• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Mark Vernon // The Dramaturgy of Decay LP

Mark Vernon // The Dramaturgy of Decay LP

¥4,468
  • Availability:

※6月中旬再入荷後発送します

過去にKyeやCanti Magnetici、Calling Cardsなどから発表しているスコットランド・グラスゴーの実験音楽家Mark Vernonが、2024年5月にベルギー・ブリュッセルの実験レーベルFutura Resitenzaからリリースしたレコードです。

物音コラージュ・ドローン7曲を収録。

※デジタル音源を無料でお送りいたしますのでお気軽にご連絡くださいませ

以下、レーベルによる解説です。

"最初のカメラが登場したとき、一部の人々は機械に魂を奪われるのではないかと恐れ、写真を撮られることを拒否した。同じような恐怖は、初期の録音技術が登場したときにも現れた。人間の声を録音するということは、生きて呼吸している肉体から声を切り離し、幻を作るということだったのだ。Mark Vernonの新しいLPは、録音に対する古代の恐怖と魅力を思い起こさせる。『The Dramaturgy of Decay』には、何か素晴らしい幽霊のようなものがある。歪んだ声がたくさん入っていて、近くにいるのに限りなく不可視で、手が届かない。

声は現れては消える。他の要素と融合する。時には水没し、消去される。それらは限りなく別のものになる。そして私は思う。 私は今、海の音を聞いているのだろうか、木々の風の音を聞いているのだろうか。これはお化け屋敷の音なのか、それとも音そのもののお化け屋敷なのか。

Vernonは耳のための映画を作曲する。独特の質感を持ち、即座に存在するもの。私は『崩壊のドラマトゥルギー』を、ビル・モリソン(『デカイア』、2002年)やピーター・デルプート(『リリカル・ナイトレート』、1991年)の廃墟のような映画と同等の音響だと考えている。私はテープの音、メディアの音を聞き、それが消えていくのを聞く。しかし、その消滅は悲劇的なものではない。このアルバムにはユーモアの鉱脈が緩やかに流れている。その不気味さとは裏腹に、Vernonのサウンドスケープには、心地よく親しみやすいもの、ジョナス・メカスのスーパー8フィルムのような繊細で優しいものが感じられる。

Vernonは長い間、ホームレコーディングや日常の切迫した詩に魅了されてきた。『The Dramaturgy of Decay』では、留守番電話に残されたメッセージ(「Pouring From Hollow to Empty」、「The Years Simply Dissolved」)の断片を聴くことができる。メッセージは再編集され、スローになったりバラバラになったりする。どこかで人々はいつまでも拍手をしたり、笑ったりしている。試みにピアノを弾く。不確かな歌声。Vernonは辛抱強く現実を掘り起こし、忘れ去られたもの、埋もれたもの、目に見えないもののサウンドスケープを明らかにしていく。

『The Dramaturgy of Decay』に登場するものはすべて、死、つまり不可逆的な時の流れ、消えゆく場所や声、もう戻らないものについて語っている。彼の作品は、消去の限りなくゆっくりした、しかし断固とした動き、何かがあったはずの空虚な場所をとらえている。それはまた、私たちの環境の破壊を広く反映している。

しかし、ここにはネクロフィリックな衝動はない。Vernonは失われた者、儚い者、そして死者と対話しながら、彼らからたゆまず生命を引き出しているように私には思える。そして彼は、彼らの死ではなく、瞬間の生々しい永遠性を明らかにするのだ。『The Dramaturgy of Decay』は、音による時間の考察である。しかし、最も重要なことは、非常に美しい音楽であるということだ。この世のものでもなく、かといって他の世界のものでもない。今ここにある音楽なのだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Futura Resistenza releases available at Tobira.

-------------------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl.

