• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Kinbrae & Clare Archibald // Birl of Unmap TAPE

Kinbrae & Clare Archibald // Birl of Unmap TAPE

¥1,750
  • Availability:

スコットランドの双子アンビエントデュオKinbraeと詩人Clare Archibaldが、2022年2月にAndrew Weathers主宰レーベルFull SpectrumとイギリスのThe Dark Outsideから共同リリースした共作カセットです。

美しくも儚いネオクラシカル・アンビエントに溶け込むような詩が印象的な8曲を収録。DLコード付属。Andrew Weathersがマスタリングを担当しています。

以下、レーベル解説です。

Full SpectrumとThe Dark Outsideは、マイクとアンディの双子の兄弟であるトラスコットと作家/アーティストのクレア・アーチボルドによるプロジェクト、キンブレの初のコラボレーション・アルバム「Birl of Unmap」を発表することをうれしく思います。スコットランドのファイフ王国出身のこのトリオは、創造的な対話と音の実験において新しい実践を行い、「場所」の抽象的な概念を探求し、その生来のリズムと音のトーテムを分解しています。

birl はスコットランド語で "回る"、"渦を巻く "という意味です。

つまり、「Birl of Unmap」は、ファイフを芸術的にも物理的にも興味深い地域にしているダイナミックな層を解きほぐす試みであり、また、この場所の知覚言語を解釈するものでもあるのです。エディンバラとダンディーの両都市から海を隔てた場所にありながら、開けた北海に隣接するファイフ王国は、より大きな世界とつながっていると同時に、断固として自分自身のものでもあるのです。象徴的な橋によってあらゆる方向からアクセスでき、なおかつ島でもない、そんな風景は、半ば見知らぬ真実と空間の存在を許してくれます。Birl of Unmapは、そのような場所のひとつの応答です。ウェスト・ファイフにあるこの場所には、いくつかの過去と多くの名前があり、露天掘り鉱山としてラッソディという長い年月を経た坑道村として、そして最近ではポストモダン建築家のチャールズ・ジェンクスのランドアートビジョンとして存在します。

現在セント・ニニアンズとして知られるこのエリアは、2021年にエコ・ウェルネス・センターとして再開発されるために売却されたものの、長年にわたり目的と一般公開の間の奇妙な宙ぶらりん状態で存在してきました。Birl of Unmapは、異なる時代や視点からある場所を語るもので、その土地、ジェンクスが廃坑になった鉱山機械を使ってそこに設置したアート、鉱山と宇宙の両方の観点から見た「Final Void」のアイデア、そしてその場所を知り、共有し、語り継ぐためのスペースを確保してその断片を伝えることが何を意味するのか、ということについて書かれています。このアルバムは、現場での大地、水、空気、産業設備からのフィールド・レコーディングを取り入れ、場所のエネルギーと、人間や人間以上のものとの相互作用による風景の遺産にスペースを与えることを目的としています。

学術的なリサーチ、オーラル・ヒストリー、フィフスを拠点とする他のアーティストや元鉱夫、現地の住民の経験をもとにしたBirl of Unmapは、単なる美的表現の総体ではなく、自分自身の経験や理解と他の人の経験のバランスをどうとるかを考えるという野心的な呼びかけを体現しているのである。これは、レイヤーの中をさまよい、おそらくその中に自分自身の何かを見出すよう誘うものです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Full Spectrum Records releases available at Tobira. 

--------------------------------

Edition of 100.
Pro-dubbed cassette with roll-fold J-card featuring lyrics and images by Clare Archibald.

******

Text by Full Spectrum:

"Full Spectrum and The Dark Outside are pleased to present ‘Birl of Unmap,’ the first collaborative album from Kinbrae – the project of twin brothers Mike and Andy Truscott – and writer / artist Clare Archibald. Hailing from the Kingdom of Fife in Scotland, the trio has forged a new practice in creative dialogue and sonic experimentation, exploring abstract notions of ‘place’ and deconstructing its innate rhythms and sonic totems.

