• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Jamila Woods // Water Made Us LP [COLOR] / TAPE

Jamila Woods // Water Made Us LP [COLOR] / TAPE

  • Availability:

アメリカ・シカゴの詩人/ポップ作家Jamila Woodsが、2023年10月に同国インディアナのインディーレーベルJagjaguwarからリリースしたアルバムです。

アコースティック・フォークロック〜オートチューンR&B〜アンビエント・フォークなどバンガー17曲を収録。レコードはDLコード付属。 

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"シカゴのミュージシャンであり詩人でもあるJamila Woodsは、新作『Water Made Us』で、愛に完全に身を委ねるとはどういうことかを問いかけ、新たな輝きを放っている。『Water Made Us』でJamilaは、新しいジャンル、遊び心に満ちたメロディー、催眠術をかけるような言葉遊びを取り入れながら、愛の残骸と避難所の爽快な波乱の中を進んでいく。

2017年の『HEAVN』では、Jamilaは黒人フェミニスト運動の組織化の系譜の中で自身のコミュニティを讃え、2019年の『Legacy! Legacy!!!』では、象徴的な黒人と褐色のアーティストの輝かしいペルソナを通して彼女の人生経験をリフレーミングしたが、『Water Made Us』はまったく新しい方法で自己啓示的な作品となっている。今度のアルバムは、Jamilaのこれまでの作品では完全に分かち合われることのなかった新たな一面を明らかにし、これまでで最もパーソナルなアルバムとなっている。

Legacy! Legacy!!!のツアースケジュールを終え、2020年のCovid19隔離期間に入ったJamilaは、できるだけ多くの曲を書くことに挑戦したいと思い、深い創造性と自己反省の状態で数ヶ月を過ごした。しかし、心配することなく書く自由を自分に与えていたにもかかわらず、彼女はバラバラの曲を結びつけるストーリーや、指針として遠くに持っておく明確なメッセージを切望していた。初期の曲 "Bugs "と "Thermostat "は、煮えたぎるような共通項を明らかにした。ジャーナリング、セラピー、信頼できる占星術師との頻繁な相談はすべて、Jamila自身の愛と親密さのパターンを反映し始めた。"私は自分自身についての小さなことを理解することができた。"よし、私はいつも戻ってくる感情や気づいたパターンをひとつひとつ書いて、それを言語化したいんだ。LAを拠点とするプロデューサーのマクレニーと結ばれてから、アルバムのストーリーが形づくられ始め、2人は2021年から2022年にかけて、最初はバーチャルに、そしてその後はLAにあるマクレニーのヘブン・スタジオで直接、それぞれの曲をゼロから一緒に作り上げていった。そしてアルバムのシークエンスは、恋愛のさまざまな段階を反映するように注意深く巧みにデザインされた。簡単に妥協し、浮気し、楽しむ初期、衝突や傷つく瞬間を慎重に交渉するとき、何かを失って悲嘆にくれるとき、そしてすべての終わりに、いなくなった人は決して本当の意味で去ることはなく、リフレッシュして安心し、再挑戦する準備ができている自分に気づくとき、一緒にいてくれるという優しい気づき。

しかし、『Water Made Us』が力強く魅惑的な再登場となったのは、Jamilaの内向的な姿勢だけではない。このアルバムは、Jamilaがどのようなアーティストであるかという先入観を捨てさせる。アルバムに収録されている17曲は、「Send A Dove」のオートチューンR&Bから、「Wolfsheep」の胸を締め付けるような優しいアコースティック・フォーク・ロック、そしてダンス・アンセム「Boomerang」のバブリー・ドリームポップまで、あらゆるジャンルに及んでいる。

