• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Thomas Buckner sings Robert Ashley // Spontaneous Musical Invention 2xLP

Thomas Buckner sings Robert Ashley // Spontaneous Musical Invention 2xLP

  • Availability:

アメリカのバリトン歌手Thomas BucknerがRobert Ashleyの楽曲を演奏した珍しい作品です。24ページのブックレットにはAlvin Lucierによるイントロダクションやスコア、演目が掲載されています。

以下、レーベルによる解説です。

"Recitalは、めったに聴くことのできないRobert Ashleyの作曲を、バリトン歌手Thomas Bucknerが演奏する新しいダブルアルバムをお届けできることを光栄に思う。

1960年代、Robert AshleyはONCEグループやフェスティバルでアメリカン・アバンギャルドを開拓し、20世紀後半にはアメリカン・オペラの様相を変えた。Thomas Bucknerは、1970年代から80年代にかけて1750アーチという素晴らしいレコード・レーベルを経営していたほか、ロスコー・ミッチェル、アンネア・ロックウッド、故ノア・クレシェフスキーなど、数え切れないほどのミュージシャンと何十年にもわたってコラボレートしてきた名バリトンである。

アルバムのタイトル『Spontaneous Musical Invention』とは、Robert Ashleyが「テキストの宣言に基づく自発的な音楽的発明」と呼ぶ方法を歌手に指示したことに由来する。この発声法は、Thomas BucknerがRobert Ashleyとの33年間の共同作業の中で完成させたものである。1984年にRobert Ashleyのオペラ『アタランタ(神の御業)』で初舞台を踏んだThomas Bucknerは、2014年にRobert Ashleyが亡くなるまで、アンサンブルに欠かせないパフォーマーとして活躍し続けた。

このアルバムは2部構成で、1部ではRobert Ashleyの2作目のオペラ『アタランタ(神の御業)』を新たに演奏している。Robert Ashleyはオペラ『アタランタ』のために、3つの幕に分かれた約10時間の音楽を書いた: Maxはシュルレアリスムの画家マックス・エルンストのために、Willardは作曲者の叔父で偉大なストーリーテラーであったウィラード・レイノルズのために、そしてBudは偉大なジャズピアニストであり作曲家であったバド・パウエルのために。この10時間から好きなものを使ってヴァージョンを構成してほしい。Thomas Bucknerは、何年にもわたって一緒に仕事をする中で、『アタランタ』のアリアをコンサートで演奏できるようにと、3曲の再作曲を依頼した。つまり、このアルバムの最初のセクションは、『アタランタ』の多くの可能性のあるヴァージョンのひとつなのだ。

アルバムの第2セクションは「Occasional Pieces」と名付けられ、Robert Ashleyの未発表作品が2曲収録されている。「When Famous Last Words Fail You」と「World War III Just the Highlights」はRobert Ashleyのオペラの曲ではない。しかし、それぞれが非常にドラマチックで演劇的である。これらはThomas Bucknerのために独立した曲として書かれた。Thomas Bucknerの独特なヴォーカル・ケイダンスは、Robert Ashleyのリブレットの鋭いウィットと軽妙な語り口を投影している。

このアルバムの一部は、2014年にニューヨーク・ブルックリンのルーレットで開催されたRobert Ashleyの追悼コンサートでライヴ録音された。この『Spontaneous Musical Invention』は、本質的には、2人の類まれなアーティストと、彼らの数十年にわたるコラボレーションへのトリビュートとして機能している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Recital releases available at Tobira. 

--------------------------

2x12" black vinyl. Edition of 350. 
Includes 24 page 12” x 8.5” booklet of Ashley librettos, scores, & program notes, with an introduction written by Alvin Lucier.

Tracklist:

  1. Odalisque (1984-1990) 07:24
  2. The Mystery of the River (1991-2014) 12:28
  3. The Producer Speaks (1991) 21:03
  4. When Famous Last Words Fail You (1997) 19:05
  5. World War 3 Just the Highlights (2012) 15:55

++

Recital:

"Recital is honored to present a new double album of rarely heard Robert Ashley compositions performed by baritone singer Thomas Buckner.

