• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Panoram // Great Times LP

Panoram // Great Times LP

¥3,995
  • Availability:

アメリカ・NYのアンビエント作家Panoramが、2024年5月にスペインのIDMレーベルLapusus傘下Balmatからリリースしたレコードです。

シンセによるエレクトロニック・ポストニューエイジアンビエント16曲を収録。

※デジタル音源を無料でお送りいたしますのでお気軽にご連絡くださいませ

以下、レーベルによる解説です。

"Panoramは、白昼夢のサウンドトラックを制作している。午後の昼寝の時間、隅で静かにテレビをつけていると、開け放たれた窓から会話の断片が入ってくる。彷徨い、中途半端な思考が予期せぬ回り道をする。いつの間にか、閉じたまぶたの向こうで、色鮮やかで見慣れない登場人物の映画が上映されている。偶発的なリズム、偶発的なメロディー、人生の模倣、暗号のメッセージ。

16曲の断片的なスケッチのようなトラックで、Panoramは迷宮のような道を切り開く。息の長いヴォックスパッド、フェイクギター、デチューンされたシンセ、破裂するフルートとオーケストラルパーカッション、そして時折生意気なアニメのサンプルまでが織り成すファンタジーの世界。冷ややかなエッジを持つチルアウトミュージックであり、ダークな皮肉が効いたアンビエントだ。(この『Great Times』というタイトルが、健全な懐疑心を持って受け取られるべきものであることは、あなたが選ぶニュースアウトレットをちょっと見ただけで十分確認できるはずだ)。

Panoramは10年以上前から自身の別名義で音楽を制作しており、Firecracker、Running Back、そして自身のWandering Eyeといったレーベルからアルバムをリリースしている。(また、エイメン・デューンズとの共演やレコーディングも行っており、エイメン・デューンズの近日発売のサブポップアルバム『Death Jokes』にも共同プロデュースとして参加している)。Panoramの作品は、アブストラクト・ポップ、クラシック、ライブラリーミュージックへのひねりの効いたアプローチ、サイボーグ・ファンクなど多岐にわたる。2021年に発表されたアルバム『Pianosequenza Vol.1』では、ヤマハのディスクラヴィアによる実験が収録されている。しかし、この『Great Times』は、これまで一筋縄ではいかなかったプロジェクトの真実の姿を描き出している。

Panoramは個人的な生活について詳細を語ることを嫌い、その代わりに音楽に語らせ、暗号のようなトラックを使って、不安、注意散漫、そして最も儚い恵みの痕跡が混ざり合ったところに根付く思考といった、最も滑りやすい種類のアイデアを表現している。Panoramのアプローチは、没入感と高揚感を強調する現代のアンビエントの正統派とは一線を画している。『Great Times』は、もっととげとげしく、翻訳するのが難しく、しかし、より魅力的なものを表現している。その16曲は、迷子になるチャンスを提供し、好きなだけ迷路に留まるよう誘う。 "

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Lapsus / Balmat releases available at Tobira. 

--------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl.

Trackilst:

1. The Shapes We Are 03:35
2. Limbo 02:41
3. Pierre 03:37
4. Cameos 04:41
5. Obsolete Child 01:36
6. Born Today 02:07
7. It's Me Being You 03:52
8. The Parable 01:40
9. Dishappening 03:15
10. Mudding 01:26
11. Brutal Meditation 02:13
12. Smiles in a Row 02:54
13. Peachflame 02:44
14. Middle Class Love (Blood Tests) 02:51
15. Veroin 03:56
16. A Brick in Your Fantasy 01:52

Balmat:

"Panoram makes soundtracks for daydreams gone sideways. Picture the scene: an afternoon nap with the television on, quietly, in the corner; snatches of conversation drift in through the open window. Wandering, half-formed thoughts take unexpected detours; before you know it, there’s a movie playing out against closed lids, the colors bright, the characters unfamiliar. Accidental rhythms, incidental melodies, imitations of life, messages in code.

Across 17 fragmentary, sketch-like tracks, Panoram carves a labyrinthine path in which nothing is what it seems: a fantasy world of breathy vox pads, faux guitar, detuned synths, bursts of flute and orchestral percussion, and even the occasional cheeky cartoon sample. It’s chillout music with a chilly edge, ambient with a darkly ironic undertone. (The briefest glance at your news outlet of choice should be enough to confirm that the title—Great Times—ought to be taken with a healthy dose of skepticism.)

Panoram has been making music under his principal alias for more than a decade now, releasing albums on labels like Firecracker, Running Back, and his own Wandering Eye. (He has also performed and recorded with Amen Dunes, and has co-production credits on Amen Dunes’ forthcoming Sub Pop album Death Jokes.) Panoram’s output has ranged widely, taking in abstract pop, classical composition, twisted takes on library music, and cyborg funk. One record of “bio-acoustic transmissions” came with a cannabis leaf pressed in clear wax; his 2021 album Pianosequenza Vol. 1 gathers his experiments on the Yamaha Disklavier. But Great Times offers the truest picture yet of a project that has never been easy to pin down.

