• 11,000円以上ご購入で全国送料無料

Transitory Tapes

You may also like:

1880年頃からメキシコ北東部を中心に伝承されている儀式音楽ピコタにフォーカスしたCD+ZINEです。 1992年に行われた洗礼式での珍しい録音です。24ページの7"サイズZINEにはピコタの歴史についてのエッセイと写真が掲載されています。表紙の色はランダムにお送りします。 以下、レーベルによる解説です。 "現代のメキシコ北東部では、少なくとも1880年頃から "ピコタ "あるいは "タンボラの音楽 "が演奏されていることが確実に知られている。これは、この地域で知られている最も古い音楽表現であるが、その起源を正確に知る手がかりとなる遺物はほとんど見つかっていない。タマウリパス州とヌエボ・レオン州を隔てる国境地帯の牧場では、ピコタはもともと雨乞いの儀式で演奏されていたと言われている。エル・アンヘロ村のある住民は、彼の祖父母は、オレンジ、レモン、グレープフルーツの産地である現在の柑橘地方にサトウキビ、豆、トウモロコシを植えるとき、それらは彼らと共存する精霊を呼び寄せるための領土だと言っていたと語る。農民の多くは黒人で、「この世のものではない」と考えられていたが、彼らは他の人々と同じように土地を耕し、自分たちの家族を養っていた。彼らはまた、毎年6月から9月にかけて顕著な雨が降ることで、彼らの仕事を楽にしてくれるメキシコ湾岸からの霊的存在に敬意を払う方法を同僚たちに教えた。 タンボラソ(ピコタの別称)は、田舎の農作業で使われるだけでなく、呪術や異教に由来する典型的な守護聖人のお祝い、結婚式、埋葬、行列、洗礼式、コンヴィテ(洗礼式)などで演奏され、徒弟制度の伝統のおかげで現代にも受け継がれている。コンヴィテは、土着のミトテを現代的に表現したものである。タンボラを先頭に、コミュニティ全体が参加する政治的な行列である。現在、山間部のいくつかの地域では、葬儀の際にタンボラソを演奏し、冥界に向かう故人の魂に寄り添うと言われている。ピコタをはじめとする多くの古代ジャンルは、都市化、経済的抑圧、土地の剥奪といったグローバリゼーションの脅威を乗り越えてきた。マヌエル・ペーニャ・ドリアが言うように、歌う塵は塵に還らない。それは永遠を感じさせる。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to...
¥4,989

You may also like:

※当店限定販売です アメリカ・アリゾナの実験/フォークレーベルTransitory Tapes主宰Gus Tomizukaが、2024年3月に15部限定でリリースしたTOBIRAエディションCDです。 地理学者であるJay Appletonが動物行動心理学に基づき提唱した眺望・隠れ場理論をコンセプトにした、アンビエント・フォーク〜ボサノバ〜ラウンジ〜アンビエント・ハウス14曲を収録。本エディション限定の未発表曲も収録しています。 各曲の解説を記したインサートが付属。 以下、作家本人による解説です。 "1975年、地理学者のジェイ・アップルトンは空間美学の眺望 – 隠れ場理論を提唱し、人間は物理的環境が広がり(眺望)と閉じこもり(隠れ馬)の均衡をもたらすことで恩恵を受けると示唆した。このアルバムは、音楽を通して眺望と隠れ場のモデルを解釈し、特に子供のような驚きを与える電子音響アレンジメントの中で、パノラマと封じ込めのバランスをとっている。眺望 – 隠れ場の原則の適応は、つかみどころがないことが判明した。4年間のレコーディング期間では、標準的なスタジオテクニックを避け、より直感的な方法、つまりこのプロジェクトのインスピレーションとなった繊細な情景を伝えることのできる新しいツールの語彙を選んだ。 忠実度の高いフィールドレコーディングを行うのではなく、自然のサウンドスケープをシンセサイザーで再構築し、親密で綿密な模倣行為を行った。その結果、環境的な雰囲気はアルバムのダイナミックで幾何学的な構成とシームレスに溶け合い、周囲の地形と共生して建てられた住居に例えられる。現代音楽のパラダイムを形成しているのは大作かもしれないが、これらの作品は、力強さよりも優しさへの静かなコミットメントを体現しており、平凡な暮らしの平明な魅力を反映している。"...
¥3,178