Tracklist:

1. A Wrong Turn Towards Eternity 10:12
2. Achterhaven Splinters 04:37
3. Pouring from Hollow to Empty 03:31
4. Trembling with the Impatience of Engines 02:22
5. The Town was a Tomb and the Sky its Vault 08:05
6. Unbroken Spontinuity 02:39
7. The Years Simply Dissolved 06:38

Text excerpt by Futura Resistenza:

"... Vernon composes a cinema for the ears. Something uniquely textured and immediately present. I think of The Dramaturgy of Decay as a sonic equivalent to the ruined films of Bill Morrison (Decasia, 2002) or Peter Delpeut (Lyrical Nitrate, 1991). I hear the tape, the sound of the medium – and I hear it disappearing – I see the end coming. And yet the disappearance is not tragic. There is a vein of humour gently running throughout the album. For all their eeriness, Vernon’s soundscapes carry with them something comfortingly familiar – something delicate and tender like the Super 8 films of Jonas Mekas.

Vernon has long been fascinated with home-recordings and the urgent poetry of the everyday. On The Dramaturgy of Decay we hear snippets of audio letters, messages left on answering machines (“Pouring From Hollow to Empty”, “The Years Simply Dissolved”). The messages get reworked and rearranged, slowed down and taken apart. Somewhere people are forever clapping, laughing. Tentatively playing the piano. Singing uncertainly. Vernon patiently excavates the real, revealing a soundscape of the forgotten, the buried, the invisible.

Everything in The Dramaturgy of Decay speaks of death – of the irreversible passing of time, of vanishing places and voices – of that which will not return. His work captures the infinitely slow yet resolute movement of erasure, the empty place where something used to be. It also reflects the wider destruction of our environment.

Yet there is no necrophilic impulse here. As Vernon converses with the lost, the transient and the dead, it seems to me he is tirelessly extracting life from them. And he reveals not their deadness but rather the quick, living eternity of instants. The Dramaturgy of Decay is a reflection on time through sound. But, most importantly, it is extremely beautiful music. Not quite of this world and, yet, not of any other world. It is music for the here and now."

Artist : Mark Vernon

Label : Futura Resistenza

CAT No: RESLP031

+ -

※6月中旬再入荷後発送します

過去にKyeやCanti Magnetici、Calling Cardsなどから発表しているスコットランド・グラスゴーの実験音楽家Mark Vernonが、2024年5月にベルギー・ブリュッセルの実験レーベルFutura Resitenzaからリリースしたレコードです。

物音コラージュ・ドローン7曲を収録。

※デジタル音源を無料でお送りいたしますのでお気軽にご連絡くださいませ

以下、レーベルによる解説です。

"最初のカメラが登場したとき、一部の人々は機械に魂を奪われるのではないかと恐れ、写真を撮られることを拒否した。同じような恐怖は、初期の録音技術が登場したときにも現れた。人間の声を録音するということは、生きて呼吸している肉体から声を切り離し、幻を作るということだったのだ。Mark Vernonの新しいLPは、録音に対する古代の恐怖と魅力を思い起こさせる。『The Dramaturgy of Decay』には、何か素晴らしい幽霊のようなものがある。歪んだ声がたくさん入っていて、近くにいるのに限りなく不可視で、手が届かない。

声は現れては消える。他の要素と融合する。時には水没し、消去される。それらは限りなく別のものになる。そして私は思う。 私は今、海の音を聞いているのだろうか、木々の風の音を聞いているのだろうか。これはお化け屋敷の音なのか、それとも音そのもののお化け屋敷なのか。

Vernonは耳のための映画を作曲する。独特の質感を持ち、即座に存在するもの。私は『崩壊のドラマトゥルギー』を、ビル・モリソン(『デカイア』、2002年)やピーター・デルプート(『リリカル・ナイトレート』、1991年)の廃墟のような映画と同等の音響だと考えている。私はテープの音、メディアの音を聞き、それが消えていくのを聞く。しかし、その消滅は悲劇的なものではない。このアルバムにはユーモアの鉱脈が緩やかに流れている。その不気味さとは裏腹に、Vernonのサウンドスケープには、心地よく親しみやすいもの、ジョナス・メカスのスーパー8フィルムのような繊細で優しいものが感じられる。

