• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Philip Samartzis & Eric La Casa // Captured Space TAPE

Philip Samartzis & Eric La Casa // Captured Space TAPE

  • Availability:

オーストラリア・メルボルンのロイヤルメルボルン工科大学教授/音響作家Philip Samartzisとフランス・パリの音響作家Eric La Casaが、2020年にポルトガルの実験レーベルCronicaから100本限定でリリースした共作カセットです。

南アフリカのクルーガー国立公園で録音したフィールドレコーディング約50分を収録。DLコード付属。廃盤です。以下、Philip Samartzisによる解説です。

南アフリカの北東部、南回帰線に挟まれた場所にクルーガー国立公園はあります。ジンバブエ、モザンビークと国境を接し、リンポポ州とムプマランガ州にまたがる長さ約360km、幅65kmの亜熱帯の公園です。野生動物のほか、アカシアやバッファローグラス、モパネ低木、アカシア、バオバブ、マルラなどの植物が多く見られます。公園内には、クロコダイル川、レタバ川、リンポポ川、ルヴフ川、オリファンツ川、サビィ川など、いくつかの川が流れています。広大な原野には、ブッシュキャンプやサファリロッジ、ギフトショップ、レストラン、動植物を観察するための展望台が点在しています。

この『Captured Space』のステレオバージョンは、自然と建築という2つの並行した環境を探求するマルチチャンネルサウンドインスタレーションから生まれたものです。クルーガーの自然界が野生的で獰猛であるのに対し、道路や集落などの構築された世界は歩行者的で、訪問者が日々の生死の戦いから快適かつ安全に過ごせるように設計されています。車から見ると、見慣れたキャラクターで構成された素晴らしい生息環境を目の当たりにすることができます。しかし、どんなに遠くまで移動しても、車という空間的制約や、観光地を囲む高電圧の電気フェンスから容易に逃れることはできない。アフリカの動物が世界中の動物園の主役であるのに対し、クルーガーでは動物が、自衛のために最小限のスペースに閉じ込められたエキゾチックな人々のミックスを警戒しながら守っているのです。

Captured Spaceを構成する音は、Ericと私がレコーディングの機会を求めて園内をのんびりと巡りながら、10日間かけて録音したものです。しかし、公園には厳しい規則があり、私たちの行動が制限されることは予想外でした。私たちの記録プロジェクトは、私たちが閉じ込められている場所と同じくらい、私たちが記録しようとする豊かな生態系に関するものであることがすぐに明らかになったのです。そのため、録音はすべて車の中から、橋の上から、小屋の中から、そして毎晩宿泊する囲いの中から行われました。これらの場所から、音はいつも私たちのいる場所とは別のところから現れているように見えた。常に遠く、視界から隠され、もどかしくとらえどころがありません。Captured Spaceは、奇妙で脅威的な生き物が住む世界へのアクセスを容易にするためのインフラを通して、南アフリカの原野を万華鏡のように体験させてくれます。サウンドスケープが苛烈で、昼は灼熱で、夜は殺伐とした妖しい世界。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Cronica releases available at Tobira. 

--------------------------------

Edition of 100. Includes DL code.

Artist statement by Philip Samartzis :

"Located in the north-east corner of South Africa, bisected by the Tropic of Capricorn, is Kruger National Park. Bordered by Zimbabwe and Mozambique, the subtropical park is approximately 360 kilometres long and 65 kilometres wide, and takes in the provinces of Limpopo and Mpumalanga. Aside from abundant wildlife, the landscape contains assorted vegetation including red and buffalo grass, mopane scrub, and a great number of Acacia, Baobab and Marula trees. Several rivers run through the park including the Crocodile, Letaba, Limpopo, Luvuvhu, Olifants and Sabie. Staggered across the expansive wilderness are bush camps and safari lodges, gift shops and restaurants, and various lookouts to view the flora and fauna.

This stereo version of Captured Space is derived from a multichannel sound installation exploring two parallel environments – the natural and constructed. While the natural world of Kruger is wild and ferocious, the constructed world of roads and settlements is pedestrian, designed to keep visitors comfortable and safe from the daily struggle of life and death. From the vantage point of a car one can witness a remarkable habitat comprising a familiar cast of characters. Yet no matter how far or wide you travel, one cannot easily escape the spatial constraints of the car, or the high voltage electric fence encircling the tourist resort. While African animals are the mainstay of zoos around the world, at Kruger the animals are the vigilant keepers of an exotic mix of people confined to the smallest of spaces for their own self-preservation.

The sounds comprising Captured Space were registered over ten days while Eric and I leisurely toured the park seeking recording opportunities. What we hadn’t anticipated was how limited our movements would become due to the stringent set of rules regulating the park. It quickly became apparent our recording project would be as much about the places we were confined to, as it was about the fecund ecology we sought to register. Therefore, all our recordings were made from inside a vehicle, on bridges and in hides, and within the enclosures where we stayed each night. From these vantage points sound always seemed to appear from somewhere other than where we were. Always at a distance, concealed from view, and frustratingly elusive. Captured Space offers a kaleidoscopic experience of the South African wilderness solely through the infrastructure used to facilitate access to a world inhabited by strange and menacing creatures. A spectral world where the soundscape is caustic, days irradiant, and nights tenebrous."

