• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
De Schuurman // Bubbling Inside LP [COLOR]

De Schuurman // Bubbling Inside LP [COLOR]

  • Availability:

オランダ・デンハーグのバブリング・ハウス作家De Schuurmanが、2023年11月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。(オリジナルは2021年にカセットリリース)

2007-2009年に制作した未発表音源13曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"1980年代後半、テクノとハウスがヨーロッパ中を駆け巡り、都市から都市へと変遷する中で、キュラソー出身の若いDJが、まったく新しいサウンドを生み出すきっかけとなるミスを犯した。デン・ハーグのクラブVoltageでパフォーマンスをしていたDJ Moortjeは、誤ってダンスホールのトラックを33RPMではなく45RPMでドロップし、プレイアウトさせてしまったのだ。Hi-NRGサウンドを渇望していた観客は、軋んだヴォーカルと急速なビートを気に入り、バブリング(またはバブリング・ハウス)が誕生した。

その後数十年間、バブリングはオランダのアフロ・ディアスポラ的なクラブシーンに欠かせない存在だった。そして、目を見開いた若いDJやプロデューサーの新しい世代が手綱を取り始めると、バブリングはそれに応じて進化していった。2000年代後半、デン・ハーグを拠点とする10代の天才De Schuurmanは、叔父のDJチッピー(このジャンルの共同創設者の一人)や従兄弟のDJデイカード、DJマスターD、スティコ・ジュニア、DJジャストミーの足跡をたどり、パフォーマンスとビート作りを始めた。Fruityloopsを使い、おなじみの泡のようなリズムにラップやR&Bのサンプル、トランスシンセ、エレクトロハウスを融合させ、彼のトラックは瞬く間にオランダのサーキットの常連となった。

『Bubbling Inside』は、2007年から2009年にかけてのDe Schuurmanの最も重要なカットを集めたもので、文脈のために新しい作品もいくつか加えられている。Nyege Nyege Tapesは、ロッテルダムのPantropicalのSascha RothとDe Schuurman本人と共に、これらのトラックのほとんどを探し出し、収集した。これらを一緒に聴くと、この若いプロデューサーがいかに先進的で、オランダの名門を未来へと導いていったかがよくわかる。

2008年の'First One'は、プロト・ベルゲインの傑作であり、このジャンルの名刺代わりとなっている小生意気なメロディーを、ブンブン響く重低音のキックが支えている。「Pier Je Bil!!!」はテンポを上げ、バブリングのシンコペーション・ダンスホール・キックをクラブでの速射砲のようなクラッターにねじ曲げ、スティールパンのメロディーで飾っている。その他、2019年の「Domina」は、バブリングのDNAを保ちつつ、トラップ・パーカッション、ダブステップ・ベース、不気味なシンセのテクスチャーを変異させ、シュールマンのプロダクション・スタイルがいかに発展したかを示している。「Bubbling Inside」は、最も先見の明のあるプロデューサーの一人が目撃した、バブリングというジャンルの進化の証である。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

12" Military Green vinyl. 

Tracklist:

1. Brass 02:15
2. Fermina Style 02:41
3. Nu Ga Je Dansen 02:34
4. Pier Je Bill! 02:26
5. Bubbling Inside (ft DJ Electro) 03:28
6. Domina 03:32
7. Poeng Ka Poeng Ka 02:43
8. Fucking Hard 03:41
9. I'm Rich Bitch 02:44
10. Urban Gunz 04:25
11. First One 03:04
12. Bubbling Freakz 02:07
13. Poenka 03:34

Nyege Nyege Tapes:

"In the late 1980s, as techno and house made its way around Europe, mutating as it hopped from city to city, one young DJ from Curacao made a mistake that would inspire a brand new sound. While he was performing at Den Haag's Club Voltage, DJ Moortje accidentally dropped a dancehall track at 45RPM rather than 33, and let it play out. Thirsty for a hi-NRG sound, the crowd loved the squeaky vocals and rapid beat, and bubbling (or bubbling house) was born.

For the next couple of decades, bubbling was a crucial part of Holland's Afro-diasporic club landscape. And as a new generation of wide-eyed young DJs and producers began to take the reins, it evolved accordingly. In the late-2000s, Den Haag-based teenage prodigy Guillermo Schuurman followed in the footsteps of his uncle DJ Chippie (one of the genre's co-founders) and cousins DJ Daycard, DJ Master-D, Stiko Jnr and DJ Justme, and began performing and writing beats. Using Fruityloops, he fused familiar bubbling rhythms with rap and R&B samples, trance synths and electro house wobbles, and his tracks quickly became a regular fixture on the Dutch circuit.

"Bubbling Inside" is a collection of Schuurman's most essential cuts from the era (2007-2009), with a couple of newer productions added for context. Crafted solely for the dance, most of these tracks were never properly released and have been painstakingly hunted down and collected by the Nyege Nyege Tapes together with Sascha Roth from Pantropical in Rotterdam and De Schuurman himself. Hearing them together highlights just how forward thinking the young producer was, steering a Dutch institution into the future.

