• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Keiji Haino // Black Blues 2xCD+POSTER

Keiji Haino // Black Blues 2xCD+POSTER

¥3,388
  • Availability:

東京のサイケデリックロック作家Keiji Hainoが、2024年7月にオーストラリアの実験レーベルroom40からリリースした再発2枚組CDです。(オリジナルは2004年リリース)

同じカバー曲6曲をviolentとsoftバージョンで収録。ポスター付属。

以下、レーベルによる解説です。

"灰野敬二は間違いなく、20世紀の黄昏を越えて台頭してきた真に象徴的なアーティストの一人である。音楽が持つ美しい直感的な約束に特化したアーティストである灰野敬二の活動は、最も優しいギター・プレイからフリーインプロヴィゼーションやノイズに至るまで、様々な動きを取り込む多頭の獣である。作品は多岐にわたるが、それは彼独自の音のあり方によってしっかりと保持されている。

初リリースから20年を経た『Black Blues』は、彼の最も挑発的なレコーディングのひとつで、6曲を暴力的なバージョンとソフトなバージョンで2度にわたってレコーディングしたものである。

本作は、灰野のサウンドスペクトルの両端に存在する。ヴァイオレントの方では、どの曲も具体的な激しさを感じさせる。まるで灰野の中にいるような瞬間もあり、彼の声は触れるものすべてを完全に飲み込んでしまう。ギターは、リズムの一部であり、ハーモニーの一部でもある道を切り開き、その優しさは決意と寛大さで灰野の声を包み込む。

対照的に、ソフトヴァージョンはほとんど子守唄のようで、哀愁と苦悩に満ちた雰囲気を漂わせている。ここでは、ギターがリバーブの雲のように広がり、エッジで揺らめき、歌の中で常に深い解決を求める声を宿している。穏やかだが、決して落ち着かない。

『Black Blues』は灰野のダイナミックな作品を、声とギターという最も生々しい形で捉えている。この曲は、驚きと深みを増し続けるアーティスト、灰野の特別な肖像を表現している。 "

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Two matte laminated, monochrome printed and embossed sleeve and insert cards. Plus 6 panel fold out poster 

Tracklist:

1. Black Petal (violent) 
2. Black Eyes (violent)
3. Town In Black Frog (violent)
4. Don't Want To Know (violent)
5. Drifting (violent)
6. See That My Grave Is Kept Clean (violent)
7. Black Petal (soft)
8. Black Eyes (soft)
9. Town In Black Frog (soft)
10. Don't Want To Know (soft)
11. Drifting (soft)
12. See That My Grave Is Kept Clean (soft) 

Room40:

"Keiji Haino is, without question, one of the truly iconic artists to rise beyond the dusk of the 20th century. An artist focused singularly of the beautiful visceral promise of music, his practice is a many headed beast taking in movements from the gentlest of guitar play, through free improvisation and noise. As divergent as the work might be, it is held tightly by his unique way in sound, one that exists moment to moment with a force like no other.

20 years since its first release, Black Blues remains one of his most provocative recordings - a collection of 6 songs, recorded twice over. On version Violent, the other Soft; and the differences could not be more radical.

Black Blues exists at both margins of Haino’s sonic spectrum. At the Violent end, each piece is delivered with a sense of tangible intensity. In some moments it is as if we are inside Haino, his voice completely consuming all it comes in contact with. The guitar, carving a path that is part rhythm, part harmony, its tenderness cradling his voice with a determination and generosity.

By contrast the Soft versions are almost lullabies, all be it ones that carry a mournful and anguish ladened atmosphere. Here the guitar splays out into clouds of reverb that shimmer at the edges, housing a voice which is constantly seeking a deeper resolution within the songs. Gentle but never settled.

