• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Noel Meek & Mattin // Homage to Annea Lockwood BOOK+CD

Noel Meek & Mattin // Homage to Annea Lockwood BOOK+CD

  • Availability:

ニュージーランドのNoel MeekとスペインのMattin実験音楽家2名が、2023年9月にアメリカ・LAの実験レーベルRecitalからリリースした本+CDです。

両者が敬愛する作曲家Annea Lockwoodへのオマージュとして制作したコラージュ4曲を収録。Anneaに行ったインタビューを素材としたスポークンワード〜コラージュ・ドローン4曲を収録。60ページの本にはインタビューの全内容(本作の場合はスコア)とAnneaの写真資料、Anneaによるあとがきが掲載されています。

以下、レーベルによる解説です。

"Recitalは、ニュージーランド生まれのアメリカ人作曲家Annea Lockwood(1939年生まれ)へのオマージュを本とCDで紹介する。このアルバムのユニークなコンセプトは、それぞれAnnea Lockwoodへの深い敬愛を共有するアーティスト、Noel Meek(ニュージーランド)とMattin(スペイン)によって考案された。2020年末、3人のアーティストによる長時間のスカイプ対談が実現した。彼らは政治、美学、アンネアの作曲活動について話し合った。Noel Meek & Mattinは当初から、この会話そのものをこのアルバム『Annea Lockwoodへのオマージュ』の楽譜として使用することを決めていた。

「私の作品は、世界を探求する私の方法です」とAnnea Lockwoodは言う。アルバムに収録された各作品は、彼女のプリズム的な作曲方法を反映している。サウンドマップ、時間的あるいは環境的に展開し、自然とシンクロするスコア、エキゾチックな場所に移植されたピアノ(しばしば炎に包まれる)。Noel Meek & Mattinは、Anneaの音世界に遊び心と好奇心を持ち続けている。エレクトロニック・バーバル・フィズから、ラップトップに火をつける録音、ニュージーランドの古いオークの木の下で書かれたハイドロフォニック・ダイアリー、そしてアルバムの最後を飾るポリフォニックな合唱曲まで。

Homage to Annea Lockwoodは、手書きのシリアルナンバー入りのペーパーバック・ブックに収められており、会話(この場合はスコア)の完全な書き起こし、多数の写真資料、そしてAnnea Lockwoodが書いた素敵なあとがきで締めくくられている。Recitalは、2014年に彼女のアルバム『Ground of Being』(R7、CD)を出版した後、数年後に再びAnneaと仕事ができることを特に嬉しく思っている。Anneaを讃えることは何という喜びであろうか、そしてそれが音楽という儀式を通して行われることは何というふさわしいことであろうか。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Recital releases available at Tobira. 

--------------------------

CD + perfect bound 60-page book - hand-numbered. Edition of 200. 

Book contains a full transcription of a conversation between artists Noel Meek, Mattin, and Annea Lockwood, plus photographic documentation and an afterword written by Annea Lockwood. 

Tracklist:

  1. Das Ding an sich 15:20
  2. Computer Burning 15:01
  3. Ōtākaro / Where the Children Play 15:51
  4. Homage to Annea Lockwood (2021-22) 10:19

Recital:

"Recital presents a book and CD homage to the New Zealand-born American composer Annea Lockwood (b. 1939). The unique concept for this album was conceived by artists Noel Meek (New Zealand) and Mattin (Spain), who each share a deep admiration for Lockwood. A longform Skype conversation between the three artists was arranged at the end of 2020. They discussed politics, aesthetics, and Annea’s compositional practice among other things. Noel Meek & Mattin had from the beginning decided that the conversation itself would be used as a score for this album, Homage to Annea Lockwood.

“My work is my way of exploring the world” says Lockwood. Each piece on the album reflects her prismatic compositional practice: sound maps, scores that unfold temporally or environmentally, synchronous with nature, and pianos transplanted to exotic locations (often engulfed in flames). Meek & Mattin maintain a playfulness and curiosity of Annea’s sound world; from electronic verbal fizz, a recording of lighting a laptop on fire, hydrophonic diaries from underneath an old oak tree in New Zealand, to a polyphonic choral piece which concludes the album.

Homage to Annea Lockwood is housed in a hand-numbered paperback book, which carries a full transcription of the conversation, in this case… the score, along with lush photographic documentation, and ending with a lovely afterword written by Annea Lockwood. Recital is especially happy to be working with Annea again years later, after publishing her 2014 album Ground of Being (R7, CD). What a joy it is to celebrate Annea, and how appropriate it be done through the ritual of music."