2008's 'First One' is a proto-Berghain belter, with booming bass-heavy kicks underpinning the kind of cheeky melodies that remain the calling card of the genre. 'Pier Je Bil!!' ratchets up the tempo, twisting bubbling's syncopated dancehall kicks into a rapid-fire club clatter and decorating them with steel-pan melodies. Elsewhere, 2019's 'Domina' shows how Schuurman's production style has developed as he mutates trap percussion, dubstep bass and eerie synth textures, while retaining the DNA of bubbling. "Bubbling Inside" is a testament to the evolution of the bubbling genre, as witnessed by one of its most visionary producers.
 "

Artist : De Schuurman

Label : Nyege Nyege Tapes

オランダ・デンハーグのバブリング・ハウス作家De Schuurmanが、2023年11月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。(オリジナルは2021年にカセットリリース)

2007-2009年に制作した未発表音源13曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"1980年代後半、テクノとハウスがヨーロッパ中を駆け巡り、都市から都市へと変遷する中で、キュラソー出身の若いDJが、まったく新しいサウンドを生み出すきっかけとなるミスを犯した。デン・ハーグのクラブVoltageでパフォーマンスをしていたDJ Moortjeは、誤ってダンスホールのトラックを33RPMではなく45RPMでドロップし、プレイアウトさせてしまったのだ。Hi-NRGサウンドを渇望していた観客は、軋んだヴォーカルと急速なビートを気に入り、バブリング(またはバブリング・ハウス)が誕生した。

その後数十年間、バブリングはオランダのアフロ・ディアスポラ的なクラブシーンに欠かせない存在だった。そして、目を見開いた若いDJやプロデューサーの新しい世代が手綱を取り始めると、バブリングはそれに応じて進化していった。2000年代後半、デン・ハーグを拠点とする10代の天才De Schuurmanは、叔父のDJチッピー(このジャンルの共同創設者の一人)や従兄弟のDJデイカード、DJマスターD、スティコ・ジュニア、DJジャストミーの足跡をたどり、パフォーマンスとビート作りを始めた。Fruityloopsを使い、おなじみの泡のようなリズムにラップやR&Bのサンプル、トランスシンセ、エレクトロハウスを融合させ、彼のトラックは瞬く間にオランダのサーキットの常連となった。

『Bubbling Inside』は、2007年から2009年にかけてのDe Schuurmanの最も重要なカットを集めたもので、文脈のために新しい作品もいくつか加えられている。Nyege Nyege Tapesは、ロッテルダムのPantropicalのSascha RothとDe Schuurman本人と共に、これらのトラックのほとんどを探し出し、収集した。これらを一緒に聴くと、この若いプロデューサーがいかに先進的で、オランダの名門を未来へと導いていったかがよくわかる。

2008年の'First One'は、プロト・ベルゲインの傑作であり、このジャンルの名刺代わりとなっている小生意気なメロディーを、ブンブン響く重低音のキックが支えている。「Pier Je Bil!!!」はテンポを上げ、バブリングのシンコペーション・ダンスホール・キックをクラブでの速射砲のようなクラッターにねじ曲げ、スティールパンのメロディーで飾っている。その他、2019年の「Domina」は、バブリングのDNAを保ちつつ、トラップ・パーカッション、ダブステップ・ベース、不気味なシンセのテクスチャーを変異させ、シュールマンのプロダクション・スタイルがいかに発展したかを示している。「Bubbling Inside」は、最も先見の明のあるプロデューサーの一人が目撃した、バブリングというジャンルの進化の証である。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

12" Military Green vinyl. 

Tracklist:

1. Brass 02:15
2. Fermina Style 02:41
3. Nu Ga Je Dansen 02:34
4. Pier Je Bill! 02:26
5. Bubbling Inside (ft DJ Electro) 03:28
6. Domina 03:32
7. Poeng Ka Poeng Ka 02:43
8. Fucking Hard 03:41
9. I'm Rich Bitch 02:44
10. Urban Gunz 04:25
11. First One 03:04
12. Bubbling Freakz 02:07
13. Poenka 03:34

Nyege Nyege Tapes:

"In the late 1980s, as techno and house made its way around Europe, mutating as it hopped from city to city, one young DJ from Curacao made a mistake that would inspire a brand new sound. While he was performing at Den Haag's Club Voltage, DJ Moortje accidentally dropped a dancehall track at 45RPM rather than 33, and let it play out. Thirsty for a hi-NRG sound, the crowd loved the squeaky vocals and rapid beat, and bubbling (or bubbling house) was born.

For the next couple of decades, bubbling was a crucial part of Holland's Afro-diasporic club landscape. And as a new generation of wide-eyed young DJs and producers began to take the reins, it evolved accordingly. In the late-2000s, Den Haag-based teenage prodigy Guillermo Schuurman followed in the footsteps of his uncle DJ Chippie (one of the genre's co-founders) and cousins DJ Daycard, DJ Master-D, Stiko Jnr and DJ Justme, and began performing and writing beats. Using Fruityloops, he fused familiar bubbling rhythms with rap and R&B samples, trance synths and electro house wobbles, and his tracks quickly became a regular fixture on the Dutch circuit.

"Bubbling Inside" is a collection of Schuurman's most essential cuts from the era (2007-2009), with a couple of newer productions added for context. Crafted solely for the dance, most of these tracks were never properly released and have been painstakingly hunted down and collected by the Nyege Nyege Tapes together with Sascha Roth from Pantropical in Rotterdam and De Schuurman himself. Hearing them together highlights just how forward thinking the young producer was, steering a Dutch institution into the future.

2008's 'First One' is a proto-Berghain belter, with booming bass-heavy kicks underpinning the kind of cheeky melodies that remain the calling card of the genre. 'Pier Je Bil!!' ratchets up the tempo, twisting bubbling's syncopated dancehall kicks into a rapid-fire club clatter and decorating them with steel-pan melodies. Elsewhere, 2019's 'Domina' shows how Schuurman's production style has developed as he mutates trap percussion, dubstep bass and eerie synth textures, while retaining the DNA of bubbling. "Bubbling Inside" is a testament to the evolution of the bubbling genre, as witnessed by one of its most visionary producers.
 "

Artist : De Schuurman

Label : Nyege Nyege Tapes