『Water Made Us』では、Jamilaは自分の過ちや不確かさを率直に認めている。きらめくパーカッシブなトラック "Tiny Garden "は、Jamilaが誰かにコミットしていることを証明しようと努力するさまを描いている。バウンシーなパーカッションにのせて、"私はあなたのことが好きなのに、それを見せられないの "と彼女は歌う。スポークン・ワードの間奏曲 "I Miss All My Exes "は、生涯の恋人たちと過ごした最も完璧な瞬間への荘厳で痛々しい頌歌である。共有した優しい思い出、内輪の冗談、そして気遣いの言葉ひとつひとつが、Jamilaの心の中に大切に縛られ、封印されている。アルバムの最後を飾る "Headfirst "では、揺らめくギターと鳴り響くベースが奏でる安定したグルーヴの中で、Jamilaは自分自身の不完全さを優しく受け入れているようだ。新たな展開を見せるたびに、Jamilaの心の扉が開かれ、最も強く、そして最も傷つきやすい彼女の姿が見えてくる。

しかし、彼女は決して一人で愛の深淵を航海するわけではない。ファティマ・アスガー、インディア・ムーア、クリスタ・フランクリン、ジャスミンファイア、そして特に魅力的なクエンティン大叔父など、Jamilaが深く内省していた時期に親しかった人たちからの個人的なボイスメモが、『Water Made Us』を彩っている。シカゴ出身の友人であるサバとピーター・コットンテール、ニューヨークを拠点に活動するシンガー兼プロデューサーのデュエンディータも参加し、家族的な雰囲気に華を添えている。Jamilaと聴き手の双方に、私たちが生まれ育った場所や人々は、私たちの最も困難な瞬間においても、力強さと導きの安定した源となり得ることを思い出させてくれる。

アルバムのタイトルは、"The good news is water always runs back where it came from/The good news is water made us "とJamilaが安心感を込めて歌う "Good News "の一節から取られている。このセリフは、1996年にニューヨーク公共図書館で行われた講演でのトニ・モリソンの言葉を引用している。「彼らはミシシッピ川をところどころまっすぐにした。「家を建てたり、住みやすい土地を確保するためにね。川が氾濫することもある。「洪水という言葉が使われますが、実際は洪水ではなく、記憶しているのです。かつてあった場所を記憶しているのだ。すべての水は完璧な記憶を持っていて、永遠に元の場所に戻ろうとする。記憶、場所、そして戻るというこの感情は、アルバムの弧の柱として機能している。「Jamilaは言う。「私たちは皆、生まれたときは赤ん坊で、幸せな存在なんだ。「それはいつも私たちの中にあるもので、ただ存在することへの完璧な満足感。だから、どんな嫌なことがあっても、私たちはそこに戻る道を歩んでいる。私たちはただ身をゆだね、邪魔をしないようにすればいいのです」。

『Water Made Us』は、最高の愛とは温かく静かな海であることを思い出させてくれる。深く、神秘的で、果てしなく続く不思議なもの。そして最悪の愛とは、私たちを自分自身から遠くへ連れ去り、帰り道がわからなくなり、泳ぎ方さえ思い出せなくなるような急流である。それでもJamilaはこの波に身をゆだねる-波も引き波もすべて-。"

-------------------------------------------

Available on 12" black vinyl or 12" 'Arctic Swirl color vinyl or tape.

Includes DL code.

Jagjaguwar:

"On her expansive new album Water Made Us, Chicago musician and poet Jamila Woods shines anew as she asks the question, what does it mean to fully surrender into love? Across Water Made Us, Jamila embraces new genres, playful melodies, and hypnotizing wordplay, as she wades through the exhilarating tumult of love’s wreckage and refuge.

While 2017’s HEAVN saw Jamila celebrating her community within a lineage of Black feminist movement organizing, and 2019’s Legacy! Legacy! reframed her life’s experiences through the storied personas of iconic Black and brown artists, Water Made Us is self-revelatory in an entirely new way. The upcoming album reveals a new side of Jamila never fully shared with her previous work, making this her most personal album yet.

