• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Carlos Niño & Friends // (I'm just) Chillin', on Fire 2xLP / TAPE

Carlos Niño & Friends // (I'm just) Chillin', on Fire 2xLP / TAPE

  • Availability:

過去にLeaving Recordsなどから大量に発表しているアメリカ・LAのマルチ奏者Carlos Niñoが、2023年8月に同国International Anthemからリリースしたアルバムです。

12人以上のゲストが参加したアンビエント・ジャズ〜スピリチュアル・ジャ全17曲を収録。レコードには帯とブックレット付属。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、ジャーナリストMarcus J. Mooreによる解説です。

"ここ数年、コンサートの常連客はライブの後、Carlos Niñoを呼び止め、2つの簡単な質問をした: 「あなたはシャーマンですか?"あなたの音楽から薬が聞こえるのですが、次のセレモニーに参加してもいいですか?" その質問はもっともだ: ワイルドなあごひげを生やし、優しい目をした長身のニーニョを見れば、どこか遠い時代の人で、呪文を唱えられるのではないかと思うだろう。ひとたび彼を知れば、のんびりとした態度の信じられないほど優しい男であり、異界へのオールアクセスパスを持っていると主張する教祖ではないことがわかる。


では、彼はスピリチュアルの指導者なのだろうか?

「私はただ冷静で、燃えているだけだ。「宗教的、伝統的なもの、ルールや教義にこだわったり、それを否定したりはしていない。私はただ、エネルギーに満ち溢れたものを提示しているだけで、旅をしている人たち、音楽的に創作している人たち、そして私たちと一緒に集う人たちのためのオープニングになることを意図しているんだ」。

実際、Carlos Niñoの自称エネルギッシュ・スペース・ミュージックには、共同体的なエッセンスがある。Carlos Niño & Friendsのリーダーとして、彼はコラボレーターたちに、サウンドがどうあるべきかという先入観なしに即興演奏することを勧めている。彼の新しいアルバム『(I'm just) Chillin', on Fire』には、12人以上のミュージシャンが参加し、ギタリストのネイト・マーセローやサックス奏者のカマシ・ワシントン、ニューエイジの礎石ララアジ、今やトレードマークとなったフルートを演奏するヒップホップ界の伝説アンドレ3000など、サウンドの実験に欠かせない面々が名を連ねている。Carlos Niñoは意図的に音楽を漂わせ、一体感を生み出すことで、(I'm just)Chillin', on Fireを近年の素晴らしい作品のもうひとつのハイライトにしている。

しかし、2020年の『Chicago Waves』(マルチ・インストゥルメンタリスト、ミゲル・アトウッド=ファーガソンとの共作)や昨年の『Extra Presence』のようなアルバムがスピーカーの中で宙に浮いていたのに対し、『(I'm just) Chillin'』はジャズやエレクトロニック・ファンクに等しく依存したエネルギッシュなドラムによって、ある部分では先へと突き進んでいる。ジャンルにとらわれず、70年代のアンダーグラウンド・ジャズの信条が息づいている。50年前、ブラザー・アー、アンサンブル・アル・サラーム、ムトゥメ・ウモジャ・アンサンブルといったアーティストたちは、スピリチュアル・ジャズと謳いながら、さまざまな方向へと燃え上がる音楽を作り上げた。彼らは、それを売り込むための人工的な用語ではなく、音楽全体の超越性に傾倒していた。(I'm just)Chillin'」も同じ感情を発している: Mighty Stillness」では、実験的ヴァイオリニストのV.C.Rが休息する「先祖代々の権利」を宣言する場面で、彼女はジャンヌ・リー、ジェイン・コルテス、ベアトリス・パーカーのような黒人女性、同じ自由を体現したインディ・シーンの革新的ヴォーカリストたちを想起させる。そして "Love Dedication (for Annelise) "では、Carlos Niñoは繊細なベース(マイケル・アルビドレス)と静謐なピアノループ(スルヤ・ボトファシーナ)を使い、幅広い言葉で愛情を語る。「愛とは無条件のもので、どこにでも、すべてに、常に流れているものだ。「完全に生きていて、上限はない。ストラータ、ストラータ・イースト、トライブのような70年代のインディ・レーベルで聴かれたゆったりとしたアレンジメントとの比較を受け入れることをためらうが(それは彼が彼らの遺産をどれほど尊重しているかということであり、彼らのフィールドで場所を主張したくないからにほかならない)、過去30年近くにわたるロサンゼルスのジャズ、ヒップホップ、ビートシーンのアンカーとしての彼の地位、そして彼の作るものに彼の影響がいかに生きているかを否定することはできない。

