• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Don Cherry's New Researches featuring Naná Vasconcelos // Organic Music Theatre: Festival de jazz de Chateauvallon 1972 2xLP / 2xCD

Don Cherry's New Researches featuring Naná Vasconcelos // Organic Music Theatre: Festival de jazz de Chateauvallon 1972 2xLP / 2xCD

  • Availability:

伝説のスピリチュアルジャズ作家Don Cherryのアーカイブ音源です。以下、レーベル解説です。

"1960年代後半、アメリカのトランペット奏者でフリージャズのパイオニアであるドン・チェリー(1936-1995)と、スウェーデンのビジュアルアーティスト兼デザイナーのモキ・チェリー(1943-2009)は、創造的な音楽のための別の空間を想像してコラボレーションを始めた。1972年までに、彼らはドンの音楽、モキの芸術、そしてスウェーデンの田舎町タゴールプでの家族の生活を一つの総合的な実体として統合するコンセプトに名前を付けました。オーガニック・ミュージック・シアター」。ここに収録されているのは、1972年に南フランスのシャトーヴァロンで開催されたフェスティバル・オブ・ジャズでの歴史的なオーガニック・ミュージック・シアターの初演であり、公共テレビで生放送された際に録音されたテープをマスタリングしたものである。ドン・チェリーがジャズ・ミュージシャンとしてのアイデンティティを捨て、後に「Organic Music Society」、「Relativity Suite」、「Brown Rice」、そしてアレハンドロ・ホドロフスキー監督の「The Holy Mountain」のサウンドトラックなどに結実する共同体的な "神秘的 "な時期の始まりを告げるパフォーマンスである。

ドン・チェリーのニュー・リサーチのミュージシャンたちは、ブラジル、スウェーデン、フランス、アメリカ出身で、ヨーロッパ各地からシャトーヴァロンに集結した。DonとMoki Cherry、Christer Bothén、Gérard "Doudou" Gouirand、Naná Vasconcelosの5人のバンドは、屋外の円形劇場で演奏し、ステージには、旅に同行したスウェーデン人の友人や、コペンハーゲンのクリスチャニアを拠点とするデンマークの人形劇団Det Lilla Circus(The Little Circus)など、十数人の大人や子どもが参加した。壇上にはモキさんの絨毯が敷かれ、インドの鱗を描いた手作りの鮮やかな色のタペストリーにはOrganic Music Theatreの文字が入っていて、舞台を彩っている。ミュージシャンの演奏に合わせて、アニー・ヘドヴァール率いる「デット・リラ」のメンバーが踊り、歌い、高い位置にあるポールで即興の人形劇を披露した。

シャトーヴァロンの音楽は、歌を通して人々を結びつける世界共通の言語を目指していた。ドンは、得意のポケットトランペットを捨てて、ピアノとハルモニウムに持ち替え、声をシャーマニックなガイダンスのための楽器として解放するという前代未聞の行動に出た。後にドンのアルバム『Organic Music Society』や『Home Boy (Sister Out)』に収録された曲も含め、マリ、南アフリカ、ブラジル、アメリカ先住民の高揚感のある神聖な曲が次々と演奏され、その間、人形使いたちが憑依したようなグロッソラリアが飛び交います。"Relativity Suite, Part 1 "では、Bothénがドンソ・ンゴニ(マリの狩猟用ギター)を演奏した後、Vasconcelosがベリンバウで延々とソロを取るのが特徴的だ。ワウのような微分音の渦の中で、ヴァスコンセロスはこのブラジルの一弦楽器を見事に演奏し、ドンとともにに高い評価を得ているグループ、コドナのメンバーとしての活動を予感させる。また、ジム・ペッパーの「Witchi Tai To」の演奏では、子供たちの声が聞こえてきて、非常に親しみやすい雰囲気を醸し出しています。国際的なジャズフェスティバルというスターの集まる場にあって、このコンサートのゆったりとした共同体的な雰囲気は、チェリーズがドンのジャズの聴衆に、彼が前に進んでいることを示そうとしているように感じられる。しかし、それは同時に、ドンが観客を温かく招待しているということでもある。

マグナス・ナイグレンによるライナーノート付き。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Blank Forms Editions releases available at Tobira.

------------------------

2xCD set in jewel case, with slipcase and OBI strip.

2xLP on black vinyl, pressed at RTI and housed in a heavy-duty tip-on gatefold Stoughton jacket

~

Text by Blank Forms Editions:

"In the late 1960s, the American trumpet player and free jazz pioneer Don Cherry (1936–1995) and the Swedish visual artist and designer Moki Cherry (1943–2009) began a collaboration that imagined an alternative space for creative music, most succinctly expressed in Moki’s aphorism “the stage is home and home is a stage.” By 1972, they had given name to a concept that united Don’s music, Moki’s art, and their family life in rural Tagårp, Sweden into one holistic entity: Organic Music Theatre. Captured here is the historic first Organic Music Theatre performance from the 1972 Festival de jazz de Chateauvallon in the South of France, mastered from tapes recorded during its original live broadcast on public TV. A life-affirming, multicultural patchwork of borrowed tunes suffused with the hallowed aura of Don’s extensive global travels, the performance documents the moment he publicly jettisoned his identity as a jazz musician, and represents the start of his communal “mystical” period, later crystallized in recordings such as Organic Music Society, Relativity Suite, Brown Rice, and the soundtrack for Alejandro Jodorowsky’s The Holy Mountain.

