• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Gavin Bryars, Massimo Bartolini // In Là LP

Gavin Bryars, Massimo Bartolini // In Là LP

¥3,880
  • Availability:

イギリスの実験音楽家/作曲家Gavin Bryarsとイタリアの美術家Massimo Bartoliniが、2023年4月にイタリアの実験レーベルAlga Marghenからリリースした共作レコードです。

イタリア・プラトの現代美術センターで行ったインスタレーション用に制作したミニマル・ドローン2曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"「In Là」は、Gavin BryarsととイタリアのビジュアルアーティストMassimo Bartoliniのコラボレーションによる成果です。イタリア・プラトのルイジ・ペッチ現代美術センターで大規模なインスタレーションとして上演された(オープニングは2022年秋、展覧会は2023年5月まで開催)Bartoliniは、回顧展の中心作品として、足場をパイプオルガンバーに変え、美術館の7つの部屋にわたって天井から吊るしました。アルガ・マーゲンのLP盤の2面を構成するのは、Bryarsが作曲した、この特異なオルガンが奏でる音楽です。

Bryarsの "In là "の音楽は、"The Sinking of The Titanic" や "Jesus' Blood Never Failed Me Yet" といった代表作を作曲する以前の、1970年代前半の彼の実験的で概念的な領域に直接言及しています。「In Là」では、美術館の各部屋に物理的に音が広がり、空間の連続性に配慮して配置されながら、同時にリスナーがその全体像を完全に体験することができない、インスタレーションの広大な空間での作曲作業を紹介しています。そのため、作品のLPレコードは、ライブでリアルタイムに行われる聴覚的な冒険を補完し、作品の豊かな音色や詩的な構造について、他の方法では得られない現象や知覚を明らかにすることができるのです。

Bryarsの音楽的背景はよく知られていますが(1960年代前半に即興演奏家のデレク・ベイリーやトニー・オックスレーと活動したジャズベーシストとしてスタートし、その後作曲家のジョン・ケージやコーネリアス・カルデューと活動、ポーツマスシンフォニアの設立、ブライアン・イーノとのコラボレーションによるオブスクアレコードシリーズ)、Bartoliniの音に対する詩的つながりはあまり知られていません。建築物や家庭用品を改造して音を出すという初期の実践は、やがてBartoliniを足場のチューブをオルガンのパイプに改造したインスタレーションに導きました。2008年以降、さまざまな形態で、さまざまな建築的背景との関連で構想されたこれらの作品は、最も視覚的な楽器であるバロック・オルガンや、建設現場での足場の使用と明らかに関連しています。これらの参照から、楽器であり建築であり、高度なエンジニアリングの作品であり、神に登るための「はしご」であるという性質を持っています。バロックのオルガンが音楽の不可視性を可視化するのであれば、Bartoliniの足場は機械を増幅し、その呼吸を拡張し、音楽に変えてしまいます。

プラトの現代美術センター、ルイジ・ペッチでの個展のために制作されたオルガンは、これらのシリーズの中で最大のものであり、作家が構想したインスタレーションの中でも最大のものです。Bartoliniは、美術館の天井を貫く構造体から吊り下げられ、床からわずか数センチの高さに吊り下げられた足場チューブの連続する75メートルの壁を作り、展示スペースの10室のうち7室を貫通させます。この複雑な構造のために、Bryarsは特定のポリフォニック・スコアを作曲するよう依頼されました。各部屋にユニークなメロディーを割り当て、豊かなレイヤーのサウンドスケープを作り出し、空間を移動する鑑賞者と共に常に変化していきます。曲の支配的な調性(ラ)を意味するタイトルが示すように、スコアは常に「彼方」、手の届かないところにあり、一人のリスナーがその全体を体験することはなく、実際にはオルガンの形そのものなのです。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Alga Marghen releases available at Tobira. 

----------------------------

Edition of 400. 12" black vinyl. 

Alga Marghen:

*In Là“ is the outcome of the collaboration between Gavin Bryars and the Italian visual artist Massimo Bartolini. Staged as a large-scale installation at the Luigi Pecci Centre for Contemporary Art in Prato, Italy, (the opening was in autumn of 2022 and the exhibition is still running until May this year), Bartolini transformed scaffolding into pipe organ bars, suspended from the ceiling across seven rooms of the museum as the central piece for his retrospective exhibition. It is the music played by these singular organs, composed by Bryars, that makes up the two sides of Alga Marghen’s LP edition.