「私にとって、これらのレーベルはすべて大きな影響力を持っています」とCarlos Niñoは言う。Strata-Eastについて考えるとき、私はすぐにPharaoh Sandersを思い浮かべるし、私のお気に入りのアルバムのひとつである『Live at the East』(Impulse! 私はそのコミュニティの出身ではない。イーストとの直接的なつながりは主張しないけど、イーストに対する意識と感謝はすごく大きいんだ。

(I'm just)Chillin'のヴォーカルは、型破りな方法で編集された。「マイクのスイッチを入れるから、アルバムを通して聴いて、その時感じたことを何でも録音してくれ、という感じだった」とCarlos Niñoは創作過程について語る。「彼らの解釈は完全に自由だった。彼は、ボーカリストのカバナ・リー、マイア、ミア・ドイ・トッド、V.C.Rが同じような方法で音楽を解釈していることに気づいた: "同じ部屋にいるわけでもなく、他の人がやったことを聞いているわけでもない人たちが、みんな本当にクールな織物を創り上げた。

このアルバムは、過去3年間にヴェニス、ライマート・パーク、ウッドストックといった場所で録音されたライヴとスタジオ・アレンジをコンパイルしたものだが、まるですべてのミュージシャンが揃ったひとつの空間に収められたかのように調和がとれている。これはCarlos Niñoの指揮者、プロデューサーとしての能力を浮き彫りにしている。彼がこのような膨大な実験をシームレスなセットにまとめ上げたことは、それだけで価値ある偉業である。Carlos Niñoの他のLPと同様、この『(I'm just) Chillin'』は没入型リスニングであり、完全に吸収するには耳を澄ませる必要がある。ソーシャルメディアと24時間のニュースに支配された世界では、私たちは特に理由もなく急いでいるように見える。優しいメッセージとゆったりとしたテンポの音楽を作ることで、Carlos Niñoはリスナーに対して、人生の自然の驚異をゆっくりと鑑賞し、旅を味わい、急がないように促している。

「私にとってクリエイティビティとは、ある存在の状態、そしてその存在の状態の表現なんだ。「彼らがどのように感じているかを反映したり、報告したりすることなんだ。より深い "理由 "こそが、私がこの活動で得ようとしているものであり、その感情の内側にあるものであり、それは未知の領域ではない。私は、オーガナイズやキュレーション、提供にとても熱心な人間の一人で、深く分かち合うようなものなんだ。それは生きているもので、成長する。それは生き物であり、成長する。時には、自分の操縦の外にある力によって揺さぶられることもある。時には一方通行に見えることもある。しかし、それは生きている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more International Anthem releases available at Tobira. 

------------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Venice 100720, Hands In Soil (feat. Josh Johnson, Nate Mercereau, Jamire Williams)
  2. Mighty Stillness (feat. V.C.R, Josh Johnson, Nate Mercereau, Jamire Williams)
  3. Love Dedication (for Annelise) [feat. Surya Botofasina]
  4. Flutestargate (feat. Deantoni Parks, Nate Mercereau) 04:25
  5. Maha Rose North 102021, Breathwork (feat. Laraaji, Photay)
  6. Transcendental Bounce, Run to it (feat. Maia, Deantoni Parks, Nate Mercereau)
  7. Taaaud (feat. Sibusile Xaba, Jamael Dean, Nate Mercereau) 05:50 video
  8. Spacial (feat. Sibusile Xaba, Jamael Dean)
  9. Am I Dreaming? (feat. Surya Botofasina, Luis Pérez Ixoneztli)
  10. Etheric Windsurfing, flips and twirls (feat. Adam Rudolph, Jesse Peterson)
  11. Boom Bap Spiritual (feat. Surya Botofasina)
  12. Woo, Acknowledgement (feat. Surya Botofasina, Nate Mercereau)
  13. Sandra's Willows (feat. Surya Botofasina, Aaron Shaw)
  14. One For Derf (feat. Surya Botofasina, Aaron Shaw)
  15. Conversations (feat. André 3000, Nate Mercereau, Cavana Lee, Mia Doi Todd)
  16. Essence, The Mermaids Call (feat. Woo, Nate Mercereau)
  17. Eightspace 082222 (feat. Kamasi Washington, Surya Botofasina, Aaron Shaw)
Liner Notes by Marcus J. Moore:

