• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Lawrence English / Werner Dafeldecker // Tropic of Capricorn LP [COLOR]

Lawrence English / Werner Dafeldecker // Tropic of Capricorn LP [COLOR]

  • Availability:

オーストラリアのLawrence EnglishとオーストリアのWerner Dafeldecker実験音楽家2名が、2023年11月にスイスのドローンレーベルHallow Groundからリリースした共作レコードです。

Lawrence Englishが収集したフィールドレコーディングを、Werner Dafeldeckerが料理したロングフォームな物音コラージュ・ドローンスケープ2曲を収録。DLコード付属。オレンジ盤です。

以下、レーベルによる解説です。

"『Tropic of Capricorn』は、Lawrence EnglishとWerner Dafeldeckerによる2ndアルバムである。多作なRoom40のオーナーが録音したフィールドレコーディングをベースに、オーストリア生まれの伝説的インプロヴァイザーが電子音響のテクニックを駆使して微妙に、しかし決定的に変化させたこの2枚の長編作品は、音響生態学と美学的介入、具体的なローカルな音の世界と境界を超えるアートの境界線を曖昧にしている。これらの作品は、自然がどこで終わり、人間の知覚がどこで始まるのかを問いかけると同時に、リスナーである私たちと自然との関係に焦点を当てている。それらは深く混乱させ、おそらく最も美しい方法で幻惑させる。

Englishは、ベースとなる素材を、2つの異なるフィールドトリップで録音した。ひとつは西海岸からオーストラリア北部にあるピルバラ地方、もうひとつは中央砂漠のアレンテ族の土地である。「これらは広大な空間であり、ある面では、国土に耳を傾けようとしない現代的な文明の考え方を突き放しています」とEnglishは言う。サウンドスケープを録音する際、アーティストは失敗した植民地願望の残滓に焦点を当てた。「失敗した牧畜地やその他の努力の跡に残る建物や物体は、それ自体が不穏な音の世界を作り出している。「最も人里離れた場所でも、遠くから産業のドローンという音が聞こえてくる。彼はやがて自然再生のドキュメントを持ち帰った。

そして、その豊富な音源はDafeldeckerに渡された。木、動物の皮、ガラス、金属の表面など、さまざまな表面にトランスデューサーを当てて録音を空間化し、また録音の一部を再録音することで、彼はEnglishの録音に挿入された、あるいはむしろEnglishの録音に巻き込まれた個別の出来事を作り出した。鳥のさえずり、虫の鳴き声、雨の音......環境に耳を傾ければ聞こえてくる生活の音。しかし、それ以外にも、何度聴いても分類できないもの、そもそもそれが本当に鳥の鳴き声なのか、虫の音なのか、雨音なのかが疑わしいものもある。Tropic of Capricornがリスナーを誘うのは、自然を音でどう表現するかという先入観を超えた聴き方であり、その代わりに感覚の即時性を受け入れることなのだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hallow Ground releases available at Tobira. 

-------------------------------

12" orange vinyl. Includes DL code.

Tracklist:

  1. Tropic of Capricorn I 20:00
  2. Tropic of Capricorn II 19:26

Hallow Ground:

" »Tropic of Capricorn« is the second album by Lawrence English and Werner Dafeldecker. Based on field recordings made by the prolific Room40 owner that were subtly but decisively altered with electroacoustic techniques through the Austria born improv legend, these two long-form pieces blur the lines between acoustic ecology and aesthetic interventions, concrete local sound worlds and boundary-defying art. They put a focus on our relationship with nature as listeners as much as they call into question where nature ends and human perception begins. They are deeply confusing, disorienting perhaps, in the most beautiful ways.

English recorded the material that form the basis of the duo’s Hallow Ground debut on two different field trips. One led him from the Western coast to the Pilbara region in the North of the country called Australia, the other to the central desert into the lands of the Arrernte people. »These are vast spaces, and in some respects they shun contemporary ideas of civilisation which seek not to listen to the country,« says English. When recording the soundscapes, the artist put a focus on the residues of failed colonial aspirations. »The buildings and objects that remain from the failed cattle pastures and other endeavours create uneasy sound worlds of their own,« he says of the regions that are also places of extraction, especially the heavily mined Pilbara. »There is a distant drone of industry in even the most remote of places; an unsettled sense of heavy breath on the land.« He brought home a document of natural reclamation in time.

