• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Henning Christiansen // Op.1984 (160C) Goodday, Mr Orwell, Green Ear-Year CD

Henning Christiansen // Op.1984 (160C) Goodday, Mr Orwell, Green Ear-Year CD

  • Availability:

デンマークのフルクサス作家Henning Christiansen作品の再発レーベルHenning Christiansen Archiveからの最新CDです。

本作では、1984年に制作した未発表音源を収録しています。以下、レーベルによる解説です。

ジョージ・オーウェルへ捧げた作品です。1977年、ヘニングはソビエト連邦を訪問し、反スターリン主義者になった。トロツキストでありながら、アメリカを訪れた際、メディアやジャーナリストを通して、ソ連と同じようにアメリカを監視し、大衆を操るビッグブラザーを目の当たりにした。ヘニングはこの年、メディアや政治家ではなく、自然の声に耳を傾けようと、自分の耳を緑色に塗った。1984年、緑色の耳の年に、長男のエスベンとともにMøn Musikfestivalに出演しました。エスベンはロックミュージシャンとして地元の有名人でした。この演奏に出会った人々は、Esbenが有名なロック音楽を演奏していないことに非常に腹を立て、演奏中、火をつけたり、私たち信頼できるデュオに怒鳴ったりしていました。しかし、ヘニングとエスベンは最後まで演奏を続けた。エスベンはこれが最後の演奏となり、これ以後ロックを演奏することも、演奏することもなかった。

このラジオ曲は、MønのChristiansen家の農場と、Mønの地元で録音されたものです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Penultimate Press releases available at Tobira. 

----------------------

Edition of 500.

Text by the Henning Christiansen Archive:

"Previously unreleased Henning Christiansen work from 1984. A dedication to George Orwell. Someone he was very fond of. In 1977 Henning visited the USSR only to become a staunch anti Stalinist. A pro Trotskyite who, when visiting the USA, also saw Big Brother watching the US in the same way in the USSR through media and the journalists that worked for each side to manipulate the masses. Henning painted his ear green that year because he wanted to listen to nature and not the media and politicians. Performed at the Møn Musikfestival in the green ear year, 1984 with his first son, Esben, a local celebrity for his work in rock music. Encountering this performance people were very upset that Esben was not playing the rock music he was known for resulting in them setting fires and yelling at our trusty duo throughout the performance. Henning and Esben continued until the end. This was the last performance Esben did, he never played rock music or performed again after this.


The radio piece here was recorded on the Christiansen family farm on Møn and the also the local surroundings on Møn."

Artist : Henning Christiansen

Label : Penultimate Press

+ -

デンマークのフルクサス作家Henning Christiansen作品の再発レーベルHenning Christiansen Archiveからの最新CDです。

本作では、1984年に制作した未発表音源を収録しています。以下、レーベルによる解説です。

ジョージ・オーウェルへ捧げた作品です。1977年、ヘニングはソビエト連邦を訪問し、反スターリン主義者になった。トロツキストでありながら、アメリカを訪れた際、メディアやジャーナリストを通して、ソ連と同じようにアメリカを監視し、大衆を操るビッグブラザーを目の当たりにした。ヘニングはこの年、メディアや政治家ではなく、自然の声に耳を傾けようと、自分の耳を緑色に塗った。1984年、緑色の耳の年に、長男のエスベンとともにMøn Musikfestivalに出演しました。エスベンはロックミュージシャンとして地元の有名人でした。この演奏に出会った人々は、Esbenが有名なロック音楽を演奏していないことに非常に腹を立て、演奏中、火をつけたり、私たち信頼できるデュオに怒鳴ったりしていました。しかし、ヘニングとエスベンは最後まで演奏を続けた。エスベンはこれが最後の演奏となり、これ以後ロックを演奏することも、演奏することもなかった。

このラジオ曲は、MønのChristiansen家の農場と、Mønの地元で録音されたものです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Penultimate Press releases available at Tobira. 

----------------------

Edition of 500.

Text by the Henning Christiansen Archive:

"Previously unreleased Henning Christiansen work from 1984. A dedication to George Orwell. Someone he was very fond of. In 1977 Henning visited the USSR only to become a staunch anti Stalinist. A pro Trotskyite who, when visiting the USA, also saw Big Brother watching the US in the same way in the USSR through media and the journalists that worked for each side to manipulate the masses. Henning painted his ear green that year because he wanted to listen to nature and not the media and politicians. Performed at the Møn Musikfestival in the green ear year, 1984 with his first son, Esben, a local celebrity for his work in rock music. Encountering this performance people were very upset that Esben was not playing the rock music he was known for resulting in them setting fires and yelling at our trusty duo throughout the performance. Henning and Esben continued until the end. This was the last performance Esben did, he never played rock music or performed again after this.


The radio piece here was recorded on the Christiansen family farm on Møn and the also the local surroundings on Møn."

Artist : Henning Christiansen

Label : Penultimate Press