• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Zimoun // ModularGuitarFields I-VI LP [COLOR]

Zimoun // ModularGuitarFields I-VI LP [COLOR]

  • Availability:

スイスのアンビエント作家/インスタレーション作家Zimounが、2023年9月にアメリカ・NYのアンビエントレーベル12kからリリースしたレコードです。

バリトンギターとアンプ、モジュラーシンセによるミニマルなアンビエントドローン6曲を収録。DLコード付属。 クリア盤です。

以下、レーベルによる解説です。

"段ボール、DCモーター、その他の工業製品を使ったサイトスペシフィックな没入型インスタレーションで知られる。彼の機械化された環境は、世界中の著名な美術館やギャラリーで展示されている。最新作「ModularGuitarFields I-VI」は、テナーバリトンギターのサウンドをベースに、モジュラーシンセと1960年代のヴィンテージマグナトーンアンプを組み合わせている。

ModularGuitarFields I-VIは、広大でアトモスフェリックな領域を網羅し、Zimounが生々しく温かみのあるサウンドやミニマルなコンセプトやアプローチに情熱を注いでいることを表現している。ミニマルでありながら、サイケデリアと硬質なマイクロサウンドのタッチを持つ、濃密なサウンドスケープである。これらのコンポジションは、彼のインスタレーション作品とは異なり、音の彫刻として理解することができ、動きがあり、催眠術のような大気効果を引き出し、没入感のある環境を作り出す。

純粋にアコースティックな作品においても、彼は音の生成と音空間の創造に深い関心を持ち続けている。彼のコンポジションは、物語的な展開に従うというよりは、むしろ建築空間に似た場所の感覚を呼び起こす。個々のコンポジションは、時間の経過とともに最小限の変化を遂げることが多いが、その微細構造には継続的な発展と変化が見られる。何か別のものに進化するというよりは、常に変化し、生きている有機体のように感じられる。これは、シンプルな構造と要素の中に複雑さと多様なバリエーションを育み、ギターの音によって継続的に養われ、育まれるようなシステムを創り出すというZimounの基本的な関心を反映している。

ModularGuitarFields I-VIは、12Kの仲間のアーティストたちの静寂と儚さから一歩踏み出し、より強烈なドローンベースのアルバムを届けている。最初は容赦のない、孤立した風景のような印象を受けるが、その中に隠されたレイヤーは、巨大な氷河の内部を探検するように、生命と動きに満ち溢れたディテールを見せてくれる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more 12k releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. 12" clear vinyl. 

Tracklist:

  1. ModularGuitarFields I 12:15
  2. ModularGuitarFields II 16:11
  3. ModularGuitarFields III 13:11
  4. ModularGuitarFields IV 01:04
  5. ModularGuitarFields V 09:54
  6. ModularGuitarFields VI 11:04

12k:

"Zimoun is a multi-disciplilnary Swiss artist who is best recognized for his immersive and site-specific installations with cardboard, DC motors and other industrial objects to create large-scale installations of orchestrated noise and movement. His mechanized environments have been shown in prestigiuos museums and galleries worldwide. On his latest musical release, ModularGuitarFields I-VI is entirely based on the sounds of a Tenor Baritone Guitar, combined with select elements of a Modular Synth and a vintage 1960s Magnatone Amp.

ModularGuitarFields I-VI encompasses expansive and atmospheric realms, showcasing Zimoun’s passion for raw, warm sounds, as well as minimalist concepts and approaches. They are minimalist yet sonically dense soundscapes, with a touch of psychedelia and gritty microsounds. These compositions can be understood as sonic sculptures, teeming with movement, not unlike his installation work, and eliciting a hypnotic atmospheric effect and creating immersive environments..

Even in his purely acoustic works, he maintains a profound interest in sound generation and the creation of sonic space. His compositions evoke a sense of place rather than following narrative developments somehow akin to architectural spaces. Although the individual compositions often undergo minimal changes over time, they exhibit continuous developments and variations in their microstructures. They feel more like an organism constantly transforming and living, rather than evolving into something different. This reflects Zimoun’s fundamental interest in creating systems that foster complexity and a multitude of variations within simple structures and elements, continuously nourished and nurtured by the guitar sounds.

