• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Nico Georis // Cloud Suites LP

Nico Georis // Cloud Suites LP

  • Availability:

アメリカ・カリフォルニアのマルチ奏者Nico Georisが、2023年6月にLAの老舗オールジャンルレーベルLeaving Recordsからリリースしたアルバムです。

ピアノとキーボードをメインソースにしたポストニューエイジ・アンビエント〜ポストニューエイジ・ジャズ11曲を収録。

ネオクラシカルが好きな方にもおすすめします。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"カリフォルニア出身のNico Georisは、常に複数の次元にまたがっている(というか、交渉している)。幼い頃、Georisはクラシック音楽の厳しい訓練とDIYの実験の間を行き来し、Franz Lizstの弟子に師事し(この指導により、彼はピアノを主要楽器とした)、父親の楽器やホームオーディオ機器が散乱する幼少期の家の地下室に忍び込んで自由に演奏したり録音したりしていました。ピアニストとしての卓越した才能にもかかわらず、Georisは、数々のプロジェクト、活動、変身、章を経て、音楽制作に対するこの穏やかで探求的なアプローチに固執してきました。現代クラシックの世界で技術的な熟練と賞賛を追求することをやめ、メロディと反復によって未知の世界を表現する(あるいは全く新しい世界を創り出す)、広義のソングクラフトにその才能を捧げてきました。

ライム病を患い、5年間孤独な闘病生活を送った後に制作された『Cloud Suites』は、Georisが実験的なアンビエント・キーボード作曲に復帰した最初の作品です。曲は "スイート "と呼ばれる雲、あるいは雲の反映であり、それぞれの曲は特定の地層にちなんで名付けられています。曲のタイトルは、"Cumuloids"、"Sundog"、"Soft Yellow Gazers "など、気象学的に特殊なものから表現的なものまで様々です。Georisはこの組曲をリアルタイムで作曲し、ビッグ・サーにある自宅兼レコーディング・スタジオ(スカイシェッド)の窓から顔を出し、即興的に反応しながら特定の雲を音楽として描き出し、事実上空から雲を摘出しました。Georisはこのプロセスを一種の音楽ゲームと呼んでおり、実際、その最終的な成果物は、遊びの繰り返しと喜びの啓示を伝えるものです。

しかし、軽快さと即興性から生まれたこのプロジェクトが実現するまでの道のりは、紆余曲折があり、困難なものでした。3年以上にわたるレコーディングは、機材の故障や土砂崩れなど、技術的、環境的にさまざまな挫折を味わいました。しかし、他のプロジェクト(2022年の美しくエレガントな『Desert Mirror』を参照)が実を結ぶまで、『Cloud Suites』の構想は続いていました。ようやく状況が整ったとき、Georisはテープ録音のボロボロのコレクションを持ってスタジオに入りました。このCloudのデモを演奏しながら、Georisは最終的にこれらの初期録音を完成されたトラックに織り込んでいくことになりました。

11のトラックでシームレスに変化するCloud Suitesは、レコードとして(つまり、独立した音楽作品として)素晴らしく機能しますが、同時にこのプロジェクトの無限の可能性も感じられます。この魅力的な次元(サイケデリックでノスタルジックな雰囲気)に偶然たどり着いたGeorisは、その扉を閉めたくないのかもしれません。あるいは、閉じるべきは彼の扉ではないのかもしれません。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Leaving Records/Stones Throw releases available at Tobira. 

------------------------

Ask us for digital files 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Bent Violet 05:21
  2. Flight 04:50
  3. Cumuloids 01:08
  4. Thermals 06:38
  5. Soft Purple Gazers 02:38
  6. Ice Crystals 05:27 video
  7. Sundog 04:07
  8. Breeze 00:57
  9. Raindrops 03:44
  10. Soft Yellow Gazers 01:05
  11. Daydreams 06:59

Leaving Records:

" California’s Nico Georis has always straddled (or, rather, negotiated) multiple dimensions. As a child, Georis flitted between the rigors of classical training and DIY experimentation—studying under a disciple of Franz Lizst (a mentorship that would enshrine the piano as his primary instrument), then squirreling away to the basement of his childhood home, strewn as it was with his father’s instruments and home-audio equipment, to play and record freely. Despite his evident virtuosity as a trained pianist, Georis has, across numerous projects, stints, incarnations, and chapters, persisted in this gentle and exploratory approach to music-making. Foregoing the pursuit of technical mastery and acclaim within the confines of the contemporary classical world, he has dedicated his talents to songcraft, broadly-defined — channeling unseen (or inaugurating altogether new) worlds through melody and repetition.

