• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Mantenna (Donato Dozzy & Stefano Di Trapani) // The Black Sphere TAPE

Mantenna (Donato Dozzy & Stefano Di Trapani) // The Black Sphere TAPE

  • Availability:

イタリアのテクノ作家Donato DozzyとStefano Di Trapaniが、2023年9月に100本限定で自主リリースした共作カセットです。

イタリア・ローマにある実験箱Klangで行った約1時間の即興ドローン〜テクノセッションを収録。廃盤です。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

"Donato DozzyとStefano Di Trapaniは共に経験豊富なインプロヴァイザーであり、マンテナは即興的なスタジオパフォーマンスとライブエレクトロニック・パフォーマンスのための実験室のようなものとして構想された。The Black SphereはローマのKlangでレコーディングされ、DozzyとDi Trapaniは事前に録音・練習した要素を一切使わずに演奏しなければならなかっただけでなく、使ったことのない機材で演奏しなければならなかった。ノイジーなオシレータードローンをトリップしたようなテクスチャーに重ね、ドラムは使わないがリズムを完全に無視するわけでもない。ジャズプレイヤーのように互いの音を弾き合いながら、サウンドに広がりを持たせ、必要なときには無音に近い状態まで落とす。音色は波のようにうねり、ゆっくりと荒いノイズになり、やがて脈打つ抽象的な音へと散っていく。70年代のベルリン派へのラブレターというだけでなく、アナログシンセシスの賛美であり、オシレーターの物理的な音と洞窟のようなエコーを弄んでいる。
フリップの「Hiranyagarbha」は、デュオがドラムマシンを駆使してリズムをプログラミングしたもので、ドキドキするような重低音のキックドラムで始まり、アナログの悲鳴の霧を切り裂きながら、Mika VainioやEmpty Setとは似ても似つかない、歪んだエレクトロイドの鼓動へと変化していく。デュオはやがて腐食し、回路を曲げたアシッドセッションに引き戻され、壊れたペダルボードに通されたクラシックなプラスティックマンのような、あるいはクラシックなDozzyのような、ワミングするようなステップキックでピークを迎える。"

----------------------------

Ask us for digital files.

Description by Boomkat:

"Dozzy and Di Trapani are both experienced improvisors, and Mantenna was conceived as a sort of laboratory for impromptu studio and live electronic performance, using the location and its limitations to inspire and guide their work. ‘The Black Sphere’ was recorded at Klang in Rome, where Dozzy and Di Trapani not only had to perform with no pre-recorded or practiced elements, but also do so with gear they had never used before - always a chance for failure, always an opportunity for opening up creative wormholes. The side-long title track finds Dozzy and Di Trapani deep in the kosmische vortex, drawing on early Cluster by layering noisy oscillator drones into tripped-out textures, eschewing drums but not ignoring rhythm entirely. Playing off each other, the duo work like jazz players, allowing the sound to expand and then dip to near silence when necessary. Tones undulate like waves, slowly building into rough, ragged noise before dispersing into pulsing abstraction. It’s not just a love letter to the ‘70s Berlin school, but a celebration of analog synthesis, toying with the physical sound of oscillators and cavernous echoes.
On the flip, ‘Hiranyagarbha’ finds the duo programming rhythms using an arsenal of drum machines, opening with a pounding, bass-heavy kickdrum that cuts through a fog of analog screams before taking centre stage, morphing into a distorted, electroid throb that’s not a million miles from Mika Vainio or Emptyset. The duo eventually pull back into a corrosive, circuit-bent acid session that peaks with a womping, stepped kick like some classic Plastikman fed through a broken pedal board, or just classic Dozzy, if you like."

Artist : Mantenna (Donato Dozzy & Stefano Di Trapani)

Label : Mantenna

イタリアのテクノ作家Donato DozzyとStefano Di Trapaniが、2023年9月に100本限定で自主リリースした共作カセットです。

イタリア・ローマにある実験箱Klangで行った約1時間の即興ドローン〜テクノセッションを収録。廃盤です。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

"Donato DozzyとStefano Di Trapaniは共に経験豊富なインプロヴァイザーであり、マンテナは即興的なスタジオパフォーマンスとライブエレクトロニック・パフォーマンスのための実験室のようなものとして構想された。The Black SphereはローマのKlangでレコーディングされ、DozzyとDi Trapaniは事前に録音・練習した要素を一切使わずに演奏しなければならなかっただけでなく、使ったことのない機材で演奏しなければならなかった。ノイジーなオシレータードローンをトリップしたようなテクスチャーに重ね、ドラムは使わないがリズムを完全に無視するわけでもない。ジャズプレイヤーのように互いの音を弾き合いながら、サウンドに広がりを持たせ、必要なときには無音に近い状態まで落とす。音色は波のようにうねり、ゆっくりと荒いノイズになり、やがて脈打つ抽象的な音へと散っていく。70年代のベルリン派へのラブレターというだけでなく、アナログシンセシスの賛美であり、オシレーターの物理的な音と洞窟のようなエコーを弄んでいる。
フリップの「Hiranyagarbha」は、デュオがドラムマシンを駆使してリズムをプログラミングしたもので、ドキドキするような重低音のキックドラムで始まり、アナログの悲鳴の霧を切り裂きながら、Mika VainioやEmpty Setとは似ても似つかない、歪んだエレクトロイドの鼓動へと変化していく。デュオはやがて腐食し、回路を曲げたアシッドセッションに引き戻され、壊れたペダルボードに通されたクラシックなプラスティックマンのような、あるいはクラシックなDozzyのような、ワミングするようなステップキックでピークを迎える。"

----------------------------

Ask us for digital files.

Description by Boomkat:

"Dozzy and Di Trapani are both experienced improvisors, and Mantenna was conceived as a sort of laboratory for impromptu studio and live electronic performance, using the location and its limitations to inspire and guide their work. ‘The Black Sphere’ was recorded at Klang in Rome, where Dozzy and Di Trapani not only had to perform with no pre-recorded or practiced elements, but also do so with gear they had never used before - always a chance for failure, always an opportunity for opening up creative wormholes. The side-long title track finds Dozzy and Di Trapani deep in the kosmische vortex, drawing on early Cluster by layering noisy oscillator drones into tripped-out textures, eschewing drums but not ignoring rhythm entirely. Playing off each other, the duo work like jazz players, allowing the sound to expand and then dip to near silence when necessary. Tones undulate like waves, slowly building into rough, ragged noise before dispersing into pulsing abstraction. It’s not just a love letter to the ‘70s Berlin school, but a celebration of analog synthesis, toying with the physical sound of oscillators and cavernous echoes.
On the flip, ‘Hiranyagarbha’ finds the duo programming rhythms using an arsenal of drum machines, opening with a pounding, bass-heavy kickdrum that cuts through a fog of analog screams before taking centre stage, morphing into a distorted, electroid throb that’s not a million miles from Mika Vainio or Emptyset. The duo eventually pull back into a corrosive, circuit-bent acid session that peaks with a womping, stepped kick like some classic Plastikman fed through a broken pedal board, or just classic Dozzy, if you like."

Artist : Mantenna (Donato Dozzy & Stefano Di Trapani)

Label : Mantenna