• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Don Cherry // The Summer House Sessions LP / 2xCD

Don Cherry // The Summer House Sessions LP / 2xCD

  • Availability:

伝説のスピリチュアルジャズ作家Don Cherryのアーカイブ音源です。以下、レーベル解説です。

"1968年、 Don Cherryすでにアバンギャルドの主役の一人としての地位を確立していた。オーネット・コールマンのクラシック・カルテットのメンバーとしてフリージャズの先駆者となり、ジョン・コルトレーンとのコラボレーションで注目を集めていたドン・チェリーは、パートナーのモキと娘のネネとともにスウェーデンに移住した。彼はスウェーデンのミュージシャンを集め、1968年2月から4月まで、ABF(Workers' Educational Association)で毎週ワークショップを開き、呼吸法、ドローン、トルコのリズム、倍音、静寂、自然な声、インドの音階など、即興演奏の延長線上のレッスンを行った。その夏、のちにドンの名盤「オーガニック・ミュージック・ソサエティ」と「エターナル・ナウ」を録音したサックス奏者でレコーディング・エンジニアのヨーラン・フリーズが、ドンと彼の2つのワーキング・バンドのメンバー、そしてトルコ人ドラマーをストックホルム郊外のクンメルナスにある彼の別荘に招待し、前月のワークショップを実践するためのリハーサルとジャム・セッションを重ねたのである。長い間、ドンのセッション記録の中で謎の脚注として扱われてきましたが、このセッションのテープと、リリース用にプロがミックスしたテープが最近、Swedish Jazz Archiveの保管庫で発見され、失われていた「Summer House Sessions」が録音から50年以上経ってようやく入手可能になった。

7月20日、フリースの別荘に集まったのは、ドンのスウェーデンのグループから、ベルント・ローゼングレン(テナーサックス、フルート、クラリネット)、トミー・コヴァーフルト(テナーサックス、フルート)、レイフ・ウェンナーストレム(ドラムス)、トールビョーン・フルトクランツ(ベース)らが参加した。ドンのスウェーデンのグループからレイフ・ウェンナーストレム(ドラムス)、トルビョーン・フルトクランツ(ベース)、ジャック・トロット(ドラムス)、ケント・カーター(ベース)、トルコから来たビュレント・アテシュ(ハンドドラム、ドラムス)、そしてドン自身(ポケットトランペット、フルート、パーカッション)。共通の言語を持たない彼らは、音楽を共通のコミュニケーション手段としていた。これは、ドンが「エターナル・リズム」を発表する4ヵ月前に、より明確に汎民族的な表現をするようになることを先取りした、熱狂的で自由奔放なセッションである。アメリカ、フランス、スウェーデン、トルコのミュージシャンで構成されたオクテットは、ドンが始めた「コラージュ・ミュージック」を追求するための完璧な手段であった。このコンセプトは、ドンが短波ラジオで世界中の音を聴いていたことにも触発されている。コラージュ・ミュージックとは、短波ラジオで世界中の音を聴きながら、ソロや曲の導入部を省き、豊富なメロディー、サウンド、リズムを、さまざまな雰囲気と変化に富んだ詩的な組曲に変換することである。サマーハウス・セッションのアンサンブルは、様々な文化的イディオムを楽しく重ね合わせ、チェリーの地上のビジョンの空気のような山と穏やかな谷を横断している。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Blank Forms Editions releases available at Tobira.

------------------------

2xCD set in jewel case, with slipcase and OBI strip.

LP on black vinyl, pressed at RTI and housed in a heavy-duty tip-on Stoughton jacket, with insert.

~

Recorded July 20, 1968 at Kummelnäs, Sweden by Göran Freese
Audio restoration by Robbie Lee
Mastering for vinyl by Kassian Troyer at Dubplates & Mastering, Berlin
Cover painting by Moki Cherry: Untitled, ca. 1967-68

~

Text by Blank Forms Editions:

" In 1968, Don Cherry had already established himself as one of the leading voices of the avant-garde. Having pioneered free jazz as a member of Ornette Coleman’s classic quartet, and with a high profile collaboration with John Coltrane under his belt, the globetrotting jazz trumpeter settled in Sweden with his partner Moki and her daughter Neneh. There, he assembled a group of Swedish musicians and led a series of weekly workshops at the ABF, or Workers’ Educational Association, from February to April of 1968, with lessons on extended forms of improvisation including breathing, drones, Turkish rhythms, overtones, silence, natural voices, and Indian scales. That summer, saxophonist and recording engineer Göran Freese—who later recorded Don’s classic Organic Music Society and Eternal Now LPs—invited Don, members of his two working bands, and a Turkish drummer to his summer house in Kummelnäs, just outside of Stockholm, for a series of rehearsals and jam sessions that put the prior months’ workshops into practice. Long relegated to the status of a mysterious footnote in Don’s sessionography, tapes from this session, as well as one professionally mixed tape intended for release, were recently found in the vaults of the Swedish Jazz Archive, and the lost Summer House Sessions are finally available over fifty years after they were recorded.

