• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
KOU // KOU LP

KOU // KOU LP

  • Availability:

※2/26再入荷後発送します

フランスのアヴァンフォークデュオKOUが、2023年11月にリリースしたデビューレコードです。

シュールな世界観で展開する中毒性の高いアヴァンフォーク〜アンビエント・フォーク14曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"ApollineとThomasは、2022年からKOUの名で24台の電子ハーモニウムを使って演奏している。濃密な音色と倍音の層を生み出している。デビューアルバムでは、KOUは別の方向に舵を切った。ハルモニウムは時折登場するが、それよりも目立つのは繊細なギターの弾き語り、遠くのヴォーカルエフェクト、シンセ、フルート、ピアノのストローク、音楽の魔法、そしてApollineのジャズならぬジャズヴォーカルだ。

針が落ちるやいなや、鏡の向こう側へジャンプカットされるのは明らかだ。猫は鳴き、女性は眠るように歌い、ドラムマシンは吃音とワープを繰り返し、アルヴィン・ルシエは「今いない部屋と変わらない部屋に座っている」わけではない。すでに混乱しているなら、クラブに入ろう。ファウスト・テープスを初めて聴いたときや、インランド・エンパイアを初めて観たときのような戸惑いだ。ハトが鳴き、テープマシンがカランカランと鳴ると、ロジャー&ハートの『ブルー・ムーン』のゴージャスな変人ヴァージョンが現れ、これが単なるダダの浪費ではないことを教えてくれる。サイド2では、哀愁を帯びたデチューンブラス、石を投げつけたようなジョーン・ラ・バーバラ風のヴォーカル、ドローンのようなファルフィサ賛歌など、さらに泥沼へと我々を引き込んでいく。いくつかの引用はわかる。初期のバッティアート、ピエロ・ルネールの『グドラン』、ルチア・ボッセとグレゴリオ・パニアグアの『イオ・ポモドーロ』などなど。Bongwater、Siltbreeze、Royal TruxのTwin infinitives、Alastair Galbraithのダメージを受けたフォークの側面、Half-Japanese、初期のBeckなど、90年代のおふざけシュールレアリズムの匂いも強い。

偶然出会って、何日も一緒にいることになる奇妙な友人グループのように、この美味しく奇妙な音楽の背後にある精神は、あなたが彼らの奇妙なサブカルチャーの世界にしばらくの間滞在することを許す。ずっとここに住みたいとは思わないかもしれないが、短い旅が続く間に、あなたの脳はより良い方向へと生まれ変わるだろう。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Aguirre releases available at Tobira.

------------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. ありがとう 00:14
  2. La Tempesta 02:42
  3. Biquetto Flûte 01:27
  4. Gartenschläfer 03:12
  5. I Am Not Sitting In A Room 05:34
  6. Blue Moon 04:16
  7. Kedith Shea 01:40
  8. Le Dà Loro Tutto 01:18
  9. La Lumaca 02:24
  10. Début 06:53
  11. Il Vento 02:29
  12. King Of Detachement 04:44
  13. Il Bagno 03:54
  14. Spinett 01:12

++

Aguirre:

"Apolline & Thomas have been performing since 2022 under the KOU guise with 24 electronic harmoniums. Producing dense layers of tones & overtones. On their debut album KOU steers in another direction. The harmonium appears occasionally, but more prominent are delicate guitar pluckings, distant vocal effects, synths, flutes, piano strokes, a touch of musical magic and Apolline’s jazz not jazz vocals.

As soon as the needle drops it’s clear we are jump-cutting straight to the other side of the mirror. Cats purr, a woman sings as if asleep, drum machines stutter and warp and Alvin Lucier is not 'sitting in a room that is not different to the one you are not in now’. If you’re already confused, join the club. But, it’s the good kind of confused, a bewildering experience akin to the first time hearing the Faust Tapes or watching Inland Empire. Wait though, as pigeons coo and the tape machine clunk-clicks a gorgeous weirdo version of Roger's and Hart’s Blue Moon emerges to let you know this isn’t just dada splurge, there’s a genius pop sensibility at work here too. Side two takes us further into the murk with mournful detuned brass, stoned Joan La Barbara-esque vocalese and a droning Farfisa hymn, before ending with another too-tempting snatch of DIY pop. Some of the references are recognisable. All kinds of 70s/80s European art prog - think early Battiato, Pierot Lunaire’s Gudrun, Lucia Bosè and Gregorio Paniagua's Io Pomodoro etc etc. There’s a strong whiff of 90s us goof-off surrealism too- Bongwater, Siltbreeze, Royal Trux’s Twin infinitives, the damaged folkier side of Alastair Galbraith, Half-Japanese, early Beck even all feel relevant.

Like an oddball group of friends you might meet by chance and end up weirding-out with for days, the minds behind this deliciously odd music allow you to stay for a while in their strange subcultural world. You might not want to live here forever but a short trip, while it lasts, rewires your brain for the better."

