• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Juan Belda // Juan Belda LP

Juan Belda // Juan Belda LP

¥3,480
  • Availability:

 スペインのマルチ奏者Juan Beldaの1986年リリース作品のレコード再発です。DLコード付属。以下、レーベル解説です。

1986年にGrabaciones AccientalesからリリースされたJuan Beldaのファーストアルバムが、新しいアートワークでリイシューされました。元々は、俳優、ビデオ、舞台美術を含むマルチメディア・コンサート "Móviles "の一部でした。

リズミカルな実験的エレクトロニクス、インダストリアル・サウンド、サンプラー、アンビエント・ダウンテンポ・パッセージ、ループ、ジャズ、ミュージック・コンクリート...と、パンク・フラクサス=実存主義のアプローチであらゆるものをブレンドした複雑な音の世界を収録しています。Randomize、Mecánica Popularといった当時のスペインのバンドや、Cabaret Voltaire、Chris & Cosey、Thomas Leer、NWWといった国際的なアーティストの流れを汲んでいます。

このレコードは、スペインの作曲家ルイス・カルロス・エステバンのスタジオで制作され、ヨーロッパで最大のシンセコレクションの1つです。Yamaha cs80, Emulator 2, Linn 9000, Mini moog, DX7, PPG Wave, VCS 3 などの貴重なシンセサイザーとエステバンの助けを借りて、ベルダは自分の作曲した曲を丸く収めました。その結果、非常にパーソナルでユニークなレコードが出来上がりました。

ベルダはスペインのカナリア諸島出身の折衷的な作曲家、アレンジャー、マルチインストゥルメンタリストです。彼はZajの創始者であるJuan Hidalgoに構造的な作曲を、Luis Vecchioにジャズを学びました。80年代初頭から、彼の音楽は当時のスペインのシーンの中で常に一歩先を行くものでした。ハビエル・セグラとのニューウェーブ・プロジェクトArte Moderno、África Gráfica、そしてこのデビュー・アルバムで、彼の音楽は常に当時のスペインのシーンの一歩先を行ってきました。アートギャラリーのインスタレーションや、バレエ、演劇、テレビ、映画の音楽を担当するなど、多方面で活躍しています。

アーティストへの詳細なインタビューを収録したインサート付き。LyrebirdのDamián Schwartzによるリマスタリング。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Abstrakce releases available at Tobira. 

-------------------------

Abstrakce:

"Reissue of the first Juan Belda album released in 1986 by Grabaciones Accientales. with new artwork. Originally part of a multimedia concert, a show involving actors, video, and scenography called "Móviles".

The record is a complex world of sounds blending rhythmic experimental electronics, industrial sounds, samplers, ambient-downtempo passages, loops, jazz, musique concrete... and everything from a punk-fluxus-existentialist approach. In the vein of other Spanish bands of the era like Randomize, Mecánica Popular or international artists such as Cabaret Voltaire, Chris & Cosey, Thomas Leer, NWW...

The record was produced by the Spanish composer Luis Carlos Esteban at his studio, with one of the largest Synth collections in Europe. Belda squeezed precious synths such as Yamaha cs80, Emulator 2, Linn 9000,Mini moog, DX7, PPG Wave, VCS 3, etc. with the help of Esteban to round his compositions. The result is a very personal and unique record.

Belda is an eclectic composer, arranger and multi-instrumentalist from Canary Islands, Spain. He studied structural composition with Zaj founder Juan Hidalgo and jazz with Luis Vecchio. Since the beginning of the 80's, his music has always been one step ahead in the Spanish scene at the time. Both with his new wave projects Arte Moderno (with Javier Segura), África Gráfica or with this debut album. Multidisciplinary artist, he has also been responsible for installations in art galleries and has composed music for ballet, theater, television and cinema.

Includes insert with an extensive interview with the artist. Remastered by Damián Schwartz at Lyrebird."

