• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Jeugdbrand // Siamese Dream (Team) LP

Jeugdbrand // Siamese Dream (Team) LP

  • Availability:

ベルギー・アントワープの詩人Dennis TyfusとパーカッショニストJeroen StevensによるデュオJeugdbrandが、2023年3月にリリースするデビューレコードです。

これをはたして音楽と呼べるのでしょうか?インサートとDLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

Jeugdbrandは、アントワープの声(Dennis Tyfus)とビート(Jeroen Stevens)です。彼らは、アントワープの古典的なアナーキーなユーモアのセンスに彩られた、きらめくドラマ、演劇的な悲劇を演じます。ベルギー音楽界のランドマークであるJoris CaluwaertsのFinster Studiosで録音されました。

Dennisの作品には、様々な大きさの鉛筆画があります。これらのドローイングの中で、作家は多くの悲劇的な状況に身を置いています。バーで長い夜を過ごした後、家に帰る途中で嘔吐するような。右翼のバカどもに煮え湯を飲ませるような。Tinderのプロフィールで甘い嘘をつくような。あるいは、日曜の夕方にゴミ出しをすることのような。恐ろしい。これらの一見、密閉された鉛筆の絵は、ごまかしの効かないシンプルな世界を示しています。しかし、カラフルな仮面の裏側で実際に何が起こっているのかをもう少し理解すると、苦い後味になることが多いです。

音楽に関しては、前述のドローイングとは対照的に、Dennisはもっと断片的な絵を描きます。彼のレコーディングや演奏は、しばしば抜粋をつなぎ合わせたような印象を与えます。奇妙な文章やおかしな発言が飛び交い、交錯します。音楽的な記号はテーブルの上にさりげなく投げ出されています。明確な絵の代わりに、さまざまな落書きの束を見ているような感覚に陥ります。Dennisがいかに集中して絵を描いているかということに比べ、彼の音楽はいかに集中力がなく、大雑把であるかということを感じることがあるのです。私たちはただ、感情から感情へと放り出されるだけなのです。笑いから涙へ。それは揺れ動くものです。

私は、Dennisがアントワープの中心部をいつも散歩しているときに拾った会話の欠片を、常にメモしているのではないかと想像したいです。R. Murray Schaferのようなやり方で、Dennisはすべての文章を非常に恣意的にとらえます...そしてそれがサウンドスケープとなるのです。ドラマチック、ノーマル、自慢話、バカバカしさ、切迫感...。

Jeroen Stevensの登場です。アントワープきってのパーカッショニストです。この文章で彼の出演するバンドをすべて列挙していたら、本当にデータとプリンターを無駄にしてしまうでしょう。Jeroenは学校教育を受けたセッション・ミュージシャンの壮大な才能です。しかし、白人のインプロに感謝したいです。彼はまた、スイートでクリエイティブでもあるのです。Jeugdbrandは、菅井健とのLP『KAGIROI』(2021年)でパーカッシブの断片を担当したのに続き、Edições CNのカタログでは2作目の参加となります。

最近では、サティの「ヴェクサシオン」をmidi楽器で演奏したり、クリスマス音楽を演奏したり、キャンプ用の椅子の上でストゥージズの曲をカバーする有名なプロジェクト「De Stoeltjes」を行ったりと、非常に長大で正しい演奏を行っています。イギー本人が困惑するほどです。これは冗談のように思えるかもしれませんが、Stevensの冒険的な音楽はとてもやりがいのあるものだと認めざるを得ないでしょう。

Jeugdbrandの音楽は、故Ghédalia Tazartèsの音楽を少し思い出させます - 特に音楽イディオムの再解釈と組み合わせに関しては - しかし、このアルバムに直接言及しようとすると、それは少し物足りません。最も重要なことは、これが音楽であるということです。強烈な個性があります。刺激的な神殿のための断片的な梁のようなものです。少し揺さぶりをかけるように・・・。"彼らは私たちに言った 彼らは彼女に言った みんなに言ったんだ"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Edições CN releases available at Tobira. 

--------------------------------

Includes DL code. Edition of 300. 

Tracklist:
A. What seems like forever ago/We mogen het toch vragen? 16:50
B. Do you want to move in with all of us?/We hadden het haar al eens gezegd 16:50

++

Text by Edições CN:

"Jeugdbrand is the voice (Dennis Tyfus) and the beat (Jeroen Stevens) of Antwerp. They perform a sparkling drama, a theatrical tragedy, marinated in our classic Antwerp anarchic sense of humor. Recorded at Joris Caluwaerts’ Finster Studios - a landmark in Belgian music.

Inside the multiverse that is Dennis Tyfus’ oeuvre there exists this body of detailed pencil drawings of various sizes. In these drawings the artist puts himself in many tragic situations. Like vomiting on his way home after a long night at the bar. Boiling right wing idiots. Telling sweet little lies on your Tinder profile. Or, you know, taking out the garbage on a Sunday evening. The horror. These seemingly hermetic pencil drawings show a deceivingly simple world. But you’re often stuck with a bitter aftertaste when you understand a bit more what is actually happening behind the colorful masque.