The music of “In là” by Gavin Bryars directly refers to his experimental and conceptual territory of the early 1970s, prior to the composition of seminal works like “The Sinking of The Titanic” and “Jesus' Blood Never Failed Me Yet”. “In Là” presents the composer working across the vast space of the installation, with sounds physically spread in each of the museum's rooms and placed in careful consideration of the space continuity, while at the same time never fulling being experienced in its totality by the listener. This allows the LP documentation of the work to become a singular complement to the live, real-time aural adveture, unveiling phenomena and perceptions of the work’s rich tones and poetic structures that would otherwise be unavailable.

While Gavin Bryars background in music is well documented (started as a jazz bassist working in the early 1960s with improvisors Derek Bailey and Tony Oxley, later worked with composers John Cage and Cornelius Cardew, founded the Portsmouth Sinfonia and collaborated with Brian Eno to the Obscure Records series), the connections of Massimo Bartolini’s poetic to sound as less known. The early practice of modifying architectural or domestic devices into sound producers, eventually led Massimo Bartolini to create installations made of scaffolding tubes which are modified into the pipes of an organ. Conceived in different forms and in relation to different architectural contexts since 2008, these works clearly relate to Baroque organs, the most visual of musical instruments, and to the use of scaffolding in construction sites. From these references they adopt the quality of being part instrument part architecture, a work of sophisticated engineering, a “ladder” for climbing up to God. If Baroque organs render visible the intangibility of music, though, Bartolini’s scaffolding amplifies a machine, extends its breath, turning it into music.

The organ conceived for the solo survey at Centro per l’arte contemporanea Luigi Pecci in Prato is the largest incarnation of these series and altogether the largest installation ever conceived by the artist. Hung from a structure that runs along the museum ceiling and suspended just centimeters above the floor, Bartolini built a continuous 75-meters-long wall of scaffolding tubes which winds through seven of the ten rooms of the exhibition space. For this structure of complex engineering Gavin Bryars was invited to compose a specific polyphonic score. Assigning each room a unique melody, the composition creates a richly layered soundscape that is constantly shifting with the viewer as they move through the space. As the title suggests—alluding to the dominant tonality (La) of the piece—the score is always “beyond,” out of reach, never experienced in its entirety by a single listener as, in fact, the shape of the organ itself.

Edition of 400 numbered copies, including an insert with liner notes and photo documentation of the installation.

Tracklist:
1       In Là      17:26
2       In Là      15:48

Artist : Gavin Bryars

Label : Alga Marghen

+ -

イギリスの実験音楽家/作曲家Gavin Bryarsとイタリアの美術家Massimo Bartoliniが、2023年4月にイタリアの実験レーベルAlga Marghenからリリースした共作レコードです。

イタリア・プラトの現代美術センターで行ったインスタレーション用に制作したミニマル・ドローン2曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"「In Là」は、Gavin BryarsととイタリアのビジュアルアーティストMassimo Bartoliniのコラボレーションによる成果です。イタリア・プラトのルイジ・ペッチ現代美術センターで大規模なインスタレーションとして上演された(オープニングは2022年秋、展覧会は2023年5月まで開催)Bartoliniは、回顧展の中心作品として、足場をパイプオルガンバーに変え、美術館の7つの部屋にわたって天井から吊るしました。アルガ・マーゲンのLP盤の2面を構成するのは、Bryarsが作曲した、この特異なオルガンが奏でる音楽です。

Bryarsの "In là "の音楽は、"The Sinking of The Titanic" や "Jesus' Blood Never Failed Me Yet" といった代表作を作曲する以前の、1970年代前半の彼の実験的で概念的な領域に直接言及しています。「In Là」では、美術館の各部屋に物理的に音が広がり、空間の連続性に配慮して配置されながら、同時にリスナーがその全体像を完全に体験することができない、インスタレーションの広大な空間での作曲作業を紹介しています。そのため、作品のLPレコードは、ライブでリアルタイムに行われる聴覚的な冒険を補完し、作品の豊かな音色や詩的な構造について、他の方法では得られない現象や知覚を明らかにすることができるのです。

Bryarsの音楽的背景はよく知られていますが(1960年代前半に即興演奏家のデレク・ベイリーやトニー・オックスレーと活動したジャズベーシストとしてスタートし、その後作曲家のジョン・ケージやコーネリアス・カルデューと活動、ポーツマスシンフォニアの設立、ブライアン・イーノとのコラボレーションによるオブスクアレコードシリーズ)、Bartoliniの音に対する詩的つながりはあまり知られていません。建築物や家庭用品を改造して音を出すという初期の実践は、やがてBartoliniを足場のチューブをオルガンのパイプに改造したインスタレーションに導きました。2008年以降、さまざまな形態で、さまざまな建築的背景との関連で構想されたこれらの作品は、最も視覚的な楽器であるバロック・オルガンや、建設現場での足場の使用と明らかに関連しています。これらの参照から、楽器であり建築であり、高度なエンジニアリングの作品であり、神に登るための「はしご」であるという性質を持っています。バロックのオルガンが音楽の不可視性を可視化するのであれば、Bartoliniの足場は機械を増幅し、その呼吸を拡張し、音楽に変えてしまいます。