Artist : Noel Meek & Mattin

Label : Recital

+ -

ニュージーランドのNoel MeekとスペインのMattin実験音楽家2名が、2023年9月にアメリカ・LAの実験レーベルRecitalからリリースした本+CDです。

両者が敬愛する作曲家Annea Lockwoodへのオマージュとして制作したコラージュ4曲を収録。Anneaに行ったインタビューを素材としたスポークンワード〜コラージュ・ドローン4曲を収録。60ページの本にはインタビューの全内容(本作の場合はスコア)とAnneaの写真資料、Anneaによるあとがきが掲載されています。

以下、レーベルによる解説です。

"Recitalは、ニュージーランド生まれのアメリカ人作曲家Annea Lockwood(1939年生まれ)へのオマージュを本とCDで紹介する。このアルバムのユニークなコンセプトは、それぞれAnnea Lockwoodへの深い敬愛を共有するアーティスト、Noel Meek(ニュージーランド)とMattin(スペイン)によって考案された。2020年末、3人のアーティストによる長時間のスカイプ対談が実現した。彼らは政治、美学、アンネアの作曲活動について話し合った。Noel Meek & Mattinは当初から、この会話そのものをこのアルバム『Annea Lockwoodへのオマージュ』の楽譜として使用することを決めていた。

「私の作品は、世界を探求する私の方法です」とAnnea Lockwoodは言う。アルバムに収録された各作品は、彼女のプリズム的な作曲方法を反映している。サウンドマップ、時間的あるいは環境的に展開し、自然とシンクロするスコア、エキゾチックな場所に移植されたピアノ(しばしば炎に包まれる)。Noel Meek & Mattinは、Anneaの音世界に遊び心と好奇心を持ち続けている。エレクトロニック・バーバル・フィズから、ラップトップに火をつける録音、ニュージーランドの古いオークの木の下で書かれたハイドロフォニック・ダイアリー、そしてアルバムの最後を飾るポリフォニックな合唱曲まで。

Homage to Annea Lockwoodは、手書きのシリアルナンバー入りのペーパーバック・ブックに収められており、会話(この場合はスコア)の完全な書き起こし、多数の写真資料、そしてAnnea Lockwoodが書いた素敵なあとがきで締めくくられている。Recitalは、2014年に彼女のアルバム『Ground of Being』(R7、CD)を出版した後、数年後に再びAnneaと仕事ができることを特に嬉しく思っている。Anneaを讃えることは何という喜びであろうか、そしてそれが音楽という儀式を通して行われることは何というふさわしいことであろうか。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Recital releases available at Tobira. 

--------------------------

CD + perfect bound 60-page book - hand-numbered. Edition of 200. 

Book contains a full transcription of a conversation between artists Noel Meek, Mattin, and Annea Lockwood, plus photographic documentation and an afterword written by Annea Lockwood. 

Tracklist:

  1. Das Ding an sich 15:20
  2. Computer Burning 15:01
  3. Ōtākaro / Where the Children Play 15:51
  4. Homage to Annea Lockwood (2021-22) 10:19

Recital:

"Recital presents a book and CD homage to the New Zealand-born American composer Annea Lockwood (b. 1939). The unique concept for this album was conceived by artists Noel Meek (New Zealand) and Mattin (Spain), who each share a deep admiration for Lockwood. A longform Skype conversation between the three artists was arranged at the end of 2020. They discussed politics, aesthetics, and Annea’s compositional practice among other things. Noel Meek & Mattin had from the beginning decided that the conversation itself would be used as a score for this album, Homage to Annea Lockwood.

“My work is my way of exploring the world” says Lockwood. Each piece on the album reflects her prismatic compositional practice: sound maps, scores that unfold temporally or environmentally, synchronous with nature, and pianos transplanted to exotic locations (often engulfed in flames). Meek & Mattin maintain a playfulness and curiosity of Annea’s sound world; from electronic verbal fizz, a recording of lighting a laptop on fire, hydrophonic diaries from underneath an old oak tree in New Zealand, to a polyphonic choral piece which concludes the album.

Homage to Annea Lockwood is housed in a hand-numbered paperback book, which carries a full transcription of the conversation, in this case… the score, along with lush photographic documentation, and ending with a lovely afterword written by Annea Lockwood. Recital is especially happy to be working with Annea again years later, after publishing her 2014 album Ground of Being (R7, CD). What a joy it is to celebrate Annea, and how appropriate it be done through the ritual of music."

Artist : Noel Meek & Mattin

Label : Recital