• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Point of Memory // Void Pusher 2xLP / TAPE / CD

Point of Memory // Void Pusher 2xLP / TAPE / CD

  • Availability:

アメリカ・ペンシルベニアの実験アンビエント作家Point of Memoryが、2024年1月に同国実験/ノイズレーベルMisanthropic Agendaからリリースしたデビューアルバムです。

コラージュ・アンビエントドローン〜アンビエント・ノイズ9曲を収録。LPはゲートフォルド仕様、ポスター付属。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、作家本人による解説です。

"Point of Memoryのデビューアルバム『Void Pusher』では、個人的な物語から人生のより広範な探求へとシフトしようとした。トラックリストを見直すと、このアルバムは不注意にも最近の人生の出来事を映し出しており、私は部分的に失敗した。とはいえ、個人的な要素を減らし、普遍的な要素を盛り込む努力はした。

ソースは、SANSスタジオで5回、1週間にわたるセッションを1年以上かけて録音した。すべての音はアンプ、PAシステム、またはアコースティックでライブ演奏され、ルームマイクでキャプチャーされた。いくつかのサウンドは自宅で制作され、再生と再増幅によってアンプで再生された。Void Pusher は9ヶ月間、毎朝ミックスされた。

Void Pusherはアコースティック・コンピューターミュージックであり、デジタル・カットアップと生のアンビエント・ノイズをオーガニックに組み合わせている。アコースティック楽器とエレキギターで満たされた部屋に、聴き取りにくい超低周波を流し、震えと響きを共鳴させる。そしてその結果を録音する。響くスネア、調和するドローン、シェイカー、ベル、タンバリンの微妙なガラガラの不協和音。ほとんどの場合、ベースは聞こえず、ベースに対する反応だけが聞こえる。ベースがまったくガラガラと振動を鳴らさないこともある。音源をそのままの周波数でアンプに通し、反応するアコースティック・サウンドとミックスすることで、それぞれの瞬間が独自の物理的論理、動きと結果の感覚を持ち、偶然にもニュートンの運動の第3法則に忠実である。

このプロジェクトの意図は、大がかりな加工を施しているにもかかわらず、人間の温かみと魂を感じさせるアルバムを作ることだった。すべての音源は生録音、またはリアンプで加工され、スタジオで生演奏された後、自宅で編集された。レコーディング・セッションは春、夏、冬、秋に行われ、意図的にカタルシスを求めることなく、幅広いムードをとらえた。その目的は、感情的にオープンでいること、そして過剰な演出を避けることであり、人間のありのままの姿を捉えようとする迷信的な試みであった。個人的な感情の解放を追求するのではなく、人間の経験をより一般的に受け入れ、個々の感情の状態を避けることが目標だった。普遍的な感情や情緒と共鳴する音楽を作ることは、内省的で自己言及的な作品を作るよりも難しいという論理だ。このようにして、アーティストは "作家 "ではなく、人間の状態の伝導者になろうとした。方法と願望の両方において、アーティストは、あるべき姿のアイデアでそれをかき消す危険を冒すのではなく、私たちの内、私たちの間、私たちの周囲ですでに起こっていることに耳を傾けようとする。未知なるもの。
ヴォイド・プッシャーを通して、人間の経験の何かが捉えられることを期待している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Misanthropic Agenda releases available at Tobira. 

-------------------------------

CD in digipack.

Tracklist:

  1. Pro-Dread 09:00
  2. Put in the Past 10:57
  3. Carried by Ravens 04:46
  4. Void Pusher 09:24
  5. Doom's Hand Reaching for Your Moment of Triumph 04:21
  6. Jawline of a City 04:05
  7. Ballad of Myopic Triviality 13:03
  8. Stranger With a Sad Heart 03:34
  9. Most of a Murder 10:29

Point of Memory :

"Void Pusher is acoustic computer music; combining digital cut ups and live ambient noise with raw organic qualities. Inaudible super-bass frequencies pumping through a room filled with acoustic instruments and electric guitars set to quaver and rumble sympathetically. Then record the result; a cacophony of resounding snares, harmonizing drones and the subtle rattle of shakers, bells and tambourines. Most of the time you can't hear the bass, just the reactions to it. Sometimes the bass didn't create any rattle at all. By passing the source sounds through amplifiers at their original frequencies and mixing them with their reactive acoustic counterparts, each moment assumes its own physical logic, a sense of movement and consequence, accidentally adhering to Newton's third law of motion: for each action, there is an equal and opposite reaction.

The intention behind this project was to create an album that, despite undergoing extensive manipulation, emanates a sense of human warmth and soul. All the source sounds were recorded live or processed through reamplification and manipulated live in a studio setting before being edited at home. The recording sessions took place during spring, summer, winter, and fall, capturing a broad spectrum of moods without deliberately seeking catharsis. The aim was to remain emotionally open and avoid excessive direction, in a superstitious attempt to capture something of the human condition writ large. Rather than pursuing personal emotional release, the goal was to embrace the human experience more generally and avoid individual emotional states. The logic is that creating music that resonates with universal feelings and sentiments is more challenging than producing work that is solely introspective and self-referential. In this way, the artist sought to be a conduit of the human condition rather than a "writer." In both method and aspiration, the artist seeks to listen for what is already transpiring within us, between us, around us, rather than risk drowning it out with an idea of what should be.
Unknowable.
It is hoped that through Void Pusher, something of the human
experience has been captured."