プラトの現代美術センター、ルイジ・ペッチでの個展のために制作されたオルガンは、これらのシリーズの中で最大のものであり、作家が構想したインスタレーションの中でも最大のものです。Bartoliniは、美術館の天井を貫く構造体から吊り下げられ、床からわずか数センチの高さに吊り下げられた足場チューブの連続する75メートルの壁を作り、展示スペースの10室のうち7室を貫通させます。この複雑な構造のために、Bryarsは特定のポリフォニック・スコアを作曲するよう依頼されました。各部屋にユニークなメロディーを割り当て、豊かなレイヤーのサウンドスケープを作り出し、空間を移動する鑑賞者と共に常に変化していきます。曲の支配的な調性(ラ)を意味するタイトルが示すように、スコアは常に「彼方」、手の届かないところにあり、一人のリスナーがその全体を体験することはなく、実際にはオルガンの形そのものなのです。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Alga Marghen releases available at Tobira. 

----------------------------

Edition of 400. 12" black vinyl. 

Alga Marghen:

*In Là“ is the outcome of the collaboration between Gavin Bryars and the Italian visual artist Massimo Bartolini. Staged as a large-scale installation at the Luigi Pecci Centre for Contemporary Art in Prato, Italy, (the opening was in autumn of 2022 and the exhibition is still running until May this year), Bartolini transformed scaffolding into pipe organ bars, suspended from the ceiling across seven rooms of the museum as the central piece for his retrospective exhibition. It is the music played by these singular organs, composed by Bryars, that makes up the two sides of Alga Marghen’s LP edition.

The music of “In là” by Gavin Bryars directly refers to his experimental and conceptual territory of the early 1970s, prior to the composition of seminal works like “The Sinking of The Titanic” and “Jesus' Blood Never Failed Me Yet”. “In Là” presents the composer working across the vast space of the installation, with sounds physically spread in each of the museum's rooms and placed in careful consideration of the space continuity, while at the same time never fulling being experienced in its totality by the listener. This allows the LP documentation of the work to become a singular complement to the live, real-time aural adveture, unveiling phenomena and perceptions of the work’s rich tones and poetic structures that would otherwise be unavailable.

While Gavin Bryars background in music is well documented (started as a jazz bassist working in the early 1960s with improvisors Derek Bailey and Tony Oxley, later worked with composers John Cage and Cornelius Cardew, founded the Portsmouth Sinfonia and collaborated with Brian Eno to the Obscure Records series), the connections of Massimo Bartolini’s poetic to sound as less known. The early practice of modifying architectural or domestic devices into sound producers, eventually led Massimo Bartolini to create installations made of scaffolding tubes which are modified into the pipes of an organ. Conceived in different forms and in relation to different architectural contexts since 2008, these works clearly relate to Baroque organs, the most visual of musical instruments, and to the use of scaffolding in construction sites. From these references they adopt the quality of being part instrument part architecture, a work of sophisticated engineering, a “ladder” for climbing up to God. If Baroque organs render visible the intangibility of music, though, Bartolini’s scaffolding amplifies a machine, extends its breath, turning it into music.

The organ conceived for the solo survey at Centro per l’arte contemporanea Luigi Pecci in Prato is the largest incarnation of these series and altogether the largest installation ever conceived by the artist. Hung from a structure that runs along the museum ceiling and suspended just centimeters above the floor, Bartolini built a continuous 75-meters-long wall of scaffolding tubes which winds through seven of the ten rooms of the exhibition space. For this structure of complex engineering Gavin Bryars was invited to compose a specific polyphonic score. Assigning each room a unique melody, the composition creates a richly layered soundscape that is constantly shifting with the viewer as they move through the space. As the title suggests—alluding to the dominant tonality (La) of the piece—the score is always “beyond,” out of reach, never experienced in its entirety by a single listener as, in fact, the shape of the organ itself.

Edition of 400 numbered copies, including an insert with liner notes and photo documentation of the installation.

Tracklist:
1       In Là      17:26
2       In Là      15:48

Artist : Gavin Bryars

Label : Alga Marghen