When it comes to his music - and in contrast to aforementioned drawings - Dennis pencils a more piecemeal picture. His recordings and performances often feel like spliced excerpts. Strange sentences and funny remarks waiver by and interconnect. Musical symbols are casually thrown on the table. Instead of a clear picture, we now have the feeling of looking at a bunch of different doodles. Like... sometimes I have the feeling compared to how focussed Dennis works on his drawings, how unfocussed and sketchy he treats his music. We are simply thrown from emotion to emotion. From laughter to tears. It’s a bumpy ride.

I’d like to imagine that Dennis constantly notates all the shards of conversation he picks up during his regular walks in the centre of Antwerp - a wormhole congested with characters, the one more tragic than the other. In a kind of R. Murray Schafer way, Dennis takes in every sentence very un-arbitrary... and that’s the soundscape. Dramatic, normal, boasted, silly, urgent...

Enter Jeroen Stevens. Antwerp’s number one percussionist. If I would have to list all the bands he performs in this text, well, we would be truly wasting data and printers. Jeroen is the grand gift of the well- schooled session musician. But thank the heavens of white improv, he is also sweet and creative. Jeugdbrand is his second entry in the Edições CN catalogue, after taking care of some of the percussive fragments on the “KAGIROI" LP with Sugai Ken (2021).

Recently Jeroen has been performing very lengthy - thus correct - performances of Satie’s Vexations for midi instrumentation; Christmas music; and his famed De Stoeltjes project, where he covers Stooges songs on a camping chair. Apparently much to the confusion of Iggy himself. This might all feel like a big joke to you, but when you dare to listen, you will have to admit that Steven’s adventurous music is very rewarding. Special stuff.

The music of Jeugdbrand reminds me a bit of the music of the late Ghédalia Tazartès - especially when it comes to reinterpreting and combining musical idioms - but trying to put a direct reference on this album does it a bit short. Most important, this is music how it could be: incomprehensible, hilarious, serious, ludicrous, well crafted, sloppy, non-genre. With a strong sense of personality. You know, a fragmented beam for your own overstimulated temple. To shake things up a little ... “They told us, they told her. I told everybody.”

The albums comes with a drawing by German artist Albert Oehlen and with a text by Angela Sawyer of Weirdo Records, Boston."

Artist : Jeugdbrand 

Label : Edições CN

+ -

ベルギー・アントワープの詩人Dennis TyfusとパーカッショニストJeroen StevensによるデュオJeugdbrandが、2023年3月にリリースするデビューレコードです。

これをはたして音楽と呼べるのでしょうか?インサートとDLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

Jeugdbrandは、アントワープの声(Dennis Tyfus)とビート(Jeroen Stevens)です。彼らは、アントワープの古典的なアナーキーなユーモアのセンスに彩られた、きらめくドラマ、演劇的な悲劇を演じます。ベルギー音楽界のランドマークであるJoris CaluwaertsのFinster Studiosで録音されました。

Dennisの作品には、様々な大きさの鉛筆画があります。これらのドローイングの中で、作家は多くの悲劇的な状況に身を置いています。バーで長い夜を過ごした後、家に帰る途中で嘔吐するような。右翼のバカどもに煮え湯を飲ませるような。Tinderのプロフィールで甘い嘘をつくような。あるいは、日曜の夕方にゴミ出しをすることのような。恐ろしい。これらの一見、密閉された鉛筆の絵は、ごまかしの効かないシンプルな世界を示しています。しかし、カラフルな仮面の裏側で実際に何が起こっているのかをもう少し理解すると、苦い後味になることが多いです。

音楽に関しては、前述のドローイングとは対照的に、Dennisはもっと断片的な絵を描きます。彼のレコーディングや演奏は、しばしば抜粋をつなぎ合わせたような印象を与えます。奇妙な文章やおかしな発言が飛び交い、交錯します。音楽的な記号はテーブルの上にさりげなく投げ出されています。明確な絵の代わりに、さまざまな落書きの束を見ているような感覚に陥ります。Dennisがいかに集中して絵を描いているかということに比べ、彼の音楽はいかに集中力がなく、大雑把であるかということを感じることがあるのです。私たちはただ、感情から感情へと放り出されるだけなのです。笑いから涙へ。それは揺れ動くものです。

私は、Dennisがアントワープの中心部をいつも散歩しているときに拾った会話の欠片を、常にメモしているのではないかと想像したいです。R. Murray Schaferのようなやり方で、Dennisはすべての文章を非常に恣意的にとらえます...そしてそれがサウンドスケープとなるのです。ドラマチック、ノーマル、自慢話、バカバカしさ、切迫感...。