"Over the past few years, concert patrons have stopped the musician Carlos Niño after gigs to ask two simple questions: “Are you a shaman?” “I hear the medicine in your music, can I come to your next ceremony?” The queries are fair enough: Looking at Niño, a tall man with a wild beard and kind eyes, one would think he’s from some faraway time and could maybe cast spells. Once you get to know him, you find that he’s just an incredibly sweet guy with a laid-back demeanor, and that he isn’t some guru claiming to have an all-access pass to the otherworld.

So what does he say to those wondering if he’s a spiritual teacher?

“I’m just chillin’, on fire,” he declares. “I'm not rolling with or out any kind of religious or traditional focus, rules or doctrine. I'm just presenting something that has a lot of energy, and is intended to be an opening for those of us who are journeying, creating musically, and for those who gather with us.”

Indeed, there’s a communal essence to Niño’s self-described Energetic Space Music. As leader of Carlos Niño & Friends, he encourages his collaborators to improvise without preconceived ideas of what the sound is supposed to entail. His new album, (I’m just) Chillin’, on Fire, features more than a dozen musicians and includes a who’s who of sonic experimentation — everyone from guitarist Nate Mercereau and saxophonist Kamasi Washington, to New Age cornerstone Laraaji and hip-hop legend André 3000 playing his now trademark flute. On purpose, Niño lets the music drift and the unity ensue, making (I’m just) Chillin’, on Fire another highlight in a recent run of sublime work.

But where albums like 2020’s Chicago Waves (with multi-instrumentalist Miguel Atwood-Ferguson) and last year’s Extra Presence hovered in the speakers, (I’m just) Chillin’ forges ahead in certain spots through energetic drums equally indebted to jazz and electronic funk. It eschews genre, but the tenets of ‘70s underground jazz are present. Fifty years ago, acts like Brother Ah, the Ensemble Al-Salaam and Mtume Umoja Ensemble crafted music that scanned as Spiritual Jazz yet flared in many different directions. They leaned into the transcendence of the music overall, not artificial terms used to market it. (I’m just) Chillin’ emits the same emotion: On “Mighty Stillness,” when the experimental violinist V.C.R proclaims her “ancestral right” to rest, she evokes Black women like Jeanne Lee, Jayne Cortez and Beatrice Parker, innovative vocalists from indie scenes who embodied the same freedom. Then on “Love Dedication (for Annelise),” Niño uses subtle bass (from Michael Alvidrez) and a serene piano loop (from Surya Botofasina) to speak of endearment in broad terms. “Love is unconditional — everywhere, everything, flowing always,” he observes. “Totally alive, no upper limit.” Though he hesitates to embrace comparisons to the spacious arrangements heard on indie labels of the ‘70s like Strata, Strata-East and Tribe (only because of how much he respects their legacies, not wanting to claim any space in their fields), there’s no denying his stature as an anchor in the jazz, hip-hop and beat scenes in Los Angeles over the last nearly 30 years, and how his influences are alive in what he makes.

“All of those labels to me are hugely influential,” Niño says. “When I think about Strata-East, I immediately think of Pharaoh Sanders, and I think of one of my favorite albums of all-time, Live at the East (on Impulse!), and how The East and that movement is a huge influence. I'm not from that community. I don't claim any direct connection to it, but my awareness of it and my appreciation of it is gigantic.”