Coming out of her Legacy! Legacy! touring schedule and into 2020’s Covid-19 quarantine, Jamila wanted to challenge herself to write as many songs as possible, and spent several months in a state of deep creativity and self-reflection. But despite giving herself this freedom to write without worry, she still yearned for a story to tie her disparate songs together, a clear message to hold in the distance as a guiding light. Early songs “Bugs” and “Thermostat” revealed a simmering common thread: love, relationships, and the hard lessons learned in their wake. Journaling, therapy, and frequent consultations with a trusted astrologer all began to reflect Jamila’s own patterns in love and intimacy back to her. “I was able to understand these little things about myself and say ‘Okay, I want to write about every one of these feelings that I always return to, or patterns that I notice, and give language to them.’” After being connected with LA-based producer McClenney, the album’s story began to take shape, and the two worked together building each song from scratch across 2021 and 2022, first virtually, and then in-person at McClenney’s Haven Studios in LA. The albums sequence was then carefully and cleverly designed to echo the different stages of a relationship: the early days of easy compromising, flirtatiousness, and fun; the careful negotiation through moments of conflict or hurt; the grieving of something lost; and the tender realization at the end of it all that the person who is gone never really leaves, but stays with you as you find yourself ready to try again, refreshed and reassured.

But it’s not just Jamila’s turn inward that makes Water Made Us a forceful and captivating reemergence. This album invites us to relinquish any preconceived notions we may have built about what kind of artist Jamila is, with a widespread range of infectious, resplendent production styles. The albums sprawling 17 tracks span everything from autotuned R&B on “Send A Dove”, to gentle acoustic folk rock on the heart wrenching “Wolfsheep”, and bubbly dreampop on dance anthem “Boomerang”.

Across Water Made Us, Jamila admits unflinchingly to her mistakes and uncertainties. Twinkling percussive track “Tiny Garden” chronicles Jamila’s effort to prove her commitment to someone, despite the ways she struggles to make it clear. “I’m falling hard for you but I know I don’t show it” she sings over bouncy percussion. Spoken word interlude “I Miss All My Exes” is a solemn and aching ode to the most perfect moments spent with a lifetime of lovers. Each tender shared memory, inside joke, and bestowal of care is kept carefully bound and sealed in Jamila’s heart, even after the relationship has faded into the past. By album finisher “Headfirst”, Jamila seems to accept her own imperfections with gentle grace over a steady groove of shimmering guitar and thumping bass. With every new turn, the door to Jamila’s heart is blown open, revealing her both at her strongest and most vulnerable.

But she never navigates love’s depths alone. In what now feels like a familiar staple to her work, Water Made Us is adorned with personal voice memos from those closest to Jamila during her time of deep reflection – Fatimah Asghar, Indya Moore, Krista Franklin, Jasminfire, and the particularly charming Great Uncle Quentin all make appearances. The family affair is rounded out with features from friends and fellow Chicago natives Saba and Peter CottonTale, and the NY-based singer and producer duendita. Every visiting voice serves as an anchor, reminding both Jamila and her audience that the place and people we come from can be a steady source of strength and guidance through our darkest moments of uncertainty.

The album’s title is taken from a line in “Good News” where Jamila sings with comforting reassurance, “The good news is water always runs back where it came from/The good news is water made us.” The line is a reference to a Toni Morrison quote from a talk given at the New York Public Library in 1996. “You know, they straightened out the Mississippi River in places,” Morrison says. “To make room for houses and livable acreage. Occasionally the river floods these places. "Floods” is the word they use, but in fact it is not flooding; it is remembering. Remembering where it used to be. All water has a perfect memory and is forever trying to get back to where it was.” It’s this sentiment – of memory, place, and returning – that acts as a pillar for the album’s arc. “That idea that we’re all born, just babies, just happy,” Jamila says. “That’s always in us, that perfect contentment with just being. And so no matter what bad days we have, we’re on a set course back to that. We can just surrender and get out of the way of that.”