On July 20, the musicians gathered at Freese’s summer house included Bernt Rosengren (tenor saxophone, flutes, clarinet), Tommy Koverhult (tenor saxophone, flutes), Leif Wennerström (drums), and Torbjörn Hultcrantz (bass) from Don’s Swedish group; Jacques Thollot (drums) and Kent Carter (bass) from his newly formed international band New York Total Music Company; Bülent Ateş (hand drum, drums), who was visiting from Turkey; and Don (pocket trumpet, flutes, percussion) himself. Lacking a common language, the players used music as their common means of communication. In this way, these frenetic and freewheeling sessions anticipate Don’s turn to more explicitly pan-ethnic expression, preceding his epochal Eternal Rhythm dates by four months. The octet, comprising musicians from America, France, Sweden, and Turkey, was a perfect vehicle for Don’s budding pursuit of “collage music,” a concept inspired in part by the shortwave radio on which Don listened to sounds from around the world. Using the collage metaphor, Don eliminated solos and the introduction of tunes, transforming a wealth of melodies, sounds, and rhythms into poetic suites of different moods and changing forms. The Summer House Sessions ensemble joyously layers manifold cultural idioms, traversing the airy peaks and serene valleys of Cherry’s earthly vision.

In the Swedish Jazz Archive quite a few other recordings from the same day were to be found. Some of the highlights are heard as bonus material on the CD edition of this album. The octet is augmented by producer and saxophone player Gunnar Lindqvist, who led the Swedish free jazz orchestra G.L. Unit on the album Orangutang, and drummer Sune Spångberg, who recorded with Albert Ayler in 1962. The bonus CD also includes a track without Cherry featuring Jacques Thollot joined by five Swedes including Lindqvist, Tommy Koverhult, Sune Spångberg, and others.

With liner notes by Magnus Nygren and album art featuring a cover painting by Moki Cherry: Untitled, ca. 1967–68.
 "

Artist : Don Cherry

Label : Blank Forms Editions

+ -

伝説のスピリチュアルジャズ作家Don Cherryのアーカイブ音源です。以下、レーベル解説です。

"1968年、 Don Cherryすでにアバンギャルドの主役の一人としての地位を確立していた。オーネット・コールマンのクラシック・カルテットのメンバーとしてフリージャズの先駆者となり、ジョン・コルトレーンとのコラボレーションで注目を集めていたドン・チェリーは、パートナーのモキと娘のネネとともにスウェーデンに移住した。彼はスウェーデンのミュージシャンを集め、1968年2月から4月まで、ABF(Workers' Educational Association)で毎週ワークショップを開き、呼吸法、ドローン、トルコのリズム、倍音、静寂、自然な声、インドの音階など、即興演奏の延長線上のレッスンを行った。その夏、のちにドンの名盤「オーガニック・ミュージック・ソサエティ」と「エターナル・ナウ」を録音したサックス奏者でレコーディング・エンジニアのヨーラン・フリーズが、ドンと彼の2つのワーキング・バンドのメンバー、そしてトルコ人ドラマーをストックホルム郊外のクンメルナスにある彼の別荘に招待し、前月のワークショップを実践するためのリハーサルとジャム・セッションを重ねたのである。長い間、ドンのセッション記録の中で謎の脚注として扱われてきましたが、このセッションのテープと、リリース用にプロがミックスしたテープが最近、Swedish Jazz Archiveの保管庫で発見され、失われていた「Summer House Sessions」が録音から50年以上経ってようやく入手可能になった。