The musicians in Don Cherry’s New Researches, hailing from Brazil, Sweden, France, and the US, converged on Chateauvallon from all over Europe. The five-person band—Don and Moki Cherry, Christer Bothén, Gérard “Doudou” Gouirand, and Naná Vasconcelos— performed in an outdoor amphitheater and were joined onstage by a dozen adults and children, including Swedish friends who tagged along for the trip and Det Lilla Circus (The Little Circus), a Danish puppet troupe based in Christiania, Copenhagen. The platform was lined with Moki’s carpets and her handmade, brightly colored tapestries, depicting Indian scales and bearing the words Organic Music Theatre, dressed the stage. As the musicians played, members of Det Lilla, led by Annie Hedvard, danced, sang, and mounted an improvised puppet show on poles high up in the air.

The music in the Chateauvallon concert aspired to a universal language that would bring people together through song. In a fairly unprecedented move, Don abandoned his signature pocket trumpet for the piano and harmonium, thereby liberating his voice as an instrument for shamanic guidance. The show opens with him beckoning the audience to clap their hands and sing the Indian theta “Dha Dhin Na, Dha Tin Na,” and the set cycles through uplifting and sacred tunes of Malian, South African, Brazilian, and Native American provenance—including pieces that would later appear on Don’s albums Organic Music Society and Home Boy (Sister Out)—all punctuated by outbursts of possessed glossolalia from the puppeteers. “Relativity Suite, Part 1” notably spotlights Bothén on donso ngoni, a Malian hunter’s guitar, prior to Vasconcelos taking an extended solo on berimbau. A vortex of wah-like microtonal rattling, Vasconcelos’s masterful demonstration of this single-stringed Brazilian instrument is a harbinger of his work to come as a member, with Don, of the acclaimed group Codona. The sounds of children playing on the ensemble’s achingly tender rendition of Jim Pepper’s oft-covered beacon of spiritual optimism, “Witchi Tai To,” lends the proceedings an especially intimate, domestic glow. Given the context of the star-studded international jazz festival, the concert’s laid back, communal vibe feels like an attempt by the Cherrys to show Don’s jazz audience that he was moving on. At the same time, however, Don was extending a warmhearted invitation for them to come along for the ride.

With liner notes by Magnus Nygren.
 "

Artist : Don Cherry's New Researches featuring Naná Vasconcelos

Label : Blank Forms Editions 

+ -

伝説のスピリチュアルジャズ作家Don Cherryのアーカイブ音源です。以下、レーベル解説です。

"1960年代後半、アメリカのトランペット奏者でフリージャズのパイオニアであるドン・チェリー(1936-1995)と、スウェーデンのビジュアルアーティスト兼デザイナーのモキ・チェリー(1943-2009)は、創造的な音楽のための別の空間を想像してコラボレーションを始めた。1972年までに、彼らはドンの音楽、モキの芸術、そしてスウェーデンの田舎町タゴールプでの家族の生活を一つの総合的な実体として統合するコンセプトに名前を付けました。オーガニック・ミュージック・シアター」。ここに収録されているのは、1972年に南フランスのシャトーヴァロンで開催されたフェスティバル・オブ・ジャズでの歴史的なオーガニック・ミュージック・シアターの初演であり、公共テレビで生放送された際に録音されたテープをマスタリングしたものである。ドン・チェリーがジャズ・ミュージシャンとしてのアイデンティティを捨て、後に「Organic Music Society」、「Relativity Suite」、「Brown Rice」、そしてアレハンドロ・ホドロフスキー監督の「The Holy Mountain」のサウンドトラックなどに結実する共同体的な "神秘的 "な時期の始まりを告げるパフォーマンスである。

ドン・チェリーのニュー・リサーチのミュージシャンたちは、ブラジル、スウェーデン、フランス、アメリカ出身で、ヨーロッパ各地からシャトーヴァロンに集結した。DonとMoki Cherry、Christer Bothén、Gérard "Doudou" Gouirand、Naná Vasconcelosの5人のバンドは、屋外の円形劇場で演奏し、ステージには、旅に同行したスウェーデン人の友人や、コペンハーゲンのクリスチャニアを拠点とするデンマークの人形劇団Det Lilla Circus(The Little Circus)など、十数人の大人や子どもが参加した。壇上にはモキさんの絨毯が敷かれ、インドの鱗を描いた手作りの鮮やかな色のタペストリーにはOrganic Music Theatreの文字が入っていて、舞台を彩っている。ミュージシャンの演奏に合わせて、アニー・ヘドヴァール率いる「デット・リラ」のメンバーが踊り、歌い、高い位置にあるポールで即興の人形劇を披露した。

