• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Sheida Gharachedaghi & Mohammad Reza Aslani // Chess of the Wind LP [BLACK/COLOR]

Sheida Gharachedaghi & Mohammad Reza Aslani // Chess of the Wind LP [BLACK/COLOR]

¥3,880
  • Availability:

一度上映されただけで公開禁止になった1976年イランのクィア・サスペンス映画『Chess of the Wind』のサウンドトラック復刻盤です。

映画のスチール写真や楽譜、インタビューを掲載した8ページのブックレットが付属。

以下、レーベルによる解説です。

"1976年に公開禁止となったイランのクィア・ゴシックホラー映画の傑作『Chess of the Wind』の失われたサウンドトラックが、監督によって復元され、初公開された。気の弱い人はお控えを!

世界映画の傑作、モハマド・レザ・アスラーニ監督の『Chess of the Wind』はイランで上映禁止となり、2014年にアンティークショップで完全なプリントが再発見されるまで、失われたと思われていた。マーティン・スコセッシの映画財団によって修復され、2020年に公開された『Chess of the Wind』は、革命前のイラン映画における最も先見的で大胆な作品のひとつとして、正当な地位を獲得した。

この映画のサウンドトラックは、ペルシャで最も尊敬されている女性作曲家の一人、シーダ・ガーラチャチャギによるもので、ペルシャ古典楽器と西洋音楽院で学んだ無調の不協和音を組み合わせた大胆なものだ。木管楽器、伝統的なペルシャの打楽器、そして古代のシープールホルンの不気味なうめき声が、封建主義と現代性との間のこの映画の戦いを反映している。ある学者が言ったように、それは "オーネット・コールマンがイランの聖堂を訪れた時のような音 "である。

このリリースのために、監督と作曲家は映画研究者のギタ・アスラーニ・シャヘレスタニと共同で、この音楽を再構築し、復元し、アスラーニ/ガーラチャギの別のプロジェクト(まだ未発表)の作品 "Therefore Hangs A Tale "と組み合わせた。その結果、アスラーニが長年の夢であった新しい音の作品、2つのサイドレングスのサウンドコラージュが完成した。この作品は、20世紀初頭から今日の「女性の生命自由運動」まで、イランにおける自由を求める長い戦いをたどりながら、映画のフェミニズムのテーマを語る、読みやすい音の旅である。

ミシシッピは、イランで最も先見の明のある2人のアーティストによる大作をリリースできることを誇りに思う。このリリースには、8ページのフルサイズのライナーノーツと映画のスチール写真、楽曲の翻訳、映画研究家ギタ・アスラーニ・シャヘレスタニによる詳細な歴史が付属する。 "

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Mississippi Records releases available at Tobira. 

-------------------------

12" black vinyl. Comes with 8-page booklet featuring images from the film, interview with Gita Aslani Shahrestani, and lyric translations in Farsi and English

Tracklist:

1. Prelude
2. Dance of the Spirit 02:33
3. The Dream of Death
4. Purgatory
5. The Truth of Death
6. Moribund
7. Awareness of The Dying
8. Darkness Enters
9. The Funeral / Revolt
10. The Illusion of Serenity / Arrest And Detention
11. Golliwog / Masculine Conquest
12. Hope Arises from Despair 01:36
13. Ending Parade

Mississippi Records:

"The lost soundtrack to “Chess of the Wind”, Iran’s banned 1976 queer-gothic-class-horror masterpiece, restored by the director and released for the first time. Not for the faint of heart!

A masterpiece of world cinema, Mohammad Reza Aslani’s “Chess of the Wind” was banned in Iran and thought to be lost until a complete print of the film re-emerged in an antique shop in 2014. Restored by Martin Scorsese’s Film Foundation and released to rapturous reviews in 2020, “Chess of the Wind” has taken its rightful place as one of the most visionary and daring films of pre-revolutionary Iranian cinema.

The film’s soundtrack, by one of the nation’s most revered female composers, Sheida Gharachedaghi, is just as daring - a combination of Persian classical instrumentation and atonal dissonance drawn from her Western conservatory background. Woodwinds, traditional Persian percussion, and the eerie moan of the ancient sheypour horn reflect the film’s battle between feudalism and modernity. As one scholar said, it sounds like “Ornette Coleman visiting a holy shrine in Iran.”

For this release, the director and composer worked with film scholar Gita Aslani Shahrestani to reimagine and restore the music, combining it with work from another (as yet unreleased) Aslani/Gharachedaghi project “Therefore Hangs A Tale.” The result is two side-length sound collages, a new sonic work that Aslani had long dreamt of creating. The work is a legible sonic journey that speaks to the film’s feminist themes, tracing a long battle for freedom in Iran from the early 20th century through today’s Women Life Freedom Movement.