Artist : Juan Belda

Label : Abstrakce

+ -

 スペインのマルチ奏者Juan Beldaの1986年リリース作品のレコード再発です。DLコード付属。以下、レーベル解説です。

1986年にGrabaciones AccientalesからリリースされたJuan Beldaのファーストアルバムが、新しいアートワークでリイシューされました。元々は、俳優、ビデオ、舞台美術を含むマルチメディア・コンサート "Móviles "の一部でした。

リズミカルな実験的エレクトロニクス、インダストリアル・サウンド、サンプラー、アンビエント・ダウンテンポ・パッセージ、ループ、ジャズ、ミュージック・コンクリート...と、パンク・フラクサス=実存主義のアプローチであらゆるものをブレンドした複雑な音の世界を収録しています。Randomize、Mecánica Popularといった当時のスペインのバンドや、Cabaret Voltaire、Chris & Cosey、Thomas Leer、NWWといった国際的なアーティストの流れを汲んでいます。

このレコードは、スペインの作曲家ルイス・カルロス・エステバンのスタジオで制作され、ヨーロッパで最大のシンセコレクションの1つです。Yamaha cs80, Emulator 2, Linn 9000, Mini moog, DX7, PPG Wave, VCS 3 などの貴重なシンセサイザーとエステバンの助けを借りて、ベルダは自分の作曲した曲を丸く収めました。その結果、非常にパーソナルでユニークなレコードが出来上がりました。

ベルダはスペインのカナリア諸島出身の折衷的な作曲家、アレンジャー、マルチインストゥルメンタリストです。彼はZajの創始者であるJuan Hidalgoに構造的な作曲を、Luis Vecchioにジャズを学びました。80年代初頭から、彼の音楽は当時のスペインのシーンの中で常に一歩先を行くものでした。ハビエル・セグラとのニューウェーブ・プロジェクトArte Moderno、África Gráfica、そしてこのデビュー・アルバムで、彼の音楽は常に当時のスペインのシーンの一歩先を行ってきました。アートギャラリーのインスタレーションや、バレエ、演劇、テレビ、映画の音楽を担当するなど、多方面で活躍しています。

アーティストへの詳細なインタビューを収録したインサート付き。LyrebirdのDamián Schwartzによるリマスタリング。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Abstrakce releases available at Tobira. 

-------------------------

Abstrakce:

"Reissue of the first Juan Belda album released in 1986 by Grabaciones Accientales. with new artwork. Originally part of a multimedia concert, a show involving actors, video, and scenography called "Móviles".

The record is a complex world of sounds blending rhythmic experimental electronics, industrial sounds, samplers, ambient-downtempo passages, loops, jazz, musique concrete... and everything from a punk-fluxus-existentialist approach. In the vein of other Spanish bands of the era like Randomize, Mecánica Popular or international artists such as Cabaret Voltaire, Chris & Cosey, Thomas Leer, NWW...

The record was produced by the Spanish composer Luis Carlos Esteban at his studio, with one of the largest Synth collections in Europe. Belda squeezed precious synths such as Yamaha cs80, Emulator 2, Linn 9000,Mini moog, DX7, PPG Wave, VCS 3, etc. with the help of Esteban to round his compositions. The result is a very personal and unique record.

Belda is an eclectic composer, arranger and multi-instrumentalist from Canary Islands, Spain. He studied structural composition with Zaj founder Juan Hidalgo and jazz with Luis Vecchio. Since the beginning of the 80's, his music has always been one step ahead in the Spanish scene at the time. Both with his new wave projects Arte Moderno (with Javier Segura), África Gráfica or with this debut album. Multidisciplinary artist, he has also been responsible for installations in art galleries and has composed music for ballet, theater, television and cinema.

Includes insert with an extensive interview with the artist. Remastered by Damián Schwartz at Lyrebird."

Artist : Juan Belda

Label : Abstrakce