Loath to overshare details about his personal life, Panoram instead lets the music do the talking, using his cryptic tracks to express the slipperiest sorts of ideas—the thoughts that take root where anxiety, distraction, and the most fleeting traces of grace commingle. Panoram’s approach flies in the face of contemporary ambient orthodoxy, with its emphasis on immersion and uplift. Great Times expresses something thornier, more difficult to translate, yet also more tantalizing to contend with. Its 17 tracks offer a chance to get lost—and an invitation to remain in the maze as long as you like.
"

Artist : Panoram

Label : Balmat

CAT No : BALMAT10

+ -

アメリカ・NYのアンビエント作家Panoramが、2024年5月にスペインのIDMレーベルLapusus傘下Balmatからリリースしたレコードです。

シンセによるエレクトロニック・ポストニューエイジアンビエント16曲を収録。

※デジタル音源を無料でお送りいたしますのでお気軽にご連絡くださいませ

以下、レーベルによる解説です。

"Panoramは、白昼夢のサウンドトラックを制作している。午後の昼寝の時間、隅で静かにテレビをつけていると、開け放たれた窓から会話の断片が入ってくる。彷徨い、中途半端な思考が予期せぬ回り道をする。いつの間にか、閉じたまぶたの向こうで、色鮮やかで見慣れない登場人物の映画が上映されている。偶発的なリズム、偶発的なメロディー、人生の模倣、暗号のメッセージ。

16曲の断片的なスケッチのようなトラックで、Panoramは迷宮のような道を切り開く。息の長いヴォックスパッド、フェイクギター、デチューンされたシンセ、破裂するフルートとオーケストラルパーカッション、そして時折生意気なアニメのサンプルまでが織り成すファンタジーの世界。冷ややかなエッジを持つチルアウトミュージックであり、ダークな皮肉が効いたアンビエントだ。(この『Great Times』というタイトルが、健全な懐疑心を持って受け取られるべきものであることは、あなたが選ぶニュースアウトレットをちょっと見ただけで十分確認できるはずだ)。

Panoramは10年以上前から自身の別名義で音楽を制作しており、Firecracker、Running Back、そして自身のWandering Eyeといったレーベルからアルバムをリリースしている。(また、エイメン・デューンズとの共演やレコーディングも行っており、エイメン・デューンズの近日発売のサブポップアルバム『Death Jokes』にも共同プロデュースとして参加している)。Panoramの作品は、アブストラクト・ポップ、クラシック、ライブラリーミュージックへのひねりの効いたアプローチ、サイボーグ・ファンクなど多岐にわたる。2021年に発表されたアルバム『Pianosequenza Vol.1』では、ヤマハのディスクラヴィアによる実験が収録されている。しかし、この『Great Times』は、これまで一筋縄ではいかなかったプロジェクトの真実の姿を描き出している。

Panoramは個人的な生活について詳細を語ることを嫌い、その代わりに音楽に語らせ、暗号のようなトラックを使って、不安、注意散漫、そして最も儚い恵みの痕跡が混ざり合ったところに根付く思考といった、最も滑りやすい種類のアイデアを表現している。Panoramのアプローチは、没入感と高揚感を強調する現代のアンビエントの正統派とは一線を画している。『Great Times』は、もっととげとげしく、翻訳するのが難しく、しかし、より魅力的なものを表現している。その16曲は、迷子になるチャンスを提供し、好きなだけ迷路に留まるよう誘う。 "

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Lapsus / Balmat releases available at Tobira. 

--------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl.

Trackilst:

1. The Shapes We Are 03:35
2. Limbo 02:41
3. Pierre 03:37
4. Cameos 04:41
5. Obsolete Child 01:36
6. Born Today 02:07
7. It's Me Being You 03:52
8. The Parable 01:40
9. Dishappening 03:15
10. Mudding 01:26
11. Brutal Meditation 02:13
12. Smiles in a Row 02:54
13. Peachflame 02:44
14. Middle Class Love (Blood Tests) 02:51
15. Veroin 03:56
16. A Brick in Your Fantasy 01:52

Balmat:

"Panoram makes soundtracks for daydreams gone sideways. Picture the scene: an afternoon nap with the television on, quietly, in the corner; snatches of conversation drift in through the open window. Wandering, half-formed thoughts take unexpected detours; before you know it, there’s a movie playing out against closed lids, the colors bright, the characters unfamiliar. Accidental rhythms, incidental melodies, imitations of life, messages in code.

Across 17 fragmentary, sketch-like tracks, Panoram carves a labyrinthine path in which nothing is what it seems: a fantasy world of breathy vox pads, faux guitar, detuned synths, bursts of flute and orchestral percussion, and even the occasional cheeky cartoon sample. It’s chillout music with a chilly edge, ambient with a darkly ironic undertone. (The briefest glance at your news outlet of choice should be enough to confirm that the title—Great Times—ought to be taken with a healthy dose of skepticism.)

Panoram has been making music under his principal alias for more than a decade now, releasing albums on labels like Firecracker, Running Back, and his own Wandering Eye. (He has also performed and recorded with Amen Dunes, and has co-production credits on Amen Dunes’ forthcoming Sub Pop album Death Jokes.) Panoram’s output has ranged widely, taking in abstract pop, classical composition, twisted takes on library music, and cyborg funk. One record of “bio-acoustic transmissions” came with a cannabis leaf pressed in clear wax; his 2021 album Pianosequenza Vol. 1 gathers his experiments on the Yamaha Disklavier. But Great Times offers the truest picture yet of a project that has never been easy to pin down.

Loath to overshare details about his personal life, Panoram instead lets the music do the talking, using his cryptic tracks to express the slipperiest sorts of ideas—the thoughts that take root where anxiety, distraction, and the most fleeting traces of grace commingle. Panoram’s approach flies in the face of contemporary ambient orthodoxy, with its emphasis on immersion and uplift. Great Times expresses something thornier, more difficult to translate, yet also more tantalizing to contend with. Its 17 tracks offer a chance to get lost—and an invitation to remain in the maze as long as you like.
"

Artist : Panoram

Label : Balmat

CAT No : BALMAT10