The vocals for (I’m just) Chillin’ were compiled unconventionally. “I was like, ‘I'm going to turn on the mic, and you're going to listen all the way through the album and record anything you're feeling at any moment,’” Niño says of the creative process. “It was completely open to their interpretation.” He found that the vocalists Cavana Lee, Maia, Mia Doi Todd, and V.C.R interpreted the music in similar ways: “People who are not even in the same room, who did not hear what the other person did, they all created these really cool weavings — and it was so fun.”

While the album compiles live and studio arrangements recorded in places like Venice, Leimert Park and Woodstock over the past three years, it feels harmonious, as if captured in one space with all musicians present. This highlights Niño’s ability as a conductor and producer. That he could winnow such vast experimentation into a seamless set is a worthy feat on its own. Much like Niño’s other LPs, (I’m just) Chillin’ is an immersive listen that requires attentive ears to fully absorb. In a world dominated by social media and the 24-hour news cycle, it seems we’re all in a hurry for no reason in particular. By creating music with tender messages and leisurely pacing, Niño nudges listeners to slow down and appreciate life’s natural wonders, to savor the journey and not rush so quickly to the destination. In turn, his art conjures pastoral images — endless fields, boundless oceans, ripples crashing along the shoreline. It urges you to simply look up: notice the wind rustling through the trees, listen to the birds sing a glorious song. This is real life, the stuff you can’t quite capture with a smartphone camera. As a conduit, Niño embodies the water he cherishes so deeply. He’s not just the bandleader, but a vessel for everyone’s ideas to shine through.

“Creativity, to me, is an expression of a being's state, and their states of being,” he says. “It's really reflecting or reporting how they feel. The deeper ‘why’ is what I'm getting to with all this, what is inside that feeling, and it's not uncharted territory. I'm one of these people who's very into organizing, curating and offering; it's a deeply sharing kind of thing. It's a living thing; it grows. Sometimes it gets sculpted. Sometimes it gets rocked by forces outside of its maneuvering. Sometimes it looks one way. Sometimes it looks another way, but it's alive.”
 

Artist : Carlos Niño & Friends

Label : International Anthem 

+ -

過去にLeaving Recordsなどから大量に発表しているアメリカ・LAのマルチ奏者Carlos Niñoが、2023年8月に同国International Anthemからリリースしたアルバムです。

12人以上のゲストが参加したアンビエント・ジャズ〜スピリチュアル・ジャ全17曲を収録。レコードには帯とブックレット付属。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、ジャーナリストMarcus J. Mooreによる解説です。

"ここ数年、コンサートの常連客はライブの後、Carlos Niñoを呼び止め、2つの簡単な質問をした: 「あなたはシャーマンですか?"あなたの音楽から薬が聞こえるのですが、次のセレモニーに参加してもいいですか?" その質問はもっともだ: ワイルドなあごひげを生やし、優しい目をした長身のニーニョを見れば、どこか遠い時代の人で、呪文を唱えられるのではないかと思うだろう。ひとたび彼を知れば、のんびりとした態度の信じられないほど優しい男であり、異界へのオールアクセスパスを持っていると主張する教祖ではないことがわかる。


では、彼はスピリチュアルの指導者なのだろうか?

「私はただ冷静で、燃えているだけだ。「宗教的、伝統的なもの、ルールや教義にこだわったり、それを否定したりはしていない。私はただ、エネルギーに満ち溢れたものを提示しているだけで、旅をしている人たち、音楽的に創作している人たち、そして私たちと一緒に集う人たちのためのオープニングになることを意図しているんだ」。

実際、Carlos Niñoの自称エネルギッシュ・スペース・ミュージックには、共同体的なエッセンスがある。Carlos Niño & Friendsのリーダーとして、彼はコラボレーターたちに、サウンドがどうあるべきかという先入観なしに即興演奏することを勧めている。彼の新しいアルバム『(I'm just) Chillin', on Fire』には、12人以上のミュージシャンが参加し、ギタリストのネイト・マーセローやサックス奏者のカマシ・ワシントン、ニューエイジの礎石ララアジ、今やトレードマークとなったフルートを演奏するヒップホップ界の伝説アンドレ3000など、サウンドの実験に欠かせない面々が名を連ねている。Carlos Niñoは意図的に音楽を漂わせ、一体感を生み出すことで、(I'm just)Chillin', on Fireを近年の素晴らしい作品のもうひとつのハイライトにしている。