Black Blues captures the dynamic form of Keiji Haino’s work in its most raw form; voice and guitar. The songs encapsulate a very particular portrait of an artist whose work only continues to grow deeper in is wonder and profundity.
  "

Artist : Keiji Haino

Label : Room40

+ -

東京のサイケデリックロック作家Keiji Hainoが、2024年7月にオーストラリアの実験レーベルroom40からリリースした再発2枚組CDです。(オリジナルは2004年リリース)

同じカバー曲6曲をviolentとsoftバージョンで収録。ポスター付属。

以下、レーベルによる解説です。

"灰野敬二は間違いなく、20世紀の黄昏を越えて台頭してきた真に象徴的なアーティストの一人である。音楽が持つ美しい直感的な約束に特化したアーティストである灰野敬二の活動は、最も優しいギター・プレイからフリーインプロヴィゼーションやノイズに至るまで、様々な動きを取り込む多頭の獣である。作品は多岐にわたるが、それは彼独自の音のあり方によってしっかりと保持されている。

初リリースから20年を経た『Black Blues』は、彼の最も挑発的なレコーディングのひとつで、6曲を暴力的なバージョンとソフトなバージョンで2度にわたってレコーディングしたものである。

本作は、灰野のサウンドスペクトルの両端に存在する。ヴァイオレントの方では、どの曲も具体的な激しさを感じさせる。まるで灰野の中にいるような瞬間もあり、彼の声は触れるものすべてを完全に飲み込んでしまう。ギターは、リズムの一部であり、ハーモニーの一部でもある道を切り開き、その優しさは決意と寛大さで灰野の声を包み込む。

対照的に、ソフトヴァージョンはほとんど子守唄のようで、哀愁と苦悩に満ちた雰囲気を漂わせている。ここでは、ギターがリバーブの雲のように広がり、エッジで揺らめき、歌の中で常に深い解決を求める声を宿している。穏やかだが、決して落ち着かない。

『Black Blues』は灰野のダイナミックな作品を、声とギターという最も生々しい形で捉えている。この曲は、驚きと深みを増し続けるアーティスト、灰野の特別な肖像を表現している。 "

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Two matte laminated, monochrome printed and embossed sleeve and insert cards. Plus 6 panel fold out poster 

Tracklist:

1. Black Petal (violent) 
2. Black Eyes (violent)
3. Town In Black Frog (violent)
4. Don't Want To Know (violent)
5. Drifting (violent)
6. See That My Grave Is Kept Clean (violent)
7. Black Petal (soft)
8. Black Eyes (soft)
9. Town In Black Frog (soft)
10. Don't Want To Know (soft)
11. Drifting (soft)
12. See That My Grave Is Kept Clean (soft) 

Room40:

"Keiji Haino is, without question, one of the truly iconic artists to rise beyond the dusk of the 20th century. An artist focused singularly of the beautiful visceral promise of music, his practice is a many headed beast taking in movements from the gentlest of guitar play, through free improvisation and noise. As divergent as the work might be, it is held tightly by his unique way in sound, one that exists moment to moment with a force like no other.

20 years since its first release, Black Blues remains one of his most provocative recordings - a collection of 6 songs, recorded twice over. On version Violent, the other Soft; and the differences could not be more radical.

Black Blues exists at both margins of Haino’s sonic spectrum. At the Violent end, each piece is delivered with a sense of tangible intensity. In some moments it is as if we are inside Haino, his voice completely consuming all it comes in contact with. The guitar, carving a path that is part rhythm, part harmony, its tenderness cradling his voice with a determination and generosity.

By contrast the Soft versions are almost lullabies, all be it ones that carry a mournful and anguish ladened atmosphere. Here the guitar splays out into clouds of reverb that shimmer at the edges, housing a voice which is constantly seeking a deeper resolution within the songs. Gentle but never settled.

Black Blues captures the dynamic form of Keiji Haino’s work in its most raw form; voice and guitar. The songs encapsulate a very particular portrait of an artist whose work only continues to grow deeper in is wonder and profundity.
  "

Artist : Keiji Haino

Label : Room40