• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Systems // Endless Tunnel CD

Systems // Endless Tunnel CD

  • Availability:

アメリカ・イリノイのノイズ作家Systemsが、2023年9月にドイツのノイズレーベルWhite Centipede Noiseからリリースした再発CDです。(オリジナルは2022年カセットリリース)

4トラックカセットプレイヤーに直接録音したLo-Fiコラージュ・ノイズ3曲を収録。4面エコパック、シュリンク仕様です。

以下、Rush Michael Falknorによる解説です。

"『Endless Tunnel』には、テープミュージックの適切な音のトレードマークがすべて備わっている。各トラックの動きと構築は、ほとんどサウンドトラックのようで、これらのレコーディングには多くの感情があり、私の視点からは、これらのトラックには重い憧れの感覚がある。超集中感があり、どの瞬間も蛇行しているようには感じられず、常に目的と方向感がある。テクスチャーの多様性は素晴らしく、この枯れたような、それでいて疾走感のある馬の鳴き声やカチャカチャという音は、道すがら耳に残る。苛酷なテープのグラインドやマングルがふんだんに使われているが、退屈な瞬間を避けるためにインチキくさいと感じることはなく、滝の上までゆっくりとハイキングするように、滝の横で爆睡するのとは対照的に、滝の頂上に到達するのを喜ぶように、すべてがちょうどいい場所に収まっている。この『Dripping With Sweat』に採用されているサウンドの数々は素晴らしい。生々しい喧騒が金色のパイプを転がり落ち、急降下するたびに擦れる。砥石をこすり、刃を研ぐ。この地殻変動は、飛んでくるテープの破片の下で、砲弾でなぎ倒されたピルボックスの中で、最大の衝撃となって襲いかかる。汗が滴り落ち、息が荒くなる。最後の砲撃で納屋は瓦礫と化す。』

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more White Centipede Noise releases available at Tobira.

----------------------

CD in 4-panel digipack. Originally released on cassette by Veil Tapes.

Tracklist:

1                      Endless Tunnel (additional sounds – Magnetic Coroner)
2                      Passing Unnoticed
3                      Dripping With Sweat

Review from Rush Michael Falknor:

"Endless Tunnel has all the proper sonic trademarks of tape musique, there's a strong presence of the organic vs. magnetic here, the field recordings pairing super well with the molasses ooze of the sample whip and pull, drag and yank. The movement & build in each track so far is almost soundtrack-esque, there's a lot of emotion in these recordings, from my perspective there's a heavy sense of longing in these tracks, like a desperate trudge for life outside of the muck, like pushing a wheelbarrow with no wheels through a muddy field. Feels super focused, no moment feels like it's meandering, there's always a purpose & sense of direction. The diversity in the textures is great, loving this dead-yet-still-galloping horse clang & clack that batters along the way. Plenty of proper harsh tape grind & mangle, but none of it ever feels phoned in so as to save from a dull moment, it all falls into place just right, like slowly hiking your way to the top of the falls, rejoicing as we reach the peak, opposed to being blasted awake next to them. This arsenal of sounds employed on Dripping With Sweat is fantastic. Raw clamor & tumble down the golden pipes, scraping as we plummet. Rubbing the whetstone, sharpening the blades. These tectonic shifts hitting with maximum impact beneath the flying tape shrapnel, pillbox riddled with shellfire. dripping with sweat and breathing heavy. black fingernails from the dirt beneath. mummified in unspooled cassette tape and buried in the fields for the grandchildren to find after the thaw of winter. Final barrage leaves barn in rubble."

Artist : Systems

Label : White Centipede Noise

+ -

アメリカ・イリノイのノイズ作家Systemsが、2023年9月にドイツのノイズレーベルWhite Centipede Noiseからリリースした再発CDです。(オリジナルは2022年カセットリリース)

4トラックカセットプレイヤーに直接録音したLo-Fiコラージュ・ノイズ3曲を収録。4面エコパック、シュリンク仕様です。

以下、Rush Michael Falknorによる解説です。

"『Endless Tunnel』には、テープミュージックの適切な音のトレードマークがすべて備わっている。各トラックの動きと構築は、ほとんどサウンドトラックのようで、これらのレコーディングには多くの感情があり、私の視点からは、これらのトラックには重い憧れの感覚がある。超集中感があり、どの瞬間も蛇行しているようには感じられず、常に目的と方向感がある。テクスチャーの多様性は素晴らしく、この枯れたような、それでいて疾走感のある馬の鳴き声やカチャカチャという音は、道すがら耳に残る。苛酷なテープのグラインドやマングルがふんだんに使われているが、退屈な瞬間を避けるためにインチキくさいと感じることはなく、滝の上までゆっくりとハイキングするように、滝の横で爆睡するのとは対照的に、滝の頂上に到達するのを喜ぶように、すべてがちょうどいい場所に収まっている。この『Dripping With Sweat』に採用されているサウンドの数々は素晴らしい。生々しい喧騒が金色のパイプを転がり落ち、急降下するたびに擦れる。砥石をこすり、刃を研ぐ。この地殻変動は、飛んでくるテープの破片の下で、砲弾でなぎ倒されたピルボックスの中で、最大の衝撃となって襲いかかる。汗が滴り落ち、息が荒くなる。最後の砲撃で納屋は瓦礫と化す。』

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more White Centipede Noise releases available at Tobira.

----------------------

CD in 4-panel digipack. Originally released on cassette by Veil Tapes.

Tracklist:

1                      Endless Tunnel (additional sounds – Magnetic Coroner)
2                      Passing Unnoticed
3                      Dripping With Sweat

Review from Rush Michael Falknor:

"Endless Tunnel has all the proper sonic trademarks of tape musique, there's a strong presence of the organic vs. magnetic here, the field recordings pairing super well with the molasses ooze of the sample whip and pull, drag and yank. The movement & build in each track so far is almost soundtrack-esque, there's a lot of emotion in these recordings, from my perspective there's a heavy sense of longing in these tracks, like a desperate trudge for life outside of the muck, like pushing a wheelbarrow with no wheels through a muddy field. Feels super focused, no moment feels like it's meandering, there's always a purpose & sense of direction. The diversity in the textures is great, loving this dead-yet-still-galloping horse clang & clack that batters along the way. Plenty of proper harsh tape grind & mangle, but none of it ever feels phoned in so as to save from a dull moment, it all falls into place just right, like slowly hiking your way to the top of the falls, rejoicing as we reach the peak, opposed to being blasted awake next to them. This arsenal of sounds employed on Dripping With Sweat is fantastic. Raw clamor & tumble down the golden pipes, scraping as we plummet. Rubbing the whetstone, sharpening the blades. These tectonic shifts hitting with maximum impact beneath the flying tape shrapnel, pillbox riddled with shellfire. dripping with sweat and breathing heavy. black fingernails from the dirt beneath. mummified in unspooled cassette tape and buried in the fields for the grandchildren to find after the thaw of winter. Final barrage leaves barn in rubble."

Artist : Systems

Label : White Centipede Noise