しかし、2020年の『Chicago Waves』(マルチ・インストゥルメンタリスト、ミゲル・アトウッド=ファーガソンとの共作)や昨年の『Extra Presence』のようなアルバムがスピーカーの中で宙に浮いていたのに対し、『(I'm just) Chillin'』はジャズやエレクトロニック・ファンクに等しく依存したエネルギッシュなドラムによって、ある部分では先へと突き進んでいる。ジャンルにとらわれず、70年代のアンダーグラウンド・ジャズの信条が息づいている。50年前、ブラザー・アー、アンサンブル・アル・サラーム、ムトゥメ・ウモジャ・アンサンブルといったアーティストたちは、スピリチュアル・ジャズと謳いながら、さまざまな方向へと燃え上がる音楽を作り上げた。彼らは、それを売り込むための人工的な用語ではなく、音楽全体の超越性に傾倒していた。(I'm just)Chillin'」も同じ感情を発している: Mighty Stillness」では、実験的ヴァイオリニストのV.C.Rが休息する「先祖代々の権利」を宣言する場面で、彼女はジャンヌ・リー、ジェイン・コルテス、ベアトリス・パーカーのような黒人女性、同じ自由を体現したインディ・シーンの革新的ヴォーカリストたちを想起させる。そして "Love Dedication (for Annelise) "では、Carlos Niñoは繊細なベース(マイケル・アルビドレス)と静謐なピアノループ(スルヤ・ボトファシーナ)を使い、幅広い言葉で愛情を語る。「愛とは無条件のもので、どこにでも、すべてに、常に流れているものだ。「完全に生きていて、上限はない。ストラータ、ストラータ・イースト、トライブのような70年代のインディ・レーベルで聴かれたゆったりとしたアレンジメントとの比較を受け入れることをためらうが(それは彼が彼らの遺産をどれほど尊重しているかということであり、彼らのフィールドで場所を主張したくないからにほかならない)、過去30年近くにわたるロサンゼルスのジャズ、ヒップホップ、ビートシーンのアンカーとしての彼の地位、そして彼の作るものに彼の影響がいかに生きているかを否定することはできない。

「私にとって、これらのレーベルはすべて大きな影響力を持っています」とCarlos Niñoは言う。Strata-Eastについて考えるとき、私はすぐにPharaoh Sandersを思い浮かべるし、私のお気に入りのアルバムのひとつである『Live at the East』(Impulse! 私はそのコミュニティの出身ではない。イーストとの直接的なつながりは主張しないけど、イーストに対する意識と感謝はすごく大きいんだ。

(I'm just)Chillin'のヴォーカルは、型破りな方法で編集された。「マイクのスイッチを入れるから、アルバムを通して聴いて、その時感じたことを何でも録音してくれ、という感じだった」とCarlos Niñoは創作過程について語る。「彼らの解釈は完全に自由だった。彼は、ボーカリストのカバナ・リー、マイア、ミア・ドイ・トッド、V.C.Rが同じような方法で音楽を解釈していることに気づいた: "同じ部屋にいるわけでもなく、他の人がやったことを聞いているわけでもない人たちが、みんな本当にクールな織物を創り上げた。

このアルバムは、過去3年間にヴェニス、ライマート・パーク、ウッドストックといった場所で録音されたライヴとスタジオ・アレンジをコンパイルしたものだが、まるですべてのミュージシャンが揃ったひとつの空間に収められたかのように調和がとれている。これはCarlos Niñoの指揮者、プロデューサーとしての能力を浮き彫りにしている。彼がこのような膨大な実験をシームレスなセットにまとめ上げたことは、それだけで価値ある偉業である。Carlos Niñoの他のLPと同様、この『(I'm just) Chillin'』は没入型リスニングであり、完全に吸収するには耳を澄ませる必要がある。ソーシャルメディアと24時間のニュースに支配された世界では、私たちは特に理由もなく急いでいるように見える。優しいメッセージとゆったりとしたテンポの音楽を作ることで、Carlos Niñoはリスナーに対して、人生の自然の驚異をゆっくりと鑑賞し、旅を味わい、急がないように促している。