In the 1960s, Robert Ashley pioneered the American avant garde with the ONCE Group and festivals, before irrefutably changing the face of American opera later in the 20th century. Buckner, in addition to running the fabulous 1750 Arch record label in the 1970s and 80s, is a noted baritone who has collaborated for decades with the likes of Roscoe Mitchell, Annea Lockwood, and the late Noah Creshevsky, amongst countless others.

The title of the album, Spontaneous Musical Invention, refers to Ashley’s method of instructing the singer to do what he called “spontaneous musical invention based on the declamation of the text.” A vocal practice that Thomas Buckner perfected over the 33 years that he collaborated with Ashley. First performing in Ashley’s 1984 opera Atalanta (Acts of God), Buckner continued on as an integral performer in the ensemble until Ashley’s death in 2014.

The album is composed of two halves, the first is a new rendering of Ashley’s second opera Atalanta (Acts of God). Robert Ashley wrote about ten hours of music for the opera Atalanta, divided into three acts: ‘Max', for the surrealist artist Max Ernst; ‘Willard', for the composer’s uncle, Willard Reynolds, a great story teller; and ‘Bud', for Bud Powell, the great jazz pianist and composer. One is invited to construct a version using any material from these ten hours. Over the years they worked together, Thomas Buckner commissioned three reworkings of arias from Atalanta that he could perform in concert: the ‘Odalisque' aria from Max, 'The Mystery of the River' from ‘Willard', & 'The Producer Speaks' from ‘Bud'. So this first section of the album is one of many possible versions of Atalanta, albeit in strikingly different versions from the originals.

The second section of the album is dubbed Occasional Pieces, and holds two unpublished Ashley works. ‘When Famous Last Words Fail You' & 'World War III Just the Highlights' are not from any Ashley opera. However, each is highly dramatic and theatrical. They were written as standalone pieces for Thomas Buckner. Buckner’s distinct vocal cadence projects the sharp wit and wry storytelling of Ashley’s librettos.

A portion of the record was recorded live at Roulette in Brooklyn, NY, at an intimate memorial concert held for Robert Ashley in 2014. Spontaneous Musical Invention, in essence, functions as a tribute to both exceptional artists, and to their decades of collaboration.
 "

Artist : Thomas Buckner sings Robert Ashley

Label : Recital

+ -

アメリカのバリトン歌手Thomas BucknerがRobert Ashleyの楽曲を演奏した珍しい作品です。24ページのブックレットにはAlvin Lucierによるイントロダクションやスコア、演目が掲載されています。

以下、レーベルによる解説です。

"Recitalは、めったに聴くことのできないRobert Ashleyの作曲を、バリトン歌手Thomas Bucknerが演奏する新しいダブルアルバムをお届けできることを光栄に思う。

1960年代、Robert AshleyはONCEグループやフェスティバルでアメリカン・アバンギャルドを開拓し、20世紀後半にはアメリカン・オペラの様相を変えた。Thomas Bucknerは、1970年代から80年代にかけて1750アーチという素晴らしいレコード・レーベルを経営していたほか、ロスコー・ミッチェル、アンネア・ロックウッド、故ノア・クレシェフスキーなど、数え切れないほどのミュージシャンと何十年にもわたってコラボレートしてきた名バリトンである。

アルバムのタイトル『Spontaneous Musical Invention』とは、Robert Ashleyが「テキストの宣言に基づく自発的な音楽的発明」と呼ぶ方法を歌手に指示したことに由来する。この発声法は、Thomas BucknerがRobert Ashleyとの33年間の共同作業の中で完成させたものである。1984年にRobert Ashleyのオペラ『アタランタ(神の御業)』で初舞台を踏んだThomas Bucknerは、2014年にRobert Ashleyが亡くなるまで、アンサンブルに欠かせないパフォーマーとして活躍し続けた。

このアルバムは2部構成で、1部ではRobert Ashleyの2作目のオペラ『アタランタ(神の御業)』を新たに演奏している。Robert Ashleyはオペラ『アタランタ』のために、3つの幕に分かれた約10時間の音楽を書いた: Maxはシュルレアリスムの画家マックス・エルンストのために、Willardは作曲者の叔父で偉大なストーリーテラーであったウィラード・レイノルズのために、そしてBudは偉大なジャズピアニストであり作曲家であったバド・パウエルのために。この10時間から好きなものを使ってヴァージョンを構成してほしい。Thomas Bucknerは、何年にもわたって一緒に仕事をする中で、『アタランタ』のアリアをコンサートで演奏できるようにと、3曲の再作曲を依頼した。つまり、このアルバムの最初のセクションは、『アタランタ』の多くの可能性のあるヴァージョンのひとつなのだ。

