• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Oleksandr Demianenko // In Memory Of... TAPE

Oleksandr Demianenko // In Memory Of... TAPE

¥2,430
  • Availability:

ウクライナのアンビエント作家Oleksandr Demianenkoが、2022年7月にアメリカの実験レーベルenmossedとPsychic Liberationダブルネームでリリースしたカセットです。

Andrei Tarkovsky監督の代表作「ノスタルジア」にも出演したロシアの民謡歌手Olga Fedoseevna Sergeevaに捧げた作品です。DLコード付属。廃盤です。

以下、レーベルによる解説です。

2022年2月のロシアによるウクライナ侵攻前に録音された Oleksandr Demianenkoの『 In Memory Of』は、戦争によって芸術、文化、ルーツをすべて消滅させようとしている時に、それらを守ることの重要性について考察するためのカセットであると言えるでしょう。1983年に公開された Andrei Tarkovsky監督作品『ノスタルジア』に登場する民謡歌手、Olga Fedoseevna Sergeeva(1922-2002)の思い出に捧げられた作品です。Demianenkoは、彼女の村で録音したフィールドレコーディングから抜粋したSergeevaの歌声を、シンセサイザーとペダルのレイヤーに浸しています。その結果、伝統的な民族音楽と現代的なアンビエントの世界を橋渡しし、 Sergeevaの精神を過去から激動の現代に呼び起こすような聴覚体験ができます。 Demianenkoが最初の録音のみを使用したという事実は、この印象的な音楽の中にすでに埋め込まれている生きた存在感を一層強めています。

同時に、『 In Memory Of』は彼にとって非常にパーソナルな側面を含んでいます。「子供の頃、私は故郷で多くの時間を過ごしました。祖母やその友人たちが歌う民謡をよく耳にしました。「私にとってこの音楽は、ウクライナの森にある故郷の村での子供時代や青春時代の思い出でもあるのです」。というわけで、この曲は確かに前述のような厳かな雰囲気を醸し出しているが、同時に優しく牧歌的で、故郷と Demianenkoのウクライナへの愛情を思い出させてくれるものでもあります。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Enmossed releases available at Tobira.

-----------------------------

Edition of 125. Includes DL code.

Enmossed:

"Though recorded before the Russian invasion of Ukraine in February of 2022, Oleksandr Demianenko’s 𝐼𝑛 𝑀𝑒𝑚𝑜𝑟𝑦 𝑂𝑓... cassette very much serves as a meditation on the importance of preserving art, culture and roots at a time when war threatens to erase all of them. Dedicated to the memory of the late Olga Fedoseevna Sergeeva (1922-2002), a folk artist whose voice is featured in legendary director Andrei Tarkovsky’s 1983 film 𝑁𝑜𝑠𝑡𝑎𝑙𝑔ℎ𝑖𝑎, Demianenko immerses tape-looped snippets of Sergeeva’s singing - culled from field recordings made in her village - in layers of synthesizers and pedals. The result is an invocational auditory experience that, bridging the worlds of traditional folk music and modern ambient, coaxes Sergeeva’s spirit out of the past and into our tumultuous present. The fact that Demianenko used first-takes exclusively only intensifies the living presence already embedded in this striking music.

At the same time, 𝐼𝑛 𝑀𝑒𝑚𝑜𝑟𝑦 𝑂𝑓... contains deeply personal dimensions for Demianenko. “As a child, I spent a lot of time in my homeland. I often heard the folk singing of my grandmother and her friends,” he says. “To me, [this music] is also a fond memory of my childhood and adolescence in my native village in the forests of Ukraine.” So while the pieces certainly exude the aforementioned somberness, they’re also gently pastoral and heartening reminders of a homeland and Demianenko’s love for Ukraine.

---

In addition to composing music, Oleksandr Demianenko - currently residing in Tbilisi, Georgia - is a prolific photographer and painter. To date, he has recorded for a handful of labels, including his own Giraffe Tapes imprint. As for those who may wish to research the legacy of Sergeeva more deeply, her beautifully mesmerizing folk songs are collected on a string of albums and anthologies, many of them dating back to the ’70s.'