Jeroen Stevensの登場です。アントワープきってのパーカッショニストです。この文章で彼の出演するバンドをすべて列挙していたら、本当にデータとプリンターを無駄にしてしまうでしょう。Jeroenは学校教育を受けたセッション・ミュージシャンの壮大な才能です。しかし、白人のインプロに感謝したいです。彼はまた、スイートでクリエイティブでもあるのです。Jeugdbrandは、菅井健とのLP『KAGIROI』(2021年)でパーカッシブの断片を担当したのに続き、Edições CNのカタログでは2作目の参加となります。

最近では、サティの「ヴェクサシオン」をmidi楽器で演奏したり、クリスマス音楽を演奏したり、キャンプ用の椅子の上でストゥージズの曲をカバーする有名なプロジェクト「De Stoeltjes」を行ったりと、非常に長大で正しい演奏を行っています。イギー本人が困惑するほどです。これは冗談のように思えるかもしれませんが、Stevensの冒険的な音楽はとてもやりがいのあるものだと認めざるを得ないでしょう。

Jeugdbrandの音楽は、故Ghédalia Tazartèsの音楽を少し思い出させます - 特に音楽イディオムの再解釈と組み合わせに関しては - しかし、このアルバムに直接言及しようとすると、それは少し物足りません。最も重要なことは、これが音楽であるということです。強烈な個性があります。刺激的な神殿のための断片的な梁のようなものです。少し揺さぶりをかけるように・・・。"彼らは私たちに言った 彼らは彼女に言った みんなに言ったんだ"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Edições CN releases available at Tobira. 

--------------------------------

Includes DL code. Edition of 300. 

Tracklist:
A. What seems like forever ago/We mogen het toch vragen? 16:50
B. Do you want to move in with all of us?/We hadden het haar al eens gezegd 16:50

++

Text by Edições CN:

"Jeugdbrand is the voice (Dennis Tyfus) and the beat (Jeroen Stevens) of Antwerp. They perform a sparkling drama, a theatrical tragedy, marinated in our classic Antwerp anarchic sense of humor. Recorded at Joris Caluwaerts’ Finster Studios - a landmark in Belgian music.

Inside the multiverse that is Dennis Tyfus’ oeuvre there exists this body of detailed pencil drawings of various sizes. In these drawings the artist puts himself in many tragic situations. Like vomiting on his way home after a long night at the bar. Boiling right wing idiots. Telling sweet little lies on your Tinder profile. Or, you know, taking out the garbage on a Sunday evening. The horror. These seemingly hermetic pencil drawings show a deceivingly simple world. But you’re often stuck with a bitter aftertaste when you understand a bit more what is actually happening behind the colorful masque.

When it comes to his music - and in contrast to aforementioned drawings - Dennis pencils a more piecemeal picture. His recordings and performances often feel like spliced excerpts. Strange sentences and funny remarks waiver by and interconnect. Musical symbols are casually thrown on the table. Instead of a clear picture, we now have the feeling of looking at a bunch of different doodles. Like... sometimes I have the feeling compared to how focussed Dennis works on his drawings, how unfocussed and sketchy he treats his music. We are simply thrown from emotion to emotion. From laughter to tears. It’s a bumpy ride.

I’d like to imagine that Dennis constantly notates all the shards of conversation he picks up during his regular walks in the centre of Antwerp - a wormhole congested with characters, the one more tragic than the other. In a kind of R. Murray Schafer way, Dennis takes in every sentence very un-arbitrary... and that’s the soundscape. Dramatic, normal, boasted, silly, urgent...

Enter Jeroen Stevens. Antwerp’s number one percussionist. If I would have to list all the bands he performs in this text, well, we would be truly wasting data and printers. Jeroen is the grand gift of the well- schooled session musician. But thank the heavens of white improv, he is also sweet and creative. Jeugdbrand is his second entry in the Edições CN catalogue, after taking care of some of the percussive fragments on the “KAGIROI" LP with Sugai Ken (2021).

Recently Jeroen has been performing very lengthy - thus correct - performances of Satie’s Vexations for midi instrumentation; Christmas music; and his famed De Stoeltjes project, where he covers Stooges songs on a camping chair. Apparently much to the confusion of Iggy himself. This might all feel like a big joke to you, but when you dare to listen, you will have to admit that Steven’s adventurous music is very rewarding. Special stuff.

The music of Jeugdbrand reminds me a bit of the music of the late Ghédalia Tazartès - especially when it comes to reinterpreting and combining musical idioms - but trying to put a direct reference on this album does it a bit short. Most important, this is music how it could be: incomprehensible, hilarious, serious, ludicrous, well crafted, sloppy, non-genre. With a strong sense of personality. You know, a fragmented beam for your own overstimulated temple. To shake things up a little ... “They told us, they told her. I told everybody.”

The albums comes with a drawing by German artist Albert Oehlen and with a text by Angela Sawyer of Weirdo Records, Boston."

Artist : Jeugdbrand 

Label : Edições CN