Artist : KOU

Label : Aguirre

+ -

※2/26再入荷後発送します

フランスのアヴァンフォークデュオKOUが、2023年11月にリリースしたデビューレコードです。

シュールな世界観で展開する中毒性の高いアヴァンフォーク〜アンビエント・フォーク14曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"ApollineとThomasは、2022年からKOUの名で24台の電子ハーモニウムを使って演奏している。濃密な音色と倍音の層を生み出している。デビューアルバムでは、KOUは別の方向に舵を切った。ハルモニウムは時折登場するが、それよりも目立つのは繊細なギターの弾き語り、遠くのヴォーカルエフェクト、シンセ、フルート、ピアノのストローク、音楽の魔法、そしてApollineのジャズならぬジャズヴォーカルだ。

針が落ちるやいなや、鏡の向こう側へジャンプカットされるのは明らかだ。猫は鳴き、女性は眠るように歌い、ドラムマシンは吃音とワープを繰り返し、アルヴィン・ルシエは「今いない部屋と変わらない部屋に座っている」わけではない。すでに混乱しているなら、クラブに入ろう。ファウスト・テープスを初めて聴いたときや、インランド・エンパイアを初めて観たときのような戸惑いだ。ハトが鳴き、テープマシンがカランカランと鳴ると、ロジャー&ハートの『ブルー・ムーン』のゴージャスな変人ヴァージョンが現れ、これが単なるダダの浪費ではないことを教えてくれる。サイド2では、哀愁を帯びたデチューンブラス、石を投げつけたようなジョーン・ラ・バーバラ風のヴォーカル、ドローンのようなファルフィサ賛歌など、さらに泥沼へと我々を引き込んでいく。いくつかの引用はわかる。初期のバッティアート、ピエロ・ルネールの『グドラン』、ルチア・ボッセとグレゴリオ・パニアグアの『イオ・ポモドーロ』などなど。Bongwater、Siltbreeze、Royal TruxのTwin infinitives、Alastair Galbraithのダメージを受けたフォークの側面、Half-Japanese、初期のBeckなど、90年代のおふざけシュールレアリズムの匂いも強い。

偶然出会って、何日も一緒にいることになる奇妙な友人グループのように、この美味しく奇妙な音楽の背後にある精神は、あなたが彼らの奇妙なサブカルチャーの世界にしばらくの間滞在することを許す。ずっとここに住みたいとは思わないかもしれないが、短い旅が続く間に、あなたの脳はより良い方向へと生まれ変わるだろう。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Aguirre releases available at Tobira.

------------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. ありがとう 00:14
  2. La Tempesta 02:42
  3. Biquetto Flûte 01:27
  4. Gartenschläfer 03:12
  5. I Am Not Sitting In A Room 05:34
  6. Blue Moon 04:16
  7. Kedith Shea 01:40
  8. Le Dà Loro Tutto 01:18
  9. La Lumaca 02:24
  10. Début 06:53
  11. Il Vento 02:29
  12. King Of Detachement 04:44
  13. Il Bagno 03:54
  14. Spinett 01:12

++

Aguirre:

"Apolline & Thomas have been performing since 2022 under the KOU guise with 24 electronic harmoniums. Producing dense layers of tones & overtones. On their debut album KOU steers in another direction. The harmonium appears occasionally, but more prominent are delicate guitar pluckings, distant vocal effects, synths, flutes, piano strokes, a touch of musical magic and Apolline’s jazz not jazz vocals.

As soon as the needle drops it’s clear we are jump-cutting straight to the other side of the mirror. Cats purr, a woman sings as if asleep, drum machines stutter and warp and Alvin Lucier is not 'sitting in a room that is not different to the one you are not in now’. If you’re already confused, join the club. But, it’s the good kind of confused, a bewildering experience akin to the first time hearing the Faust Tapes or watching Inland Empire. Wait though, as pigeons coo and the tape machine clunk-clicks a gorgeous weirdo version of Roger's and Hart’s Blue Moon emerges to let you know this isn’t just dada splurge, there’s a genius pop sensibility at work here too. Side two takes us further into the murk with mournful detuned brass, stoned Joan La Barbara-esque vocalese and a droning Farfisa hymn, before ending with another too-tempting snatch of DIY pop. Some of the references are recognisable. All kinds of 70s/80s European art prog - think early Battiato, Pierot Lunaire’s Gudrun, Lucia Bosè and Gregorio Paniagua's Io Pomodoro etc etc. There’s a strong whiff of 90s us goof-off surrealism too- Bongwater, Siltbreeze, Royal Trux’s Twin infinitives, the damaged folkier side of Alastair Galbraith, Half-Japanese, early Beck even all feel relevant.

Like an oddball group of friends you might meet by chance and end up weirding-out with for days, the minds behind this deliciously odd music allow you to stay for a while in their strange subcultural world. You might not want to live here forever but a short trip, while it lasts, rewires your brain for the better."

Artist : KOU

Label : Aguirre