For the unfamiliar, a bit of vocabulary context may be required – “birl” is a Scots word that means to spin or whirl.

To wit, ‘Birl of Unmap’ is an attempt to unravel the dynamic layers that make Fife an area of both artistic and physical interest, as well as interpreting something of the perceived language of the place. Sitting across the water from the cities of both Edinburgh and Dundee, yet also adjacent to the open North Sea, the Kingdom of Fife is both connected to the greater world and resolutely of itself. It can be reached from all directions by iconic bridges and yet is not an island, but such a landscape permits the existence of half-seen truths and spaces. ‘Birl of Unmap’ is a response to one such place – a place of several pasts and many names in West Fife that has existed as an open cast mine, the long gone pit village of Lassodie, and most recently as a not-quite-fully realised land art vision of the post-modern architect Charles Jencks.

Currently known as St. Ninians, the area in question has existed in a strange limbo between purpose and public access for many years, though it was sold in 2021 for redevelopment as an eco-wellness centre. ‘Birl of Unmap’ is the telling of a place from different times and perspectives, of the land, of the art that Jencks installed there using decommissioned mining machinery, of the idea of the Final Void in both mining and cosmic terms and of what it means to know, to share a place and pass on bits of it with space allowed for retelling. Infused with field recordings from the earth, water, air, and industrial installations on-site, the album seeks to give space to the energies of a place and the landscape legacies of human and more than human interactions with it.

Drawing on academic research, oral histories, and the experiences of other Fife-based artists, as well as former miners and residents of the site, ‘Birl of Unmap’ stands as more than the sum total of aesthetic tropes, embodying an ambitious call to consider how we balance our own experiences and understandings with those of others. This is an invitation to wander through the layers and perhaps find something more of ourselves within them.

Cassette edition of 'Birl of Unmap' will be available through Full Spectrum in the US, cassette and CD editions of Birl of Unmap will be available through The Dark Outside in the UK.
 "

Artist : Kinbrae & Clare Archibald

Label : Full Spectrum Records

+ -

スコットランドの双子アンビエントデュオKinbraeと詩人Clare Archibaldが、2022年2月にAndrew Weathers主宰レーベルFull SpectrumとイギリスのThe Dark Outsideから共同リリースした共作カセットです。

美しくも儚いネオクラシカル・アンビエントに溶け込むような詩が印象的な8曲を収録。DLコード付属。Andrew Weathersがマスタリングを担当しています。

以下、レーベル解説です。

Full SpectrumとThe Dark Outsideは、マイクとアンディの双子の兄弟であるトラスコットと作家/アーティストのクレア・アーチボルドによるプロジェクト、キンブレの初のコラボレーション・アルバム「Birl of Unmap」を発表することをうれしく思います。スコットランドのファイフ王国出身のこのトリオは、創造的な対話と音の実験において新しい実践を行い、「場所」の抽象的な概念を探求し、その生来のリズムと音のトーテムを分解しています。

birl はスコットランド語で "回る"、"渦を巻く "という意味です。

つまり、「Birl of Unmap」は、ファイフを芸術的にも物理的にも興味深い地域にしているダイナミックな層を解きほぐす試みであり、また、この場所の知覚言語を解釈するものでもあるのです。エディンバラとダンディーの両都市から海を隔てた場所にありながら、開けた北海に隣接するファイフ王国は、より大きな世界とつながっていると同時に、断固として自分自身のものでもあるのです。象徴的な橋によってあらゆる方向からアクセスでき、なおかつ島でもない、そんな風景は、半ば見知らぬ真実と空間の存在を許してくれます。Birl of Unmapは、そのような場所のひとつの応答です。ウェスト・ファイフにあるこの場所には、いくつかの過去と多くの名前があり、露天掘り鉱山としてラッソディという長い年月を経た坑道村として、そして最近ではポストモダン建築家のチャールズ・ジェンクスのランドアートビジョンとして存在します。

