• 11,000円(税込)以上ご購入で全国送料無料
Burgh // Live Performance TAPE

Burgh // Live Performance TAPE

¥1,500
  • Availability:

東京ポストパンクバンドBurgeのライブ音源カセット。以下、レーベル解説です。

2011年にオオウチソウとヤマシタシゲキの2人はHysteric Picnicとして音楽活動を始めた。
彼らの存在を世に知らしめたのはキクチダイスケ(Ba)とオオスミケンセイ(Dr)を加えた4人体制になってからリリースされたEP『Impersonal』(2014年、Self-Release)、Burghに改名後の1stアルバム『テクノナルシスの全て』(2015年、P-Vine)だ。この時期の演奏はメンバー全員がダウンピッキングとフルストロークを自らに課しながら、ほとんど制御不能なほど歪んだギターと一人躓けば全てが瓦解するようなテンポで曲が展開され、短い活動期間ながら10年代の日本のポストパンク/アートパンクシーンに多大な影響を与えた。2016年の末に忽然と姿を消すようにその活動を終了したが、2020年末に古巣Call And Response Recordsから未発表音源集がリリースされるなど再評価の機運が高まりつつある。
今作のリリース元であるJolt! Recordingsを主催するKlan Aileenも多数共演し、メンバーの澁谷はレコーディングを買って出るなど彼らにラブコールを送り続けていた人間の1人だった。(2016年にDeviationとWBSBFKが中心となって制作されたコンピレーションアルバム『Provoke』収録の「ゲゼルシャフト」「めまい」の録音・ミックスを担当している)

彼らはその巨大かつ鋭利な音像をレコードには残さなかったが、今作はライブバンドとしてのBurghが凄まじい強度を持っていたことを証明する貴重な発掘音源である。作られることのなかった幻の2ndアルバムに収録されたはずの未発表曲3曲を含む全7曲19分。
 

In 2011, So Ouchi and Shigeki Yamashita started their band named Hysteric Picnic.
The EP "Impersonal" (2014, Self-Release) that released after they became a four piece band with Daisuke Kikuchi (Ba) and Kensei Osumi (Dr), and their first full length "All About Techno Narcissus" ( 2015, P-Vine) take them to fame. The band's performances during this period, with all members imposing downpicking and fullstroking on themselves, almost uncontrollably distorted guitars, and a tempo where one person stumbling would bring the whole thing crashing down, had a huge impact on the Japanese post-punk/art-punk scene of the 2010’s decade, despite their short activity.
They disappeared without a trace after 2016.
But, a collection of unreleased material was released by Call And Response Records at the end of 2020, and the momentum for reassessment is growing.
Klan Aileen, the organizer of Jolt! Recordings, has played with the band many times, and Shibuya was one of the people who kept sending them fervent request, even offer to record.(He recorded and mixed "Gesellshaft" and "Memai" for the 2016 compilation album "Provoke," which was produced by Deviation and WBSBFK.)

Although they did not leave their huge and solid sound image on records, this album is a precious unknown source that proves Burgh had tremendous strength of live performances. The album is 7 songs and 19 minutes long, including 3 unreleased songs that should have been included in the second album that was never made.

+ -

東京ポストパンクバンドBurgeのライブ音源カセット。以下、レーベル解説です。

2011年にオオウチソウとヤマシタシゲキの2人はHysteric Picnicとして音楽活動を始めた。
彼らの存在を世に知らしめたのはキクチダイスケ(Ba)とオオスミケンセイ(Dr)を加えた4人体制になってからリリースされたEP『Impersonal』(2014年、Self-Release)、Burghに改名後の1stアルバム『テクノナルシスの全て』(2015年、P-Vine)だ。この時期の演奏はメンバー全員がダウンピッキングとフルストロークを自らに課しながら、ほとんど制御不能なほど歪んだギターと一人躓けば全てが瓦解するようなテンポで曲が展開され、短い活動期間ながら10年代の日本のポストパンク/アートパンクシーンに多大な影響を与えた。2016年の末に忽然と姿を消すようにその活動を終了したが、2020年末に古巣Call And Response Recordsから未発表音源集がリリースされるなど再評価の機運が高まりつつある。
今作のリリース元であるJolt! Recordingsを主催するKlan Aileenも多数共演し、メンバーの澁谷はレコーディングを買って出るなど彼らにラブコールを送り続けていた人間の1人だった。(2016年にDeviationとWBSBFKが中心となって制作されたコンピレーションアルバム『Provoke』収録の「ゲゼルシャフト」「めまい」の録音・ミックスを担当している)

彼らはその巨大かつ鋭利な音像をレコードには残さなかったが、今作はライブバンドとしてのBurghが凄まじい強度を持っていたことを証明する貴重な発掘音源である。作られることのなかった幻の2ndアルバムに収録されたはずの未発表曲3曲を含む全7曲19分。
 

In 2011, So Ouchi and Shigeki Yamashita started their band named Hysteric Picnic.
The EP "Impersonal" (2014, Self-Release) that released after they became a four piece band with Daisuke Kikuchi (Ba) and Kensei Osumi (Dr), and their first full length "All About Techno Narcissus" ( 2015, P-Vine) take them to fame. The band's performances during this period, with all members imposing downpicking and fullstroking on themselves, almost uncontrollably distorted guitars, and a tempo where one person stumbling would bring the whole thing crashing down, had a huge impact on the Japanese post-punk/art-punk scene of the 2010’s decade, despite their short activity.
They disappeared without a trace after 2016.
But, a collection of unreleased material was released by Call And Response Records at the end of 2020, and the momentum for reassessment is growing.
Klan Aileen, the organizer of Jolt! Recordings, has played with the band many times, and Shibuya was one of the people who kept sending them fervent request, even offer to record.(He recorded and mixed "Gesellshaft" and "Memai" for the 2016 compilation album "Provoke," which was produced by Deviation and WBSBFK.)

Although they did not leave their huge and solid sound image on records, this album is a precious unknown source that proves Burgh had tremendous strength of live performances. The album is 7 songs and 19 minutes long, including 3 unreleased songs that should have been included in the second album that was never made.