Water Made Us reminds us that at its best love is a warm, still ocean. Deep, mystifying, and endless in its wonder. And at its worst love can be a riptide that takes us so far away from ourselves we can hardly find our way back, hardly even remember how to swim. And yet Jamila surrenders to this surf — every wave and undertow – because maybe even the most painful endings can in fact be an invitation that calls her back home, back to shore, back to herself.
"
 

Artist : Jamila Woods

Label : Jagjaguwar

+ -

アメリカ・シカゴの詩人/ポップ作家Jamila Woodsが、2023年10月に同国インディアナのインディーレーベルJagjaguwarからリリースしたアルバムです。

アコースティック・フォークロック〜オートチューンR&B〜アンビエント・フォークなどバンガー17曲を収録。レコードはDLコード付属。 

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"シカゴのミュージシャンであり詩人でもあるJamila Woodsは、新作『Water Made Us』で、愛に完全に身を委ねるとはどういうことかを問いかけ、新たな輝きを放っている。『Water Made Us』でJamilaは、新しいジャンル、遊び心に満ちたメロディー、催眠術をかけるような言葉遊びを取り入れながら、愛の残骸と避難所の爽快な波乱の中を進んでいく。

2017年の『HEAVN』では、Jamilaは黒人フェミニスト運動の組織化の系譜の中で自身のコミュニティを讃え、2019年の『Legacy! Legacy!!!』では、象徴的な黒人と褐色のアーティストの輝かしいペルソナを通して彼女の人生経験をリフレーミングしたが、『Water Made Us』はまったく新しい方法で自己啓示的な作品となっている。今度のアルバムは、Jamilaのこれまでの作品では完全に分かち合われることのなかった新たな一面を明らかにし、これまでで最もパーソナルなアルバムとなっている。

Legacy! Legacy!!!のツアースケジュールを終え、2020年のCovid19隔離期間に入ったJamilaは、できるだけ多くの曲を書くことに挑戦したいと思い、深い創造性と自己反省の状態で数ヶ月を過ごした。しかし、心配することなく書く自由を自分に与えていたにもかかわらず、彼女はバラバラの曲を結びつけるストーリーや、指針として遠くに持っておく明確なメッセージを切望していた。初期の曲 "Bugs "と "Thermostat "は、煮えたぎるような共通項を明らかにした。ジャーナリング、セラピー、信頼できる占星術師との頻繁な相談はすべて、Jamila自身の愛と親密さのパターンを反映し始めた。"私は自分自身についての小さなことを理解することができた。"よし、私はいつも戻ってくる感情や気づいたパターンをひとつひとつ書いて、それを言語化したいんだ。LAを拠点とするプロデューサーのマクレニーと結ばれてから、アルバムのストーリーが形づくられ始め、2人は2021年から2022年にかけて、最初はバーチャルに、そしてその後はLAにあるマクレニーのヘブン・スタジオで直接、それぞれの曲をゼロから一緒に作り上げていった。そしてアルバムのシークエンスは、恋愛のさまざまな段階を反映するように注意深く巧みにデザインされた。簡単に妥協し、浮気し、楽しむ初期、衝突や傷つく瞬間を慎重に交渉するとき、何かを失って悲嘆にくれるとき、そしてすべての終わりに、いなくなった人は決して本当の意味で去ることはなく、リフレッシュして安心し、再挑戦する準備ができている自分に気づくとき、一緒にいてくれるという優しい気づき。

しかし、『Water Made Us』が力強く魅惑的な再登場となったのは、Jamilaの内向的な姿勢だけではない。このアルバムは、Jamilaがどのようなアーティストであるかという先入観を捨てさせる。アルバムに収録されている17曲は、「Send A Dove」のオートチューンR&Bから、「Wolfsheep」の胸を締め付けるような優しいアコースティック・フォーク・ロック、そしてダンス・アンセム「Boomerang」のバブリー・ドリームポップまで、あらゆるジャンルに及んでいる。