シャトーヴァロンの音楽は、歌を通して人々を結びつける世界共通の言語を目指していた。ドンは、得意のポケットトランペットを捨てて、ピアノとハルモニウムに持ち替え、声をシャーマニックなガイダンスのための楽器として解放するという前代未聞の行動に出た。後にドンのアルバム『Organic Music Society』や『Home Boy (Sister Out)』に収録された曲も含め、マリ、南アフリカ、ブラジル、アメリカ先住民の高揚感のある神聖な曲が次々と演奏され、その間、人形使いたちが憑依したようなグロッソラリアが飛び交います。"Relativity Suite, Part 1 "では、Bothénがドンソ・ンゴニ(マリの狩猟用ギター)を演奏した後、Vasconcelosがベリンバウで延々とソロを取るのが特徴的だ。ワウのような微分音の渦の中で、ヴァスコンセロスはこのブラジルの一弦楽器を見事に演奏し、ドンとともにに高い評価を得ているグループ、コドナのメンバーとしての活動を予感させる。また、ジム・ペッパーの「Witchi Tai To」の演奏では、子供たちの声が聞こえてきて、非常に親しみやすい雰囲気を醸し出しています。国際的なジャズフェスティバルというスターの集まる場にあって、このコンサートのゆったりとした共同体的な雰囲気は、チェリーズがドンのジャズの聴衆に、彼が前に進んでいることを示そうとしているように感じられる。しかし、それは同時に、ドンが観客を温かく招待しているということでもある。

マグナス・ナイグレンによるライナーノート付き。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Blank Forms Editions releases available at Tobira.

------------------------

2xCD set in jewel case, with slipcase and OBI strip.

2xLP on black vinyl, pressed at RTI and housed in a heavy-duty tip-on gatefold Stoughton jacket

~

Text by Blank Forms Editions:

"In the late 1960s, the American trumpet player and free jazz pioneer Don Cherry (1936–1995) and the Swedish visual artist and designer Moki Cherry (1943–2009) began a collaboration that imagined an alternative space for creative music, most succinctly expressed in Moki’s aphorism “the stage is home and home is a stage.” By 1972, they had given name to a concept that united Don’s music, Moki’s art, and their family life in rural Tagårp, Sweden into one holistic entity: Organic Music Theatre. Captured here is the historic first Organic Music Theatre performance from the 1972 Festival de jazz de Chateauvallon in the South of France, mastered from tapes recorded during its original live broadcast on public TV. A life-affirming, multicultural patchwork of borrowed tunes suffused with the hallowed aura of Don’s extensive global travels, the performance documents the moment he publicly jettisoned his identity as a jazz musician, and represents the start of his communal “mystical” period, later crystallized in recordings such as Organic Music Society, Relativity Suite, Brown Rice, and the soundtrack for Alejandro Jodorowsky’s The Holy Mountain.

The musicians in Don Cherry’s New Researches, hailing from Brazil, Sweden, France, and the US, converged on Chateauvallon from all over Europe. The five-person band—Don and Moki Cherry, Christer Bothén, Gérard “Doudou” Gouirand, and Naná Vasconcelos— performed in an outdoor amphitheater and were joined onstage by a dozen adults and children, including Swedish friends who tagged along for the trip and Det Lilla Circus (The Little Circus), a Danish puppet troupe based in Christiania, Copenhagen. The platform was lined with Moki’s carpets and her handmade, brightly colored tapestries, depicting Indian scales and bearing the words Organic Music Theatre, dressed the stage. As the musicians played, members of Det Lilla, led by Annie Hedvard, danced, sang, and mounted an improvised puppet show on poles high up in the air.

The music in the Chateauvallon concert aspired to a universal language that would bring people together through song. In a fairly unprecedented move, Don abandoned his signature pocket trumpet for the piano and harmonium, thereby liberating his voice as an instrument for shamanic guidance. The show opens with him beckoning the audience to clap their hands and sing the Indian theta “Dha Dhin Na, Dha Tin Na,” and the set cycles through uplifting and sacred tunes of Malian, South African, Brazilian, and Native American provenance—including pieces that would later appear on Don’s albums Organic Music Society and Home Boy (Sister Out)—all punctuated by outbursts of possessed glossolalia from the puppeteers. “Relativity Suite, Part 1” notably spotlights Bothén on donso ngoni, a Malian hunter’s guitar, prior to Vasconcelos taking an extended solo on berimbau. A vortex of wah-like microtonal rattling, Vasconcelos’s masterful demonstration of this single-stringed Brazilian instrument is a harbinger of his work to come as a member, with Don, of the acclaimed group Codona. The sounds of children playing on the ensemble’s achingly tender rendition of Jim Pepper’s oft-covered beacon of spiritual optimism, “Witchi Tai To,” lends the proceedings an especially intimate, domestic glow. Given the context of the star-studded international jazz festival, the concert’s laid back, communal vibe feels like an attempt by the Cherrys to show Don’s jazz audience that he was moving on. At the same time, however, Don was extending a warmhearted invitation for them to come along for the ride.

With liner notes by Magnus Nygren.
 "

Artist : Don Cherry's New Researches featuring Naná Vasconcelos

Label : Blank Forms Editions