• 11,000円(税抜)以上ご購入で全国送料無料
Lorenzo Gomez Oviedo / Bardo Todol // Tu Cara Estirada Por El Extasis TAPE

Lorenzo Gomez Oviedo / Bardo Todol // Tu Cara Estirada Por El Extasis TAPE

  • Availability:

アルゼンチンのアーティストによるスプリットカセットが東京のKirigirisuより50部限定でリリース。約10分の演奏を交互に2曲ずつ収録。DLコード付属。

Pablo PiccoとLorenzo Gomez Oviedoは、彼らは同じ場所で生まれましたが、2017年12月に、レコードを交換したり、実験音楽への愛情について少し話すまで、出会うことはありませんでした。

その後、Lorenzoは2018年2月の初めに、コルドバ州サルシプエデスのPabloを訪ねました。その時の、彼らのレコーディングキャンプ、いうならば、森の中でのナーディでナチュラルなレコーディング・ジャムが、この作品の基礎になっています。テープ・ノイズ、悲鳴のようなバイオリン、パーカッシブに聞こえる川の音、ランニングシューズの行進、遠くの音を狙ったフィールド・レコーディング、’Tu cara estirada por el éxtasis’の構成要素でもある夜のハルモニウム。

そのセッションが終わった後に、彼らはいくつかの秘密の材料をスープに加えました。ロレンツォの前衛的なピアノと彼の幻想的な詩のテキストの断片は、言葉と表現のこのシュールレアリスティックな小旅行に放り込まれました。

その結果、私たちにFriedrich Hölderlinの表現のコンセプトを想起させると同時に、印象派の雰囲気を感じさせる、素晴らしいアルバムが生まれました。

PabloとLorenzoの二人は、この作品の2つのトラックを編集し、それらをお互いに捧げています。愛すべき二人組です。

ポーランド生まれ、パリ在住のKami Johnによる素晴らしいカバードローイングと、いくつかのパッセージでのNico Piccoの声の、終わることのないことのないエネルギーで彩りを添えた、50部限定の極めて美しいカセット作品です。-レーベル解説

Although they were born in the same place, Pablo Picco and Lorenzo Gomez Oviedo never met personally until December 2017 to exchange some discs and talk a little about their love of experimental music.

After that Lorenzo came to visit Pablo in Salsipuedes in Córdoba at the beginning of February 2018 and they both entered their “recording camp”: a nerdy and natural recording jam in the woods that provided the foundations of this tape: Noisy tapes, crying violins, percussive rivers, running shoe marches, distant field recordings, night harmonium screams that made the building blocks of the construction of “Tu cara estirada por el éxtasis”

They later added some secret ingredients into the soup: Lorenzo’s hidden and avant garde pianos and his visionary poetry texts cut up into a surrealistic excursion of words and expressions.

The result is an album that evokes the expressive passages of Friedrich Hölderlin’s concepts and at the same time hits an impressionist stream of lovely vibes.

Pablo and Lorenzo both edited two tracks of the disc and they dedicate them to each other. What a nice pair of guys.


Exquisite cassette edition of 50 with the great cover drawing by Polish born, Paris resident Kami John and the never ending energy of Nico Picco voices in some passages.

Kirigirisu Recordings, 2020
 

 

artist : Lorenzo Gomez Oviedo / Bardo Todol 

label : kirigirisu 

+ -

アルゼンチンのアーティストによるスプリットカセットが東京のKirigirisuより50部限定でリリース。約10分の演奏を交互に2曲ずつ収録。DLコード付属。

Pablo PiccoとLorenzo Gomez Oviedoは、彼らは同じ場所で生まれましたが、2017年12月に、レコードを交換したり、実験音楽への愛情について少し話すまで、出会うことはありませんでした。

その後、Lorenzoは2018年2月の初めに、コルドバ州サルシプエデスのPabloを訪ねました。その時の、彼らのレコーディングキャンプ、いうならば、森の中でのナーディでナチュラルなレコーディング・ジャムが、この作品の基礎になっています。テープ・ノイズ、悲鳴のようなバイオリン、パーカッシブに聞こえる川の音、ランニングシューズの行進、遠くの音を狙ったフィールド・レコーディング、’Tu cara estirada por el éxtasis’の構成要素でもある夜のハルモニウム。

そのセッションが終わった後に、彼らはいくつかの秘密の材料をスープに加えました。ロレンツォの前衛的なピアノと彼の幻想的な詩のテキストの断片は、言葉と表現のこのシュールレアリスティックな小旅行に放り込まれました。

その結果、私たちにFriedrich Hölderlinの表現のコンセプトを想起させると同時に、印象派の雰囲気を感じさせる、素晴らしいアルバムが生まれました。

PabloとLorenzoの二人は、この作品の2つのトラックを編集し、それらをお互いに捧げています。愛すべき二人組です。

ポーランド生まれ、パリ在住のKami Johnによる素晴らしいカバードローイングと、いくつかのパッセージでのNico Piccoの声の、終わることのないことのないエネルギーで彩りを添えた、50部限定の極めて美しいカセット作品です。-レーベル解説

Although they were born in the same place, Pablo Picco and Lorenzo Gomez Oviedo never met personally until December 2017 to exchange some discs and talk a little about their love of experimental music.

After that Lorenzo came to visit Pablo in Salsipuedes in Córdoba at the beginning of February 2018 and they both entered their “recording camp”: a nerdy and natural recording jam in the woods that provided the foundations of this tape: Noisy tapes, crying violins, percussive rivers, running shoe marches, distant field recordings, night harmonium screams that made the building blocks of the construction of “Tu cara estirada por el éxtasis”

They later added some secret ingredients into the soup: Lorenzo’s hidden and avant garde pianos and his visionary poetry texts cut up into a surrealistic excursion of words and expressions.

The result is an album that evokes the expressive passages of Friedrich Hölderlin’s concepts and at the same time hits an impressionist stream of lovely vibes.

Pablo and Lorenzo both edited two tracks of the disc and they dedicate them to each other. What a nice pair of guys.


Exquisite cassette edition of 50 with the great cover drawing by Polish born, Paris resident Kami John and the never ending energy of Nico Picco voices in some passages.

Kirigirisu Recordings, 2020
 

 

artist : Lorenzo Gomez Oviedo / Bardo Todol 

label : kirigirisu