7月20日、フリースの別荘に集まったのは、ドンのスウェーデンのグループから、ベルント・ローゼングレン(テナーサックス、フルート、クラリネット)、トミー・コヴァーフルト(テナーサックス、フルート)、レイフ・ウェンナーストレム(ドラムス)、トールビョーン・フルトクランツ(ベース)らが参加した。ドンのスウェーデンのグループからレイフ・ウェンナーストレム(ドラムス)、トルビョーン・フルトクランツ(ベース)、ジャック・トロット(ドラムス)、ケント・カーター(ベース)、トルコから来たビュレント・アテシュ(ハンドドラム、ドラムス)、そしてドン自身(ポケットトランペット、フルート、パーカッション)。共通の言語を持たない彼らは、音楽を共通のコミュニケーション手段としていた。これは、ドンが「エターナル・リズム」を発表する4ヵ月前に、より明確に汎民族的な表現をするようになることを先取りした、熱狂的で自由奔放なセッションである。アメリカ、フランス、スウェーデン、トルコのミュージシャンで構成されたオクテットは、ドンが始めた「コラージュ・ミュージック」を追求するための完璧な手段であった。このコンセプトは、ドンが短波ラジオで世界中の音を聴いていたことにも触発されている。コラージュ・ミュージックとは、短波ラジオで世界中の音を聴きながら、ソロや曲の導入部を省き、豊富なメロディー、サウンド、リズムを、さまざまな雰囲気と変化に富んだ詩的な組曲に変換することである。サマーハウス・セッションのアンサンブルは、様々な文化的イディオムを楽しく重ね合わせ、チェリーの地上のビジョンの空気のような山と穏やかな谷を横断している。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Blank Forms Editions releases available at Tobira.

------------------------

2xCD set in jewel case, with slipcase and OBI strip.

LP on black vinyl, pressed at RTI and housed in a heavy-duty tip-on Stoughton jacket, with insert.

~

Recorded July 20, 1968 at Kummelnäs, Sweden by Göran Freese
Audio restoration by Robbie Lee
Mastering for vinyl by Kassian Troyer at Dubplates & Mastering, Berlin
Cover painting by Moki Cherry: Untitled, ca. 1967-68

~

Text by Blank Forms Editions:

" In 1968, Don Cherry had already established himself as one of the leading voices of the avant-garde. Having pioneered free jazz as a member of Ornette Coleman’s classic quartet, and with a high profile collaboration with John Coltrane under his belt, the globetrotting jazz trumpeter settled in Sweden with his partner Moki and her daughter Neneh. There, he assembled a group of Swedish musicians and led a series of weekly workshops at the ABF, or Workers’ Educational Association, from February to April of 1968, with lessons on extended forms of improvisation including breathing, drones, Turkish rhythms, overtones, silence, natural voices, and Indian scales. That summer, saxophonist and recording engineer Göran Freese—who later recorded Don’s classic Organic Music Society and Eternal Now LPs—invited Don, members of his two working bands, and a Turkish drummer to his summer house in Kummelnäs, just outside of Stockholm, for a series of rehearsals and jam sessions that put the prior months’ workshops into practice. Long relegated to the status of a mysterious footnote in Don’s sessionography, tapes from this session, as well as one professionally mixed tape intended for release, were recently found in the vaults of the Swedish Jazz Archive, and the lost Summer House Sessions are finally available over fifty years after they were recorded.

On July 20, the musicians gathered at Freese’s summer house included Bernt Rosengren (tenor saxophone, flutes, clarinet), Tommy Koverhult (tenor saxophone, flutes), Leif Wennerström (drums), and Torbjörn Hultcrantz (bass) from Don’s Swedish group; Jacques Thollot (drums) and Kent Carter (bass) from his newly formed international band New York Total Music Company; Bülent Ateş (hand drum, drums), who was visiting from Turkey; and Don (pocket trumpet, flutes, percussion) himself. Lacking a common language, the players used music as their common means of communication. In this way, these frenetic and freewheeling sessions anticipate Don’s turn to more explicitly pan-ethnic expression, preceding his epochal Eternal Rhythm dates by four months. The octet, comprising musicians from America, France, Sweden, and Turkey, was a perfect vehicle for Don’s budding pursuit of “collage music,” a concept inspired in part by the shortwave radio on which Don listened to sounds from around the world. Using the collage metaphor, Don eliminated solos and the introduction of tunes, transforming a wealth of melodies, sounds, and rhythms into poetic suites of different moods and changing forms. The Summer House Sessions ensemble joyously layers manifold cultural idioms, traversing the airy peaks and serene valleys of Cherry’s earthly vision.

In the Swedish Jazz Archive quite a few other recordings from the same day were to be found. Some of the highlights are heard as bonus material on the CD edition of this album. The octet is augmented by producer and saxophone player Gunnar Lindqvist, who led the Swedish free jazz orchestra G.L. Unit on the album Orangutang, and drummer Sune Spångberg, who recorded with Albert Ayler in 1962. The bonus CD also includes a track without Cherry featuring Jacques Thollot joined by five Swedes including Lindqvist, Tommy Koverhult, Sune Spångberg, and others.

With liner notes by Magnus Nygren and album art featuring a cover painting by Moki Cherry: Untitled, ca. 1967–68.
 "

Artist : Don Cherry

Label : Blank Forms Editions