アルバムの第2セクションは「Occasional Pieces」と名付けられ、Robert Ashleyの未発表作品が2曲収録されている。「When Famous Last Words Fail You」と「World War III Just the Highlights」はRobert Ashleyのオペラの曲ではない。しかし、それぞれが非常にドラマチックで演劇的である。これらはThomas Bucknerのために独立した曲として書かれた。Thomas Bucknerの独特なヴォーカル・ケイダンスは、Robert Ashleyのリブレットの鋭いウィットと軽妙な語り口を投影している。

このアルバムの一部は、2014年にニューヨーク・ブルックリンのルーレットで開催されたRobert Ashleyの追悼コンサートでライヴ録音された。この『Spontaneous Musical Invention』は、本質的には、2人の類まれなアーティストと、彼らの数十年にわたるコラボレーションへのトリビュートとして機能している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Recital releases available at Tobira. 

--------------------------

2x12" black vinyl. Edition of 350. 
Includes 24 page 12” x 8.5” booklet of Ashley librettos, scores, & program notes, with an introduction written by Alvin Lucier.

Tracklist:

  1. Odalisque (1984-1990) 07:24
  2. The Mystery of the River (1991-2014) 12:28
  3. The Producer Speaks (1991) 21:03
  4. When Famous Last Words Fail You (1997) 19:05
  5. World War 3 Just the Highlights (2012) 15:55

++

Recital:

"Recital is honored to present a new double album of rarely heard Robert Ashley compositions performed by baritone singer Thomas Buckner.

In the 1960s, Robert Ashley pioneered the American avant garde with the ONCE Group and festivals, before irrefutably changing the face of American opera later in the 20th century. Buckner, in addition to running the fabulous 1750 Arch record label in the 1970s and 80s, is a noted baritone who has collaborated for decades with the likes of Roscoe Mitchell, Annea Lockwood, and the late Noah Creshevsky, amongst countless others.

The title of the album, Spontaneous Musical Invention, refers to Ashley’s method of instructing the singer to do what he called “spontaneous musical invention based on the declamation of the text.” A vocal practice that Thomas Buckner perfected over the 33 years that he collaborated with Ashley. First performing in Ashley’s 1984 opera Atalanta (Acts of God), Buckner continued on as an integral performer in the ensemble until Ashley’s death in 2014.

The album is composed of two halves, the first is a new rendering of Ashley’s second opera Atalanta (Acts of God). Robert Ashley wrote about ten hours of music for the opera Atalanta, divided into three acts: ‘Max', for the surrealist artist Max Ernst; ‘Willard', for the composer’s uncle, Willard Reynolds, a great story teller; and ‘Bud', for Bud Powell, the great jazz pianist and composer. One is invited to construct a version using any material from these ten hours. Over the years they worked together, Thomas Buckner commissioned three reworkings of arias from Atalanta that he could perform in concert: the ‘Odalisque' aria from Max, 'The Mystery of the River' from ‘Willard', & 'The Producer Speaks' from ‘Bud'. So this first section of the album is one of many possible versions of Atalanta, albeit in strikingly different versions from the originals.

The second section of the album is dubbed Occasional Pieces, and holds two unpublished Ashley works. ‘When Famous Last Words Fail You' & 'World War III Just the Highlights' are not from any Ashley opera. However, each is highly dramatic and theatrical. They were written as standalone pieces for Thomas Buckner. Buckner’s distinct vocal cadence projects the sharp wit and wry storytelling of Ashley’s librettos.

A portion of the record was recorded live at Roulette in Brooklyn, NY, at an intimate memorial concert held for Robert Ashley in 2014. Spontaneous Musical Invention, in essence, functions as a tribute to both exceptional artists, and to their decades of collaboration.
 "

Artist : Thomas Buckner sings Robert Ashley

Label : Recital