gotthard Base Tunnel that opened in 2016, and is currently the longest railway tunnel in the world.

The subtitle "Sight and Sound Observations above the new Base Tunnel" refers to the journey following the tunnel as closely as possible on the alpine terrain. While the landscape disappears for the travelers when they enter the darkness of the tunnel, evidence of the tunnel along the walking path remains mostly hidden. The only exception is a ventilation shaft, which for once brings sounds from the depths to the surface."

Artist : Landscape and Urban Studies

Label : Institute of Landscape and Urban Studies

+ -

※2月上旬再入荷後発送します

スイス・チューリッヒ工科大学景観建築研究グループInstitute of Landscape and Urban Studiesが、2022年にリリースした2本組カセット+ブックレットです。

世界最長のトンネルゴッタルドベーストンネルの4箇所でトランセクト法を応用して収集したフィールドレコーディング4曲を収録。

※ケースの形状状上、佐川急便での発送となりますのでレコード等とお求めいただくとおトクです

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、チューリッヒ工科大学教授Isabelle Fehlmannによる解説です。

"ゴッタルドはさまざまな物語や神話と結びついている。ゴッタルド山脈を越える道は、13世紀のラバの道から19世紀には重要な道路へと発展した。ゴッタルド山脈を越える最初の鉄道路線は1882年に開通し、当時世界最長の鉄道トンネルも建設された。橋やギャラリーは、すぐにスイスのランドマークとして知られるようになった。今も昔も、ゴッタルドは政治、経済、文化の中心地を結ぶ中心的な役割を果たしている。今も昔も、堂々たるアルプスの山頂と最新の交通インフラとの相互作用は、スイスのアイデンティティを強く象徴するものとなっている。

アルバム『Gotthard Transect』は、チューリッヒ工科大学のクリストフ・ジロット景観建築学科で行われたセミナーの成果である。ライントランセクト法を応用し、学生たちは景観を貫く決められた線に沿って音響と視覚のサンプルを記録・収集した。映像は4つのセクションに分けられ、それぞれが山脈を越える段階に対応している。これらは、学生たちが高山の風景に物理的に近づいたことを反映している。Transectという言葉は、ラテン語のtrans(通る)とsecare(切る)に由来し、2016年に開通した世界最長のゴッタルドベーストンネルにも関連している。

サブタイトルの『Sight and Sound Observations above the new Base Tunnel』とは、高山地帯のトンネルを可能な限りたどる旅のことである。トンネルの暗闇に入ると、旅人にとって景色は消えてしまうが、散策路に沿ったトンネルの痕跡はほとんど隠されたままである。唯一の例外は換気立坑で、この時ばかりは地底の音が地表に聞こえてくる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Institute of Landscape and Urban Studies releases available at Tobira. 

----------------------

2x cassette in carstock assembled box. Includes booklet and four photographic leporellos (see photos for more information)

Tracklist:           

  1. Erstfeld – Bristen 10:00
  2. Bristen – Sedrun 10:00
  3. Lukmanier – Faido 10:00
  4. Faido – Bodio 10:00

Text by Isabelle Fehlmann via the label:

"The Gotthard is associated with a variety of stories and myths. The passage over the range developed from a mule track in the 13th century to an important road in the 19th century. The first railway line over the Gotthard opened in 1882 – it included the longest railway tunnel in the world at the time. The bridges and galleries soon became known landmarks of Switzerland. Now, as then, the Gotthard is a central link between major political, economic and cultural centers. Now as before, the interplay between imposing alpine summits and the most modern transport infrastructures nourishes the Swiss identity with strong symbolism.

The album Gotthard Transect is the result of a seminar at the Chair of Landscape Architecture of Christophe Girot at ETH Zurich. Applying the transect method, students recorded and collected acoustic and visual samples along a predefined line through the landscape. The footage is divided into four sections, each corresponding to a stage in the crossing over the range. They are reflecting the physical proximity of the students to the alpine landscape. The word Transect, derived from Latin trans (through) and secare (cut), also relates to the Gotthard Base Tunnel that opened in 2016, and is currently the longest railway tunnel in the world.

The subtitle "Sight and Sound Observations above the new Base Tunnel" refers to the journey following the tunnel as closely as possible on the alpine terrain. While the landscape disappears for the travelers when they enter the darkness of the tunnel, evidence of the tunnel along the walking path remains mostly hidden. The only exception is a ventilation shaft, which for once brings sounds from the depths to the surface."

Artist : Landscape and Urban Studies

Label : Institute of Landscape and Urban Studies