ModularGuitarFields I-VI steps away from the quietude and fragility of his fellow 12k artists and and delivers a more intense, drone-based album. While it first comes across like an unforgiving, isolated landscape, the layers hidden within reveal details teeming with life and movement, like exploring the interior of a massive glacier.
 "

Artist : Zimoun

Label : 12k

スイスのアンビエント作家/インスタレーション作家Zimounが、2023年9月にアメリカ・NYのアンビエントレーベル12kからリリースしたレコードです。

バリトンギターとアンプ、モジュラーシンセによるミニマルなアンビエントドローン6曲を収録。DLコード付属。 クリア盤です。

以下、レーベルによる解説です。

"段ボール、DCモーター、その他の工業製品を使ったサイトスペシフィックな没入型インスタレーションで知られる。彼の機械化された環境は、世界中の著名な美術館やギャラリーで展示されている。最新作「ModularGuitarFields I-VI」は、テナーバリトンギターのサウンドをベースに、モジュラーシンセと1960年代のヴィンテージマグナトーンアンプを組み合わせている。

ModularGuitarFields I-VIは、広大でアトモスフェリックな領域を網羅し、Zimounが生々しく温かみのあるサウンドやミニマルなコンセプトやアプローチに情熱を注いでいることを表現している。ミニマルでありながら、サイケデリアと硬質なマイクロサウンドのタッチを持つ、濃密なサウンドスケープである。これらのコンポジションは、彼のインスタレーション作品とは異なり、音の彫刻として理解することができ、動きがあり、催眠術のような大気効果を引き出し、没入感のある環境を作り出す。

純粋にアコースティックな作品においても、彼は音の生成と音空間の創造に深い関心を持ち続けている。彼のコンポジションは、物語的な展開に従うというよりは、むしろ建築空間に似た場所の感覚を呼び起こす。個々のコンポジションは、時間の経過とともに最小限の変化を遂げることが多いが、その微細構造には継続的な発展と変化が見られる。何か別のものに進化するというよりは、常に変化し、生きている有機体のように感じられる。これは、シンプルな構造と要素の中に複雑さと多様なバリエーションを育み、ギターの音によって継続的に養われ、育まれるようなシステムを創り出すというZimounの基本的な関心を反映している。

ModularGuitarFields I-VIは、12Kの仲間のアーティストたちの静寂と儚さから一歩踏み出し、より強烈なドローンベースのアルバムを届けている。最初は容赦のない、孤立した風景のような印象を受けるが、その中に隠されたレイヤーは、巨大な氷河の内部を探検するように、生命と動きに満ち溢れたディテールを見せてくれる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more 12k releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. 12" clear vinyl. 

Tracklist:

  1. ModularGuitarFields I 12:15
  2. ModularGuitarFields II 16:11
  3. ModularGuitarFields III 13:11
  4. ModularGuitarFields IV 01:04
  5. ModularGuitarFields V 09:54
  6. ModularGuitarFields VI 11:04

12k:

"Zimoun is a multi-disciplilnary Swiss artist who is best recognized for his immersive and site-specific installations with cardboard, DC motors and other industrial objects to create large-scale installations of orchestrated noise and movement. His mechanized environments have been shown in prestigiuos museums and galleries worldwide. On his latest musical release, ModularGuitarFields I-VI is entirely based on the sounds of a Tenor Baritone Guitar, combined with select elements of a Modular Synth and a vintage 1960s Magnatone Amp.

ModularGuitarFields I-VI encompasses expansive and atmospheric realms, showcasing Zimoun’s passion for raw, warm sounds, as well as minimalist concepts and approaches. They are minimalist yet sonically dense soundscapes, with a touch of psychedelia and gritty microsounds. These compositions can be understood as sonic sculptures, teeming with movement, not unlike his installation work, and eliciting a hypnotic atmospheric effect and creating immersive environments..

Even in his purely acoustic works, he maintains a profound interest in sound generation and the creation of sonic space. His compositions evoke a sense of place rather than following narrative developments somehow akin to architectural spaces. Although the individual compositions often undergo minimal changes over time, they exhibit continuous developments and variations in their microstructures. They feel more like an organism constantly transforming and living, rather than evolving into something different. This reflects Zimoun’s fundamental interest in creating systems that foster complexity and a multitude of variations within simple structures and elements, continuously nourished and nurtured by the guitar sounds.

ModularGuitarFields I-VI steps away from the quietude and fragility of his fellow 12k artists and and delivers a more intense, drone-based album. While it first comes across like an unforgiving, isolated landscape, the layers hidden within reveal details teeming with life and movement, like exploring the interior of a massive glacier.
 "

Artist : Zimoun

Label : 12k