• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
WSR // Dicasmia LP

WSR // Dicasmia LP

  • Availability:

ドイツ・ベルリンの実験テクノ作家Emanuele Porcinai aka WSRが、2023年12月にベルリンの実験/ダンスレーベルStray Signalsからリリースしたレコードです。

ポストインダストリアル・テクノ〜実験ネオクラシカル7曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"デジタル技術の出現以来、エレクトロニック・ミュージックには一種の闘争、落ち着かない底流がある。このジャンルの歴史に多くの先鋭的な展開をもたらしてきた、永続的で未解決の緊張。それは、電子的に生成された音(そして再生成された音)と身体性そのものとの間の、常に不可解な関係であり、音の生態系のバーチャル化されたエンジニアリングと、物質的空間における共鳴体の感覚的で具体的な存在との間の関係である。エレクトロニック・ミュージックの究極的にバーチャルな形態は、常にその感覚的な内在性と美しく対比されてきた。デジタル領域における電子音響の転置は、感情的、感覚的、知的な活性化の相互空間の中で開花する超現実性と、魅惑的ではあるが両立しがたい反抗の新たな地層を生み出してきた。

WSRとしてのEmanuele Porcinaiの作品は、常にこの矛盾の中心に位置し、アコースティック楽器(しばしば自作楽器)をデジタルのフレームワークの中に機能的に統合し、バーチャルとマテリアルが互いに補完し合い、互いのオーラル・ゴーストに封じ込めることを可能にする非具象的な出来事の連続体の中に置いている。彼の作曲において、デジタル現象は、その起源を超現実へと混乱させる具体的な重厚感を獲得し、一方、身体的な相互作用によって生み出された音色や生成物は、粉砕され、昇華され、感情的なシミュラクラへと再固化される。これによって、彼の音楽は、等間隔に配置された2つの対極の間の1つの中間点ではなく、固体と抽象のあらゆる可能な組み合わせの変幻自在な配置を占めることができる。

Stray Signalsからライセンスを受けた「Dicasmia」は、この研究の新たな章である。Emanuele Porcinaiは、数ヶ月にわたる孤独で強迫的なスタジオワークを通して、自作の仕掛けを捨て、より「正統的な」ギター、ベースギター、チェロを使い、内省的な鉱山のようなオーラル鉱石を掘り出し、周囲の空間をゆっくりと吸い込むポーズをとった。このアルバムを構成するトラックは、この二重の突き上げの事象の地平線の上に宙吊りにされたように感じられ、その最も濃密な構成要素は、汚染されたハーモニーの破片によって拡張され、貫かれている。メロディーは文字通りの重金属にまみれた煙の雲から形成され、衝撃と擦り傷が不均等なパーカッシブの詩を形成する。不協和音が幾重にも重なることで、やがて音楽性と美しさが現れ、別離の憂鬱を祓おうとする高揚感のあるサウンド・ベンチャーとなる。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Stray Signals releases available at Tobira.

----------------------

Includes DL code. 12" black vinyl.

Tracklist:

  1. Flatwound 01:56
  2. Aria 02:06
  3. Thrust 05:10
  4. Hindered 04:43
  5. Within These Walls 03:57
  6. Diel 05:28
  7. Sore Fingers 04:24

Stray Signals:

"There’s a kind of struggle, a kind of restless undercurrent that has occupied electronic music since the advent of digital technologies. An enduring, unresolved tension that has informed many radical turns on the history of the genre. It’s the ever-puzzling relationship between electronically generated –and re-generated– sounds and physicality itself, between the virtualized engineering of sonic ecologies and the sensual, tangible presence of resonant bodies in material space. The ultimately virtual morphology of electronic music has always beautifully contrasted with its sensible immanence. The transposition of electro-acoustics in the digital realm has thus generated new strata of surreality and irreconcilable, though captivating, defiance, blooming in an interspace of emotional, sensual and intellectual activation.

Emanuele Porcinai’s work as WSR has alway sat at the centre of this very contradiction, functionally integrating acoustic –often self-built– instruments within digital frameworks and placing them in a continuum of non-representational happenings that allow the virtual and the material to compenetrate and contain each other, into each other’s aural ghosts. In his compositions, digital phenomena acquire a sense of concrete gravitas that confound their origins into hyperreality, while the tones and produced by corporeal interactions are pulverized, sublimated and re-solidified into emotive simulacra. This allows his music to occupy not one middle point between two evenly spaced opposites, rather a mutable arrangement of every possible combination of the solid and the abstract.

Licensed by Stray Signals, 'Dicasmia' is a new chapter in this research. Ditching the self-built contraptions for more “canonical” guitars, bass guitars and cellos, Porcinai has, through months of solitary and obsessive studio work, dug himself an introspective mine of aural ore posed to slowly sucking its surrounding space in. The tracks that compose the album feel like suspended on the event horizon of this double thrust, their densest components dilated and pierced by shards of contaminated harmony. Melodies form from clouds of smoke riddled with literal heavy metals while impacts and scrapes form uneven percussive poems. The amassing layers of dissonance eventually favor the emergence of musicality and beauty, making for an eventually uplifting sonic venture that strives to exorcise the melancholy of separation."