Artist : Point of Memory

Label : Misanthropic Agenda

+ -

アメリカ・ペンシルベニアの実験アンビエント作家Point of Memoryが、2024年1月に同国実験/ノイズレーベルMisanthropic Agendaからリリースしたデビューアルバムです。

コラージュ・アンビエントドローン〜アンビエント・ノイズ9曲を収録。LPはゲートフォルド仕様、ポスター付属。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、作家本人による解説です。

"Point of Memoryのデビューアルバム『Void Pusher』では、個人的な物語から人生のより広範な探求へとシフトしようとした。トラックリストを見直すと、このアルバムは不注意にも最近の人生の出来事を映し出しており、私は部分的に失敗した。とはいえ、個人的な要素を減らし、普遍的な要素を盛り込む努力はした。

ソースは、SANSスタジオで5回、1週間にわたるセッションを1年以上かけて録音した。すべての音はアンプ、PAシステム、またはアコースティックでライブ演奏され、ルームマイクでキャプチャーされた。いくつかのサウンドは自宅で制作され、再生と再増幅によってアンプで再生された。Void Pusher は9ヶ月間、毎朝ミックスされた。

Void Pusherはアコースティック・コンピューターミュージックであり、デジタル・カットアップと生のアンビエント・ノイズをオーガニックに組み合わせている。アコースティック楽器とエレキギターで満たされた部屋に、聴き取りにくい超低周波を流し、震えと響きを共鳴させる。そしてその結果を録音する。響くスネア、調和するドローン、シェイカー、ベル、タンバリンの微妙なガラガラの不協和音。ほとんどの場合、ベースは聞こえず、ベースに対する反応だけが聞こえる。ベースがまったくガラガラと振動を鳴らさないこともある。音源をそのままの周波数でアンプに通し、反応するアコースティック・サウンドとミックスすることで、それぞれの瞬間が独自の物理的論理、動きと結果の感覚を持ち、偶然にもニュートンの運動の第3法則に忠実である。

このプロジェクトの意図は、大がかりな加工を施しているにもかかわらず、人間の温かみと魂を感じさせるアルバムを作ることだった。すべての音源は生録音、またはリアンプで加工され、スタジオで生演奏された後、自宅で編集された。レコーディング・セッションは春、夏、冬、秋に行われ、意図的にカタルシスを求めることなく、幅広いムードをとらえた。その目的は、感情的にオープンでいること、そして過剰な演出を避けることであり、人間のありのままの姿を捉えようとする迷信的な試みであった。個人的な感情の解放を追求するのではなく、人間の経験をより一般的に受け入れ、個々の感情の状態を避けることが目標だった。普遍的な感情や情緒と共鳴する音楽を作ることは、内省的で自己言及的な作品を作るよりも難しいという論理だ。このようにして、アーティストは "作家 "ではなく、人間の状態の伝導者になろうとした。方法と願望の両方において、アーティストは、あるべき姿のアイデアでそれをかき消す危険を冒すのではなく、私たちの内、私たちの間、私たちの周囲ですでに起こっていることに耳を傾けようとする。未知なるもの。
ヴォイド・プッシャーを通して、人間の経験の何かが捉えられることを期待している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Misanthropic Agenda releases available at Tobira. 

-------------------------------

CD in digipack.

Tracklist:

  1. Pro-Dread 09:00
  2. Put in the Past 10:57
  3. Carried by Ravens 04:46
  4. Void Pusher 09:24
  5. Doom's Hand Reaching for Your Moment of Triumph 04:21
  6. Jawline of a City 04:05
  7. Ballad of Myopic Triviality 13:03
  8. Stranger With a Sad Heart 03:34
  9. Most of a Murder 10:29

Point of Memory :

"Void Pusher is acoustic computer music; combining digital cut ups and live ambient noise with raw organic qualities. Inaudible super-bass frequencies pumping through a room filled with acoustic instruments and electric guitars set to quaver and rumble sympathetically. Then record the result; a cacophony of resounding snares, harmonizing drones and the subtle rattle of shakers, bells and tambourines. Most of the time you can't hear the bass, just the reactions to it. Sometimes the bass didn't create any rattle at all. By passing the source sounds through amplifiers at their original frequencies and mixing them with their reactive acoustic counterparts, each moment assumes its own physical logic, a sense of movement and consequence, accidentally adhering to Newton's third law of motion: for each action, there is an equal and opposite reaction.

The intention behind this project was to create an album that, despite undergoing extensive manipulation, emanates a sense of human warmth and soul. All the source sounds were recorded live or processed through reamplification and manipulated live in a studio setting before being edited at home. The recording sessions took place during spring, summer, winter, and fall, capturing a broad spectrum of moods without deliberately seeking catharsis. The aim was to remain emotionally open and avoid excessive direction, in a superstitious attempt to capture something of the human condition writ large. Rather than pursuing personal emotional release, the goal was to embrace the human experience more generally and avoid individual emotional states. The logic is that creating music that resonates with universal feelings and sentiments is more challenging than producing work that is solely introspective and self-referential. In this way, the artist sought to be a conduit of the human condition rather than a "writer." In both method and aspiration, the artist seeks to listen for what is already transpiring within us, between us, around us, rather than risk drowning it out with an idea of what should be.
Unknowable.
It is hoped that through Void Pusher, something of the human
experience has been captured."

Artist : Point of Memory

Label : Misanthropic Agenda