Conceived after an isolating, five-year struggle with a severe case of Lyme disease, Cloud Suites (out June 9th on Leaving Records) documents Georis’s initial return to experimental ambient keyboard compositions. Conceptually, there is little ambiguity here: the songs—the “suites”—are clouds, or, rather, reflections of clouds, each named after a particular formation. Track titles range from the meteorologically specific to the expressive: “Cumuloids,” “Sundog,” and “Soft Yellow Gazers.” Georis composed the suites in real-time, peering out the windows of his Big Sur cabin-home/recording studio (dubbed The Sky Shed), responding improvisationally to render specific clouds as music—in effect to pluck them from the sky. Georis has referred to this process as a kind of musical game, and, indeed, its end product conveys the recurring and joyful revelations of play.

But for a project born of levity and improvisation, Cloud Suites’ path to realization has been winding—harrowing, even. Over three years in the making, the recording process was beset by all manner of technological and environmental setbacks, ranging from broken equipment to a mudslide that tore through the Sky Shed. Nevertheless, even as other projects saw fruition (see 2022’s beautifully elegiac Desert Mirror) the Cloud Suites continued to gestate. When circumstances finally aligned, Georis entered the studio with a rag-tag collection of tape recordings. Performing over these Cloud demos, Georis would eventually weave these initial recordings into finished tracks, an analogue collage/cut-up approach recalling his childhood basement experiments, and his long-time affinity for Dub.

Morphing seamlessly across eleven tracks, Cloud Suites functions wonderfully as a record (that is to say, as a discrete release—a standalone musical artifact), but one also senses the limitlessness of the project. Having stumbled, largely by accident, upon this inviting dimension (at once bracingly psychedelic and achingly nostalgic), Georis may not wish to close the door behind him. Or maybe it isn’t his door to close.
 
 

Artist : Nico Georis

Label : Leaving Records

アメリカ・カリフォルニアのマルチ奏者Nico Georisが、2023年6月にLAの老舗オールジャンルレーベルLeaving Recordsからリリースしたアルバムです。

ピアノとキーボードをメインソースにしたポストニューエイジ・アンビエント〜ポストニューエイジ・ジャズ11曲を収録。

ネオクラシカルが好きな方にもおすすめします。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"カリフォルニア出身のNico Georisは、常に複数の次元にまたがっている(というか、交渉している)。幼い頃、Georisはクラシック音楽の厳しい訓練とDIYの実験の間を行き来し、Franz Lizstの弟子に師事し(この指導により、彼はピアノを主要楽器とした)、父親の楽器やホームオーディオ機器が散乱する幼少期の家の地下室に忍び込んで自由に演奏したり録音したりしていました。ピアニストとしての卓越した才能にもかかわらず、Georisは、数々のプロジェクト、活動、変身、章を経て、音楽制作に対するこの穏やかで探求的なアプローチに固執してきました。現代クラシックの世界で技術的な熟練と賞賛を追求することをやめ、メロディと反復によって未知の世界を表現する(あるいは全く新しい世界を創り出す)、広義のソングクラフトにその才能を捧げてきました。

ライム病を患い、5年間孤独な闘病生活を送った後に制作された『Cloud Suites』は、Georisが実験的なアンビエント・キーボード作曲に復帰した最初の作品です。曲は "スイート "と呼ばれる雲、あるいは雲の反映であり、それぞれの曲は特定の地層にちなんで名付けられています。曲のタイトルは、"Cumuloids"、"Sundog"、"Soft Yellow Gazers "など、気象学的に特殊なものから表現的なものまで様々です。Georisはこの組曲をリアルタイムで作曲し、ビッグ・サーにある自宅兼レコーディング・スタジオ(スカイシェッド)の窓から顔を出し、即興的に反応しながら特定の雲を音楽として描き出し、事実上空から雲を摘出しました。Georisはこのプロセスを一種の音楽ゲームと呼んでおり、実際、その最終的な成果物は、遊びの繰り返しと喜びの啓示を伝えるものです。

