• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Tarab // Rooms CD

Tarab // Rooms CD

  • Availability:

オーストラリア・メルボルンの音響作家Tarabが、2022年2月にフランスの実験レーベルFerns Recordingsから100部限定でリリースしたCDです。以下、作家本人による解説です。

2019年から2021年にかけて、私は3つのインスタレーションを発表しました。録音という形で物、空間、行為の借り物の表現を共有することから離れ、代わりに音と部屋、物、観客で空間や状況を形作ることを模索しました。空間を物理的なものとしてではなく、使用することによって形作られるものとして理解するならば、空間は音によって形作られるのか、といういささか修辞的、あるいは奇抜な問いを提起することになります。ある空間が別の空間の中で形作られることは可能なのでしょうか?

しかし、『ROOMS』は、これらのインスタレーションを参考にしながらも、その直接的な記録として機能することは意図していません。むしろ、別の部屋に設置された一対のステレオ・スピーカーによって形成された空間の中で、そのプロセスから生まれたいくつかのアイデアと方法を探求するために作られたものです。この作品は、これらの組み立てられた空間の再提示を意図したものではなく、リスナーの部屋と耳の中で、それ自身のリスニング・スペースとなることを目指しています。

録音されたオーディオ素材は、知覚可能な表面、質感、深さ、場所や行為の痕跡、空間の点、スピーカーコーンやマイクの振動、大きな容器の中で小さな音の容器として働く共鳴する物体、空気の動き、常に変化する視点の集合、残された痕跡、集められかき回された破片の移り変わりとして探究されます。録音された音は、部分的、断片的、不完全なものとして集められ、理解されます。

ROOMSは構築物でありながら、抽象化でも再提示でもなく、両者の中間的な存在として提示されています。変化し、鳴り響く要素や物事の相互作用やアッセンブリーです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more fernsrecordings releases available at Tobira.

-------------------------------

Edition of 100.

Artist statement by Eamon Sprod

"Between 2019 and 2021 I presented three installations. Seeking to move away from sharing borrowed representations of things, spaces and actions in the form of recordings, to instead shape spaces or situations with sounds and rooms, things and an audience. If we understand space not as physical, but as shaped through use, it raises the somewhat rhetorical or even quixotic question: can a space be shaped by sound? Can one space be shaped inside another?

However, ROOMS is not intended to act as a straight document of these installations, despite drawing heavily upon them. Rather, it has been made to explore some of the ideas and methods which emerged from the process, within the space formed by a pair of stereo speakers situated in yet another room. It is not intended as a re-presentation of those assembled spaces, but works towards being its own listening space within the rooms and ears of a listener.

Recorded audio material is explored as a shifting series of perceivable surfaces, textures and depths; traces of places and actions; points in space; vibration of speaker cone and microphone diaphragm; resonant objects acting as small sounding containers within larger containers; movements of air; a constant shifting set of perspectives; the traces that are left behind; debris gathered up and pawed over. Recorded sound is gathered and understood as partial, fragmentary, incomplete.

While ROOMS is a construction, it is presented not quite as an abstraction nor as a re-presentation, but as a form of both-ness or an inbetween-ness; somehow inside-out and outside-in. An interaction or assemblage of shifting, sounding elements and things."

Artist : Tarab

Label : fernsrecordings

+ -

オーストラリア・メルボルンの音響作家Tarabが、2022年2月にフランスの実験レーベルFerns Recordingsから100部限定でリリースしたCDです。以下、作家本人による解説です。

2019年から2021年にかけて、私は3つのインスタレーションを発表しました。録音という形で物、空間、行為の借り物の表現を共有することから離れ、代わりに音と部屋、物、観客で空間や状況を形作ることを模索しました。空間を物理的なものとしてではなく、使用することによって形作られるものとして理解するならば、空間は音によって形作られるのか、といういささか修辞的、あるいは奇抜な問いを提起することになります。ある空間が別の空間の中で形作られることは可能なのでしょうか?

しかし、『ROOMS』は、これらのインスタレーションを参考にしながらも、その直接的な記録として機能することは意図していません。むしろ、別の部屋に設置された一対のステレオ・スピーカーによって形成された空間の中で、そのプロセスから生まれたいくつかのアイデアと方法を探求するために作られたものです。この作品は、これらの組み立てられた空間の再提示を意図したものではなく、リスナーの部屋と耳の中で、それ自身のリスニング・スペースとなることを目指しています。

録音されたオーディオ素材は、知覚可能な表面、質感、深さ、場所や行為の痕跡、空間の点、スピーカーコーンやマイクの振動、大きな容器の中で小さな音の容器として働く共鳴する物体、空気の動き、常に変化する視点の集合、残された痕跡、集められかき回された破片の移り変わりとして探究されます。録音された音は、部分的、断片的、不完全なものとして集められ、理解されます。

ROOMSは構築物でありながら、抽象化でも再提示でもなく、両者の中間的な存在として提示されています。変化し、鳴り響く要素や物事の相互作用やアッセンブリーです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more fernsrecordings releases available at Tobira.

-------------------------------

Edition of 100.

Artist statement by Eamon Sprod

"Between 2019 and 2021 I presented three installations. Seeking to move away from sharing borrowed representations of things, spaces and actions in the form of recordings, to instead shape spaces or situations with sounds and rooms, things and an audience. If we understand space not as physical, but as shaped through use, it raises the somewhat rhetorical or even quixotic question: can a space be shaped by sound? Can one space be shaped inside another?

However, ROOMS is not intended to act as a straight document of these installations, despite drawing heavily upon them. Rather, it has been made to explore some of the ideas and methods which emerged from the process, within the space formed by a pair of stereo speakers situated in yet another room. It is not intended as a re-presentation of those assembled spaces, but works towards being its own listening space within the rooms and ears of a listener.

Recorded audio material is explored as a shifting series of perceivable surfaces, textures and depths; traces of places and actions; points in space; vibration of speaker cone and microphone diaphragm; resonant objects acting as small sounding containers within larger containers; movements of air; a constant shifting set of perspectives; the traces that are left behind; debris gathered up and pawed over. Recorded sound is gathered and understood as partial, fragmentary, incomplete.

While ROOMS is a construction, it is presented not quite as an abstraction nor as a re-presentation, but as a form of both-ness or an inbetween-ness; somehow inside-out and outside-in. An interaction or assemblage of shifting, sounding elements and things."

Artist : Tarab

Label : fernsrecordings