• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Pat Matshikiza // Sikiza Matshikiza LP

Pat Matshikiza // Sikiza Matshikiza LP

  • Availability:

南アフリカジャズシーンの重要人物Pat Matshikizaが、1976年にリリースしたレコードの再発盤です。

以下、レーベルによる解説です。

"1938年に南アフリカ東ケープ州のクイーンズタウンで生まれたPat Matshikizaは、音楽一家に育った。叔父のトッド・マトシキザは1950年代にドラム雑誌のジャズ・コラムニストとして活躍し、1958年にロンドンのウエストエンドで上演され、歌手マリアム・マケバのキャリアをスタートさせた黒人ミュージカル『キング・コング』の音楽を作曲した。Patはケイスカマホークにある歴史あるミッションスクール、セント・マシューズで教育を受け、そこでオルガンを演奏し、教師の免状を得て卒業した。彼は1962年にヨハネスブルグに移住し、ユニオン・アーティストとアフリカ音楽演劇協会の本部であるドーケイ・ハウスを中心としたプロの黒人音楽家のコミュニティに加わった。Pat Matshikizaはここで、尊敬するサックス奏者マッケイ・ダバシェが率いるビッグバンド、ジャズ・ダズラーズのピアニストとして加入した。Pat Matshikizaはその後、1964年のキャッスル・ラガー・ジャズ・フェスティバルでマロンボ・ジャズ・マンと優勝を分け合ったグループ、アーリー・マブーザ・カルテットに参加した。

1970年代にAs-Shams/The Sunレーベルでレコーディングを行ったPat Matshikiza、1975年にサックスの巨人キッピー・モエケッツィとのコラボレーション・アルバムTshona! このアルバムに続いて1976年、モエケッツィがフィーチャリング・アーティストとして参加したパットのソロ・デビュー作『Sikiza Matshikza』がリリースされた。このアルバムのメンバーは、1977年にSpirits Rejoiceとなるグループの初期のもので、テナー・サックスにデューク・マカシ、トランペットにジョージ・タイフマニ、ベースにシフォ・グメデ、ドラムにギルバート・マシューズ、ギターにサンディレ・シャンゲ(このアルバムのジャケット写真でPat Matshikizaと並んで写っている)を迎えている。

1980年代、Pat Matshikizaはホテル・サーキットの専属ピアニストとしてより安定した収入を得るため、ジャズ・シーンから身を引いた。2000年代にジャズ・キャリアを復活させ、ヨハネスブルグのクラブで演奏し、ライヴアルバム『Originals』(2004年)と回顧アルバム『Seasons, Masks and Keys』(2005年)をリリースした。2011年に脳卒中を発症して引退し、2014年に亡くなるまで健康状態は悪化の一途をたどっていた。Pat Matshikizaの70年代半ばの録音は、彼のキャリアの絶頂期を示すものであり、レコードによる南アフリカ・ジャズの歴史において不可欠な資料である。これらのリイシューによって、彼の芸術的遺産が注目され、世界中のジャズ愛好家と彼の作品を共有できることを願っている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more We Are Busy Bodies releases available at Tobira.

----------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 700.

We Are Busy Bodies:

" Born in Queenstown in South Africa's Eastern Cape province in 1938, Patrick Vuyo Matshikiza was raised in a musical family. His uncle Todd Matshikiza was a jazz columnist for Drum Magazine in the 1950s and composed the music for King Kong - the all-black musical from 1958 that played in London's West End and launched the career of singer Mariam Makeba. Pat was educated at St. Mathews, an historic mission school in Keiskammahoek, where he played organ and graduated with a teacher's diploma. He migrated to Johannesburg in 1962 and joined the community of professional black musicians that orbited Dorkay House, headquarters of Union Artists and the African Music and Drama Association. It was here that Matshikiza was enlisted as a pianist for the Jazz Dazzlers, a big band led by esteemed saxophonist Mackay Davashe. Matshikiza would then go on to join the Early Mabuza Quartet, a group that shared first prize with the Malombo Jazz Man at the Castle Lager Jazz Festival in 1964.

Recording for the As-Shams/The Sun label in the 1970s, Pat Matshikiza released the collaborative album Tshona! with sax giant Kippie Moeketsi in 1975. The album was followed in 1976 by Sikiza Matshikza, Pat's solo debut with Moeketsi appearing as a featured artist. The personnel on the album were an early iteration of the group that would become Spirits Rejoice in 1977, with Duke Makasi on tenor sax, George Tyefumani on trumpet, Sipho Gumede on bass, Gilbert Mathews on drums and Sandile Shange (who appears alongside Matshikiza and Moeketsi on the album's cover photo) on guitar.