Mississippi is proud to release a major work by two of Iran’s most visionary artists. The release comes with 8 full-size pages of liner notes and stills from the film, including song translations and an in-depth history by film scholar Gita Aslani Shahrestani.
"

Artist : Sheida Gharachedaghi & Mohammad Reza Aslani

Label : Mississippi Records

CAT No : MRI207

一度上映されただけで公開禁止になった1976年イランのクィア・サスペンス映画『Chess of the Wind』のサウンドトラック復刻盤です。

映画のスチール写真や楽譜、インタビューを掲載した8ページのブックレットが付属。

以下、レーベルによる解説です。

"1976年に公開禁止となったイランのクィア・ゴシックホラー映画の傑作『Chess of the Wind』の失われたサウンドトラックが、監督によって復元され、初公開された。気の弱い人はお控えを!

世界映画の傑作、モハマド・レザ・アスラーニ監督の『Chess of the Wind』はイランで上映禁止となり、2014年にアンティークショップで完全なプリントが再発見されるまで、失われたと思われていた。マーティン・スコセッシの映画財団によって修復され、2020年に公開された『Chess of the Wind』は、革命前のイラン映画における最も先見的で大胆な作品のひとつとして、正当な地位を獲得した。

この映画のサウンドトラックは、ペルシャで最も尊敬されている女性作曲家の一人、シーダ・ガーラチャチャギによるもので、ペルシャ古典楽器と西洋音楽院で学んだ無調の不協和音を組み合わせた大胆なものだ。木管楽器、伝統的なペルシャの打楽器、そして古代のシープールホルンの不気味なうめき声が、封建主義と現代性との間のこの映画の戦いを反映している。ある学者が言ったように、それは "オーネット・コールマンがイランの聖堂を訪れた時のような音 "である。

このリリースのために、監督と作曲家は映画研究者のギタ・アスラーニ・シャヘレスタニと共同で、この音楽を再構築し、復元し、アスラーニ/ガーラチャギの別のプロジェクト(まだ未発表)の作品 "Therefore Hangs A Tale "と組み合わせた。その結果、アスラーニが長年の夢であった新しい音の作品、2つのサイドレングスのサウンドコラージュが完成した。この作品は、20世紀初頭から今日の「女性の生命自由運動」まで、イランにおける自由を求める長い戦いをたどりながら、映画のフェミニズムのテーマを語る、読みやすい音の旅である。

ミシシッピは、イランで最も先見の明のある2人のアーティストによる大作をリリースできることを誇りに思う。このリリースには、8ページのフルサイズのライナーノーツと映画のスチール写真、楽曲の翻訳、映画研究家ギタ・アスラーニ・シャヘレスタニによる詳細な歴史が付属する。 "

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Mississippi Records releases available at Tobira. 

-------------------------

12" black vinyl. Comes with 8-page booklet featuring images from the film, interview with Gita Aslani Shahrestani, and lyric translations in Farsi and English

Tracklist:

1. Prelude
2. Dance of the Spirit 02:33
3. The Dream of Death
4. Purgatory
5. The Truth of Death
6. Moribund
7. Awareness of The Dying
8. Darkness Enters
9. The Funeral / Revolt
10. The Illusion of Serenity / Arrest And Detention
11. Golliwog / Masculine Conquest
12. Hope Arises from Despair 01:36
13. Ending Parade

Mississippi Records:

"The lost soundtrack to “Chess of the Wind”, Iran’s banned 1976 queer-gothic-class-horror masterpiece, restored by the director and released for the first time. Not for the faint of heart!

A masterpiece of world cinema, Mohammad Reza Aslani’s “Chess of the Wind” was banned in Iran and thought to be lost until a complete print of the film re-emerged in an antique shop in 2014. Restored by Martin Scorsese’s Film Foundation and released to rapturous reviews in 2020, “Chess of the Wind” has taken its rightful place as one of the most visionary and daring films of pre-revolutionary Iranian cinema.

The film’s soundtrack, by one of the nation’s most revered female composers, Sheida Gharachedaghi, is just as daring - a combination of Persian classical instrumentation and atonal dissonance drawn from her Western conservatory background. Woodwinds, traditional Persian percussion, and the eerie moan of the ancient sheypour horn reflect the film’s battle between feudalism and modernity. As one scholar said, it sounds like “Ornette Coleman visiting a holy shrine in Iran.”

For this release, the director and composer worked with film scholar Gita Aslani Shahrestani to reimagine and restore the music, combining it with work from another (as yet unreleased) Aslani/Gharachedaghi project “Therefore Hangs A Tale.” The result is two side-length sound collages, a new sonic work that Aslani had long dreamt of creating. The work is a legible sonic journey that speaks to the film’s feminist themes, tracing a long battle for freedom in Iran from the early 20th century through today’s Women Life Freedom Movement.

Mississippi is proud to release a major work by two of Iran’s most visionary artists. The release comes with 8 full-size pages of liner notes and stills from the film, including song translations and an in-depth history by film scholar Gita Aslani Shahrestani.
"

Artist : Sheida Gharachedaghi & Mohammad Reza Aslani

Label : Mississippi Records

CAT No : MRI207