しかし、軽快さと即興性から生まれたこのプロジェクトが実現するまでの道のりは、紆余曲折があり、困難なものでした。3年以上にわたるレコーディングは、機材の故障や土砂崩れなど、技術的、環境的にさまざまな挫折を味わいました。しかし、他のプロジェクト(2022年の美しくエレガントな『Desert Mirror』を参照)が実を結ぶまで、『Cloud Suites』の構想は続いていました。ようやく状況が整ったとき、Georisはテープ録音のボロボロのコレクションを持ってスタジオに入りました。このCloudのデモを演奏しながら、Georisは最終的にこれらの初期録音を完成されたトラックに織り込んでいくことになりました。

11のトラックでシームレスに変化するCloud Suitesは、レコードとして(つまり、独立した音楽作品として)素晴らしく機能しますが、同時にこのプロジェクトの無限の可能性も感じられます。この魅力的な次元(サイケデリックでノスタルジックな雰囲気)に偶然たどり着いたGeorisは、その扉を閉めたくないのかもしれません。あるいは、閉じるべきは彼の扉ではないのかもしれません。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Leaving Records/Stones Throw releases available at Tobira. 

------------------------

Ask us for digital files 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Bent Violet 05:21
  2. Flight 04:50
  3. Cumuloids 01:08
  4. Thermals 06:38
  5. Soft Purple Gazers 02:38
  6. Ice Crystals 05:27 video
  7. Sundog 04:07
  8. Breeze 00:57
  9. Raindrops 03:44
  10. Soft Yellow Gazers 01:05
  11. Daydreams 06:59

Leaving Records:

" California’s Nico Georis has always straddled (or, rather, negotiated) multiple dimensions. As a child, Georis flitted between the rigors of classical training and DIY experimentation—studying under a disciple of Franz Lizst (a mentorship that would enshrine the piano as his primary instrument), then squirreling away to the basement of his childhood home, strewn as it was with his father’s instruments and home-audio equipment, to play and record freely. Despite his evident virtuosity as a trained pianist, Georis has, across numerous projects, stints, incarnations, and chapters, persisted in this gentle and exploratory approach to music-making. Foregoing the pursuit of technical mastery and acclaim within the confines of the contemporary classical world, he has dedicated his talents to songcraft, broadly-defined — channeling unseen (or inaugurating altogether new) worlds through melody and repetition.

Conceived after an isolating, five-year struggle with a severe case of Lyme disease, Cloud Suites (out June 9th on Leaving Records) documents Georis’s initial return to experimental ambient keyboard compositions. Conceptually, there is little ambiguity here: the songs—the “suites”—are clouds, or, rather, reflections of clouds, each named after a particular formation. Track titles range from the meteorologically specific to the expressive: “Cumuloids,” “Sundog,” and “Soft Yellow Gazers.” Georis composed the suites in real-time, peering out the windows of his Big Sur cabin-home/recording studio (dubbed The Sky Shed), responding improvisationally to render specific clouds as music—in effect to pluck them from the sky. Georis has referred to this process as a kind of musical game, and, indeed, its end product conveys the recurring and joyful revelations of play.

But for a project born of levity and improvisation, Cloud Suites’ path to realization has been winding—harrowing, even. Over three years in the making, the recording process was beset by all manner of technological and environmental setbacks, ranging from broken equipment to a mudslide that tore through the Sky Shed. Nevertheless, even as other projects saw fruition (see 2022’s beautifully elegiac Desert Mirror) the Cloud Suites continued to gestate. When circumstances finally aligned, Georis entered the studio with a rag-tag collection of tape recordings. Performing over these Cloud demos, Georis would eventually weave these initial recordings into finished tracks, an analogue collage/cut-up approach recalling his childhood basement experiments, and his long-time affinity for Dub.

Morphing seamlessly across eleven tracks, Cloud Suites functions wonderfully as a record (that is to say, as a discrete release—a standalone musical artifact), but one also senses the limitlessness of the project. Having stumbled, largely by accident, upon this inviting dimension (at once bracingly psychedelic and achingly nostalgic), Georis may not wish to close the door behind him. Or maybe it isn’t his door to close.
 
 

Artist : Nico Georis

Label : Leaving Records