現在セント・ニニアンズとして知られるこのエリアは、2021年にエコ・ウェルネス・センターとして再開発されるために売却されたものの、長年にわたり目的と一般公開の間の奇妙な宙ぶらりん状態で存在してきました。Birl of Unmapは、異なる時代や視点からある場所を語るもので、その土地、ジェンクスが廃坑になった鉱山機械を使ってそこに設置したアート、鉱山と宇宙の両方の観点から見た「Final Void」のアイデア、そしてその場所を知り、共有し、語り継ぐためのスペースを確保してその断片を伝えることが何を意味するのか、ということについて書かれています。このアルバムは、現場での大地、水、空気、産業設備からのフィールド・レコーディングを取り入れ、場所のエネルギーと、人間や人間以上のものとの相互作用による風景の遺産にスペースを与えることを目的としています。

学術的なリサーチ、オーラル・ヒストリー、フィフスを拠点とする他のアーティストや元鉱夫、現地の住民の経験をもとにしたBirl of Unmapは、単なる美的表現の総体ではなく、自分自身の経験や理解と他の人の経験のバランスをどうとるかを考えるという野心的な呼びかけを体現しているのである。これは、レイヤーの中をさまよい、おそらくその中に自分自身の何かを見出すよう誘うものです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Full Spectrum Records releases available at Tobira. 

--------------------------------

Edition of 100.
Pro-dubbed cassette with roll-fold J-card featuring lyrics and images by Clare Archibald.

******

Text by Full Spectrum:

"Full Spectrum and The Dark Outside are pleased to present ‘Birl of Unmap,’ the first collaborative album from Kinbrae – the project of twin brothers Mike and Andy Truscott – and writer / artist Clare Archibald. Hailing from the Kingdom of Fife in Scotland, the trio has forged a new practice in creative dialogue and sonic experimentation, exploring abstract notions of ‘place’ and deconstructing its innate rhythms and sonic totems.

For the unfamiliar, a bit of vocabulary context may be required – “birl” is a Scots word that means to spin or whirl.

To wit, ‘Birl of Unmap’ is an attempt to unravel the dynamic layers that make Fife an area of both artistic and physical interest, as well as interpreting something of the perceived language of the place. Sitting across the water from the cities of both Edinburgh and Dundee, yet also adjacent to the open North Sea, the Kingdom of Fife is both connected to the greater world and resolutely of itself. It can be reached from all directions by iconic bridges and yet is not an island, but such a landscape permits the existence of half-seen truths and spaces. ‘Birl of Unmap’ is a response to one such place – a place of several pasts and many names in West Fife that has existed as an open cast mine, the long gone pit village of Lassodie, and most recently as a not-quite-fully realised land art vision of the post-modern architect Charles Jencks.

Currently known as St. Ninians, the area in question has existed in a strange limbo between purpose and public access for many years, though it was sold in 2021 for redevelopment as an eco-wellness centre. ‘Birl of Unmap’ is the telling of a place from different times and perspectives, of the land, of the art that Jencks installed there using decommissioned mining machinery, of the idea of the Final Void in both mining and cosmic terms and of what it means to know, to share a place and pass on bits of it with space allowed for retelling. Infused with field recordings from the earth, water, air, and industrial installations on-site, the album seeks to give space to the energies of a place and the landscape legacies of human and more than human interactions with it.

Drawing on academic research, oral histories, and the experiences of other Fife-based artists, as well as former miners and residents of the site, ‘Birl of Unmap’ stands as more than the sum total of aesthetic tropes, embodying an ambitious call to consider how we balance our own experiences and understandings with those of others. This is an invitation to wander through the layers and perhaps find something more of ourselves within them.

Cassette edition of 'Birl of Unmap' will be available through Full Spectrum in the US, cassette and CD editions of Birl of Unmap will be available through The Dark Outside in the UK.
 "

Artist : Kinbrae & Clare Archibald

Label : Full Spectrum Records