Artist : Oleksandr Demianenko

Label : Enmossed x Psychic Liberation

ウクライナのアンビエント作家Oleksandr Demianenkoが、2022年7月にアメリカの実験レーベルenmossedとPsychic Liberationダブルネームでリリースしたカセットです。

Andrei Tarkovsky監督の代表作「ノスタルジア」にも出演したロシアの民謡歌手Olga Fedoseevna Sergeevaに捧げた作品です。DLコード付属。廃盤です。

以下、レーベルによる解説です。

2022年2月のロシアによるウクライナ侵攻前に録音された Oleksandr Demianenkoの『 In Memory Of』は、戦争によって芸術、文化、ルーツをすべて消滅させようとしている時に、それらを守ることの重要性について考察するためのカセットであると言えるでしょう。1983年に公開された Andrei Tarkovsky監督作品『ノスタルジア』に登場する民謡歌手、Olga Fedoseevna Sergeeva(1922-2002)の思い出に捧げられた作品です。Demianenkoは、彼女の村で録音したフィールドレコーディングから抜粋したSergeevaの歌声を、シンセサイザーとペダルのレイヤーに浸しています。その結果、伝統的な民族音楽と現代的なアンビエントの世界を橋渡しし、 Sergeevaの精神を過去から激動の現代に呼び起こすような聴覚体験ができます。 Demianenkoが最初の録音のみを使用したという事実は、この印象的な音楽の中にすでに埋め込まれている生きた存在感を一層強めています。

同時に、『 In Memory Of』は彼にとって非常にパーソナルな側面を含んでいます。「子供の頃、私は故郷で多くの時間を過ごしました。祖母やその友人たちが歌う民謡をよく耳にしました。「私にとってこの音楽は、ウクライナの森にある故郷の村での子供時代や青春時代の思い出でもあるのです」。というわけで、この曲は確かに前述のような厳かな雰囲気を醸し出しているが、同時に優しく牧歌的で、故郷と Demianenkoのウクライナへの愛情を思い出させてくれるものでもあります。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Enmossed releases available at Tobira.

-----------------------------

Edition of 125. Includes DL code.

Enmossed:

"Though recorded before the Russian invasion of Ukraine in February of 2022, Oleksandr Demianenko’s 𝐼𝑛 𝑀𝑒𝑚𝑜𝑟𝑦 𝑂𝑓... cassette very much serves as a meditation on the importance of preserving art, culture and roots at a time when war threatens to erase all of them. Dedicated to the memory of the late Olga Fedoseevna Sergeeva (1922-2002), a folk artist whose voice is featured in legendary director Andrei Tarkovsky’s 1983 film 𝑁𝑜𝑠𝑡𝑎𝑙𝑔ℎ𝑖𝑎, Demianenko immerses tape-looped snippets of Sergeeva’s singing - culled from field recordings made in her village - in layers of synthesizers and pedals. The result is an invocational auditory experience that, bridging the worlds of traditional folk music and modern ambient, coaxes Sergeeva’s spirit out of the past and into our tumultuous present. The fact that Demianenko used first-takes exclusively only intensifies the living presence already embedded in this striking music.

At the same time, 𝐼𝑛 𝑀𝑒𝑚𝑜𝑟𝑦 𝑂𝑓... contains deeply personal dimensions for Demianenko. “As a child, I spent a lot of time in my homeland. I often heard the folk singing of my grandmother and her friends,” he says. “To me, [this music] is also a fond memory of my childhood and adolescence in my native village in the forests of Ukraine.” So while the pieces certainly exude the aforementioned somberness, they’re also gently pastoral and heartening reminders of a homeland and Demianenko’s love for Ukraine.

---

In addition to composing music, Oleksandr Demianenko - currently residing in Tbilisi, Georgia - is a prolific photographer and painter. To date, he has recorded for a handful of labels, including his own Giraffe Tapes imprint. As for those who may wish to research the legacy of Sergeeva more deeply, her beautifully mesmerizing folk songs are collected on a string of albums and anthologies, many of them dating back to the ’70s.'

Artist : Oleksandr Demianenko

Label : Enmossed x Psychic Liberation