• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Ábris Gryllus, Dávid Somló // Every Day TAPE

Ábris Gryllus, Dávid Somló // Every Day TAPE

  • Availability:

ハンガリーの実験音楽家Ábris GryllusとDávid Somlóが、2023年3月にスロバキアの実験/アンビエントレーベルWarm Winterから100本限定でリリースした共作カセットです。

元々インスタレーションとして作品をステレオにミックスダウンしております。パンデミックに関する日々の統計データによる音が変化していく、ウルトラミニマル作品です。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"「Every Day」は、ハンガリーの2人の現代作曲家・アーティスト、Ábris Gryllus(『The Death of Rave』、『Farbwechsel』)とDávid Somlóによる新しいコラボレーション作品である。もともとインスタレーションとして構想され、2022年のBudapest  Autumn Fesで初演された「Every Day」は、悲嘆のドキュメントであり、covid-19のパンデミックに関する日々の乾いた統計データを、物理的にも感情的にも具体的なものにする試みである。

パンデミックに関するハンガリーの日々のデータを音楽のパラメーターに置き換えることで、作曲家たちは、聴き手を包み込み、深い思索を促すような、音楽的かつ共同体的な体験を生み出すことができた。ブダペストのAutumn Fesでは、ハンガリーの各郡を象徴する高さ3メートルの20本の柱からこの曲が演奏された。ここでは、「Every Day」はステレオファイルにミックスダウンされているが、その悲劇的で哀悼に満ちた性格はそのままである。

日々の統計の数値の変化がピッチ、音量、リズム、音色、トーン、その他の音楽的パラメーターに影響を与えるため、この曲の音楽的テクスチャーと強度はパンデミックの波に従っている。その寂しげな音色は、共鳴し、絶え間なく、寂しく、不屈である教会の鐘を彷彿とさせ、その永遠に続くかのような特徴は、パンデミックの時代の時間の流れの奇妙さを思い起こさせる。GryllusとSomlóは「Every Day」で、悲劇的で奇妙な2年間を40分ほどの音声に凝縮した。”

Warm Winters Ltd.その他作品はこちら /// Click here to see more Warm Winters Ltd. releases available at Tobira.  

---------------------------

Includes DL code. Edition of 100. FULL PROGRAM REPEATS ON BOTH SIDES. 

Tracklist:

  1. Every Day 37:21

Warm Winters Ltd:

"‘Every Day’ is a new collaborative piece by two Hungarian contemporary composers and artists, Ábris Gryllus (The Death of Rave, Farbwechsel) and Dávid Somló. Originally conceived as an installation and premiered at the 2022 edition of Budapest Autumn Festival, ‘Every Day’ is a document of grief, and an attempt to render the dry daily statistics of the Covid-19 pandemic into something that is both physically and emotionally tangible.

Transposing the Hungarian daily data of the pandemic into musical parameters, the composers were able to create a musical and community experience, one which surrounded the listener and encouraged deep contemplation. During the Budapest Autumn Festival, the piece was played from 20 three-metre-high columns representing the counties of Hungary; here, ‘Every Day’ is mixed down to a stereo file, but its tragic, mourning character remains intact.

The musical texture and intensity of the piece follows the waves of the pandemic, as the numerical changes of the daily statistics affect the pitch, volume, rhythm, timbre, tone and other musical parameters. Its forlorn tone is reminiscent of church bells – resonant, incessant, disconsolate and unyielding – and its seemingly everlasting character a reminder of the strangeness of the passage of time during the era of the pandemic. On 'Every Day' Gryllus and Somló condense 2 tragic, strange years into ~40 minutes of audio, a gesture simultaneously futile and invaluable."

Artist : Ábris Gryllus, Dávid Somló

Label : Warm Winters

+ -

ハンガリーの実験音楽家Ábris GryllusとDávid Somlóが、2023年3月にスロバキアの実験/アンビエントレーベルWarm Winterから100本限定でリリースした共作カセットです。

元々インスタレーションとして作品をステレオにミックスダウンしております。パンデミックに関する日々の統計データによる音が変化していく、ウルトラミニマル作品です。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"「Every Day」は、ハンガリーの2人の現代作曲家・アーティスト、Ábris Gryllus(『The Death of Rave』、『Farbwechsel』)とDávid Somlóによる新しいコラボレーション作品である。もともとインスタレーションとして構想され、2022年のBudapest  Autumn Fesで初演された「Every Day」は、悲嘆のドキュメントであり、covid-19のパンデミックに関する日々の乾いた統計データを、物理的にも感情的にも具体的なものにする試みである。

パンデミックに関するハンガリーの日々のデータを音楽のパラメーターに置き換えることで、作曲家たちは、聴き手を包み込み、深い思索を促すような、音楽的かつ共同体的な体験を生み出すことができた。ブダペストのAutumn Fesでは、ハンガリーの各郡を象徴する高さ3メートルの20本の柱からこの曲が演奏された。ここでは、「Every Day」はステレオファイルにミックスダウンされているが、その悲劇的で哀悼に満ちた性格はそのままである。

日々の統計の数値の変化がピッチ、音量、リズム、音色、トーン、その他の音楽的パラメーターに影響を与えるため、この曲の音楽的テクスチャーと強度はパンデミックの波に従っている。その寂しげな音色は、共鳴し、絶え間なく、寂しく、不屈である教会の鐘を彷彿とさせ、その永遠に続くかのような特徴は、パンデミックの時代の時間の流れの奇妙さを思い起こさせる。GryllusとSomlóは「Every Day」で、悲劇的で奇妙な2年間を40分ほどの音声に凝縮した。”

Warm Winters Ltd.その他作品はこちら /// Click here to see more Warm Winters Ltd. releases available at Tobira.  

---------------------------

Includes DL code. Edition of 100. FULL PROGRAM REPEATS ON BOTH SIDES. 

Tracklist:

  1. Every Day 37:21

Warm Winters Ltd:

"‘Every Day’ is a new collaborative piece by two Hungarian contemporary composers and artists, Ábris Gryllus (The Death of Rave, Farbwechsel) and Dávid Somló. Originally conceived as an installation and premiered at the 2022 edition of Budapest Autumn Festival, ‘Every Day’ is a document of grief, and an attempt to render the dry daily statistics of the Covid-19 pandemic into something that is both physically and emotionally tangible.

Transposing the Hungarian daily data of the pandemic into musical parameters, the composers were able to create a musical and community experience, one which surrounded the listener and encouraged deep contemplation. During the Budapest Autumn Festival, the piece was played from 20 three-metre-high columns representing the counties of Hungary; here, ‘Every Day’ is mixed down to a stereo file, but its tragic, mourning character remains intact.

The musical texture and intensity of the piece follows the waves of the pandemic, as the numerical changes of the daily statistics affect the pitch, volume, rhythm, timbre, tone and other musical parameters. Its forlorn tone is reminiscent of church bells – resonant, incessant, disconsolate and unyielding – and its seemingly everlasting character a reminder of the strangeness of the passage of time during the era of the pandemic. On 'Every Day' Gryllus and Somló condense 2 tragic, strange years into ~40 minutes of audio, a gesture simultaneously futile and invaluable."

Artist : Ábris Gryllus, Dávid Somló

Label : Warm Winters