In the 1980s, Matshikiza withdrew from the jazz scene to pursue a more stable income as a resident pianist on the hotel circuit. He resurrected his jazz career in the 2000s, performing in Johannesburg clubs and releasing the live album Originals (2004) and retrospective album Seasons, Masks and Keys (2005). He retired in 2011 after suffering a stroke and his health steadily declined until his death in 2014. Pat Matshikiza's mid-70s recordings mark a high point in his career and are essential documents in the history of South African jazz on vinyl. With these reissues, we hope to bring his artistic legacy to prominence and share his work with lovers of jazz around the world.
 "

Artist : Pat Matshikiza

Label : We Are Busy Bodies

+ -

南アフリカジャズシーンの重要人物Pat Matshikizaが、1976年にリリースしたレコードの再発盤です。

以下、レーベルによる解説です。

"1938年に南アフリカ東ケープ州のクイーンズタウンで生まれたPat Matshikizaは、音楽一家に育った。叔父のトッド・マトシキザは1950年代にドラム雑誌のジャズ・コラムニストとして活躍し、1958年にロンドンのウエストエンドで上演され、歌手マリアム・マケバのキャリアをスタートさせた黒人ミュージカル『キング・コング』の音楽を作曲した。Patはケイスカマホークにある歴史あるミッションスクール、セント・マシューズで教育を受け、そこでオルガンを演奏し、教師の免状を得て卒業した。彼は1962年にヨハネスブルグに移住し、ユニオン・アーティストとアフリカ音楽演劇協会の本部であるドーケイ・ハウスを中心としたプロの黒人音楽家のコミュニティに加わった。Pat Matshikizaはここで、尊敬するサックス奏者マッケイ・ダバシェが率いるビッグバンド、ジャズ・ダズラーズのピアニストとして加入した。Pat Matshikizaはその後、1964年のキャッスル・ラガー・ジャズ・フェスティバルでマロンボ・ジャズ・マンと優勝を分け合ったグループ、アーリー・マブーザ・カルテットに参加した。

1970年代にAs-Shams/The Sunレーベルでレコーディングを行ったPat Matshikiza、1975年にサックスの巨人キッピー・モエケッツィとのコラボレーション・アルバムTshona! このアルバムに続いて1976年、モエケッツィがフィーチャリング・アーティストとして参加したパットのソロ・デビュー作『Sikiza Matshikza』がリリースされた。このアルバムのメンバーは、1977年にSpirits Rejoiceとなるグループの初期のもので、テナー・サックスにデューク・マカシ、トランペットにジョージ・タイフマニ、ベースにシフォ・グメデ、ドラムにギルバート・マシューズ、ギターにサンディレ・シャンゲ(このアルバムのジャケット写真でPat Matshikizaと並んで写っている)を迎えている。

1980年代、Pat Matshikizaはホテル・サーキットの専属ピアニストとしてより安定した収入を得るため、ジャズ・シーンから身を引いた。2000年代にジャズ・キャリアを復活させ、ヨハネスブルグのクラブで演奏し、ライヴアルバム『Originals』(2004年)と回顧アルバム『Seasons, Masks and Keys』(2005年)をリリースした。2011年に脳卒中を発症して引退し、2014年に亡くなるまで健康状態は悪化の一途をたどっていた。Pat Matshikizaの70年代半ばの録音は、彼のキャリアの絶頂期を示すものであり、レコードによる南アフリカ・ジャズの歴史において不可欠な資料である。これらのリイシューによって、彼の芸術的遺産が注目され、世界中のジャズ愛好家と彼の作品を共有できることを願っている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more We Are Busy Bodies releases available at Tobira.

----------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 700.

We Are Busy Bodies:

" Born in Queenstown in South Africa's Eastern Cape province in 1938, Patrick Vuyo Matshikiza was raised in a musical family. His uncle Todd Matshikiza was a jazz columnist for Drum Magazine in the 1950s and composed the music for King Kong - the all-black musical from 1958 that played in London's West End and launched the career of singer Mariam Makeba. Pat was educated at St. Mathews, an historic mission school in Keiskammahoek, where he played organ and graduated with a teacher's diploma. He migrated to Johannesburg in 1962 and joined the community of professional black musicians that orbited Dorkay House, headquarters of Union Artists and the African Music and Drama Association. It was here that Matshikiza was enlisted as a pianist for the Jazz Dazzlers, a big band led by esteemed saxophonist Mackay Davashe. Matshikiza would then go on to join the Early Mabuza Quartet, a group that shared first prize with the Malombo Jazz Man at the Castle Lager Jazz Festival in 1964.

Recording for the As-Shams/The Sun label in the 1970s, Pat Matshikiza released the collaborative album Tshona! with sax giant Kippie Moeketsi in 1975. The album was followed in 1976 by Sikiza Matshikza, Pat's solo debut with Moeketsi appearing as a featured artist. The personnel on the album were an early iteration of the group that would become Spirits Rejoice in 1977, with Duke Makasi on tenor sax, George Tyefumani on trumpet, Sipho Gumede on bass, Gilbert Mathews on drums and Sandile Shange (who appears alongside Matshikiza and Moeketsi on the album's cover photo) on guitar.

In the 1980s, Matshikiza withdrew from the jazz scene to pursue a more stable income as a resident pianist on the hotel circuit. He resurrected his jazz career in the 2000s, performing in Johannesburg clubs and releasing the live album Originals (2004) and retrospective album Seasons, Masks and Keys (2005). He retired in 2011 after suffering a stroke and his health steadily declined until his death in 2014. Pat Matshikiza's mid-70s recordings mark a high point in his career and are essential documents in the history of South African jazz on vinyl. With these reissues, we hope to bring his artistic legacy to prominence and share his work with lovers of jazz around the world.
 "

Artist : Pat Matshikiza

Label : We Are Busy Bodies