『Water Made Us』では、Jamilaは自分の過ちや不確かさを率直に認めている。きらめくパーカッシブなトラック "Tiny Garden "は、Jamilaが誰かにコミットしていることを証明しようと努力するさまを描いている。バウンシーなパーカッションにのせて、"私はあなたのことが好きなのに、それを見せられないの "と彼女は歌う。スポークン・ワードの間奏曲 "I Miss All My Exes "は、生涯の恋人たちと過ごした最も完璧な瞬間への荘厳で痛々しい頌歌である。共有した優しい思い出、内輪の冗談、そして気遣いの言葉ひとつひとつが、Jamilaの心の中に大切に縛られ、封印されている。アルバムの最後を飾る "Headfirst "では、揺らめくギターと鳴り響くベースが奏でる安定したグルーヴの中で、Jamilaは自分自身の不完全さを優しく受け入れているようだ。新たな展開を見せるたびに、Jamilaの心の扉が開かれ、最も強く、そして最も傷つきやすい彼女の姿が見えてくる。

しかし、彼女は決して一人で愛の深淵を航海するわけではない。ファティマ・アスガー、インディア・ムーア、クリスタ・フランクリン、ジャスミンファイア、そして特に魅力的なクエンティン大叔父など、Jamilaが深く内省していた時期に親しかった人たちからの個人的なボイスメモが、『Water Made Us』を彩っている。シカゴ出身の友人であるサバとピーター・コットンテール、ニューヨークを拠点に活動するシンガー兼プロデューサーのデュエンディータも参加し、家族的な雰囲気に華を添えている。Jamilaと聴き手の双方に、私たちが生まれ育った場所や人々は、私たちの最も困難な瞬間においても、力強さと導きの安定した源となり得ることを思い出させてくれる。

アルバムのタイトルは、"The good news is water always runs back where it came from/The good news is water made us "とJamilaが安心感を込めて歌う "Good News "の一節から取られている。このセリフは、1996年にニューヨーク公共図書館で行われた講演でのトニ・モリソンの言葉を引用している。「彼らはミシシッピ川をところどころまっすぐにした。「家を建てたり、住みやすい土地を確保するためにね。川が氾濫することもある。「洪水という言葉が使われますが、実際は洪水ではなく、記憶しているのです。かつてあった場所を記憶しているのだ。すべての水は完璧な記憶を持っていて、永遠に元の場所に戻ろうとする。記憶、場所、そして戻るというこの感情は、アルバムの弧の柱として機能している。「Jamilaは言う。「私たちは皆、生まれたときは赤ん坊で、幸せな存在なんだ。「それはいつも私たちの中にあるもので、ただ存在することへの完璧な満足感。だから、どんな嫌なことがあっても、私たちはそこに戻る道を歩んでいる。私たちはただ身をゆだね、邪魔をしないようにすればいいのです」。

『Water Made Us』は、最高の愛とは温かく静かな海であることを思い出させてくれる。深く、神秘的で、果てしなく続く不思議なもの。そして最悪の愛とは、私たちを自分自身から遠くへ連れ去り、帰り道がわからなくなり、泳ぎ方さえ思い出せなくなるような急流である。それでもJamilaはこの波に身をゆだねる-波も引き波もすべて-。"

-------------------------------------------

Available on 12" black vinyl or 12" 'Arctic Swirl color vinyl or tape.

Includes DL code.

Jagjaguwar:

"On her expansive new album Water Made Us, Chicago musician and poet Jamila Woods shines anew as she asks the question, what does it mean to fully surrender into love? Across Water Made Us, Jamila embraces new genres, playful melodies, and hypnotizing wordplay, as she wades through the exhilarating tumult of love’s wreckage and refuge.

While 2017’s HEAVN saw Jamila celebrating her community within a lineage of Black feminist movement organizing, and 2019’s Legacy! Legacy! reframed her life’s experiences through the storied personas of iconic Black and brown artists, Water Made Us is self-revelatory in an entirely new way. The upcoming album reveals a new side of Jamila never fully shared with her previous work, making this her most personal album yet.