Artist : WSR

Label : Stray Signals

+ -

ドイツ・ベルリンの実験テクノ作家Emanuele Porcinai aka WSRが、2023年12月にベルリンの実験/ダンスレーベルStray Signalsからリリースしたレコードです。

ポストインダストリアル・テクノ〜実験ネオクラシカル7曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"デジタル技術の出現以来、エレクトロニック・ミュージックには一種の闘争、落ち着かない底流がある。このジャンルの歴史に多くの先鋭的な展開をもたらしてきた、永続的で未解決の緊張。それは、電子的に生成された音(そして再生成された音)と身体性そのものとの間の、常に不可解な関係であり、音の生態系のバーチャル化されたエンジニアリングと、物質的空間における共鳴体の感覚的で具体的な存在との間の関係である。エレクトロニック・ミュージックの究極的にバーチャルな形態は、常にその感覚的な内在性と美しく対比されてきた。デジタル領域における電子音響の転置は、感情的、感覚的、知的な活性化の相互空間の中で開花する超現実性と、魅惑的ではあるが両立しがたい反抗の新たな地層を生み出してきた。

WSRとしてのEmanuele Porcinaiの作品は、常にこの矛盾の中心に位置し、アコースティック楽器(しばしば自作楽器)をデジタルのフレームワークの中に機能的に統合し、バーチャルとマテリアルが互いに補完し合い、互いのオーラル・ゴーストに封じ込めることを可能にする非具象的な出来事の連続体の中に置いている。彼の作曲において、デジタル現象は、その起源を超現実へと混乱させる具体的な重厚感を獲得し、一方、身体的な相互作用によって生み出された音色や生成物は、粉砕され、昇華され、感情的なシミュラクラへと再固化される。これによって、彼の音楽は、等間隔に配置された2つの対極の間の1つの中間点ではなく、固体と抽象のあらゆる可能な組み合わせの変幻自在な配置を占めることができる。

Stray Signalsからライセンスを受けた「Dicasmia」は、この研究の新たな章である。Emanuele Porcinaiは、数ヶ月にわたる孤独で強迫的なスタジオワークを通して、自作の仕掛けを捨て、より「正統的な」ギター、ベースギター、チェロを使い、内省的な鉱山のようなオーラル鉱石を掘り出し、周囲の空間をゆっくりと吸い込むポーズをとった。このアルバムを構成するトラックは、この二重の突き上げの事象の地平線の上に宙吊りにされたように感じられ、その最も濃密な構成要素は、汚染されたハーモニーの破片によって拡張され、貫かれている。メロディーは文字通りの重金属にまみれた煙の雲から形成され、衝撃と擦り傷が不均等なパーカッシブの詩を形成する。不協和音が幾重にも重なることで、やがて音楽性と美しさが現れ、別離の憂鬱を祓おうとする高揚感のあるサウンド・ベンチャーとなる。"

w s r · WSR - Dicasmia (STRAY011)

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Stray Signals releases available at Tobira.

----------------------

Includes DL code. 12" black vinyl.

Tracklist:

  1. Flatwound 01:56
  2. Aria 02:06
  3. Thrust 05:10
  4. Hindered 04:43
  5. Within These Walls 03:57
  6. Diel 05:28
  7. Sore Fingers 04:24

Stray Signals:

"There’s a kind of struggle, a kind of restless undercurrent that has occupied electronic music since the advent of digital technologies. An enduring, unresolved tension that has informed many radical turns on the history of the genre. It’s the ever-puzzling relationship between electronically generated –and re-generated– sounds and physicality itself, between the virtualized engineering of sonic ecologies and the sensual, tangible presence of resonant bodies in material space. The ultimately virtual morphology of electronic music has always beautifully contrasted with its sensible immanence. The transposition of electro-acoustics in the digital realm has thus generated new strata of surreality and irreconcilable, though captivating, defiance, blooming in an interspace of emotional, sensual and intellectual activation.

Emanuele Porcinai’s work as WSR has alway sat at the centre of this very contradiction, functionally integrating acoustic –often self-built– instruments within digital frameworks and placing them in a continuum of non-representational happenings that allow the virtual and the material to compenetrate and contain each other, into each other’s aural ghosts. In his compositions, digital phenomena acquire a sense of concrete gravitas that confound their origins into hyperreality, while the tones and produced by corporeal interactions are pulverized, sublimated and re-solidified into emotive simulacra. This allows his music to occupy not one middle point between two evenly spaced opposites, rather a mutable arrangement of every possible combination of the solid and the abstract.

Licensed by Stray Signals, 'Dicasmia' is a new chapter in this research. Ditching the self-built contraptions for more “canonical” guitars, bass guitars and cellos, Porcinai has, through months of solitary and obsessive studio work, dug himself an introspective mine of aural ore posed to slowly sucking its surrounding space in. The tracks that compose the album feel like suspended on the event horizon of this double thrust, their densest components dilated and pierced by shards of contaminated harmony. Melodies form from clouds of smoke riddled with literal heavy metals while impacts and scrapes form uneven percussive poems. The amassing layers of dissonance eventually favor the emergence of musicality and beauty, making for an eventually uplifting sonic venture that strives to exorcise the melancholy of separation."

Artist : WSR

Label : Stray Signals