「私にとってクリエイティビティとは、ある存在の状態、そしてその存在の状態の表現なんだ。「彼らがどのように感じているかを反映したり、報告したりすることなんだ。より深い "理由 "こそが、私がこの活動で得ようとしているものであり、その感情の内側にあるものであり、それは未知の領域ではない。私は、オーガナイズやキュレーション、提供にとても熱心な人間の一人で、深く分かち合うようなものなんだ。それは生きているもので、成長する。それは生き物であり、成長する。時には、自分の操縦の外にある力によって揺さぶられることもある。時には一方通行に見えることもある。しかし、それは生きている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more International Anthem releases available at Tobira. 

------------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Venice 100720, Hands In Soil (feat. Josh Johnson, Nate Mercereau, Jamire Williams)
  2. Mighty Stillness (feat. V.C.R, Josh Johnson, Nate Mercereau, Jamire Williams)
  3. Love Dedication (for Annelise) [feat. Surya Botofasina]
  4. Flutestargate (feat. Deantoni Parks, Nate Mercereau) 04:25
  5. Maha Rose North 102021, Breathwork (feat. Laraaji, Photay)
  6. Transcendental Bounce, Run to it (feat. Maia, Deantoni Parks, Nate Mercereau)
  7. Taaaud (feat. Sibusile Xaba, Jamael Dean, Nate Mercereau) 05:50 video
  8. Spacial (feat. Sibusile Xaba, Jamael Dean)
  9. Am I Dreaming? (feat. Surya Botofasina, Luis Pérez Ixoneztli)
  10. Etheric Windsurfing, flips and twirls (feat. Adam Rudolph, Jesse Peterson)
  11. Boom Bap Spiritual (feat. Surya Botofasina)
  12. Woo, Acknowledgement (feat. Surya Botofasina, Nate Mercereau)
  13. Sandra's Willows (feat. Surya Botofasina, Aaron Shaw)
  14. One For Derf (feat. Surya Botofasina, Aaron Shaw)
  15. Conversations (feat. André 3000, Nate Mercereau, Cavana Lee, Mia Doi Todd)
  16. Essence, The Mermaids Call (feat. Woo, Nate Mercereau)
  17. Eightspace 082222 (feat. Kamasi Washington, Surya Botofasina, Aaron Shaw)
Liner Notes by Marcus J. Moore:

"Over the past few years, concert patrons have stopped the musician Carlos Niño after gigs to ask two simple questions: “Are you a shaman?” “I hear the medicine in your music, can I come to your next ceremony?” The queries are fair enough: Looking at Niño, a tall man with a wild beard and kind eyes, one would think he’s from some faraway time and could maybe cast spells. Once you get to know him, you find that he’s just an incredibly sweet guy with a laid-back demeanor, and that he isn’t some guru claiming to have an all-access pass to the otherworld.

So what does he say to those wondering if he’s a spiritual teacher?

“I’m just chillin’, on fire,” he declares. “I'm not rolling with or out any kind of religious or traditional focus, rules or doctrine. I'm just presenting something that has a lot of energy, and is intended to be an opening for those of us who are journeying, creating musically, and for those who gather with us.”

Indeed, there’s a communal essence to Niño’s self-described Energetic Space Music. As leader of Carlos Niño & Friends, he encourages his collaborators to improvise without preconceived ideas of what the sound is supposed to entail. His new album, (I’m just) Chillin’, on Fire, features more than a dozen musicians and includes a who’s who of sonic experimentation — everyone from guitarist Nate Mercereau and saxophonist Kamasi Washington, to New Age cornerstone Laraaji and hip-hop legend André 3000 playing his now trademark flute. On purpose, Niño lets the music drift and the unity ensue, making (I’m just) Chillin’, on Fire another highlight in a recent run of sublime work.