Coming out of her Legacy! Legacy! touring schedule and into 2020’s Covid-19 quarantine, Jamila wanted to challenge herself to write as many songs as possible, and spent several months in a state of deep creativity and self-reflection. But despite giving herself this freedom to write without worry, she still yearned for a story to tie her disparate songs together, a clear message to hold in the distance as a guiding light. Early songs “Bugs” and “Thermostat” revealed a simmering common thread: love, relationships, and the hard lessons learned in their wake. Journaling, therapy, and frequent consultations with a trusted astrologer all began to reflect Jamila’s own patterns in love and intimacy back to her. “I was able to understand these little things about myself and say ‘Okay, I want to write about every one of these feelings that I always return to, or patterns that I notice, and give language to them.’” After being connected with LA-based producer McClenney, the album’s story began to take shape, and the two worked together building each song from scratch across 2021 and 2022, first virtually, and then in-person at McClenney’s Haven Studios in LA. The albums sequence was then carefully and cleverly designed to echo the different stages of a relationship: the early days of easy compromising, flirtatiousness, and fun; the careful negotiation through moments of conflict or hurt; the grieving of something lost; and the tender realization at the end of it all that the person who is gone never really leaves, but stays with you as you find yourself ready to try again, refreshed and reassured.

But it’s not just Jamila’s turn inward that makes Water Made Us a forceful and captivating reemergence. This album invites us to relinquish any preconceived notions we may have built about what kind of artist Jamila is, with a widespread range of infectious, resplendent production styles. The albums sprawling 17 tracks span everything from autotuned R&B on “Send A Dove”, to gentle acoustic folk rock on the heart wrenching “Wolfsheep”, and bubbly dreampop on dance anthem “Boomerang”.

Across Water Made Us, Jamila admits unflinchingly to her mistakes and uncertainties. Twinkling percussive track “Tiny Garden” chronicles Jamila’s effort to prove her commitment to someone, despite the ways she struggles to make it clear. “I’m falling hard for you but I know I don’t show it” she sings over bouncy percussion. Spoken word interlude “I Miss All My Exes” is a solemn and aching ode to the most perfect moments spent with a lifetime of lovers. Each tender shared memory, inside joke, and bestowal of care is kept carefully bound and sealed in Jamila’s heart, even after the relationship has faded into the past. By album finisher “Headfirst”, Jamila seems to accept her own imperfections with gentle grace over a steady groove of shimmering guitar and thumping bass. With every new turn, the door to Jamila’s heart is blown open, revealing her both at her strongest and most vulnerable.

But she never navigates love’s depths alone. In what now feels like a familiar staple to her work, Water Made Us is adorned with personal voice memos from those closest to Jamila during her time of deep reflection – Fatimah Asghar, Indya Moore, Krista Franklin, Jasminfire, and the particularly charming Great Uncle Quentin all make appearances. The family affair is rounded out with features from friends and fellow Chicago natives Saba and Peter CottonTale, and the NY-based singer and producer duendita. Every visiting voice serves as an anchor, reminding both Jamila and her audience that the place and people we come from can be a steady source of strength and guidance through our darkest moments of uncertainty.

The album’s title is taken from a line in “Good News” where Jamila sings with comforting reassurance, “The good news is water always runs back where it came from/The good news is water made us.” The line is a reference to a Toni Morrison quote from a talk given at the New York Public Library in 1996. “You know, they straightened out the Mississippi River in places,” Morrison says. “To make room for houses and livable acreage. Occasionally the river floods these places. "Floods” is the word they use, but in fact it is not flooding; it is remembering. Remembering where it used to be. All water has a perfect memory and is forever trying to get back to where it was.” It’s this sentiment – of memory, place, and returning – that acts as a pillar for the album’s arc. “That idea that we’re all born, just babies, just happy,” Jamila says. “That’s always in us, that perfect contentment with just being. And so no matter what bad days we have, we’re on a set course back to that. We can just surrender and get out of the way of that.”

Water Made Us reminds us that at its best love is a warm, still ocean. Deep, mystifying, and endless in its wonder. And at its worst love can be a riptide that takes us so far away from ourselves we can hardly find our way back, hardly even remember how to swim. And yet Jamila surrenders to this surf — every wave and undertow – because maybe even the most painful endings can in fact be an invitation that calls her back home, back to shore, back to herself.
"
 

Artist : Jamila Woods

Label : Jagjaguwar