Artist : Philip Samartzis & Eric La Casa 

Label : Cronica

オーストラリア・メルボルンのロイヤルメルボルン工科大学教授/音響作家Philip Samartzisとフランス・パリの音響作家Eric La Casaが、2020年にポルトガルの実験レーベルCronicaから100本限定でリリースした共作カセットです。

南アフリカのクルーガー国立公園で録音したフィールドレコーディング約50分を収録。DLコード付属。廃盤です。以下、Philip Samartzisによる解説です。

南アフリカの北東部、南回帰線に挟まれた場所にクルーガー国立公園はあります。ジンバブエ、モザンビークと国境を接し、リンポポ州とムプマランガ州にまたがる長さ約360km、幅65kmの亜熱帯の公園です。野生動物のほか、アカシアやバッファローグラス、モパネ低木、アカシア、バオバブ、マルラなどの植物が多く見られます。公園内には、クロコダイル川、レタバ川、リンポポ川、ルヴフ川、オリファンツ川、サビィ川など、いくつかの川が流れています。広大な原野には、ブッシュキャンプやサファリロッジ、ギフトショップ、レストラン、動植物を観察するための展望台が点在しています。

この『Captured Space』のステレオバージョンは、自然と建築という2つの並行した環境を探求するマルチチャンネルサウンドインスタレーションから生まれたものです。クルーガーの自然界が野生的で獰猛であるのに対し、道路や集落などの構築された世界は歩行者的で、訪問者が日々の生死の戦いから快適かつ安全に過ごせるように設計されています。車から見ると、見慣れたキャラクターで構成された素晴らしい生息環境を目の当たりにすることができます。しかし、どんなに遠くまで移動しても、車という空間的制約や、観光地を囲む高電圧の電気フェンスから容易に逃れることはできない。アフリカの動物が世界中の動物園の主役であるのに対し、クルーガーでは動物が、自衛のために最小限のスペースに閉じ込められたエキゾチックな人々のミックスを警戒しながら守っているのです。

Captured Spaceを構成する音は、Ericと私がレコーディングの機会を求めて園内をのんびりと巡りながら、10日間かけて録音したものです。しかし、公園には厳しい規則があり、私たちの行動が制限されることは予想外でした。私たちの記録プロジェクトは、私たちが閉じ込められている場所と同じくらい、私たちが記録しようとする豊かな生態系に関するものであることがすぐに明らかになったのです。そのため、録音はすべて車の中から、橋の上から、小屋の中から、そして毎晩宿泊する囲いの中から行われました。これらの場所から、音はいつも私たちのいる場所とは別のところから現れているように見えた。常に遠く、視界から隠され、もどかしくとらえどころがありません。Captured Spaceは、奇妙で脅威的な生き物が住む世界へのアクセスを容易にするためのインフラを通して、南アフリカの原野を万華鏡のように体験させてくれます。サウンドスケープが苛烈で、昼は灼熱で、夜は殺伐とした妖しい世界。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Cronica releases available at Tobira. 

--------------------------------

Edition of 100. Includes DL code.

Artist statement by Philip Samartzis :

"Located in the north-east corner of South Africa, bisected by the Tropic of Capricorn, is Kruger National Park. Bordered by Zimbabwe and Mozambique, the subtropical park is approximately 360 kilometres long and 65 kilometres wide, and takes in the provinces of Limpopo and Mpumalanga. Aside from abundant wildlife, the landscape contains assorted vegetation including red and buffalo grass, mopane scrub, and a great number of Acacia, Baobab and Marula trees. Several rivers run through the park including the Crocodile, Letaba, Limpopo, Luvuvhu, Olifants and Sabie. Staggered across the expansive wilderness are bush camps and safari lodges, gift shops and restaurants, and various lookouts to view the flora and fauna.

This stereo version of Captured Space is derived from a multichannel sound installation exploring two parallel environments – the natural and constructed. While the natural world of Kruger is wild and ferocious, the constructed world of roads and settlements is pedestrian, designed to keep visitors comfortable and safe from the daily struggle of life and death. From the vantage point of a car one can witness a remarkable habitat comprising a familiar cast of characters. Yet no matter how far or wide you travel, one cannot easily escape the spatial constraints of the car, or the high voltage electric fence encircling the tourist resort. While African animals are the mainstay of zoos around the world, at Kruger the animals are the vigilant keepers of an exotic mix of people confined to the smallest of spaces for their own self-preservation.

The sounds comprising Captured Space were registered over ten days while Eric and I leisurely toured the park seeking recording opportunities. What we hadn’t anticipated was how limited our movements would become due to the stringent set of rules regulating the park. It quickly became apparent our recording project would be as much about the places we were confined to, as it was about the fecund ecology we sought to register. Therefore, all our recordings were made from inside a vehicle, on bridges and in hides, and within the enclosures where we stayed each night. From these vantage points sound always seemed to appear from somewhere other than where we were. Always at a distance, concealed from view, and frustratingly elusive. Captured Space offers a kaleidoscopic experience of the South African wilderness solely through the infrastructure used to facilitate access to a world inhabited by strange and menacing creatures. A spectral world where the soundscape is caustic, days irradiant, and nights tenebrous."

Artist : Philip Samartzis & Eric La Casa 

Label : Cronica