But where albums like 2020’s Chicago Waves (with multi-instrumentalist Miguel Atwood-Ferguson) and last year’s Extra Presence hovered in the speakers, (I’m just) Chillin’ forges ahead in certain spots through energetic drums equally indebted to jazz and electronic funk. It eschews genre, but the tenets of ‘70s underground jazz are present. Fifty years ago, acts like Brother Ah, the Ensemble Al-Salaam and Mtume Umoja Ensemble crafted music that scanned as Spiritual Jazz yet flared in many different directions. They leaned into the transcendence of the music overall, not artificial terms used to market it. (I’m just) Chillin’ emits the same emotion: On “Mighty Stillness,” when the experimental violinist V.C.R proclaims her “ancestral right” to rest, she evokes Black women like Jeanne Lee, Jayne Cortez and Beatrice Parker, innovative vocalists from indie scenes who embodied the same freedom. Then on “Love Dedication (for Annelise),” Niño uses subtle bass (from Michael Alvidrez) and a serene piano loop (from Surya Botofasina) to speak of endearment in broad terms. “Love is unconditional — everywhere, everything, flowing always,” he observes. “Totally alive, no upper limit.” Though he hesitates to embrace comparisons to the spacious arrangements heard on indie labels of the ‘70s like Strata, Strata-East and Tribe (only because of how much he respects their legacies, not wanting to claim any space in their fields), there’s no denying his stature as an anchor in the jazz, hip-hop and beat scenes in Los Angeles over the last nearly 30 years, and how his influences are alive in what he makes.

“All of those labels to me are hugely influential,” Niño says. “When I think about Strata-East, I immediately think of Pharaoh Sanders, and I think of one of my favorite albums of all-time, Live at the East (on Impulse!), and how The East and that movement is a huge influence. I'm not from that community. I don't claim any direct connection to it, but my awareness of it and my appreciation of it is gigantic.”

The vocals for (I’m just) Chillin’ were compiled unconventionally. “I was like, ‘I'm going to turn on the mic, and you're going to listen all the way through the album and record anything you're feeling at any moment,’” Niño says of the creative process. “It was completely open to their interpretation.” He found that the vocalists Cavana Lee, Maia, Mia Doi Todd, and V.C.R interpreted the music in similar ways: “People who are not even in the same room, who did not hear what the other person did, they all created these really cool weavings — and it was so fun.”

While the album compiles live and studio arrangements recorded in places like Venice, Leimert Park and Woodstock over the past three years, it feels harmonious, as if captured in one space with all musicians present. This highlights Niño’s ability as a conductor and producer. That he could winnow such vast experimentation into a seamless set is a worthy feat on its own. Much like Niño’s other LPs, (I’m just) Chillin’ is an immersive listen that requires attentive ears to fully absorb. In a world dominated by social media and the 24-hour news cycle, it seems we’re all in a hurry for no reason in particular. By creating music with tender messages and leisurely pacing, Niño nudges listeners to slow down and appreciate life’s natural wonders, to savor the journey and not rush so quickly to the destination. In turn, his art conjures pastoral images — endless fields, boundless oceans, ripples crashing along the shoreline. It urges you to simply look up: notice the wind rustling through the trees, listen to the birds sing a glorious song. This is real life, the stuff you can’t quite capture with a smartphone camera. As a conduit, Niño embodies the water he cherishes so deeply. He’s not just the bandleader, but a vessel for everyone’s ideas to shine through.

“Creativity, to me, is an expression of a being's state, and their states of being,” he says. “It's really reflecting or reporting how they feel. The deeper ‘why’ is what I'm getting to with all this, what is inside that feeling, and it's not uncharted territory. I'm one of these people who's very into organizing, curating and offering; it's a deeply sharing kind of thing. It's a living thing; it grows. Sometimes it gets sculpted. Sometimes it gets rocked by forces outside of its maneuvering. Sometimes it looks one way. Sometimes it looks another way, but it's alive.”
 

Artist : Carlos Niño & Friends

Label : International Anthem