The rich source material was then given to Dafeldecker. Spatialising the recordings with transducers applied to different surfaces such as wood, stretched animal skin, glass, or metal surfaces and also re-recording parts of the recordings, he created discrete events that were inserted into, or rather enmeshed with English’s recordings. You’ll hear plenty of birdsong, insect noises and the sound of rain during these 39 minutes; the sounds of a life you can tap into if you tune into your environment. But there are also other things, things that are impossible to categorise even after repeated listens and that call into question whether or not those were really birds, insects, or the sound of rain in the first place. What »Tropic of Capricorn« invites its listeners to listen beyond the preconceived notions of how nature is supposed to be represented in sound and to instead embrace the immediacy of the sensation.
 "

Artist : Lawrence English / Werner Dafeldecker

Label : Hallow Ground

オーストラリアのLawrence EnglishとオーストリアのWerner Dafeldecker実験音楽家2名が、2023年11月にスイスのドローンレーベルHallow Groundからリリースした共作レコードです。

Lawrence Englishが収集したフィールドレコーディングを、Werner Dafeldeckerが料理したロングフォームな物音コラージュ・ドローンスケープ2曲を収録。DLコード付属。オレンジ盤です。

以下、レーベルによる解説です。

"『Tropic of Capricorn』は、Lawrence EnglishとWerner Dafeldeckerによる2ndアルバムである。多作なRoom40のオーナーが録音したフィールドレコーディングをベースに、オーストリア生まれの伝説的インプロヴァイザーが電子音響のテクニックを駆使して微妙に、しかし決定的に変化させたこの2枚の長編作品は、音響生態学と美学的介入、具体的なローカルな音の世界と境界を超えるアートの境界線を曖昧にしている。これらの作品は、自然がどこで終わり、人間の知覚がどこで始まるのかを問いかけると同時に、リスナーである私たちと自然との関係に焦点を当てている。それらは深く混乱させ、おそらく最も美しい方法で幻惑させる。

Englishは、ベースとなる素材を、2つの異なるフィールドトリップで録音した。ひとつは西海岸からオーストラリア北部にあるピルバラ地方、もうひとつは中央砂漠のアレンテ族の土地である。「これらは広大な空間であり、ある面では、国土に耳を傾けようとしない現代的な文明の考え方を突き放しています」とEnglishは言う。サウンドスケープを録音する際、アーティストは失敗した植民地願望の残滓に焦点を当てた。「失敗した牧畜地やその他の努力の跡に残る建物や物体は、それ自体が不穏な音の世界を作り出している。「最も人里離れた場所でも、遠くから産業のドローンという音が聞こえてくる。彼はやがて自然再生のドキュメントを持ち帰った。

そして、その豊富な音源はDafeldeckerに渡された。木、動物の皮、ガラス、金属の表面など、さまざまな表面にトランスデューサーを当てて録音を空間化し、また録音の一部を再録音することで、彼はEnglishの録音に挿入された、あるいはむしろEnglishの録音に巻き込まれた個別の出来事を作り出した。鳥のさえずり、虫の鳴き声、雨の音......環境に耳を傾ければ聞こえてくる生活の音。しかし、それ以外にも、何度聴いても分類できないもの、そもそもそれが本当に鳥の鳴き声なのか、虫の音なのか、雨音なのかが疑わしいものもある。Tropic of Capricornがリスナーを誘うのは、自然を音でどう表現するかという先入観を超えた聴き方であり、その代わりに感覚の即時性を受け入れることなのだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hallow Ground releases available at Tobira. 

-------------------------------

12" orange vinyl. Includes DL code.

Tracklist:

  1. Tropic of Capricorn I 20:00
  2. Tropic of Capricorn II 19:26

Hallow Ground:

" »Tropic of Capricorn« is the second album by Lawrence English and Werner Dafeldecker. Based on field recordings made by the prolific Room40 owner that were subtly but decisively altered with electroacoustic techniques through the Austria born improv legend, these two long-form pieces blur the lines between acoustic ecology and aesthetic interventions, concrete local sound worlds and boundary-defying art. They put a focus on our relationship with nature as listeners as much as they call into question where nature ends and human perception begins. They are deeply confusing, disorienting perhaps, in the most beautiful ways.

English recorded the material that form the basis of the duo’s Hallow Ground debut on two different field trips. One led him from the Western coast to the Pilbara region in the North of the country called Australia, the other to the central desert into the lands of the Arrernte people. »These are vast spaces, and in some respects they shun contemporary ideas of civilisation which seek not to listen to the country,« says English. When recording the soundscapes, the artist put a focus on the residues of failed colonial aspirations. »The buildings and objects that remain from the failed cattle pastures and other endeavours create uneasy sound worlds of their own,« he says of the regions that are also places of extraction, especially the heavily mined Pilbara. »There is a distant drone of industry in even the most remote of places; an unsettled sense of heavy breath on the land.« He brought home a document of natural reclamation in time.

The rich source material was then given to Dafeldecker. Spatialising the recordings with transducers applied to different surfaces such as wood, stretched animal skin, glass, or metal surfaces and also re-recording parts of the recordings, he created discrete events that were inserted into, or rather enmeshed with English’s recordings. You’ll hear plenty of birdsong, insect noises and the sound of rain during these 39 minutes; the sounds of a life you can tap into if you tune into your environment. But there are also other things, things that are impossible to categorise even after repeated listens and that call into question whether or not those were really birds, insects, or the sound of rain in the first place. What »Tropic of Capricorn« invites its listeners to listen beyond the preconceived notions of how nature is supposed to be represented in sound and to instead embrace the immediacy of the sensation.
 "

Artist : Lawrence English / Werner Dafeldecker

Label : Hallow Ground