Vernonは長い間、ホームレコーディングや日常の切迫した詩に魅了されてきた。『The Dramaturgy of Decay』では、留守番電話に残されたメッセージ(「Pouring From Hollow to Empty」、「The Years Simply Dissolved」)の断片を聴くことができる。メッセージは再編集され、スローになったりバラバラになったりする。どこかで人々はいつまでも拍手をしたり、笑ったりしている。試みにピアノを弾く。不確かな歌声。Vernonは辛抱強く現実を掘り起こし、忘れ去られたもの、埋もれたもの、目に見えないもののサウンドスケープを明らかにしていく。

『The Dramaturgy of Decay』に登場するものはすべて、死、つまり不可逆的な時の流れ、消えゆく場所や声、もう戻らないものについて語っている。彼の作品は、消去の限りなくゆっくりした、しかし断固とした動き、何かがあったはずの空虚な場所をとらえている。それはまた、私たちの環境の破壊を広く反映している。

しかし、ここにはネクロフィリックな衝動はない。Vernonは失われた者、儚い者、そして死者と対話しながら、彼らからたゆまず生命を引き出しているように私には思える。そして彼は、彼らの死ではなく、瞬間の生々しい永遠性を明らかにするのだ。『The Dramaturgy of Decay』は、音による時間の考察である。しかし、最も重要なことは、非常に美しい音楽であるということだ。この世のものでもなく、かといって他の世界のものでもない。今ここにある音楽なのだ。"

Futura Resistenza · Mark Vernon - The Dramaturgy of Decay (RESLP031) Preview

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Futura Resistenza releases available at Tobira.

-------------------------------------

Ask us for digital files. 12" black vinyl.

Tracklist:

1. A Wrong Turn Towards Eternity 10:12
2. Achterhaven Splinters 04:37
3. Pouring from Hollow to Empty 03:31
4. Trembling with the Impatience of Engines 02:22
5. The Town was a Tomb and the Sky its Vault 08:05
6. Unbroken Spontinuity 02:39
7. The Years Simply Dissolved 06:38

Text excerpt by Futura Resistenza:

"... Vernon composes a cinema for the ears. Something uniquely textured and immediately present. I think of The Dramaturgy of Decay as a sonic equivalent to the ruined films of Bill Morrison (Decasia, 2002) or Peter Delpeut (Lyrical Nitrate, 1991). I hear the tape, the sound of the medium – and I hear it disappearing – I see the end coming. And yet the disappearance is not tragic. There is a vein of humour gently running throughout the album. For all their eeriness, Vernon’s soundscapes carry with them something comfortingly familiar – something delicate and tender like the Super 8 films of Jonas Mekas.

Vernon has long been fascinated with home-recordings and the urgent poetry of the everyday. On The Dramaturgy of Decay we hear snippets of audio letters, messages left on answering machines (“Pouring From Hollow to Empty”, “The Years Simply Dissolved”). The messages get reworked and rearranged, slowed down and taken apart. Somewhere people are forever clapping, laughing. Tentatively playing the piano. Singing uncertainly. Vernon patiently excavates the real, revealing a soundscape of the forgotten, the buried, the invisible.

Everything in The Dramaturgy of Decay speaks of death – of the irreversible passing of time, of vanishing places and voices – of that which will not return. His work captures the infinitely slow yet resolute movement of erasure, the empty place where something used to be. It also reflects the wider destruction of our environment.

Yet there is no necrophilic impulse here. As Vernon converses with the lost, the transient and the dead, it seems to me he is tirelessly extracting life from them. And he reveals not their deadness but rather the quick, living eternity of instants. The Dramaturgy of Decay is a reflection on time through sound. But, most importantly, it is extremely beautiful music. Not quite of this world and, yet, not of any other world. It is music for the here and now."

Artist : Mark Vernon

Label : Futura Resistenza

CAT No: RESLP031