• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
The Broadway Quintet // Amalume (Lekani Mowa) LP

The Broadway Quintet // Amalume (Lekani Mowa) LP

  • Availability:

1970年代に活動していたザンビアのジャズバンドThe Broadway Quintetのデビュー作品の再発盤です。ザムロックとは一線を画す音楽性は今聴いても新鮮です。ライナーノーツ付属。

以下、レーベルによる解説です。

”1960年代初頭、ザンビアの統一民族独立党(UNIP)の娯楽ニーズに応えるために誕生したブロードウェイ・クインテットは、ルサカの一流ホテルバンドからベテランを集め、その尊敬すべきラインナップを作り上げました。カルテットとしてスタートし、後にクインテットに発展したこのグループのキャリアは、キャバレー・サーキットでの人気者として20年以上に及び、無数の名高いコラボレーションを誇っています。

ブロードウェイ・クインテットのジャズ・センスは、1970年代にザンビアの音楽界を席巻していたロック・サウンドとは一線を画していました。しかし、土着のリズムと西洋のポップスを融合させたザムロックの方式は、彼らの唯一無二の1976年の長編アルバムを形成しました。伝統的な曲を現代風にアレンジしたアマルメは、コンガとサックス、アフリカの民謡とエレキキーボード、ショービジネスの曲とジャズギターを融合させました。タイトル曲の酒を飲むことの危険性を警告するサイケデリックなイラストのジャケットは、アルバムのライナーノーツにあるように、「独創性と衝撃的な美しさ」の爆発的なパッケージでした。”

-----------------------------------------

12" black vinyl. 

Sharp-Flat:

"Emerging to serve the entertainment needs of Zambia's United National Independence Party (UNIP) in the early 1960s, The Broadway Quintet gathered seasoned talent from Lusaka's best hotel bands to fashion its esteemed lineup. Starting as a quartet and later evolving into a quintet, the group's career spanned over twenty years as favourites on the cabaret circuit and boasted a myriad of prestigious collaborations.

The Broadway Quintet's jazz sensibilities set them apart from the rock sound that dominated Zambia's music landscape in the 1970s. Yet the formula behind Zamrock, fusing indigenous rhythms with Western pop, shaped their one and only 1976 long-player. Featuring modern arrangements of traditional songs, Amalume blended congas with sax sounds, African folk lyrics with electric keyboard shenanigans and show business tunes with jazz guitar noodling. With its psychedelic illustrated cover, which references the title track's warning against the perils of drinking alcohol, it was an explosive package of "originality and electrifying beauty" as the album's liner notes proclaimed." 

Artist : The Broadway Quintet

Label : Sharp-Flat

+ -

1970年代に活動していたザンビアのジャズバンドThe Broadway Quintetのデビュー作品の再発盤です。ザムロックとは一線を画す音楽性は今聴いても新鮮です。ライナーノーツ付属。

以下、レーベルによる解説です。

”1960年代初頭、ザンビアの統一民族独立党(UNIP)の娯楽ニーズに応えるために誕生したブロードウェイ・クインテットは、ルサカの一流ホテルバンドからベテランを集め、その尊敬すべきラインナップを作り上げました。カルテットとしてスタートし、後にクインテットに発展したこのグループのキャリアは、キャバレー・サーキットでの人気者として20年以上に及び、無数の名高いコラボレーションを誇っています。

ブロードウェイ・クインテットのジャズ・センスは、1970年代にザンビアの音楽界を席巻していたロック・サウンドとは一線を画していました。しかし、土着のリズムと西洋のポップスを融合させたザムロックの方式は、彼らの唯一無二の1976年の長編アルバムを形成しました。伝統的な曲を現代風にアレンジしたアマルメは、コンガとサックス、アフリカの民謡とエレキキーボード、ショービジネスの曲とジャズギターを融合させました。タイトル曲の酒を飲むことの危険性を警告するサイケデリックなイラストのジャケットは、アルバムのライナーノーツにあるように、「独創性と衝撃的な美しさ」の爆発的なパッケージでした。”

-----------------------------------------

12" black vinyl. 

Sharp-Flat:

"Emerging to serve the entertainment needs of Zambia's United National Independence Party (UNIP) in the early 1960s, The Broadway Quintet gathered seasoned talent from Lusaka's best hotel bands to fashion its esteemed lineup. Starting as a quartet and later evolving into a quintet, the group's career spanned over twenty years as favourites on the cabaret circuit and boasted a myriad of prestigious collaborations.

The Broadway Quintet's jazz sensibilities set them apart from the rock sound that dominated Zambia's music landscape in the 1970s. Yet the formula behind Zamrock, fusing indigenous rhythms with Western pop, shaped their one and only 1976 long-player. Featuring modern arrangements of traditional songs, Amalume blended congas with sax sounds, African folk lyrics with electric keyboard shenanigans and show business tunes with jazz guitar noodling. With its psychedelic illustrated cover, which references the title track's warning against the perils of drinking alcohol, it was an explosive package of "originality and electrifying beauty" as the album's liner notes proclaimed." 

Artist : The Broadway Quintet

Label : Sharp-Flat