• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Amby Downs // Ngunmal CD

Amby Downs // Ngunmal CD

  • Availability:

オーストラリアの美術家/実験音楽家Amby Downsが、2023年11月に同国実験レーベルroom40からリリースしたCDです。

メロディ皆無のローエンドなドローン2曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

『Amby Downsの作品は、オーストラリアの音楽シーンにおいて極めて個人的でユニークな空間を占めている。このプロジェクトは、願望や希望と同様に、トラウマを語るものでもある。感情的、社会的、政治的、文化的に、世代間の交流の複雑さを認識する作品である。

過去半世紀にわたり、タリアは、語られることのない、場合によっては深く分断された歴史をたどり、植民地時代の侵略と難読化の重圧によって大きく摩耗した血筋をたどることを追求してきた。彼女はコレクターであり、研究者であり、外科医であり、これらの結合組織の断片を縫い合わせる。

『Ngunmal』と『I Am Holding My Breath』は、サウンド作品としてもオーディオビジュアル・インスタレーションとしても存在する2つの長編作品である。物理的な領域で活動する作品である。呼吸し、ため息をつき、切望する低周波のエネルギーが込められている。彼女の作品には収縮と膨張が同時に感じられ、深く深く引き込まれるような質感がある。この深さは圧力として感じられる。小さな亀裂、小さなつぶやきでさえも、それを裂くと音の洞窟全体が現れるのだ。

Amby Downs、そしてより広くパルマーの実践は、私たちに自分自身を利用できるようにすることを求めている。わからない場所や状況、不確かであること、不安定であることに対して無防備であることを求められる。そうすることで、この荒々しく強烈で、挑発的で、そして最終的には美しい作品を体験する機会を与えてくれるのだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

CD in matte-laminate and monochrome printed sleeve. 

Tracklist:

  1. Ngunmal
  2. I Am Holding My Breath

Text by Lawrence English:

"The work of Amby Downs, aka Murri/European artist Tahlia Palmer, occupies an intensely personal and unique space in the Australian music landscape. It is a project that speaks as much to trauma, as it does to aspiration or hope. It is work that recognises the complexities of intergenerational exchange; emotionally, socially, politically and culturally.

For the past half decade, Tahlia has been seeking to trace unspoken, and in some cases deeply fragmented histories, and thread a linage that is heavily worn by the weight of colonial aggression and obfuscation. She is a collector, a researcher and a surgeon, stitching together these pieces of connective tissue, and through doing so she creates the opportunity to imagine, perhaps even re-imagine, the stories that have forged her very being.

Ngunmal and I Am Holding My Breath are two long form works that exist both as sound pieces and as audio visual installations. They are pieces that operate in the realm of the physical. They are loaded with a low frequency energy that breathes, sighs and yearns. There’s a sense of simultaneous constriction and expansion in her compositions, a quality that draws you in deeper and deeper. This depth is sensed as pressure. In some respects her sound works mimmic the research that feeds into them; even the smallest crack, the tiniest murmuring, can be split open to reveal an entire cavern of sound.

Amby Downs, and Palmer’s practice more broadly, asks us to make ourselves available. It asks us to be vulnerable to places and situations of not knowing, to be uncertain, to being unsettled. It prompts us to recognise within ourselves the way we operate in the day to day, and through doing so opens us up to experience these wildly intense, provocative and ultimately beautiful works.
 "

Artist : Amby Downs

Label : Room40 

+ -

オーストラリアの美術家/実験音楽家Amby Downsが、2023年11月に同国実験レーベルroom40からリリースしたCDです。

メロディ皆無のローエンドなドローン2曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

『Amby Downsの作品は、オーストラリアの音楽シーンにおいて極めて個人的でユニークな空間を占めている。このプロジェクトは、願望や希望と同様に、トラウマを語るものでもある。感情的、社会的、政治的、文化的に、世代間の交流の複雑さを認識する作品である。

過去半世紀にわたり、タリアは、語られることのない、場合によっては深く分断された歴史をたどり、植民地時代の侵略と難読化の重圧によって大きく摩耗した血筋をたどることを追求してきた。彼女はコレクターであり、研究者であり、外科医であり、これらの結合組織の断片を縫い合わせる。

『Ngunmal』と『I Am Holding My Breath』は、サウンド作品としてもオーディオビジュアル・インスタレーションとしても存在する2つの長編作品である。物理的な領域で活動する作品である。呼吸し、ため息をつき、切望する低周波のエネルギーが込められている。彼女の作品には収縮と膨張が同時に感じられ、深く深く引き込まれるような質感がある。この深さは圧力として感じられる。小さな亀裂、小さなつぶやきでさえも、それを裂くと音の洞窟全体が現れるのだ。

Amby Downs、そしてより広くパルマーの実践は、私たちに自分自身を利用できるようにすることを求めている。わからない場所や状況、不確かであること、不安定であることに対して無防備であることを求められる。そうすることで、この荒々しく強烈で、挑発的で、そして最終的には美しい作品を体験する機会を与えてくれるのだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

CD in matte-laminate and monochrome printed sleeve. 

Tracklist:

  1. Ngunmal
  2. I Am Holding My Breath

Text by Lawrence English:

"The work of Amby Downs, aka Murri/European artist Tahlia Palmer, occupies an intensely personal and unique space in the Australian music landscape. It is a project that speaks as much to trauma, as it does to aspiration or hope. It is work that recognises the complexities of intergenerational exchange; emotionally, socially, politically and culturally.

For the past half decade, Tahlia has been seeking to trace unspoken, and in some cases deeply fragmented histories, and thread a linage that is heavily worn by the weight of colonial aggression and obfuscation. She is a collector, a researcher and a surgeon, stitching together these pieces of connective tissue, and through doing so she creates the opportunity to imagine, perhaps even re-imagine, the stories that have forged her very being.

Ngunmal and I Am Holding My Breath are two long form works that exist both as sound pieces and as audio visual installations. They are pieces that operate in the realm of the physical. They are loaded with a low frequency energy that breathes, sighs and yearns. There’s a sense of simultaneous constriction and expansion in her compositions, a quality that draws you in deeper and deeper. This depth is sensed as pressure. In some respects her sound works mimmic the research that feeds into them; even the smallest crack, the tiniest murmuring, can be split open to reveal an entire cavern of sound.

Amby Downs, and Palmer’s practice more broadly, asks us to make ourselves available. It asks us to be vulnerable to places and situations of not knowing, to be uncertain, to being unsettled. It prompts us to recognise within ourselves the way we operate in the day to day, and through doing so opens us up to experience these wildly intense, provocative and ultimately beautiful works.
 "

Artist : Amby Downs

Label : Room40